• このエントリーをはてなブックマークに追加

記事 17件
  • ■佐倉みさき/8月7日/19時30分

    2014-08-07 19:30  




     夕食の時間になっても、私はまだ秋田にいるのだった。
     ノイマンの、聖夜協会から頼まれている仕事が佳境とのことで、このホテルでもう一泊することになった。ニールはごねそうだなと思っていたけれど、意外にもあっさり引き下がった。
    「あいつは私が苦手だから」
     とノイマンはいう。
     ホテルに入っている雰囲気のよいダイニングだ。私と彼女は並んで窓辺のカウンター席に座っていた。
    「苦手、ですか」
    「そ。プレゼントの相性でね」
    「プレゼントって、あの瞬間移動のことですよね?」
    「ニールのはね」
    「ノイマンさんも持ってるんですか? プレゼント」
    「ええ」
    「どんな?」
    「人を夢の世界に連れていくのよ。素敵でしょ?」
     よくわからない。
    「相性が悪いって、どういうことですか?」
    「以前、あいつが私のところに跳んでこようとして、ひどいことになったのよ」
    「ひどいことって?」
    「簡単にいえば、バグったの

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/21時15分

    2014-08-06 21:15  
    2



     さきほどからずっと、頭がずきずきと痛んでいた。
     それに耐えながらオレは、必死にメールの返信を書いた。
     でも意識の片隅には、ずっとあのころのことがこびりついていた。
     ――越智。
     あいつらと一緒にいたころ。
     たしかオレが、小学3年生だったころだ。
     小学3年生の2学期に、オレは愛媛に引っ越して。
     それから少しして、あいつらと仲良くなって。
     それから、どうなった?
     スマートフォンが、ふいに沈黙した。 みると電波が、圏外になっていた。
     妙な疲労感を覚えて、オレはベッドに寝転がる。
     ――あのころのオレは、またすぐに引っ越すとわかっていた。 それが悲しくて、あいつらはタイムカプセルを埋めようと言ってくれて、それを掘り返すときにまた会おうと約束して――
     でも、どうしてだろう?
     オレにはその先を、どうしても思い出せなかった。
     ――To be continued



    結希

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/21時

    2014-08-06 21:00  



     またメールが届き始める。
     聖夜協会の、「いい子」でいなければいけないルールに関する意見。
     謎のアドレス……オレにはみえない。ブログらしい、ということだが、あの40枚のイラストがあるブログとは別だろうか?
     その次のメールを読んだとき、目の前で、なにかが弾けたような気がした。
           ※
     愛媛の越智君という友人を覚えていないか タイムカプセルを埋めたらしいけど
          ※
     覚えていた。
     越智――たしか、越智幸弘。
     当時、転校した学校にいた、仲のよかった3人組のうちのひとりだ。
     たしかにあいつらとは、タイムカプセルを埋める約束をしていた。
     越智の父親が、山に少し土地を持っていて、そこを自由に使えるから、タイムカプセルを埋めようって。
     転校が多かったオレに、そう言ってくれたんだ。
     そのことを思い出したとたん、ずきんと、顔の左半分が痛んだ。



    少年(ベルく

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/20時45分

    2014-08-06 20:45  



     スマートフォンにメールが届くのが、断続的になってきた。
     だが、電波はまだある。
     ――ソルの方でなにかあったのだろうか?
     いや、もう充分に、有益な情報を貰っている。
     そう思いながら、次のメールをひらいた。
           ※
     そのメールは、みさきの髪形に関することだった。
     ――思えばオレは、まだ直接、みさきの顔をみていない。
     最近のみさきは、ということだが。
     どうやらみさきは最近、髪を切ったようだ。誘拐犯と一緒にいて髪を切るというのも、想像するとあまりいい展開はイメージできなかったが、でもソルたちは「彼女は比較的安全だ」と言っている。すべての聖夜協会員が極端な悪者だということでもないのだろう。
     オレが知っているみさきは、あの未来の風景で血を流すみさきだけだ。そのときの彼女は確かに、ショートカットだったように思う。
           ※
     それから、なつかしいことを、少しだ

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/20時30分

    2014-08-06 20:30  



     続いて届いたのは、あの不条理なドラゴンに食われる未来に関するメールだった。
     ――あんな無茶苦茶な状況、一体オレにどうしろってんだよ?
     と思っていたけど、そのメールにはなんらかの確信をもって、あのドラゴンから逃げる方法が書かれていた。
     ――剣でドアを切れって?
     そんなこと、素人にできるのか?
     だが、あのドラゴンと戦うよりはずっと現実的だし、たしかに開かないドアと格闘するよりは、ぶっこわしてしまった方が手っ取り早そうではある。
     ――なるほど、わかった。
     とオレは返信する。
           ※
     続いてブログ――おそらく、あのノイマンという聖夜協会員のPCでみた、40枚のイラストがあったブログのこと。
     ノイマンの部屋を出てから、あのブログを何度か検索しているけれど、オレにはみつけられない。
     でもソルたちにはあのブログがみえているようだった。
     どうやらみさきが、ふたりの誘

