原子力発電と黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

原子力発電と黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)

2013-11-26 20:00
  • 1
  • 1



    最近は、賛成派反対派もなんかうさん臭~い秘密保護法案とか
    待ってましたとばかりに都知事のカネがらみ問題を叩くニュースとかで
    ちょっと端に追いやられてる感のある原発関連の問題。

    ま、そこらへんのネタが尽きるか
    いまでもすでに関心が薄い世論の冷たい視線に気付いたりすると
    またぞろ放射能漏れがどうのベクレルがこうのと
    この手のニュースを躊躇なく再稼働させることが必至でしょうね。

    相変わらず恐怖を煽る脅迫文のような情報を垂れ流すだけ。
    原発や放射能の負のイメージ数値などは絶対の科学根拠を前面に押し出し
    逆に自分たちに都合の悪い楽観的なものはぜ~んぶ捏造インチキだの大合唱

    正直もう、うんざりしてきますよね。
    そりゃ未だ安堵なんかしてられない状況なのは間違いないのですが
    なんかもう、政治的になったというのか感情的なまんまというのか
    どっかしら違う世界どこ吹く風のような雰囲気。

    一応原発に対しての私のスタンスというか考え方を言うなれば
    なんでしょうか、消極的な「支持」・・・ですかね。
    そりゃ将来的には全廃されて原発(事故)のない世界ってのが理想ですけど
    いまこのタイミングで即全ての原発を廃棄するってのは考えられない。

    個々が節電に努めれば何とかなるとか
    少し前にどっかの政治家が言って大失敗したムダをなくすなんて
    そんな小手先のレベルじゃどうにもならないくらい
    この文明社会と電力は密着しすぎている。

    そこら辺の重い現実を知ってか知らずかシカトして
    無思慮無責任にギャーギャー騒いでるだけの悪ノリ悪ふざけの連中に
    自分ならずとも違和感不快感を感じてる人は少なくないのでは?

    いやいや、あの原発の電気がね、例えばね、
    「被曝の危険などで虐げられた国民の労働によって作られ続け
    それが搾取され一部の人間だけがひたすらに享受する・・・」 
    そんなマンガみたいな状況とかなら「反原発」ってスローガンもわからなくないです。
  
    けど、おそらくもれなくすべからく
    原発で作られた電力はみんなの手元に行き渡ってたはずでしょう。
    基本お金さえ払ってれば誰でも使用し利用できるものです。
    逆に言えば、あたりまえのように日本国民は原発産の電気浪費していたわけです。

    それを原発事故、放射能漏れなどという未曾有大惨事があったにせよ
    「反原発」側に立ったというだけで
    なぜにあそこまでイキリタッて正義面ができちゃうのでしょうか?
    原発の電気をがっつり使いまくっていた共犯者のくせに・・・。

    まぁ、原発の電気使ってたぐらいで罪人扱いするのもされるのも
    よくよく考えてみればおかしな話なんですが
    一連の原発の話を見聞きしていると
    ふとある言葉が思い浮かんだのですよ。

    黄泉戸喫(ヨモツヘグイ) ・・・

    これは日本神話なんかに出てくる言葉で
    コレ自体あまり馴染みのない言葉だとは思いますが
    意味というか内容を聞けば
    なんとなく知ってるというか聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

    で、かなりはしょってストーリーテラーをして行きますれば・・・

    むかしむかし、はるか昔、
    日本という国すらもなかった頃のお話・・・
    イザナギ・イザナミという夫婦の神が
    国生みを行いました。

    島を産み、を産み、を産み、新たな神々を産み・・・
    ありとあらゆるモノ森羅万象を誕生させました。
    ところがの神・火之迦具土(ヒノカグツチ)を産んだ時に
    大ヤケドを負ってしまい、妻のイザナミは死んでしまったのです。

    最愛の妻を失ったイザナミは嘆き悲しみ
    あの世、黄泉の世界にまで駆けつけて
    イザナミを連れ戻そうとしました。

    そしてイザナミに再び巡り逢うことはできたのですが
    彼女が言うにはあの世の食べ物を口にしたので
    もう現世の食べ物は食べられない、食べてはいけない
    黄泉の世界以外では生きていくことができないのです・・・と。

