• 3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十一話 その3【ちょっとしたメモ】

    2017-07-24 17:004時間前2
    けものフレンズ』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
    セカンドシーズンというのもまだまだ先っぽいので、まったりと書いてます。
    再放送までに全話書ければいいかなと。
    3DCGとはあまり関係のない内容を書いている時がありますが、
    今回は本当に関係ないかも…w。

    第一話その1その2その3
    第二話その1その2
    第三話その1
    第四話その1その2
    第五話その1その2
    第六話その1その2その3その4
    第七話その1その2
    第八話その1その2その3
    第九話その1その2
    第十話その1その2その3
    第十一話その1その2
    3Dフィギュア
    キョウシュウエリアマイルカ
    ジャイアントペンギン
    メキシコサラマンダー
    かばんちゃんプロトタイプ(仮)

    前回はこれまでのかばんちゃんの話で終わっちゃったので、
    今回はちゃんと11話を見ていこうと思います。

    といって10話のラストなんですが、ここでかばんちゃんが別れ話を切り出そうとした瞬間に
    画像

    この黒いセルリアンが現れたので、サーバルちゃんのかばんちゃんと別れたくないココロがこのセルリアンを生み出したと思ったんですが、全然違いましたね。
    アプリ版にも出てきますね、この黒いセルリアン。
    画像

    ってまぁ冗談みたいな話はいいとして、
    まずはミライさんについてちょっと思ったことを書いていこうかなと。

    吉崎先生の作るお話って母性的なキャラクターが頂点に居て、その庇護下でキャッキャやる構造になっていることが多いんですが、ミライさんはその母性キャラに見えますね。
    アプリ・漫画・アニメに何らかの形で出ているので、プロジェクト全体の統一性を図るためのキャラクターなんでしょうね。
    画像

    あと、ミライさんをモデリングした時に気になったんですが、このワッペンに描いてあるマークってなんでしょうね?
    画像

    右はジャパリパークのマークなのでわかりますが、左は何でしょうね?
    画像

    ジャパリコイン(ゴールド)のマークとも違いますよね。
    一つ思ったのが階級章かなぁ…と。指の数が階級を表しているとか。
    ただこれだけ見せられても、どんな階級かはわかりませんが。
    画像

    物語にはご都合主義的展開は一回までという、ゆるい不文律みたいなのがあって、ミライさんが助けてくれるのはこの一回だけですね。
    あとは、かばんちゃん達が、自分で解決していかないといけないと。

    この火山の頂上でのシーンで、(多分)初めてかばんちゃんがラッキーさんに対して、敬語じゃない喋り方をするんですよね。まぁ敬語じゃないということは本音ってことでしょう。
    画像

    ここでかばんちゃんは暫定パークガイドになるわけですが、ちょっと驚いたのは、まだかばんちゃんは自分の正体が完全にわかっていないのに、暫定パークガイドという役割が決まったということですね。
    普通、自分の才能とか向いていることとか、そういうのを見極めてから社会的な役割を決定すると思うんですけど、かばんちゃんの場合は違っていて、たとえ向いていなくても必要とされていればやるみたいですね。そういうところはすごく好き。
    あと、「暫定」というところに未熟感が出てていいですね。
    画像

    ここすごく前向きな発言をしているのに、顔に影がかかっちゃってるんですよね。
    けっしてこの決断が、良い結果を生まないことを少し暗示してますね。
    画像
    上のシーンってかばんちゃんの帽子取れてるんですが、かばんちゃんって、けもフレでは珍しくネコ科以外で髪に影が入っているキャラクターなので、帽子を取ると顔周辺の情報量が上がってイケメンになりますね。

    あとこの、島を見せるカットですよね。
    人が死ぬ前にその人の希望ある未来を視聴者に見せておくと、死んだときのショックがでかいというテクニックがあるんですが、まぁ…それですよね…。
    画像

    サーバルちゃんが食べられた後、ヒグマがかばんちゃんを抑える場面がありますが、こういうのを入れるっていうの上手いですね。サーバルちゃんを見捨てるんじゃないかと視聴者は全員不安になりますしね。
    前の記事で書きましたけど、かばんちゃんは相手が話している時、必ずそっちを向くという癖があります。でもここだけ目をそらしてますね。
    画像

