ビットコインが通貨の始まりと終わりを見せてくれます!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ビットコインが通貨の始まりと終わりを見せてくれます!

2014-03-02 15:00
  • 2
AIR です。

ビットコインは、インターネット上で流通する電子通貨
と新聞に書かれていても理解が進みませんでしたので、
論文を読んで僕がわかった範囲で説明します。

まず「インターネット上にお金が埋まっている」設定になっています。
次にパソコンの専用ソフトを動かして「採掘」の作業をします。
「CPU時間と電力でお金を探す」ゲームみたいなものです。
ただし「上限が決まっている」ため、ほとんど採掘された今は
スパコンを動かしても見つけられないようですから、利用したい人は
「取引所にお金を払って買う」しか手に入らない電子通貨になっています。
通貨と言っても保証人がいなくて
P2Pの仕組みで動いているため、論文を読んだ第一印象は
「サイバー攻撃で消滅してしまうのではないの?」でした。
ビットコインとは「ビットコインを信用できますか?」
ときかれて「はい」と答えた人たちの
内輪で回っている通貨です。
僕たちが使っている「円」は価値を守るために、日本政府が様々な対策をしています。
今なら100円前後で1ドル分の価値が守られています。
しかしビットコインを守る人はいません。
ゲームの中のお金みたいなものですから、信じている人にしか価値がないお金です。
取引所で現金に交換したとします。
国に関係なく安い手数料で利用できるビットコインには
「税務署が追跡できないため、脱税や資産隠しや資金洗浄にメリットがあります」。
ですから、現金に交換するとメリットが消えます。
本質的に初期参加者が価値を釣り上げる宣伝をして売って逃げるというビジネスモデルです。
政府の税金の使い方には様々な意見があるようですが、脱税に便利で犯罪を増やす元となる
ビットコインは日本では規制されたほうが良いのです。


国家は通貨発行権を持っています。国際間で価値の裏付けを取っています。
今はドルが世界基準の基軸通貨として決められていますから、
「円」はアメリカに保証された通貨です。
だから僕たちは安心して使うことができますし、所有しておくこともできます。
人類の歴史を振り返ってみると、
狩猟採集時代は獲物を計画的に捕ることができず、肉が腐ってしまう理由から
財産を備蓄しておけませんでした。
しかし農業時代では穀物を備蓄できるようになって、
物々交換ができる社会になりました。
漁師さんと魚を交換するなど穀物をお金のように使っていたのだと思います。
ただし、あげたい物とほしい物のマッチングがうまくいかないと不便ですから、
人類は効率よく物々交換ができるように
お金を発明しました。
このように貨幣の歴史には必ず価値の裏付けがあります。
身近な例としては
クレジットカードを作るときに確認される
個人情報の審査のようなものです。
ビットコインは上限が定められていることや採掘もほとんど終わっていることで
「レアアイテムとしての希少価値があって値上がり」しました。
投資ゲームの対象としてみれば価値はあったのかもしれませんが、
通貨としては銀行に認められる存在になれなかったようです。


ビットコインはオークションに出品されているレアアイテムと同じようなものです。
オークションでは出品されている数が決まっているから
入札者が他の入札者と競い合って、価格を引き上げてくれます。
反対に出品者が多くなるとレアアイテムが一般アイテムに格下げされるため、
見込みより安くしか売れなくなり、売れない場合もあったりします。
オークションで売れ残っているものは価値がないと見られているか、
欲しいと思う人に発見されていない一般アイテムです。
価値があるものなら競って取り合いになるはずです。
オークションが終了するまでは何円まで値上がりするのか誰にも断言できません。
ビットコインには裏付けがありませんから、
「レアアイテムではない」という不信感が生まれたら暴落します。
作られたときは「インターネット上にお金が埋まっている」という設定になっていましたから
採掘の対象でレアアイテムでした。
ただし取引所で「現金」にできるようになると価値が金額に裏付けされますから
レアアイテムではなくなりました。
ビットコインとは「ビットコインを信用できますか?」ときかれて「はい」と答えた人たちの
内輪で回っている通貨です。
友達への「貸し借り約束」のほうが信頼で保証されていると考えられます。


このようにビットコインを振り返ってみると、
お金の価値とは何かという問題を考えるきっかけになりましたので
おもしろいテーマでした。
長引く不況に疲れを見せた世界中の人々が、今までの円やドルを信用できなくなったから、
新しい通貨を求めるようになって、
ビットコインを提唱する人が現れて、実際に運用するソフトが配布されるようになった
という一連の動きも興味深いところです。
僕たちが信用して使っている通貨も、
保証をしてくれる国がなくなった時点で終了してしまう怖い事実の見直しにもなりました。
ビットコインという新しい試みで
「通貨の始まりと終わり」または
「政府が動いて無難な禁止・利用者を無視」という歴史に残るかも知れないイベントを、
リアルタイムで見られることでも関心が尽きないニュースであります。
ベンチャービジネスは経済に貢献するため規制しないほうが良いのですが、
お金の流通を政府がコントロールできなくなる仕組みは
マネーゲームをしている以外の人々の平和な生活も壊してしまいます。
脱税や犯罪組織にとって便利なアンダーグラウンドマネーの横行を許してはいけませんので、
政府はビットコインに規制をかけるほうが良いのです。