    で、これこそが黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)
    あの世の食べ物を口にしたらもう、
    あの世のものしか食べちゃいけないってしきたり、ルール。

    この後の話はイザナギが駄々をこねて
    それでも一緒に帰ると言ってわがままを言い出したので
    イザナミが黄泉のというか管理者要相談

    で、昔話によくある「覗いちゃダメ」パターン
    「それでも覗いちゃう」フラグの定番の展開。
    そうなるとバッドエンド確定

    あの美しかった妻・イザナミはその面影もなく
    腐り爛れ、ウジ虫がわき
    体中に禍々しい八種の雷神に乗っ取られた醜い姿
    イザナギは目にしてしまう・・・。

    結果、ブチ切れた元嫁とその配下の黄泉醜女(ヨモツシコメ) の猛追を
    死に物狂いで逃げまくり、最後は黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)
    千引きの石(いわ) で封印を施し、あの世とこの世を隔ててしまう。
    そしてこれ以降生者があの世に死者がこの世に行き来できなくなってしまった。

    最後の方の、おそらく世界で最初の夫婦げんか
    追いつ追われつのエキサイティングなカーチェイス?
    そこそこ有名な話なので、聞いたことがある人も多いのでは?

    ま、問題はそこらへんではなくて、遡っての黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)のくだり
    あの世の食べ物を口にするともう、あの世の食べ物以外は食べちゃダメってトコ。
    これがすっごく原発のそれとかぶってくるんですよね・・・。

    偶然なのか必然なのか原子力関連でよく見聞きする
    何かと悪名高きプルトニウムという物質の語源は
    プルート、即ちローマ神話での冥界の王
    ギリシャ神話で言うハーデスがそれという見事なまでの天の配剤

    厳密に言うと福島原発とかで問題視されてるウランの語源は
    天王星のウラヌスから来てるんで、上記の設定は根底からひっくり返るんですがw
    そこはまぁ、拡大解釈妄想補正ってことでお許し願うってことで
    冥界の王の技術を黄泉の世界の食べ物手にし口にした人間の運命やいかに・・・。

    冥界も黄泉もいわゆる死後の世界
    あたりまえのことだけど死後の世界で死ぬことはない。
    そこのエネルギーなれば常に終わりがない永久機関
    不足不満でもめることのないの様な話。

    せっかくイザナミが封じたこの世とあの世の境界
    を凌駕し悪魔をも従える(かの様な?) 万能の科学を用いて突き破り
    見事原子力のスキルを手に入れることに至った人類

    はや現実では空母から潜水艦の動力にまで
    来るべき未来では鉄腕タイプからネコ型ロボットまで
    原子力を利用し多用する、そんなバラ色の世界想定しながら・・・。

    ところがそんな淡~い夢は一夜にして崩壊
    かつての夢の未来であったはずの21世紀
    しかも世界指折り科学技術を誇る極東の島国でのあの惨事。

    鉄の掟があるあの世の、黄泉の世界の住人たちなら
    死ぬことなどないのでこんな騒ぎになどなる事もないのだろうけど
    いかんせんこの世界あの世の技術
    無理からこの世に持って来たおかしくていびつな世界。

    今まで好きなだけ原子力の恩恵を受けていたくせに
    とたんにそれに不安定になり臆病になる。
    あの世のヨモツシコメ達からすれば呆れるほどの嘲笑の的なんでしょうが
    この世の醜女(男性も含む)達は悲しいまでにズルくて弱い・・・。

    まだ自らを映す水鏡を見ることが出来る人なれば
    不安定なれど自分と冷静さを見失わないでいられるようですが
    視界ココロも曇ってる方達は・・・
    皆さんご存知のように、あんな感じですからね・・・。

    自分のような積極的でも活動的でない現世醜女(コノヨシコメ) に対して
    口先だけで原発を批判否定しているだけの
    こちらも似たような現世醜女(コノヨシコメ)の様な人に
    「あなた達は黄泉に穢れた醜女たちです!!」なんて言われても