    木登りシーンになるわけですが、ここ台詞が無いというところがすごくいいですね。時間も長めに使っていて視聴者に何やっているのか、考える時間を与えています。前の記事で書いた叡智演出というやつです。
    事前にヒグマのシーンがあるので、そのおかげでサーバルちゃんを助けるために、何かをしているという事はわかります。
    画像

    この巨大セルリアンの主線がちょっとずれてますが、これはこうできる設定というのがソフト側にあるので、異質感を出すためにそれを使ってますね。ちょっと落書きみたいになってます。
    画像

    木を登りきったところで、初めてかばんちゃんの髪が揺れますね。
    「うみゃみゃみゃ」の所は有名ですが、ここもサーバルちゃんを意識してますね。けものフレンズで髪が揺れるのはサーバルちゃんだけなので。
    これコンポジットで揺らしてるんでしょうか?それにハイライトはやっぱりテクスチャじゃなくて、コンポジット段階でガッチャンとくっつけているようですね。
    画像

    枝は実際にはそんなに長くないと思うんですが、ここは巨大化させてますね。時間と空間を伸縮できるという日本のアニメ独特の技ですね。
    画像

    火をつける場面で片手マッチをやってますが、色々省略してますね。
    これも細かく演技していたらテンポ悪くなるので、一気に省略してる感じですね。けもフレの省略表現がよく活かされたかっこいい表現だと思います。あとやっぱり帽子が取れてるとカッコよくなりますね。
    画像

    このたいまつ表現すごく好きで、3D的にライティングしているんじゃなく、2Dの絵に対してライティングしているんですよね。最近の2Dのゲームなんかでよく見るんですけど、僕このライティングめっちゃ好きなんですよね。
    画像

    で・・・
    このカットなんですが。ここすごく上手いよねぇ…。たいまつを下ろしたという動作一つで、あのどんな状況でも諦めなかったかばんちゃんが諦めたという事がわかりますし、消える前に申し訳なさそうに少し笑うのがせつなすぎる。暗転が長いのも上手いというかキツイ。そしてなにより画面のこっちを見るというのが…。
    画像

    「見るからにダメで」
    「何で生まれたかもわかんなかった僕を受け入れてくれて」
    「ここまで見守ってくれて」
    「ありがとう…元気で…」
    これ、物語上はサーバルちゃんに言ってるわけですが、僕はけものフレンズというアニメそのものが、ここまで見てくれたファンに対して言っているような気がします。
    敬語じゃないですね。

    さて次は最終回かな。
    ていうかもっと書きたいんだけど、体力と時間がもたないw

  • 広告
  • かばんちゃんプロトタイプ(仮)を3Dでグリグリ動かせるように【けものフレンズ】

    2017-07-22 10:4751

    画像
    (画像をクリックすると見れます。処理が重い場合は右下の設定の[H]を[L]にしてね)
    (iPhoneなどアニメが再生できない場合はノンアニメーション版を見てください)

    アニメ版けものフレンズに3Dモデルが出てこなかったキャラを、
    勝手に3D化するという自給自足シリーズの4回目です。
    今までのキャラ↓
    マイルカ
    ジャイアントペンギン
    メキシコサラマンダー

    ガイドブック4巻で存在が明かされた、アニメけものフレンズの主人公ラフです。
    かばんちゃんの元ネタのようです。気になる人はガイドブック4巻を買うのです。

    かばんちゃんのイメージカラーが「赤」なのに対してこの子は「緑」ですね。
    ポケモンのライバルカラーっぽいです。ポケモンの法則ならこの子の名前は「みねちゃん」になると思いますが、僕は「かのんちゃん」がいいなぁ~。(←何の話だ…)

    ガイドブックにわざわざ「出会う未来もあるかもしれません」と書いてあるということは、かばんちゃんのライバルとしてアニメに登場する?
    情報をそのまま鵜呑みにしすぎでしょうかw。

    アニメに登場するならどういう雰囲気になるか気になったのでモデリングしてみました。
    吉崎先生の絵とはだいぶ雰囲気が変わりますね。
    わざとかばんちゃんっぽくもしてあります。

    それにしてもこの子「長寿と繁栄を」みたいな指の形してますが、なんなんでしょうか?
    ジャパリパークのあいさつでしょうか?

