3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十二話 その3【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十二話 その3【ちょっとしたメモ】

2017-08-06 18:00
  • 7
  • 1
けものフレンズ』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
セカンドシーズンというのもまだまだ先っぽいので、まったりと書いてます。
第一話その1その2その3
第二話その1その2
第三話その1
第四話その1その2
第五話その1その2
第六話その1その2その3その4
第七話その1その2
第八話その1その2その3
第九話その1その2
第十話その1その2その3
第十一話その1その2その3
第十二話その1その2
3Dフィギュア
キョウシュウエリアマイルカ
ジャイアントペンギン
メキシコサラマンダー
かばんちゃんプロトタイプ(仮)
ゲンブ

海が白いのが気になったんですが、空が反射してるんでしょうか?
それても沈んでいったセルリアンの影響?
それにしても、人間が出したゴミとかが一切流れ着いてませんね。
やっぱり人類は…。
画像

キャラクターが非常に多く出てくるタイプの作品だと、最後に打ち上げがあるか無いかで、
全体の印象が大きく変わりますね。
僕なんかは打ち上げを見たくて、こういった作品を見ている所があるので
12話の後半は見てて楽しくて仕方ありませんでした。
画像
打ち上げってキャラクターが一人でも死んでしまったりするとできないんですよね、
葬式になりますからね。一人も死者が出なくてよかった。

ミライさんも死んでなくてよかったというか、こういう記録を残していくタイプの話って
最後死んでいるオチが多いので心配しました。
画像

それにしても、この遊園地は色使いが凄いですね。アジア的と言うんでしょうか。
ここ最近のアニメや映画はモノクロ映画のように色調を整えているので、あまりこういった色を使いませんね。
画像
画像
画像
ニコラス・ウィンディング・レフンとか一部の監督作品が、こういった色使いをしていて、徐々にこういったカラフルな映画が増えるだろうと言われています。
けものフレンズもそっちですね。

昔は映画もカラフルでした。まぁカラー映画らしさを出さなくてはいけない時代だったというのもありますが。


ガイドブック五巻をみて気づきましたが、こういったけもフレは独特の色使いは
ロゴの影響ですね。このロゴはめずらしい色の組み合わせが
使われていて、初めてみた時、いい色の組み合わせだなと思いました。
画像
何でこういう色になったかは、ガイドブック五巻を買って確認してくださいw

この遊園地はいびつな造形すぎて、何度見てもぎょっとするんですよね。
廃墟の遊園地を描いてこうはならんだろうとw、普通はEDの風景のようになるでしょう。
前にけもフレで使われている背景でギョッとするという話をした時に、「コデックス・セラフィニアヌス」が元ネタなんじゃないかと言う人が居て、ああ確かにと思ったんですが、僕はヒエロニムス・ボス快楽の園という結構有名な絵を思い出したんですよね。
画像
けもフレはここまでシュールでは無いんですが、微妙にこういった作品からイメージを得ているような気がします。

ジャパリ図書館とツリーマンもちょっと似ている気がするんですよね。
でもシュルレアリスムの人ってだいたいこんなの描くかな…。
関係ないですけど、僕はジャパリ図書館が知恵の実だという情報を聞く前は、
中に住んでいるのが鳥類なので、割れた卵だと思ってましたw
画像画像

このタイリクオオカミさんの漫画って、吉崎観音先生が描かれたらしいのですが、
トーンとかを使わないで描いてますね。定規も使ってないように見えるので、結構
大変な作業のように見えます。
画像

吉崎先生は漫画を見やすくするために、コマ間の幅を縦と横で変えているのですが、
タイリクオオカミさんが描いたバージョンではやってませんね。
下の画像の右側はケロロ軍曹の1話です。
画像
タイリクオオカミさんがそういう技術を知らないか、
もしくは知ってても使わないタイプの漫画家だということなんでしょうね。
僕は縦横の幅が同じ漫画が好きなので、できれば後者であってほしいw

アプリ版の動画を見ていて気づきましたけど、このフェネックの耳打ちってアプリ版にあるんですね。
画像
画像

下の37:20くらいです。


書きたいことが多すぎて全然終わらないw
まだまだ続くということで。
広告
×
そういえばあの図書館、木の周りの本棚の配置やら見るにあの木が前提の建物なんですかねぇ?あと上の方の本棚とか完全に人が取りに行けるようにはできてなさそうなので博士助手の本来の仕事はもしかしてそういう…
4ヶ月前
×
>>1
鳥系のフレンズさんが使うことを前提にした建物ですね。
最初からそうだったのか、歴代の博士たちがそういうふうに改造していったかはわからないですね。
ロッジも鳥系のフレンズさんじゃないと、補修とかできなさそうな形をしてるんですよね。
そういう設定はちゃんと決めてあるような気はします。
4ヶ月前
×
あの図書館見るたびに思うんですが、蔵書する施設としてはダメダメですよね。
直射日光、風雨、ゴミや湿気の元(樹木)……虫もかなり湧くので大抵の本が死にます。
建物の横穴もそういうデザインなのか、はたまた「異変」の後遺症なのかも考察班が動いてましたし、ただの一施設には思えない要素が豊富ですね。
4ヶ月前
×
た、多分サンドスターで何とかしてるんですよきっと。
4ヶ月前
×
>>3
じゃぱりまんを干すと、サンドスター入りじゃぱりまんができるという話が「じゃぱりまんがり」に出てきたので、太陽の光に当てると、逆に本が長持ちするみたいな設定なんじゃないでしょうか。
4ヶ月前
×
ID-0もアニメ的な原色カラーをそのまま使ってましたね。
絵として見せるための挑戦なんでしょうね。
4ヶ月前
×
>>6
ええ、数年前から少しずつ流行ってきてる感じですね。
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。