3DCG方面から見る『けものフレンズ』第一話 その3【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『けものフレンズ』第一話 その3【ちょっとしたメモ】

2017-03-18 23:12
  • 7
  • 10
今月は忙しくて何も考えたくないので、けものフレンズの記事を書いていこうと思います。
その1はこちらです。

3DCGとはちょっと離れるんですが、ぼくが最初にこのアニメ好きかもと思ったカットはこれでして。
画像
このカットの何が好きかというと、二人がカメラから映らなくなった後の風景まで映してるんですね。つまり映像の余韻というのを理解している。普通は見切れる前に切っちゃいます。
北野武監督がよくやるんですが、ぼくはこれが大好きでして、これやられるとなぜか切なくなるんですよね。観客は傍観者でしかないことを強く意識させられて。

上のシーンでもう一つ思うのが、けものフレンズのキャラって、陰をテクスチャに描きこむ方式とってるんですよね。


ふとももと脇の下にいい感じに影が入っていて、これだけで立体感を出そうとしているのがよくわかります。


キーフレームの補間方法も見ていても面白いですね。
画像
このアニメはコマを抜かず、フルアニメーションで動いてるので、結構この補間方法がはっきりわかって面白いですね。
全てに同じ補間方法を使っているわけじゃなく、場面やキャラクターごとに少しずつ変えているみたいです。
一話には出てきませんけど、後々でてくるスナネコちゃんがこのバックという補間方法を使いますね。こんな方法でキャラを立てて来るとは思いませんでした。
画像

こんな視点で見てるのは僕だけのような気がしますがw
広告
×
初めまして。このアニメを見てから3DCGがとても気になってこちらのブログに来ました。
細かいところまで解説が入っていて、「そうそう」と共感できる部分が多くとても楽しく読ませて頂いています。
4ヶ月前
×
補間方法がキャラや場面で違ったのは全然気が付きませんでした
なるほど・・・
4ヶ月前
×
動きのツメ、タメのためにキーフレーム間で補完を変えるのって当たり前のことなような
セルルックなら特に
4ヶ月前
×
>>4
特殊なことじゃないですよ。
ここはどちらかと言うと、当たり前のことをメモっていく場だったりします。
4ヶ月前
×
>>5
そういえばMMD作品(初期のものに多い)って補完しない(リニアのまんま)でキャラを動かすことが多いですよね
あれはあれで味があるとは思うんですが、3Dアニメって基本的にイーズイン・アウトだけでも補完した方がいいんでしょうかね
4ヶ月前
×
>>6
それは本当に場合によります。
リアルでもダンサーの人とか体鍛えて、リニアな動きをしてわざと違和感出そうとしてたりしますし。
イーズイン・アウトの方がいいってのは、あくまで経験則でしかないですからね。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。