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/20時15分

    2014-08-06 20:15  



     ソルのスマートフォンが鳴ったのは、20時をわずかに回ったときだった。
     ――ソルからだ!
     間違いない。
     まるで待ち構えていたように、次々にメールが届く。
     早く、早く――
     焦りながらオレは、そのメールに返信する。
           ※
     まず届いたのは、八千代に関するメールだった。
     彼の電話番号とメールアドレスを尋ねられる。ソル相手に秘匿することでもないだろう、と考えて、オレは素直に、彼の名刺に書かれているものを答えた。
     それから、気になったのは宮野さんが持ち出したスマートフォンとミュージックプレイヤーのこと。
     どうやらあれは、八千代の持ち物だったようだ。
     ――ドイルと一緒にいるなら渡してもらえるのではないのか?
     とソルたちは言っていた。
     ――確かにそうかもしれない。
     宮野さんは強引で、原稿のためなら身勝手だけど、少なくとも悪人ではない。
     この数日は彼女と連絡をと

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/16時

    2014-08-06 16:00  
    1



     八千代は当然のように、ホテルのオレの部屋までやってきて、フィッシュバーガーにかみついていた。
    「さっさと食えよ。アイス溶けるぜ?」
     と彼は言った。
    「ああ。そりゃ大変だ」
     オレはいまいち食欲がないまま、フライドポテトを口に運ぶ。
     フィッシュバーカーの包装紙を丁寧に折り畳んでゴミ箱に捨てて、八千代はサーティワンアイスクリームのロッキーロードを手に取る。
    「で? 手紙の内容は?」
    「ファーブルって奴が、オレに会いたいってさ」
    「どんな条件で?」
     オレは手紙の内容を要約して告げる。
    「食事をごちそうしてくれるらしい。時間も場所もこっちが指定していい。向こうから来るのはファーブルひとり。こっちから行くのはオレひとり。それから、直接顔を合わせられたなら、ドイルの秘密を教えてやる、ってさ」
    「オレの秘密ねぇ」
     八千代は紙コップについていた白い半透明のフタを外し、ストローを使わずにコー

    記事を読む»

  • ■久瀬太一/8月6日/15時30分

    2014-08-06 15:30  



     八千代に簡単なおつかいを頼まれた。
     近所のファストフード店に行って、ふたりぶんのセットメニューをテイクアウトして、帰りにコンビニかどこかでアイスクリームを買い、ホテルまで戻ってくる。それだけだ。
    「尾行のコツを知ってるかい?」
     と八千代は言った。
    「知らない」
     とオレは答えた。
    「なにも知らない?」
    「以前、テレビ番組で少しだけ聞いたことがある」
     ポイントはふたつだ。
     ひとつめは、相手の靴を覚えること。うつむきがちに、足元だけをみて尾行するのがよい。
     ふたつめは、数人のチームで臨むべきだということ。2ブロック進むと次の仲間に交代、さらに2ブロックでまた次の仲間に。その間に、最初の追跡者は相手のルートを予想して先回りしている。そういう風に入れ替わりながら尾行すると、ずっと気づかれづらくなる。
     そう説明すると、八千代は頷いた。
    「うん、正しい。すぐに両方忘れてくれ」
    「忘

    記事を読む»

  • ■秋田の小冊子

    2014-08-06 13:30  
    1




    あさって @sakuashita1  
    つきました!

    ヌマハチ@SOL @_NumaBEE_ 
    現地ソル着いたか!長い距離お疲れ様。 
    Jill@Sol軍事班 @Noirfennec 
    @sakuashita1 おつかれさまです!
    秋田市は一日雨のようですね・・・
    お気をつけて!
    ヴァニシング☆コウリョウ @kouryou0320 
    やはり2980円の靴か… 


    ※Twitter上の、文章中に「3D小説」を含むツイートを転載させていただいております。
    お気に召さない場合は「転載元のアカウント」から「3D小説『bell』運営アカウント( @superoresama )」にコメントをくださいましたら幸いです。早急に対処いたします。
    なお、ツイート文からは、読みやすさを考慮してハッシュタグ「#3D小説」と「ツイートしてからどれくらいの時間がたったか」の表記を削除させていただいておりま

    記事を読む»

  • ■佐倉みさき/8月6日/12時25分

    2014-08-06 12:25  
    1




     目を開くと、ノイマンが私の顔を覗き込んでいた。
    「やっぱり、どこか悪いんじゃない?」
     病院の予約を入れましょうかという彼女に、私は首を振る。
    「大丈夫ですよ」
     むしろ、気分はいい。
     でも少しだけ泣きたかった。
     久瀬くんのしたことは、大人からみると馬鹿馬鹿しいかもしれないけれど。でも彼はきっと、ずっと本物の英雄だった。
           ※
     私は適当な嘘のエピソードを語りながら、タイムラインの向こうのみんなにお礼を書く。
     ――みなさん、ありがとうございます! みなさんのおかげで、エピソードを思い出せました。 と、ニールが隣から、スマートフォンをつかみとった。
     つい、あ、と声が漏れる。「もういらねぇだろ」  彼が席を立ったので、ノイマンと私も、仕方なくあとに続く。
     この素敵な喫茶店をあとにするのが、少しだけ惜しかった。まるで上品な図書館のようなお店で、ずっとここにいたくな

    記事を読む»