• 2017年下半期ニコマス20選+あとこれ一選 選んでみた

    2018-01-19 19:33

    こんばんは。あるせです。


    新年の気配も醒めてまいりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。ぼくは中指にホチキスの針を突き刺してしまいました。痛い。

    さてさて、そんなことは置いておいて。今回も20選をやってみることにしました。


    • 対象は2017年下半期(7月1日~12月31日)に公開されたニコマス動画
    • 自身のセレクトを20作品以内でブログ・マイリスト等にて公開
    • 1Pにつき1作品(合作・別名義については別カウント)
    • 選考基準はフリー(お気に入り・埋もれ発掘・テーマに沿って等何でも可)
    ※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


    この期は忙しく、あまり多くのニコマスに触れられなかったのが悲しみポイント。そんなわけで数としては少な目で恐縮ですが、今回チョイスした作品を紹介させていただければと思います。自分語りが挟まるのは嫉妬の裏返しですから、許してくださいね。




    1. 割り込みバジリスクタイム

    Nazzmaさん

     ちょいちょい来る変化球→おまけの疾走感が本当に好きで、時々真似しようと試みるんですけど、なかなか上手くいかないんです。BBEMYBABYの使い方も好き。

     私の持ち味は止め画演出らしい(大百科にそう書いてもらってた)ので、僕自身の得意分野は流れをぶち壊すことだと思うんですけど、だからこそ、こういった疾走感に憧れてるんでしょうね。


    2.  【誕生祭MAD】約束の扉を開けて【高森藍子】

    アキP☆

    でたなアキ。はやく新作を作れ!

     ってのは置いておいて。やっぱりこの人は強いんですよ。とにかく素直でまっすぐ。目標地点へ、理想へ、必ず向かっていく強い意志を感じるんです。

     たんにアキさん特有の色使いが好きってのもある。私の色使いは、少なからずこの人影響を受けてるんじゃないかと。


    3. 脳みそは食べるためじゃなく

    どぶろくP

     色が好き。とにかく色使いがたまらなく好き。このエッジを取り払ったようなのがもうヤバい好き。最後が橙で終わるのも美しい。

     速水奏のおっぱいはでかい。



    4.  【合作】デレマスマイムマイム2

    合作

     いいよねえ、このシリーズ……。音も映像も幸せになれる……。合作としても凄く美しい。

     僕自身、基本的にモーショングラフィックスも音いじりも出来ない人なので、シンプルな憧れがあります。



    5.  【アーニャ誕生祭】Мировое・призвание【Voc@loidm@ster祭り8遅刻組】

    零四さん

     ボカマス。私も作品持って行きました。

     00:55~のシンクロが気持よすぎてずっと見ていられる。



    6.  【デレマスアレンジ】Tulip(古屋直雪 remix)

    古屋直雪さん

     いわゆる『デレンジツアー』の作品。

     初めて聴いた時に根本的な音の違いを何となく感じました(実際にそういうものなのかは分からない)。

     聴覚が眼球を押しのけるタイプのやつ。本能が「これに映像はつけらんない」と喚くやつ。爛れて朽ちる眼球を押さえながら、今日もこの曲で踊り狂うのです。ごめんね隣部屋の人。



    7. 気持ちのいい輿水

    葛飾出身さん

     映像ばっかり作るようになって、「すごい動画で何が起こっているのか」は分かるようにはなってきたのですが、この方の動画はさっぱり分からない。このデチューン何なんだろう。素材どこから持ってくるんだろう。考えれば考えるほど謎だらけ。この方の編集タイムラインところてんみたいになってるんじゃないだろうか(偏見)。レトロポップな感じ、いいなあ。



    8.  【デレステMAD】あの娘 **** 恋泥棒【佐藤心】

    三浦ものP

     この方の動画も大好きで。質感がすごく好きなんです。動画のテーマもきちんとパッケージングされているように感じる。この方の動画はもっと周知されてほしいな、と常々思います。オススメの若手を紹介してほしい、と言われたら真っ先に紹介する。ぜひ時間のある方は投稿動画を周回してほしいですね。



    9.  【アイマスRemix】とんでいっちゃいたいの-Beyond The Universe Arrange-

    ビーカーP

     今期の私的ナンバーワンはこれ。湯水の如く広告ポイントが溶けた。

     これも『デレンジツアー』の曲で、イベント当日は友人と通話しながら曲を聴いていたのですが、これがかかった途端よくわからん声を上げてました。友人ごめんね。さぞうるさかったでしょう。

