東方心綺楼 ブレイブガードについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

東方心綺楼 ブレイブガードについて

2013-08-16 19:06
    えーこのゲーム守り側がやることなさ過ぎるのでなんとか打開策をということでしばらくブレイブガードのみで戦ってみました。

    結論から言いますとやらないほうが万倍良いです。


    以下ブレイブガードの考察。
    自分一人でいろいろやってきただけなので間違いが多数あると思われますがそれでも良い方はどうぞ。

    まずはブレイブガードの仕様から。

    簡単に言えば直ガ
    攻撃を貰う直前にガードをすることにより発生
    何回もブレイブガードを行うと歓声が上がる
    ガード時はチキンガードと同じノックバックが発生

    基本的な性質は以上です。


    それでは細かい仕様の説明。


    ブレガを出せる状況について
    まず連ガ状態だといくらブレガをやろうとしたところで絶対に出ません。
    ブレガは一度ガードを解く必要があり連ガ状態だとガードが解けない為どんなに頑張っても絶対に出ません。
    またガードを解く必要があるため1Fのノーガード状態などを挟む必要性があるため生当たりする危険性が非常に高いです。
    また起き上がりの先行入力も効かない為起き上がりのスタンバリアが取れる直前にガードしても無意味です。


    チキガとブレガの併用の考察
    ブレガはチキガ同様のノックバックが発生と書いていますがブレガを取ってノックバックが発生するのは初段のみです。
    その為多段ヒットの技だと初段のみとってノックバックを与えた次の瞬間2段目を通常ガードする事になります。
    これを打開するためにチキガ仕込みブレガというのを試してみました。
    ブレガにチキガを仕込むことによりブレガに成功したときに2段目以降でチキガをうちノックバックを与える。
    失敗したときでもチキガで距離を離せる。と思っていたのか?
    それではそれを取り入れて対戦しての考察。
    えーブレガとチキガは完全同時に両立できません。
    攻撃を貰う瞬間にガードを行う。それと同時にチキガを行う。
    この際はただのチキガになりずらして入力する必要性があります。
    この時相手がめくりネタなどを行っていると例えば4Cを打ったつもりが6Cが暴発します。
    ついでにチキガ仕込みブレガを行ったうえで斜め移動を混ぜると2Cや8Zが暴発します。
    このゲームの1379入力は1は2として扱われ9は8として扱われるといった上下方向が優先されます。
    その為4(ブレガ)>1C(仕込みチキガ)とやると2Cが暴発します。
    もしやるならば4>4C(チキガ)>1C(チキガ継続移動)が安全な方法になります。
    また一応13入力でもブレガを出すことは出来ますが4で出すのの万倍難しいです。
    チキガ仕込みブレガは暴発のリスクを抱え暴発しないようなチキガし込みブレガは手間がかかるため本来ただのチキガ仕込み移動で抜けられたものが手間のせいで時間を食い抜けられなくなる可能性が出てきます。
    尚ブレガ仕込みチキガはチキガボタンを作ってないとそもそも不可能です。
    もし暴発をなくすならばCかZの2468全てに暴発しないカード(信仰カード等)を搭載する必要性あり。
    チキガ仕込みブレガ。没


    歓声について
    他にはブレイブガードを何度もすると歓声が上がって人気が上昇する仕様があります。
    どうやら1回目の歓声はブレイブガード6回目、2回目の歓声はブレイブガード11回目(16回目)、3回目は16回目と5ずつ増えていくようです。(理由は長いので書きませんが5,10の可能性もあり。後述を読めば理由は分かるかも。)
    これだけ聞くと取って損はないように感じますが(先ほどまで書いていたガードを解く必要性に伴うリスクやチキガ仕込みに関するリスクは考えないとして)この6回や11回は攻撃をガードすると遠のきます。
    ブレガとってその後ブレガ以外のガードをするとブレガ歓声が遠のきます。
    また前に出ても歓声上るまでの回数は減少しませんが後ろに下がると歓声上るまでの回数は増加します。
    これはブレガによる歓声はただの芸術点によるアピールな為です。(要するにしゃもじと一緒)
    芸術点はしゃもじやブレガによって上昇。ガードや後退により減少します。
    前に出ても芸術点は稼げず後ろに下がると芸術点は減少します。
    ブレガで芸術点を取ってもそのあとガードや後退すれば芸術点は下がるのでシステム上6回で歓声は上がるように設定されていますが6回で出ることはほぼありません。