    
    「おまえもじゃーーーーー!!!」
    ってなツッコミを光の速さで返さざるを得ないですよね。
    言ってる事自体はそんなに間違ってはいないのに
    いまいち支持同調ができないのはそんなトコロがあるからなのでしょう。

    
    ちなみにイザナミがほうほうの体でこの世に戻ってきた時
    目の前にふとあらわれた一人の女神が、菊理媛神(キクリヒメ)
    なぜそこにいたのか?そこで何を言ったのか?
    そのことが学者や愛好家達の永遠のテーマになってるそうです。

    わかっていることは唯一つ。
    「菊理媛神がなにか言ってイザナミを喜ばせた」ってことだけ。

    諸説妄説入り乱れて
    「黄泉の穢れの禊ぎ方を教えた」とか
    「イザナミ亡き後にとなり国づくりを支えた」とか
    「悲劇の夫婦のあの世とこの世の遠距離恋愛をセッティングした」とか

    硬軟賢愚取り揃えての多種多様の議論が白熱していますが
    まぁ、あのシチュエーションを考えたなら
    ククリヒメとも呼ばれる彼女があの時、あの場所で喜ばせられるとしたら
    あの世の亡者がこの世へ這い出さぬよう括りつけて置くようなことなのでは、と。

    キクリヒメが行った具体的なイメージは湧いてこないのですが
    人間が死んだ時に手足をくくる、即ち縛り付けて埋葬する
    屈葬という習慣あたりにその影響が見て取れるって説が
    なんとなく納得できますね。

    違う世界の住人には自由を与えない
    黄泉戸喫(ヨモツヘグイ)の現世版のルールかなんかを編み出したのでしょう。


    そして再び現代の現世。

    この世とあの世の境界が曖昧になった世界。
    もしどこかに穢れ無き世界があるというなれば
    そことこの世分け隔つ所に立つ現代キクリヒメ
    何をもって我らコノヨシコメくくるのでしょうか・・・?



    おそらくそれは「贅沢な暮らし」で十分でしょうね。
    便利で豊かで楽しくて、そんな毎日に括られていれば
    無理してそのレベルが下がるようなところには行かないでしょ。

    反原発急性アレルギーを発症し
    穢れ無き世界を渇望してるあのコノヨシコメさん達ですらも
    パソコンケータイスマホで電気をガツガツ喰らいながら
    「電気を使うな!!」なんて寒いことばっか言ってますからね。

    ゴミにしかならないチラシをあちこちでバラマキ
    自動車電車でそこらじゅうを駆けまわる
    それが終わったらどこかで飲み食い
    夜遅くまで起きて次の準備をする。

    誰よりもこの世の贅沢な暮らしにククラれている
    哀れな亡者の様相を知らしめていますよね・・・。


    さてさてじゃ~このまま贅沢な暮らしに流されて
    穏やかな絶望にこの身を委ねているだけってのもつまらない
    次回はヨモツヘグわなかったイザナミに倣って
    穢れ無き世界とはどういうものかを、少しばかり考察(妄想)します。







   ~Who in?~         ーーー儀之漆拾陸ーーー


  いなずまのけん/いなずまのけん


   ドラゴンクエストシリーズに登場する武器のひとつ。
   Ⅱでは伝説の勇者が持っていたロトの剣をはるかにしのぐ最強武器。
   あの苦しめられたロンダルキアへの洞窟で更に苦しんで苦しみ抜いた者だけが
   手にすることの出来る、ある意味もっとも入手困難な武器かもしれない。



  今日の断末魔

   「そういやメニュー誤表示(偽装)のニュースは
     全く世論にハマらないまま飽きられて終わりましたな・・・。」



              ーーーーーーーーーーーーー・・・
     

    
    

        

    

   



    
広告
×
初めまして、ヨモツヘグイで検索していて辿りつきました、ハクです。
とっても面白い考え方だと思いました!
原子力と黄泉の食べ物をリンクさせているのも、どちらも魅力ある物だから手を出したくなりますね
欲深い人間性ならなおさら。
参考にさせていただきます^^
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。