• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 40件
  • ■久瀬太一/7月25日/22時45分

    2014-07-25 22:45  
    4




     目を覚ました時、オレは白いベッドの上にいた。消毒薬の匂いがしたわけでもないけれど、ここが病院の一室だとわかった。
     オレは頭を掻く。全身がまだ痛いが、骨が折れている様子もなかった。とりあえずベッドから立ち上がり、身体が動くことに安心する。
     ――オレは。
     きっと、警官の前で気を失ったのだろう。そして病院に運ばれた。ポケットが膨らんでいて、オレはそこに手を突っ込む。2台のスマートフォンがあった。逆のポケットから、さらに携帯電話がもう1台出てくる。財布も2つあり、オレのじゃない手帳もあった。
     脳がずいぶん鈍っているようだ。携帯電話、財布、手帳。それらは、あの誘拐犯から奪ったものだ。警察に提出した方がいいだろう。
     ――いや、待て。
     オレはあの箱を開けないといけない。
     アタッシェケースに入っていた、4つの鍵がついた箱。今日の誘拐犯と関係があると考えるのが普通だ。なにか、鍵を開け

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月25日/22時35分

    2014-07-25 22:35  




     オレンジ色のライトが、きぐるみの横顔を不吉に照らしていく。
     男性とも、女性ともつかない、無機質なアナウンスが聞こえた。――次は7月27日です。
    「おい、明後日じゃないか」
    「ああ。いいだろう? 倍も時間がある」
    「ふざけんなよ」
     オレはバイトと就職活動をしたいんだ。真っ当な大学三年でいたいんだ。
     バスがトンネルを抜ける。
           ※
     窓の外にみえたのは、オレの部屋だった。
     ――またかよ。
     どうしてマンションの3階がバスの窓からみえるんだ。
     まったく、ふざけている。いまさら常識なんてものに期待もしていないけれど。
     暗い時間だ。部屋の中の時計は、午後8時を指していた。その手前で、2人が向かい合っていた。
     一方は、オレだ。手にはスマートフォンを持っている。それを、じっと覗き込んでいた。
     もう一方は、サングラスをかけた男だ。はっきりとはわからない。だが、今日あの

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月25日/22時30分

    2014-07-25 22:30  




     警察にスーツの身柄を引き渡したところまでは覚えている。
     その後は記憶がなかった。オレは上手く、事情を説明できただろうか?
     目を開くと、オレは再びあのバスターミナルにいた。人の気配はない。なんの音もしない。目の前にバスが停まっている。そのライトがオレを照らしている。行き先表示は、『8月24日』。ずいぶん先だ。
     不思議と、驚きはなかった。なんとなくまたここに来るような気がしていた。
     オレはベンチから立ち上がる。
     バスに乗り込むと、乗客がひとり増えていた。
     昨日、原稿用紙を膝に載せて眠っていた女性の隣に、別の女性が座っている。2人はよく似ていた。顔立ちも、服装も。でも髪の長さだけが違う。原稿用紙の方はロングで、その隣はショートカットだ。
     ――双子だったのか。
     双子で、みさきを思い出した。彼女にも双子の姉がいる。
     ショートの方は、手のひらほどのサイズのビデオカメラを持っ

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月25日/22時20分

    2014-07-25 22:20  
    1 1



     奇妙に息苦しかった。
     周囲は薄暗い。どこか、フローリングの上に転がされているようだ。そう間もなく、また誘拐されたのだ、と気づく。
     今度は手足が縛られていた。口にはガムテープか何かがはりつけられている。べったりと頬を覆う粘着面が気持ち悪かった。
     首を動かし、辺りを見渡す。
     広い部屋だ。高級マンションのリビングのような印象。ずいぶん散らかっているようだ。目の前に、ポテトチップスの空袋がある。
     部屋の真ん中あたりのソファに、男性が腰を下ろしていた。私の首を絞めたサングラスだろう。
     彼はこちらに背を向け、携帯電話に向かって、ぼやくように何か話していた。
    「知らねぇよ、捕まったんじゃねぇか?」
    「お蔭で、余計な荷物を背負い込むことになった」
    「さぁな。成り行きだよ。なるようになるだろ。……ああ、メリー次第だ」
     メリー? なんだ、それ。羊しか思い浮かばない。
     ひどく疲れていた。

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月25日/21時20分

    2014-07-25 21:20  




     ふいに泣き声が聞こえてきた。すぐ手元からだった。
    「どうして」
     スイッチが入ったまま転がっていた懐中電灯で、スーツの顔がみえていた。
     奴は泣いていた。
     思い切り顔を歪めて、子供のように声を上げて。
    「私は正しいことをしたんだ。どうして、こんな目に合うんだ」
     その言葉に、ひどく苛立った。
     でも泣いている相手を殴る気にもなれず、オレは拳を宙で止めた。
     スーツは掠れた声で、どうして、どうしてと繰り返している。
     なんなんだよ、こいつは。
     奴のポケットに手をいれてみるが、反応はなかった。
     指先に触れたものをひっぱりだし、懐中電灯を掴んで照らす。財布。中には免許証も入っていた。写真は間違いなく目の前のスーツだ。これがあれば、逃げられてもすぐ警察が捜し出すだろう。
     携帯電話。手帳。どちらも一応、貰っておく。
     ズボンのポケットから、小さな鍵がみつかった。きっとこれが、みさき

