虹色オーケストラ神戸公演を終えて。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

虹色オーケストラ神戸公演を終えて。

2013-05-13 17:46
  • 7
  • 19
「虹色オーケストラ」神戸公演がついに終わりました。
幾度と無く見た「5月11日」という日付。
いまカレンダーを見てみると、確かに、過ぎているのです。

この日を目標に見据え、全員がひとつの束になって進めて
行けたことをとても嬉しく思っています。


書きたいことは山ほどあるのですが、あまり書いてもねw
少しずつ整理して、気持ちを書き留められればいいなと思い
自分のブログが無い私は、この場所を借りてお礼を申し上げたいと
思います。


3年ほど前。

「ボカロPが主軸に居るコンサートライブ」という構想が
自分の中に、生まれていました。
それは、世にある「歌い手が主軸に居る」という概念のライブとは
一線を画するもので、ボカロPが自分の作品の一つとして誇れる
コンサートというコンセプト。です。
そして、その主軸として僕は40mPが一番適任だと感じました。
それは、彼の創りだす楽曲が、僕のイメージしていたステージに
怖いほどピッタリと合っていたからです。

構想から、第1回目の実現、そして今回に至る経緯は
とても長くて、充実したものでしたが、それは別の機会で
皆さんにお伝えできると思いますので今回は
割愛させて頂きますね。

また、今回の虹オケの内容そのものについても、
ナタリーさんに素敵な記事が掲載されましたので
そちらを参照して頂ければと思います。
http://natalie.mu/music/news/90455

==============================


虹色オーケストラについては、
40さんはシェフで、事務員Gはレストランのオーナーです…
という喩え話を良く使わせていただくので、今回も
それに合わせてお話させていただこうと思います。

「どんな雰囲気の店にしたいのか。
どうやったら、シェフの料理を一番美味しく
召し上がっていただけるのか。」
と、ずっと考え続けていました。

だって、シェフの料理が美味しいことは
過去にその料理を供した事も、食したこともある自分が
一番良く知っているわけですから。

その美味しさを、もっともっと美味しく感じて
頂くために、用意するレストランというのは
それに相応しいものでなくてはいけません。


シェフの作る料理をお客様に届けるのが
今回、歌い手・奏者に与えられた大切な使命。
ウェイターが、お客様にご説明する言葉は
最小限で良いと思うのです。
なぜなら、お客様は 「味」で判断したいから。


そんな理由もあり、実はこのコンサートでは
敢えて、過去には無い、とある制限を設けさせて頂きました。


MCが全く無いのです。


極端かもしれませんが、
歌い手・奏者が、自分の発言で曲の補足をする必要は
今回、必要と感じませんでした。

『歌』でメッセージを伝えられる歌い手と
奏者しか舞台に上がって居ないからです。


確かに不安はありました。
自分自身が、過去に、そんな制限をお願いした事が無いからです。


しかし、その不安は杞憂だったようです。
歌い手さん・奏者さんは、
その意向を120%、解って下さいました。


そして、その制限が課せられている中、
どうやったら
「自分のメッセージを『歌』でお客様に伝えられるのか」という
気持ちになって下さいました。


歌い手さんそれぞれが出した答えは、
この文章では伝えきれません。


誰もが、40さんから託された、素敵な楽曲を
できるだけ自分のものにしようと。
ずっとがんばってくれていたのです。


その練習量が、確実に自信につながり、ひいては、
堂々としたパフォーマンスにつながっているという事実。


並びに、「その歌い手を絶対にガッチリと支える!」という
意識で集まり、膨大な数の音の確認作業をしてくれた、奏者。

お客さんを迎える準備に、不備がないように最後の最後まで
打ち合わせを重ねてくれた、運営スタッフ。

一人ひとりの声質、性格、テーマカラー、楽曲の曲想、
ブレイクのタイミングまで、事細かに精査してくださり
過剰とも言える数の種類のライトをまとめ、
40さんの楽曲の世界を確実に再現してくださった、照明スタッフ。

70本以上のマイクを使うのに、舞台自体が響いてしまうという
ステージ環境のお陰で、最高難易度のテクニックが
求められる現場にも関わらず、
ハウリングを最小限度に抑えてくれた、音響スタッフ。