    次は誰をモデリングしましょうか…。
    暑いので涼し気なフレンズさんがいいかなぁ~。

    3DCG方面から見る『けものフレンズ』シリーズというのもやっているので
    よかったら見てください。
    次はかばんちゃんの話②をする予定です。
    第一話その1その2その3
    第二話その1その2
    第三話その1
    第四話その1その2
    第五話その1その2
    第六話その1その2その3その4
    第七話その1その2
    第八話その1その2その3
    第九話その1その2
    第十話その1その2その3
    第十一話その1その2
    3Dフィギュア
    キョウシュウエリアマイルカ
    ジャイアントペンギン
    メキシコサラマンダー

    サーバ代がちょっとかかるので、ちょっとアフェリエイトを貼らしてもらってます。
    何か欲しいときにこのリンクから買っていただくと、サーバー代が助かります。
    本当に買ってくださっている方が居るようで、感謝しています。ありがとうございます。


  • 3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十一話 その2(というかほぼ別の話数)【ちょっとしたメモ】

    2017-07-17 18:1085
    けものフレンズ』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
    新作映像というのもまだまだ先っぽいので、まったりと書いてます。
    だいたい日曜日に更新しようと思ってますが、この記事みたいによく遅れます。

    第一話その1その2その3
    第二話その1その2
    第三話その1
    第四話その1その2
    第五話その1その2
    第六話その1その2その3その4
    第七話その1その2
    第八話その1その2その3
    第九話その1その2
    第十話その1その2その3
    第十一話その1
    3Dフィギュア
    キョウシュウエリアマイルカ
    ジャイアントペンギン
    メキシコサラマンダー

    11話はかばんちゃん回なので、かばんちゃんの話をします。
    ですが、その前に今まで書いてなかった分、これまでのかばんちゃんの話をしようかなと。(長くなりそう…)

    かばんちゃんの特徴は地味ってことなんですが、何で地味にしたかと言えば、周りのフレンズさん達が派手すぎるので、主人公として目立たせるためには、逆に地味にする必要があったということでしょう。
    色もフレンズさんに使われるような彩度の高い色を使わず、白や黒を多めに使ってます。これはカラフルなフレンズさんたちと並ばせると結構目立ちます。
    また、かばんちゃん正体は何であるかというのが、物語の推進力になっているので、出自がわからないように地味にしているというのもあるかと思います。下の絵も左胸に何かマークが付いてますが、これも本編では消えてます。それくらい痕跡を消してます。
    画像
    最近は主人公をかっこよくしたり、可愛くしたりするのが主流ですが、昔からそうだったわけではなくて、二枚目などと言われるように、かっこいいキャラやかわいいキャラは主人公とは別に存在してました。主人公はかっこよく、もしくは可愛く成るものでした。それに主人公が最初からかっこ良いと、応援する気にならないですしね。
    僕なんかはそういうの裏読みしちゃうんでw
    「主人公がカッコよくない!(可愛くない!)よし見よう!」と思ってアニメや映画を見る決断をしたりします。主人公がカッコよくない(可愛くない)モノは面白いことが多いと個人的には思ってます。

    なんか、かばんちゃん可愛くないみたいな、流れになっちゃいましたが、けっしてそんなわけでなく表情を付けると、結構かばんちゃんは可愛くなります。
    これは僕が作ったかばんちゃんなんですが、表情を変えるとこんな感じで可愛くなります。
    画像

    何であまり表情を変化させないかというと、サーバルちゃんが感情出しすぎというのもありますが、まぁ人見知りだからでしょう。
    僕自信も人見知りなんでものすごく気持ちがわかったりします。
    例えば、1話にカバさんとサーバルちゃんの会話シーンがあるのですが、かばんちゃんが二人の会話に上手く入れず挙動不審になってます。こういうのを見ると自分のことのようで「あー!」ってなりますw。カメラさんも意地悪にかばんちゃんを追いかけていますw
    画像