     曲から紐解ける物語が確立されていて、もはや恐ろしさすら感じる。動画もシンプルながらよく馴染んでいて隙がない。

     ぼくもとんでいっちゃおうかな。



    あとこれ一選
    CINDERELL-A-RRANGE vol.4 DAY2 ANEMONE STAGE

    こーすけP

     あとこれ一選にこちらの企画のセットリストをチョイスさせていただきます。

     巷で「デレンジツアー4弾」と呼ばれた生放送&タグロック企画の2日目ですね。

     このセットリストが本当に素晴らしい。このセトリを見れたことは本当に幸せなことでした。詳細な順番は是非飛んでご覧になってほしいのですが。

     個人的な考えとして、こういった合作ものやツアーものには『企画である理由』が必要だと思っています。たとえば合作であるならば『合作である理由』が必要で、動画どうしを繋ぐであるとか、全体の受け皿となるテーマであるとかが要ると思うんですよね。もちろんオムニバス形式の映画やアンソロジーコミックなんかがありますから、ただ並べる事を悪く言っているわけではありません。でも視聴者に「これ単品でよくね」とか「タグロック投稿祭じゃダメなの?」と思われたら、そこで魅力はガタンと落ちると思うんです。

     こうした企画のセットリストを組む時にも、やっぱりそれ相応の理由があってほしいなと。どういう意図があったのか、それともどんなストーリーがそこにあったのか、ある種臨床的ともいえる何かをセットリストに内包してほしいわけです。因みにセットリストの組み方や考え方自体は色々あると思います。

     そんなわけでこのセトリなんですけど、エモさと盛り上がりが同時に存在していて、遊び心もちらりと見える、本当に素敵で美しいセトリなんです。生存本能ヴァルキュリアから始まり、One Lifeで総括。後半も女神の黄昏から始まりOne Lifeで総括。美波の参加曲で始まり、前後半ともにOne Lifeで終わる。終わりの曲が同じなのがいい。対戦お願いします感がある。同じ曲でも見せる顔が異なるのがまたアレンジの面白いところ。One Lifeはタイトルも素晴らしい。このセトリ、ANEMONOE STAGEそのもので人生を表現しているようにも思える。参加作品にも非常に恵まれていて、どれも素晴らしいものばかり。これまでのデレンジツアーが培ってきた信頼と、出会いの奇跡、スタッフたちの才能と技術と努力が全てうまくマッチした、本当に素晴らしいステージだったと思います。

     だんだん何書いてるか分かんなくなってきたのでこの辺で筆を置きますが、本当に素晴らしい作品群、素晴らしいセットリストです。こーすけPの構成力は本当に素晴らしい。ぜひ通しで聴いて観て、身体で感じてほしいです。




    ということで、2017年下半期20選でした。
    2018年も、素敵な出会いがありますように。
    ではでは。



  • 広告
  • TMPG あるせのやったこと&関わったことまとめ

    2018-01-14 21:15

     こんばんは、あるせです。

     昨日行われたTUGIHAGI MAD Phantom Guerrillaに参加してました。ご覧いただいた皆さま、ありがとうございます。まだの方、タイムシフトがありますので是非。

     色々やってたので、何をやってたのかを書き残します。



    ◆企画の発端

     sing/aendの打合せ中に零四が「ゲリラライブやりたい」と言ったのが始まり。当初は「新作みんなで持ってこよう」的な言い方だったので、その場にいた我々も「ええで」くらいの気持ちだったけれど、日が経つにつれて「VDJみたいな事したい」だの「MADLIVE借りたい」だの「エンディングで合作したい」だの。ポットラックパーティーに来たと思ったら詐欺だったでござる。共犯から被害者に変わった瞬間。

     風呂敷広げた割にヘタれて企画が死にかけてたんで、必死に発破かけたり動画作業手伝ったりした覚えがあります。詐欺られたとはいえ、船に乗ることを承諾した我々も我々なので。


    ◆オファー

     「好きな人連れてきていいよ」とのお話だったので、若い人を呼んできました。16年Pと17年Pの殆どは自分がリストアップしたと思います。なかでもFlickShotさんとスパスさんには直々にオファーを出しました。お二方ともきちんと話すのは初めてで、なかでもスパスさんは完全な初対面だったのですが、お二方とも快諾してくださって非常に嬉しくなったのを覚えています。ありがとうございました。


    ◆オープニング

     好きな自作を掲載してくれるとの事だったので、『あふれいど』を載せてもらいました。私としては今でもやっぱり『全日本フレデリカ選手権』を見てほしいとは思うのですが、MADステージの場ならあちらのほうが相応しいかと。


    ◆うたをうたうひと(零四パート)


     演出少し手伝ってます。フラッシュのところです。


    ◆新春ワッショイねこつなぎ2018 [3Choes_para2el_A1thrill]

     元々「新作を持ち寄る企画」だと思ってたので、「だったら一人で新作繋いでやろう」と思ったのが今回の作品です。結局企画全体がVDJモドキになったんですけど。元々BPMの近い曲を選んだのですが、一応速度の調整をして3曲繋いでます。ねこに関係ありそうなアイドルをチョイス。タイトルの読みは『エコーズ・パラレル・アイスリル』。数字は人数を意味してます。

     バラバラ単品の投稿予定は今のところありません。今「公開するモチベ」が著しく低くてですね。別にいいかなー、みたいな笑。いつか乗り気になったら調整して上げるかもしれません。コミュニティ限定で連結版は公開しているので、気になる方はそっちを観てください。なんかこういう時って「休め」という人もいれば「無理してでも続けろ(とにかく飯を食え的な野球部ライクな理論)」という人もいますよね。あ、でも。ニコ生放送時のコメントやツイッターは素直に嬉しかったです。ありがとうございます。