    それでは更に深く突っ込んでいきましょう。
    深く突っ込んでみると良い点も見つかります。
    始めのほうに連ガはブレガが取れないと書きましたがブレガを取った後は連ガであれブレガが取れます。
    実践で行うのにはA連のような相手が任意のタイミングで連ガを作ったり作らなかったりという行動がとれるものにはおすすめしません。(勿論初段が取れたらそのあとブレガ仕込んでおくのはありですが。)
    狙うは多段技です。
    先ほど書いた通りブレガ取れれば連ガにも拘らずブレガを取ることが出来ます。更に多段技なのでブレガに失敗しても基本連ガなので問題なし。
    成功すればブレガを何度も成功したという扱いになり芸術点を稼げる。
    ただ先ほど書いた通り「ブレガの後はブレガが取れる。」なので例えば3連続攻撃の初段でブレガが取れて2段目がブレガ取れないと3段目は絶対にブレガが取れません。
    ガードを3回高速で入力する必要がありますがそうなると相手が攻撃してこないときはバックダッシュが暴発。
    攻撃してきても入力と入力の間に攻撃を当てられるとただ攻撃に当たるだけになる。
    ガード確認してから2段目以降にブレガとなるとガード確認がものすごくシビア。
    相手の行動を読んでの入力はリスクが大きく確認してからだとただ一発のブレガ、つまりチキガで距離離したほうが良い。
    そもそも相手が何をしてくるかもわからない状況(密着など)でブレガを打つのはリスクが高い。
    その為ブレガを狙うならば見てからブレガを仕込める技が現実的になります。そのうえでそれが多段技ならば連続ブレガを取るかチキガで距離を離すか。(始めのほうにブレガはチキガと同様のノックバックが発生と書きましたが多段技に対して取ってみたところどうもノックバックが小さいです。連続ブレガを取っても離れないので距離を離すときは素直にチキガ推奨。)

    さて前置きが長くなりましたが現実的に狙える個所はどこか。
    被固め時のチキガをしても状況が良くならず見てからガードなどは出来るが抜けることはできないような固め。
    ここで狙うのが現実的になります。
    一輪のDAや神子の8B辺りが現実的なところでしょうか。
    神子とかは連ガでの連続ブレガは取れませんが普通にブレガが面白いように取れます。
    ただブレガを行うと今度は1に入れているだけで普通に抜けられる個所で判断が遅れて抜けられなくなったりするのでそこは要相談。
    また先ほど書いた通り多段技に関しては1段目を取って2段目も取らないとダメな関係上バックダッシュが暴発しやすいので被固めの時にはおすすめしません。(スカンダ辺りなら現実的に狙えるかも。まだ非検証。ただ多段の感覚が非常に短いので連続ブレガはレバー操作が早くないと厳しい。仮に取れたらブレガ5回分)
    あとは遠距離での牽制も狙いどころになります。
    連続ブレガに関して言えば道魔理沙のX程度なら十分連続ブレガできます。(初段を取るということ自体が現実的ではないがこころのAも連続ブレガ取りやすい。)
    道こころのYもできますが多段の感覚が非常に短いため全段ブレガは少々難しいです。(キーボードなら余裕)
    尚道こころのYに連続ブレガ取れば1回目の歓声なら一発で上がります。
    この連続ブレガに関してはレバーは不利だと思います。


    というわけでまとめ
    ブレガを狙うと本来動けた場面での判断が遅れてしまったりするので基本はあまり狙わない。
    またチキガを仕込んだブレガはあまり現実的ではない。
    人気上昇に対してあまり期待は持てない。
    狙うならば大振りでチキガしても状況が好転しないものに対して、または射撃の牽制に対して。

    …このシステム要らないんじゃね?
    ブレガ狙うと本来の行動が出来ないからなぁ
    言わばGGの紗夢で祓斧狙いすぎていつもの立ち回りや固めぬけが崩れて負ける。みたいなね。

