3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十二話 その4【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『けものフレンズ』第十二話 その4【ちょっとしたメモ】

2017-08-16 12:00
  • 4
  • 5
けものフレンズ』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
セカンドシーズンというのもまだまだ先っぽいので、まったりと書いてます。

3DCG方面から見る『けものフレンズ』
第一話その1その2その3
第二話その1その2
第三話その1
第四話その1その2
第五話その1その2
第六話その1その2その3その4
第七話その1その2
第八話その1その2その3
第九話その1その2
第十話その1その2その3
第十一話その1その2その3
第十二話その1その2その3
3Dフィギュア
キョウシュウエリア
マイルカ
ジャイアントペンギン
メキシコサラマンダー
かばんちゃんプロトタイプ(仮)
ゲンブ
クビワペッカリー

この水上仕様のジャパリバスは、ヒトの技術とフレンズさんの技術が合わさった感じがして好きですね。
画像

木登りとかもそうですが、けもフレはやたら木を推してくるアニメで、
たぶん、フレンズさんの背後には木があるという印象を、観客に与えようとしてるんだと思います。7話のこういうお皿も、陶器を使わず木で作ってますね。
画像

逆に鉄はヒトの象徴のように描かれてる場面がいくつかありますね。
下の画像は7話ですけど、他にもジャパリバスとかジャパリカフェの充電器とか
鉄がヒトの象徴のように出てくる場面がいくつかあります。まぁ鉄は火を使えないと加工できないですからね。
画像
画像

だから、この水上仕様ジャパリバスを見た時、ヒトとフレンズさんの2つの技術が合わさった用感じがして、いいなぁと思いました。
画像

2話でジャパリバスを運ぶことができなくて悔しくなったジャガーさんが、島中を周って浮力の高い木を探したんじゃないかというのが、最近流行りの僕の妄想です。
だからジャガーさんこんなドヤ顔してるんじゃないかとw
画像

海に対してのフィルタの強さが限界ギリギリに近いレベルまで高まってますね。
画像

8話で書きましたが、5話以降どんどん強くなってますね。
ウルトラセブンの最終話っぽいって言っているヒトが居て、確かにと思いましたw
画像

無音を上手に使うのって凄い難しいんですが、上手いこと使いますね。サイレントをいくつか作っている経験が凄く活きていると思います。
たいてい失敗して、変なカットになっちゃって観客を混乱させて終わりますからw
あとこの、別れた後の立ち去る時みたいな生活の隙間が入ってると、すごく現実感が増しますね。
画像

6話に自己紹介とそれに対する反応を描いたシーンがあって、こういうのも普通はカットする生活の隙間だと思うんだけど、こういうの丁寧に入れてくの好きですね。確かに実在感が増すからね。
僕は自己紹介が苦手なんで、こういうスムーズに自己紹介できるサーバルちゃんを見ると凄いなぁと思う。
画像

ここもサーバルちゃんの手が止まるまで映してるんですよね。
画像

ここは顔を映してないところが好きですね。
こう顔が映ってると、どうしてもそっちを見てしまう所があって、その他の場所で何かやられてても気づかない時が多いんですよね。顔を映さないと、顔以外の場所を見てくれるので、こういったが場面では顔を映さないのがいいですね。
過度にエモーショナルにしないというのも好きなポイントです。
画像

ラストシーンでもカメラ引いたままなんですよね、1話で重要な場面ほどカメラを引くって言いましたが、本当にこっちを気持ちよく置いてけぼりにしますね。
こういうのすごく昔の映画ではよくあったんですが、最近あんまり見なくなりました。けもフレで使ってて最初驚きましたね。
あと、ここの雲って、最初に出会った時の雲と雰囲気を合わせるように描いている気がします。
画像

本放送だと、このラストシーンの後に最初に出会ったときの背景が提供絵として出てくるので、たぶん雰囲気を合わせたんじゃないかと思います。
完全に同じじゃなくて、ちょっと違うってのが結構好きです。
ゴコクエリアと火山も同じような感じで配置されてますね。
画像

本編の映像を見ていくのはここで終わりです。
あとはまとめみたいなものと、宿題が色々あるので、そういったものを記事にして書いていこうかなと思います。
広告
×
> 顔が映ってると、どうしてもそっちを見てしまう
画面端にワイプで顔が写ってると
さらに声が聞こえなくても喋ってる様子だったりすると
そっち見ちゃいがちね
1ヶ月前
×
サーバルちゃんがかばんちゃんを追いかけるシーンは自分も大好きです。
あの場面、BGMを消しているせいで、寂しさと え、このまま終わっちゃうの?
ていう感情が倍増するんですよね。すると、聞えてくるペダルを漕ぐ音(???)
現れる水上バス(やっぱりキター!) そしてEDのイントロがバーーン!!
静かな場面なのに、見ているこちらの感情はジェットコースターさながらです。
味な演出だと思います。
1ヶ月前
×
ちょっと遅くなりましたが、とりあえず本編編完結、お疲れさまでした。

木と鉄に関する考察、なるほどと思いました。そういえば、ここを見に来るようになったきっかけも木目に関するお話からだったような気がします。
1ヶ月前
×
>>3
ありがとうございます。
木に関しては、この先ももっとなんかあるんじゃないかなと少し思ってます。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。