3DCG方面から見る『けものフレンズ』おまけ その2【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『けものフレンズ』おまけ その2【ちょっとしたメモ】

2017-09-10 13:45
  • 7
  • 4
けものフレンズ』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
セカンドシーズンというのもまだまだ先っぽいので、まったりと書いてます。
今回は3DCG殆ど関係ないですが、そういうのは次でやります。

3DCG方面から見る『けものフレンズ』
第一話その1その2その3
第二話その1その2
第三話その1
第四話その1その2
第五話その1その2
第六話その1その2その3その4
第七話その1その2
第八話その1その2その3
第九話その1その2
第十話その1その2その3
第十一話その1その2その3
第十二話その1その2その3その4
おまけ その1
3Dマップ・フィギュア
キョウシュウエリア
マイルカ
ジャイアントペンギン
メキシコサラマンダー
かばんちゃんプロトタイプ(仮)
ゲンブ
クビワペッカリー

前の記事の続きからになります。
11話と12話は貴種流離譚的な話というか、よくドラえもんやクレヨンしんちゃんが劇場版でこういう話をしますね。
あれはまぁ、劇場版なんで映画風に作っているというのと、子供はそこで初めて映画というのを見る可能性が高いので、映画というのはどういうものかというのを教えるためにそういうふうに作っているらしいです。

けもフレで一番それっぽいシーンはこのラッキーさんから、帽子を渡されるシーンだと思うんですが、これは戴冠式てきなものですね。
ラッキーさんはミライさんの家来なので、前の王の家来的なボジション、ドラクエ5で言うとサンチョみたいな人で、執事キャラですね。そういう家来に認められて、初めて王になれるみたいな話ってよくあって、僕は結構好きなんですよねそういう話。
画像
暫定パークガイドって言ってるところが、いいですね。完全に認めてはいないんだと分かる所が。あと続編の可能性があるのも、この暫定という言葉でわかりますね。
画像

かばんちゃんがサーバルちゃんを助けに行こうとして止められるシーンも、貴種流離譚っぽい。いわゆるトロッコ問題みたいなやつで、「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」というやつ。こういうのよくでてきますね。
パークガイドならジャパリパーク全体の事を考えなくてはならないので、ここはサーバルちゃんを見捨ててパークを守るか、もしくはパークを見捨てて親友を助けるのか。
大人向けの苦い物語だと、どっちかを選んだ苦い結末を見ることになるんですが、娯楽作の主人公ならなんとかアイデアをひねり出して、両方助ける必要があります。
ヒーロー物なんかだと、ここが最大の見せ場になることが多いですね。
画像

サーバルちゃんを助けるときに帽子が外れるんだけど、パーク全体を救わずに親友をとってしまったので、パークガイド失格だよ。という意味合いなのかなとちょっと思いました。
王冠外れる自体はこういう話だとよく象徴的につかわれますね。
画像

アライさんはトリックスターというか、うっかり八兵衛みたいな人で、こういう話にはよくいる道化師役ですね。この主人公の偉業を後世に誇張気味に伝える役で、最後まで生き残るんでしょうね。アライさんが語った話でしたって最後まとめるのも面白いですけどね。
画像

なんかこう生誕に立ち会っているというのもそれっぽいんですよね。
関係ないけど、ここのラッキーさん目が光ってますね。
画像

こういう森の奥の方にどんどん進んでいく系の話の多くは、コンラッドの『闇の奥』って小説に影響を受けていて、ジュラシック・パークとかけもフレと似ている話いっぱいあるなと感じるかもしれませんが、それはまぁ、元にした話が同じだからということですね。地獄の黙示録が影響を受けすぎてるから、全部影響受けているってだけなんですが。
けもフレはそれと『不思議の国のアリス』を混ぜたような感じですね。
画像

貴種流離譚ならこの先、ミライさんと戦う展開になると思うんだけど、たぶん料理バトルなのかなぁ…。吉崎先生って悪堕ちがすきだから、本気で悪堕ちしてる可能性もあるけど。
画像

この記事のために最終話をまた見たんだけど、サーバルちゃんの旅の目的が決まらないかなぁ…とちょっと思いました。今のままだと、かばんちゃんに共依存てきになりすぎているので、サーバルちゃんに目的ができるとそのへんちょっと変わるのかなと思いましたね。
画像

広告
×
けもフレは一期が貴種流離譚の形態を取ってますが、二期以降もそれが継続されるとも限らないですよね
もしかしたらサザエさん時空に突入して、水戸黄門的な各地漫遊記になるかも……(叡智=印籠的な万能解決ファクター)
でもたつきはあんまりそういうのは好まないかな、一ファンとしてはロスが辛いのでこっちでも嬉しいですが
5ヶ月前
×
>>1
二期でそうなったアニメが90年台にいっぱいありましたが、たいてい失敗したかとw
5ヶ月前
×
10話でサーバルちゃんが泣いた理由と1話でかばんちゃんについて来た理由が繋がっているのではないかと僕は思っているので、最終話でついて行った理由も地続きと言うか一貫した行動ではないかと思ってます。
1話の時点では真っさらなサーバルちゃんと秘密を抱えてそうなかばんちゃんだったのが最後に秘密を抱えているサーバルちゃんと真っさらなかばんちゃんになってしまったのでその辺り今後どうなっていくのか楽しみですよね。
5ヶ月前
×
毎回、興味深い記事、楽しく読ませてもらっています。
5ヶ月前
×
パークを取るか友達を取るか………という話は正にアプリ版のストーリーの主軸でしたね…
あれは最終盤の最後まで究極の選択を迫らせるようなストーリーで、明るさと優しさに溢れていながらも凄く熱い話でした…

かばんちゃんに関してはBD版と再放送で、例のシーンまで絶対に二枚羽の帽子を被らないように仕様変更されたそうです(バスが木に衝突した後タイヤが外れるモーションも追加されてるようで拘りが凄い…)
二期にどんな話が来るかは全く分かりませんが、たつき監督を信じたらきっと、またこの温かい世界に会える…と思ってます…w
5ヶ月前
×
非常に興味深く、楽しく記事を読ませて頂きました!
5ヶ月前
×
全話解説が終わったので、次は各種コラボのためにつくられた動画の解説をお願いします(´∀`)
5ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。