広告
×
ビットコインは裏付けが無いという風に書かれていますが、
電子署名の技術により裏付けがされており、信頼性結構高いと言えると思います。
また、現金にできるようになったことにより「レアアイテム」では無くなったと書かれていますか、
あくまでビットコインを持っている人と現金を持っている人の取引であり、世界のビットコインの総量が変化するわけではないため、「レアアイテム」であることに変わりはないと思います。
長文失礼しました。
50ヶ月前
×
コメントありがとうございます。この原稿を書いてから(投稿時間と執筆期間は別です)間もなく、大手取引所「マウントゴックス」が取引停止のニュースを知りました。ビットコインはこの一件により不信感が生まれて、価値が下落したようです。ビットコインを支えているのは、本文に書きましたように、『「ビットコインを信用できますか?」ときかれて「はい」と答えた人たち』です。私個人としては、円やドルなどは「金本位制度」に裏付けられているため、「今は信用できる」ものと考えています。


『現金にできるようになったことにより「レアアイテム」では無くなった』の件ですが、ビットコインに総量の上限があることは知っています。ただ、総量が設定されていたところで、「売られだしたものには価格が設定される」という事実があります。ですから、「買えるものはレアアイテムではなくなる」と思っています。

例えば、何億のお金を渡されようと私は「自分の命」を売りません。それは私が「私の命に価格をつけていないから(現金と交換できるようにしていないから)」です。ほとんどの人が、自分の命に対して同じ回答をすると思います。あなたもそのように答えると思います。それは、日本の教育が、命を大切にするように教えているからです。

一方で5千万円の家や車は「5千万円を支払えば購入できます」から、「レアアイテムではありません」。しかしその家や車の所有者が「売りません」と言えば買うことができないため、「レアアイテムになります」。ビットコインは「現金x円で売ります」と売り出した時点で、価格がつけられるものになったため、入手可能といった意味で「レアアイテムでは無くなった」と記しました。

5千万円の家も5千万円の車も「個人差により高価に感じられる」だけで、「売買が開始された瞬間からレアアイテムではない」のです。総量といった言い方をすれば、円もドルもビットコインと同じく上限があります。札束は輪転機をまわせば無尽蔵に作り出せるほどに単純ではありません。それは「金本位制度」により国家が価値を保障しているからです。政府のおかげで国民は安心して生活をおくれていると私は理解しています。



最近では「与沢翼」さんという方のニュースが新しいです。とはいえ、1分ほど斜め読みしたくらいの知識しか私にはありません。それは「秒速1億を稼ぐ」と宣伝していた人物が「税金2億円」を「2秒で返せなかった」といった不思議なことをしたため、すぐ興味を失ったからです。与沢翼さんのやっていた方法は、広告塔として上手に自分をメディアに売り込んでいたことです。資金ショート後も、快適な生活を守れるように活動を続けています。撤退の演出も計画通りに見えて手際が良かったです。与沢翼さんのビジネスモデルは『秒速で1億円稼ぐ条件』という著書にあるように「お金を稼ぎたい人に稼ぎ方を売る情報商材の販売」です。

この話題を出したのは、ビットコインの仕組みに類似性を感じたためです。こちらは『「与沢翼」さんを信用できますか?」ときかれて「はい」と答えた人たち』が参加していたゲームでした。例えばネズミ講やマルチ商法の勝者になれるのは、ピラミッド上位の数%と言われております。結論を書けば、ビットコインでも与沢翼さん式ビジネスモデルでも、資本主義社会の勝者になりたければ「私がやったことと同じことをやれ」です。考案し実行しハイリスクをとった数%の人が資本主義社会の勝者になれます。ビットコインで出遅れた人は、第二のビットコインを開発して初期採掘者になれば長者になれる可能性があります。


私が今回の原稿で言いたかったことは、本文にも記しましたように『お金の流通を政府がコントロールできなくなる仕組みはマネーゲームをしている以外の人々の平和な生活も壊してしまいます。』の一文です。ビットコインの利便性は認められますが、脱税や、犯罪組織がマネーロンダリングに使えてしまうアンダーグラウンドマネーの普及は、無関係な人々の平和な暮らしを破壊するものですので、私個人の感想として賞賛できません。ただ、お金の価値というものについて考えさせていただけましたので、ビットコインの考察は良い機会だったと思っております。
50ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。