• 3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第五話その2【ちょっとしたメモ】

    2018-04-08 21:281
    ガールズ&パンツァー』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
    今からガルパンを見るって人はAmazonプライムがおすすめです。

    3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』

    第一話その1その2
    第二話その1その2
    第三話
    第四話
    第五話その1

    今回もそれほど時間があるわけじゃないので、サラッと
    書きたいことだけ書いていこうかなと。

    まずこの7人
    画像

    なんかこう映画とかアニメとかを見る時、座る位置ってのをよく見るんだけど、
    結構これ考えてるよね。
    みほを抜かした6人って、みほのキャラを立たせるために。居るキャラで
    その証拠にここでは、みほはほとんどしゃべってないのに、周りの人が心境を説明してくれるんだよね。
    画像

    あとしゃべってる人が立ってて、
    画像

    聞いてる人が座っているみたいな、デビット・フィンチャーがよくやるような
    会話シーンをわかりやすくするテクニックがあるんだけど、そういうのを匠に
    使ってて、ここのシーンは結構好きです。

    あとコンテの段階では、エリカはみほのことを副主将って呼んでる
    こういう戦車道に関する設定も、作りながら決めていった感じなのかなぁ…と
    画像

    こんな事を書きたかったから前回で終わらさずにその2にしたわけですw
    すいません

    あと、ガルパンで書くことじゃないかもしれないけど、Followの書き方。
    画像

    このFollowの書き方って宮﨑駿監督由来なのかなぁ…と
    つまり、宮崎監督に強い影響を受けている人ほど、
    こういうFollowの書き方になるんじゃないのかなというのが僕の仮説。
    画像

    まぁ今回はこんな感じで…
    次はガルパンお休みして、高畑勲さんの話をちょっと書きたい気分です。
  • 広告
  • 3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第五話その1【ちょっとしたメモ】

    2018-04-01 21:511
    ガールズ&パンツァー』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
    今からガルパンを見るって人はAmazonプライムがおすすめです。

    3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』
    第一話その1その2
    第二話その1その2
    第三話
    第四話

    今日もなんか時間があまりないので、多くは書けないんですが、
    ダージリンのことだけメモしておきたいなと。

    ダージリンって「定形どおりのキャラかと思ったらちょっとずれてる」
    というガルパン世界のキャラ造形の基本というか、一番象徴的な
    キャラだと思うんですよ。

    ただそれは最初から決まっていたものではなく、途中で自然発生的
    に変わっていったじゃないかなと。

    コンテを見ると最初の方のダージリンって、こうお蝶夫人みたいな
    お嬢様キャラをベタにやろうとしてるんですよね
    今のダージリンとは違う印象を受けます。
    画像
    画像

    しかしこのシーンの背景の戦車道の肖像画めっちゃ印象に残るなと思ってたら
    ちゃんと指示されてて笑った
    画像
    画像

    4話で没になってるんだけど、みほとダージリンにもっと会話があったらしいんですよね
    この時初めてダージリンの受け答えに困るダージリンが出てきます。
    没になってるけど、ここで今のダージリンの印象が出来上がった気がします。
    これ以降この受け答えに困るキャラが強調されますので
    画像

    しかも五話のダージリンのカットって一回没にして、ドヤ顔にしろって指示が追加されてるんですよね。
    ちなみにこの絵は水島努監督ですね。監督自ら修正してます。
    画像

    画像

    ていうかドヤ顔にしろとか言われて、アニメーターの人困ったと思うんだけどw
    画像

    あと劇場版でダー様は作戦名を「フィッシュ&チップス&ビネガー作戦」にしようと提案しますが、このTV版5話の時点で没になってますが、その名前が出ています。
    画像

    まぁ今日は時間があまりないので、このくらいで。
    続きは次回。

  • 3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第四話【ちょっとしたメモ】

    2018-03-18 21:432
    ガールズ&パンツァー』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
    今からガルパンを見るって人はAmazonプライムがおすすめです。

    3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』
    第一話その1その2
    第二話その1その2
    第三話

    ガルパンは4話からハマったという人が凄く多いらしいですね。
    僕は2話の戦車落ちているシーンでグッと来たんですが、やっぱり戦闘シーンに皆さん惹かれるようで。

    4話は再び水島努監督のコンテになります。
    水島監督は1話の時に話しましたが、広角レンズで消失点がわざとわかるようなショットを好むみたいで、4話でもこういったショットが多数出てきます。
    戦闘シーンでも日常シーンでも演出方針は変わらないようです。
    画像
    画像

    3Dだとよくこの端の部分に溝や面取り処理を入れることがあるんですが、ガルパンではあまりやらないですね。最終話でも同じようなことをやっているので、水島監督はこういう3DダンジョンRPGみたいなショットが好きみたいです。
    画像

    あと俯瞰がおおいですね。
    やっぱり上から見たときの戦車が好きなんでしょうね。
    画像

    戦車がドリフトするみたいなのも、こういう俯瞰視点で考えるから出てくる発想のようなきがします。
    ていうか、コメンタリーでも言及されてますけど、ミリオタというよりは演出家なんでしょうね水島監督は。
    画像

    四話からおもしくなったというのは、戦闘シーンもあると思うんですが、僕はこう西住殿の長所がハッキリ出てきたからというのもあると思ってます。
    キャラクターというのは長所と短所が両方見えないと人気がでないもので、長所だけだと嫌味なキャラになるし、短所だけでもイラつくキャラになっちゃいます。
    ここで西住殿の長所がハッキリ出てきたというのも、四話でハマった人が多い理由かと思います。
    画像

    あと、ガルパンの戦闘シーンって先に何をするか言葉で説明されるっていう特徴がありますね。他の戦闘シーンだとどこを撃つか宣言してから撃ったりしませんからね。
    そこがこう戦闘シーンのわかりやすさにつながってるんだろうなぁと思います。

    あと、4話のダー様って紅茶落としちゃったり、汗かいてたり、キャラまだ安定してなくていい感じですね。ていうか、カップの破片は暗い戦車の中じゃ拾いにくいだろうに…。
    まぁ…ダー様が暴走するのは5話からですからね。
    5話のコンテにはいかに暴走させるかみたいなものが、いろいろ没も含めて書いてあって面白いです。まぁそれは5話でやりましょう…。
    画像
    画像

    ちなみに来週は忙しいので休みます。
    5話は再来週になります。
    あと最終章がもうすぐ出ますね。3DCG的にも面白い話ができそうなんですが、それはまだまだ先の話ということで…。