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月25日/21時10分

    2014-07-25 21:10  
    1




     スーツが通路の奥へと走っていく。その後を追いながら、オレは110番にコールする。
     電話が繋がったとき、スーツの持っている懐中電灯の明かりが消えた。
     気にせずオレは、電話につげる。
    「女の子が廃墟に連れ込まれています」
     相手が何か言っていたが、一方的にどうにか覚えていた町名と、ホテルだった建物だと告げた。ホテルの名前までは記憶していない。
    「早く来て――」
     ください、という前に殴られた。スーツがこちらに近づいていることは足音でわかったから、覚悟はできていた。スマートフォンが手から飛び出す。
     空いた手を、スーツがいるはずの場所に伸ばす。指先に何かが触れる。がむしゃらにそれを掴んで、もう一方の手を握りしめる。思いっきり振ると、とりあえず相手には当たったようだった。低いうめき声が聞こえた。
     もう一度、もう一度。おそらくスーツの胸の辺りをつかんだまま、オレは目の前を殴る。うまく

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月25日/21時05分

    2014-07-25 21:05  
    1



     そろそろ時間だ。
     私はノートPCを手に、ドアの前に立った。
     ――反撃を、相手は予想しているだろうか?
     私は自身の行動を想像する。とにかく先手を取るべきだと思った。ドアが開くと、すぐに行動した方がよい。
     敵に駆け寄る。まず一発殴る。思う存分恨みを込めて。それから、一目散に逃げ出そう。
     ――久瀬くん。
     彼は無事だろうか? できるならこのビル内を駆け回って、彼を探したかった。それは許される行動だろうか? わからない。敵がひとりだけなら、なんとかなるような気もした。そう思うと、はやくこのドアが開いて欲しかった。
     ごくり、と喉を鳴らす。じんわりと背中に汗をかく。ノートPCを構える手が震える。それが重さのせいなのか、立て続けに起こる緊張のせいなのか、自分では判断できない。
     たぶん10分ほど待っただろうか。いや、さすがにそれは嘘だ。きっと、もっと短いはずだ。私は正常な心理状態では

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/7月25日/21時

    2014-07-25 21:00  




     爆発のようなでかい音が聞こえた。
    「なぜだ!」
     スーツが叫ぶ。
     部屋はもうどっぷりと闇に落ちていた。
     スーツが床においた懐中電灯だけが、まっすぐな光を放っていた。それに照らされて、彼の足元でテーブルが倒れているのがみえる。きっとまた蹴り倒したのだろう。
    「なぜ、爆発しない!?」
     きっと、午後9時を回ったのだ。
     時限爆弾は起動に失敗した。安心して、少し涙が滲んだ。ぼやけてみえる懐中電灯の光は綺麗だと思った。
     スーツは部屋の出口へと向かう。オレの存在なんてもう、忘れてしまったようだ。
     ――きっと、みさきの様子をみにいくんだ。
     呼び止めるか? だが、そうしてどうなる?
     結局オレにはみさきを救えなかったのだ。
     落ち着け、と自身に言い聞かせる。
     スーツが部屋を出て、乱暴にドアが閉まる音が聞こえた。。
     縛られていて両手は動かないが、足は自由だ。オレは椅子ごと、なんとか

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月25日/20時40分

    2014-07-25 20:40  



     私はまだ捕らえられている。
     それでも、爆弾は止まったのだ。
     ――きっと、反撃のチャンスはある。
     誘拐犯には、私に対する明確な殺意があった。そう仮定する。
     なら、時限爆弾を止めたことは、あちらにとっては想定外なはずだ。爆発が起こらなければ、必ずこの部屋の様子をみにくる。間違いない。それが起こるのは、あのタイマーがゼロになる予定だった時間の少しあとだろう。
     ――この部屋にはドアがひとつしかない。
     窓さえない。敵が来る方向はわかっている。
     私は部屋の中を見渡す。なんでもいいから、武器になるものが欲しかった。硬くて、そこそこの重量があるもの。
     目についたのは、ノートPCだった。
     とりあえず画面を閉じ、両手で持って振ってみる。心もとないが、素手よりはましだろう。
     興奮状態にあるせいか、恐怖はあまり感じていなかった。人間よりも爆弾の方が怖ろしいと思った。
     私は再びノートP

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月25日/20時25分

    2014-07-25 20:25  


     涙で滲んだ視界で、赤い光が、弾けて消えた。  タイマーから、時刻表示が消えている。
     ――止まった。
     止まった、止まった、止まった。
     本当に止まったのだ!
     私は胸の中で何度も、止まったと繰り返す。腰の辺りに力が入らなくて、その場にへたりこんだ。
     深く息を吸って、吐く。私はまだ生きている。
     このまましばらく、へたりこんでいたかった。でも、まずはお礼を言わなければならない相手がいる。
     私はノートPCを手元に引き寄せる。
     それから、目元をぬぐって、キーボードを叩いた。
     
     ありがとうございます! カウントダウンが止まりました!
     皆さんは私の、命の恩人です!!
     
    【BREAK!!/BAD FLAG-02 爆発 回避成功!】

    子泣き中将@優とユウカの背後さん @conaki_pbw 
    お、おおおおおおおお!!!!!!!止まったーーーーー!!! 
    MAG@実は美少女(ゲス

    記事を読む»