    まあ牽制合戦で狙う程度は現実的だと思うからその程度で。


    おまけ
    ガードと多段技
    ガードしていると芸術点が下がっていきます。
    チキガすればさらに大きく下がっていきます。

    それでは多段技をガードしたら大きく芸術点が下がるのか。
    そうはなりません。
    例えば5ヒットする多段技があります。
    それをガードすると5回ガードした分の芸術点が下がるかと言われれば下がるのは1回分だけです。
    5ヒットする多段技であれ技自体は1つの技です。霊夢のYが多段するからあれはYYYという技だ。という人はいないでしょう。あれはYという技でそれが多段する技なだけですね。
    まあややこしい話は置いておきましょう。
    多段技でも単発技でも芸術点の減少は変わりません。
    以上。
    ついでに言えば立ち回りでチキンガードしていても下がりやすくなったりはしません。
    チキンガードでガード行動を行うと通常ガードより落ちやすくはなりますがガードさえしなければチキンガード張っていても変わりません。
    99カウントチキンガードし続ける(攻撃は貰わない)のと99カウントガードし続けるのでは人気の差は出ません。



    おまけ2(駄文)
    ブレイブガードの研究をしようと思った経緯
    えーマミゾウの被固めゲロい。以上

    マミゾウ使いなら知っていることだと思いますが他キャラの人もいると思うので説明。
    まあまずは周知の事実から。
    Aが遅くて代わりにリーチがある。この時点で暴れは封印レベルです。
    そのうえ移動が遅くて逃げられない。まあきついですね。
    さてここまでは皆が知っていること。

    次、えーマミゾウのA。与CHはありませんが被CHだけあります。
    つまり発生遅いという性能的に暴れられないのに加えて暴れ失敗した瞬間CHします。
    そのうえで成功してもCHは与えられません。
    はい、暴れ封印レベルから暴れ封印に格上げになりました。

    続いてマミゾウのチキガ。
    …煙が出ます。聖のAA>6>A>A>6>A>6>A>~~~~
    禿げます。
    ちなみに他のキャラクターはデフォエフェクト以外一切エフェクト出ません。
    マミゾウだけにエフェクト出ます。おかげで相手の行動が見えません。
    はい、暴れ封印からアバレ?ナニソレオイシイノ?になりました。
    ついでにこの煙のせいで暴れどころか普通に抜けることも他のキャラクターに比べて難しいと思います。

    これは出た当初からずっとです。
    それを琵琶でごまかしごまかし抜けていました。でAの被CHやチキガの煙は直されずに琵琶だけ直されました。
    ついでに初期からずっとですがマミゾウは人気を取られた時尋常じゃなく辛いです。
    固めから抜けられないのに固めから抜けないと人気差がガンガンつく。
    というわけで守勢時の打開策に何かないかということでブレガに注目してみました。
    結論は研究すれば研究するほど要らないという結果でしたが。

    さてブレガは牽制でとるのと大振りの攻撃に取るという結論で収まりました…そしてその結果マミゾウがものすごくブレガ取りやすいという結論が出ました。
    マミゾウの被固めの打開策を求めてブレガを研究した結果対マミゾウ相手がブレガ取りやすい結果になりました。(つまり攻めてるのに相手に人気稼がれやすい)
    ついでに言えばマミゾウの固めはブレガなんかそもそも必要ではありません。チキガで充分です。


    現状:固めが抜けられない
    対策(想像):固められているときにブレガで守勢であれなんとか戦う。
    現実:そういう固めをする相手にブレガは無理。小パン刻んでくるタイプにブレガは現実的ではない。

    現状:固められ続けて人気が辛いので何とか守っていても人気を。
    対策(想像):ブレガを取って人気を稼いで人気負けしないように。
    現実:ブレガを取れる相手はそもそもチキガで勝手に固めが終わる。つまり守勢を強要され続けて人気を取られるということ自体がそもそもない。

    はい、取れる相手にはそもそもブレガが必要ない。
    ブレガを取りたい相手はとるのが無理。

    このシステム要らないですね。

    というわけでブレガの研究結果でしたとさ。

    さーて要らないとは言ったが仕様自体は理解したので後は打つべき場所を選んで打っていくことを体にしみこませることかなぁ。(まだあきらめてない。)
    最速で連ガになる構成と最速でも連ガにならない構成調べないとなぁ。
    だれか協力者がほしいもんだ。

    あとブレガを狙って対戦すると勝率8割近く割落ちました。7割以上→2割以下

    ではでは長々とお付き合いいただきありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。