見えない所で動いていた人も含め、今回の虹オケに関わった
総勢100名以上の方々は、確実に、全員が立派な「職人」だったと
胸を張って言えると思います。

そして、その「職人」が、自分に与えられた、自分にしか出来ない使命を
自信を持って、自分の仕事として、こなす。
内に秘めた、職人としての喜びを持って。


皆、真剣でした。


皆が真剣すぎて。
見たことのないような現場でした。



まるで。
複雑な機構の時計の、無数の部品が、確実に回って。
正確に時を刻むような。



「虹色オーケストラ」。
このコンサートは、そういうものになりました。



12月29日、大宮ソニックシティで第3回目の公演が
発表されましたが…


正直。

最高に楽しみな反面、
とても、怖いです。



本当に今回と同じ気持ちで全員が動けるのか。

それを自分自身が、率いていけるのか。

そのプレッシャーが、本当に大きいです。

しかしながら、次回、大宮ソニックシティに足を運んで下さるお客様にも
胸を張って、「僕達の作品を見て下さい」といえるように
今回に負けないくらいの気構えで、また作り始めたいと思います。



見に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

とても、とても、幸せです。


また、皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

  
                    事務員G
広告
×
事務員Gさんこんにちは。
虹色オーケストラ、本当に素敵な時間でした。
MCがなかったことについてこちらからの個人的な感想は、なくて良かったと感じています。
歌い手さん、奏者さん、照明など演出……言葉がないことで、より40さんの楽曲の世界に入り込むことができました。
皆さんの表現力に圧倒されました。
大好きな40さんの楽曲と大好きな歌い手さん、奏者さん、絵師さん……の魅力で詰まった2時間は本当に幸せな時間でした。
こちらからお礼を言わせていただきたいです。
Gさん本当にありがとうございました!
次回公演も関西から駆けつけます!(*'ω'*)
51ヶ月前
×
今回の第2公演は行けなかったのですごく悔やんでます!! 第3公演は行くつもりです!すごく楽しみにしてます(*`ω´) 体にお気を付けて頑張ってください!!
51ヶ月前
×
事務員Gさん、40mPさん、虹オケに携わった全ての皆さんにありがとうございましたと伝えたいです!とても素敵なコンサートでした!感動しました!次回の公演も楽しみにしています(*^_^*)
51ヶ月前
×
虹色オーケストラ、お疲れさまでした!
40さんの楽曲が大好きなので、すごく楽しみにしてました♪

歌や伴奏、絵本、光、音、演出…全てが40さんの世界を存分に表現していて、ただただ夢中になっていました│ω`*)
2日経った今でも、あのときの空気や感動を鮮やかに思い出せます…!
本当に本当に幸せな時間でした!!!
ありがとうございました!!!
51ヶ月前
×
虹オケ、お疲れ様(^O^)/

1回、2回と参加出来ませんでしたが次回は必ず参加いたします(^^)v

何と言ってもいいのが家から歩いて10分とかからないこと(^^)

どんな大雨、大雪でも伺えます。

年末が楽しみです(^^) 
51ヶ月前
×
虹色オーケストラお疲れ様でした。
私は第1回、第2回も私用が重なり聴きに行くことができませんでした。
演出も進行も内容もとても興味がありました。
このブロマガや他のコンサート関係者の方のブログ・ツイートなどを拝見し、
このようなコンサートを観たことも聞いたこともありません。
音楽に携わる者として、今回のような企画はとても興味があります。
第3回公演も成功することを祈っています。

まだ日中と朝夜の気温の差が大きい日が続くようです。
体調を崩されないようにお過ごし下さい。
51ヶ月前
×
虹オケ、お疲れ様でした。
直前にGさんがツイートしていた挑戦って言うのが、こういう事だったんだなーって、
思いながらあの場に居ました。

実は、コンサートが終わってから他の人に「MCあるかと思ったら無かったね。」って言われて初めて
「あっ、そっか、無かった!」って気がついたんですw
MCが無くても、歌と演奏が雄弁に語っていたと言うか、伝わってくる物が前回よりも確実に多くて、
MCが無い事に気がつかなかったんだと思います。(必要と思わなかったと言う方が合ってるかも)

今回の虹オケはハーモニーの気持ち良さ、コーラスの気持ち良さが凄く印象的で、
「もう、1人じゃない。」って、絵本の内容ともリンクしてる様で胸に響きました。

素敵な余韻に包まれるコンサート。
まだ暫くこの心の中にかかった虹は消えそうもありません。
大宮も、なんとか休みをもぎ取って行きたいです。
あの時みたいなカプリコの花束、また持ってw
51ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。