• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 2件
  • ■久瀬太一/7月29日/14時

    2014-07-29 14:00  



     めまいがするくらいに暑い日だった。
     夏のなにげない路上の景色が、膨れ上がった空気でゆらゆらと揺らいでいた。
     オレは深緑色の軽自動車の助手席で、エアコンの風に手のひらを向けながら、ぼんやりそれを眺めていた。
    「なんの用よ?」
     と宮野さんは言った。彼女は運転席で、緑色の瓶に入ったラムネをちびちびと飲んでいる。
    「スイマの調査、どうなったのか気になって」
    「もう話したでしょ。大阪に行って、アパートからスマートフォンとミュージックプレイヤーを借りてきて」
    「盗んできて、の間違いでしょう」
    「返すつもりはあるわよ」
    「なにか目ぼしい情報はみつかりましたか?」
    「まったく」
     宮野さんは首を振る。
    「スマートフォンの方は、着信履歴がいくつかあっただけよ。電話をかけても繋がらない」
    「番号は?」
    「そんなの聞いて、どうするのよ?」
    「オレもスイマに興味が出てきましたから」
    「あいにく、暗記

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/7月29日/10時

    2014-07-29 10:00  
    1



     その女性はノイマンと名乗った。
     彼女の部屋での生活は、これまでとは雲泥の差だった。
     久々にシャワーを浴びることができた。シャンプーなんか私が普段使っているものよりも高級品だった。まっ白なタオルと新品の着替えが用意されていて、1日に3度人間味のある料理を食べ、夜は清潔なシーツと膨らんだ枕で眠った。口にガムテープを張られることもなかった。
     なによりも嬉しかったのは、ようやく両手を自由に動かせるようになったことだ。私は枕元に畳まれていたジーンズのポケットに手を入れた。そこには、きちんとあのキーホルダーが入っていた。
     ――よかった。
     それがあるだけで、少し救われる。
     私には悲しいことなんて起こらない、と、こんな状況でも囁ける。
     よし、と気合を入れた。それから私は、寝室の窓を開く。
    「助けて!」
     思い切り叫ぶと、後頭部を叩かれる。
     いつの間にかすぐ後ろに、ノイマンが立ってい

    記事を読む»