    かばんちゃんはいつも敬語を使ってるんですが、サーバルちゃんに対してだけは、1話の途中から敬語と使ってないんですよね。サーバルちゃんと二人っきりの時は冗談を言ってたりして。
    ここ7話の冒頭ですが、ここ冗談言い合ってる時に表情を映さないのがいい感じです。空の抜けがすごくいい。
    画像
    かばんちゃんが敬語を使っていない場面は、サーバルちゃんに対して以外にも少しあるのですが、それはまぁ本心を語っているってことなんでしょうね。

    かばんちゃんは性別不明ですが、仕草はどう見ても女の子で、おそらく演技を付けている人も女の子として付けています。ですが、ちょっと演技が過剰に女の子すぎるので、男の娘っぽく見えなくもない。(どっちだよ)

    僕が好きな仕草は第五話のラストですね。ここってそのまま座ってもいいんですが、一瞬座る場所を見るという仕草が入っていて、ちょっと色っぽくなってます。
    画像

    上のカットでも分かるんですが、かばんちゃんはしゃべっている人が居る場合、目をそらさずそっちの方を見てくれるいい子です。全話でこの仕草が統一されています。(ただし11話でわざとそらす場面があります)
    画像

    かばんちゃんはズボンが股擦れをおこさないように、ズボンの裾がだいぶ外側によってます。
    それによってお尻の大きさが強調されています。
    画像

    あと、かばんちゃんの特徴である叡智演出についてもちょっとメモして置こうかなと。
    叡智演出というのはいくつかの基本的な技法を組み合わせたもので、なんか特徴的なので勝手に僕が呼んでいるだけですw

    2話が一番完成度高い叡智演出なんで、2話で説明します。
    まずポイントの一つ目は言葉で説明しないというところです。
    こうやってかばんちゃんと川を交互に映す編集的なテクニックを使って「ここに橋を作ろうとかばんちゃんは思っている」ということを見る側に伝えます。
    画像

    なんで言葉で説明しないかというと、かばんちゃんが何をやろうとしているのかということそのものを物語の推進力にするためです。
    よくある物語だと、ここで緊張感を出してお話を引っ張ろうとします。9話なんかがそうですね。セルリアンやまたは洪水みたいな、物語上の敵を出して、敵と味方を交互に映して成功するかしないかという緊張感を煽り、視聴者の目を引きつけようとします。
    画像

    2話ではプロットに余裕があるので、こういう方法で視聴者の興味を引きつける必要はなく、ゆったりを叡智演出を行うことができます。プロットに余裕を持たせるのもテクニックの一つだったりします。緊張感を煽らないというのが、けものフレンズ全体の特徴だったりもします。だから何度も見られると。

    台詞で説明してないからといって、説明をしていないわけではなく、例えば紐のある場所なんかは前半のギャグシーンで説明します。
    画像

    他にも橋を作る以外の選択肢をあらかじめ排除しておく、背理法的な技法も使っています。
    この浮かばしたり、ジャンプしたりしてるところですね。こうやって、あらかじめ「橋を作る」以外の選択肢を全て洗い出し排除しています。
    画像画像
    画像

    こういう下準備をきちんとしてあるので、視聴者はここで「橋を作るんだ」と思うことができます。
    画像

    でこの後、作業風景を見せて視聴者の考えを確信に変えます。
    画像
    画像
    画像
    (あ!サーバルちゃんアホ面してるw)

    で、結局橋を完全に作らずゴリ押しするわけです。かばんちゃんは一度も橋を作るなんて言ってないわけですから、視聴者の勘違いなわけです。
    誰も傷つけずに笑いを取るというのは、すごいよねぇ…。
    画像

    実はこの叡智演出というのは『アイアンマン』や『ブレイキング・バッド』で使われている演出手法に似ています。そういった比較もしようかと思ったのですが、記事が長くなりすぎたので、宿題として置いといて、全話解説終わった後にでもゆっくりやろうかなと。