Blender 2.79でグリースペンシルの中割り描いてくれるようになった【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Blender 2.79でグリースペンシルの中割り描いてくれるようになった【ちょっとしたメモ】

2017-06-16 07:31
  • 4
Blender 2.79のテストビルド版が公開されています。
色々と機能が追加されているのですが、グリースペンシルに中割りを描いてくれる機能が追加されていて、面白かったので備忘録的にメモしていこうかと。

といっても使い方は簡単で、[ストローク編集モード]でフレームを中割りを入れたいポイントに移動させて[補間]ボタンを押すだけです。これで中割りを自動生成してくれます。
かなりテキトーなものを描いても補間してくれるので、結構面白いです。
[シークエンス]ボタンを押すとキーフレーム間を全て埋めてくれます。
これらは[中割を削除]ボタンで簡単に消せます。
画像

オニオンスキンをOpenGLレンダリングでも表示してくれる様になっていて、モーションブラーなどに使えるようになってます。これも便利。
画像

まぁ取り急ぎこんな感じで。
けもフレ関連の記事は日曜の夜くらいに書こうかと思ってます。

【追記】補間方法を色々と選べるので、モーションなどのアタリに使える気がします。こういうの苦手なんでむっちゃ便利~♪ていうかgifではよくわからんw
画像


広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。