    ◆休憩


     統括してます。セットリストと連結も。休憩動画の提出は自由でした。共有ドライブを作って、出来たらそこに置いていく仕組み。当初は10分予定だったのですが、想像以上に集まったので5分増えました。大マジの休憩を作らなかったのは零四の指示です。

     私が作った休憩動画は『クソコラスターク』『セックスオンザハイジョ』『なんだこれ(コラは零四)』『瑠璃色金魚としまじろう』『ごまえカート』『NO カレーメシ NO LIFE』。瑠璃色金魚ネタが被ったので音源ごと繋ぎました。めっちゃ楽しかった。ペンギンネタも被ったので連続にしました。




    ◆エンディング


     原案、役割分担は零四。最終調整は私。本番当日になって何故か抜けがあった(分担しそびれらしい)ので、そこを江戸切子職人くんと一緒に埋めてます。ちょっと担当箇所が多いのはそのせいです。そのせいと言いつつ、最終日に「俺がちゃっちゃと埋めるから寄こせ!」つって強奪したんですけど。

     元々担当していたのは『一ノ瀬ボンバーBB』『とりあえずディスプレイスメントマップ使ったやつ』『にゃん・にゃん・にゃん vs しまじろう』。ギリギリになって追加したのは『Tulip』『岡崎体育泰葉』『クソコラスターク』『せむじろう』『休憩セレクション』『クソフライヤー』『MVトレス』。『Tulip』は綾猫さんのリミックスパートから着想を得て作っています。『岡崎体育泰葉』は前後のスパスさんを通じて何となくストーリーになるように(岡崎体育泰葉に企画書が届いてから、スパスさんのパートに泰葉が追加されてます)。『クソコラスターク』は休憩からストーリーがつながるように。








    ◆アンコール


     原案とシンデレラの声無しアイドルは零四。元々は彼が声無しアイドルで作ってたものだったのですけど「それってなんかおかしくない?」と皆でなりまして。せっかくなら全員入れようとの事で、責任もって率先してできるだけ入れました。大部分が私の担当になっているのはそういう経緯です。タイトルはSideMが『border0』、765+876+961が『w4rp』。数字が入っているのは、主催の名前(零四)を入れようと思ったから。ねこつなぎからのナンバリングみたくなってるのは偶然。SideMはかなりパチっとハマったなあ、と思ってます。歌詞合わせかなり意識しました。いつかリメイクしたいなあ。

     こちらは連結版が一般公開で上がってます。






     色々思うところはあった企画ですが、楽しんでもらえたのが幸いでしょうか。今回の教訓を糧に、企画との向き合い方を考えたいなと思います。

     協力してくださった皆さま、ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。


     んー、のんびりFEHでも遊ぼう。いまハゲデブが報酬のイベントが開催してますよ。

     ではでは。


  • 2018年 新年のご挨拶

    2018-01-01 00:00

    新年あけましておめでとうございます。

    旧年中はお世話になりました。

    本年も宜しくお願い致します。

    ねこも干支に入れてください。

    たのみます。


    2018年 元旦 あるせ悠


    新年記念のお新作だよ~



    ◆直近の予定

     たぶん全部は厳しいので、どれか一つでも出来たらいいなぁ、と……。


    ★終わる終わる劇場

     いや、本当はそんなシリーズ名じゃないんだけど……。



     終宵(デレアニ)→終活(深淵)→終天(椿)と来てます。あとは3つ。次は金髪のあの子です。個人的な最優先事項はこのシリーズですね。


    じゃかじゃか~


    ★生存本能ヴァルキュリア:或世

     pixivで週一くらいのペースで書けたらいいな、と。動画の時とストーリーは一緒ですが、グロ描写が多めになってます。

     動画はコミュニティ限定か非公開にする予定です。いつか続きを動画にやるかもしれないし、消しちゃうかもしれないし……。私としてはこの物語は、ストーリーさえ伝わればよくて、動画としてもギミックには乏しいんです。フレデリカ選手権は柱枠があったり、おつかいはそもそも台詞枠が無かったりみたいなギミックがあったんですけどね。


    ★マイリスト、自作品整理

     これなんです。昨年はこれが適当になってしまった……。コモンズ登録とかも疎かになってます、本当に申し訳ありません……。




    ◆新年会生放送をやる予定です

     忘年会生放送を昨年末にやったので、新年会もやろうかなと思います。

     日は1月10日、1月12日の夜。今回はお題を『2017年のニコマスの振り返りと、今後のニコマスとか抱負とか』と設定し、おしゃべりできたらなと。

     つきまして、今現在『2017年にあったニコマス合作&企画/流行ったもの』を調べています。もし情報を提供してくださる方おりましたら、私のDiscordサーバーのほうまでアクセスしてください。#nicomas_2017がそれ専門のチャンネルとなっております。
    現在、タグロック企画や生放送企画の情報が特に不足しています。よろしければご協力お願いします。

     なお、放送当日はカレンダーに整理して振り返る予定です。