3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第二話 その2(+三話+劇場版)【ちょっとしたメモ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』第二話 その2(+三話+劇場版)【ちょっとしたメモ】

2018-03-04 22:05
  • 2
  • 3
ガールズ&パンツァー』の好きなところをまとめた記事(ファンにありがちな過剰な妄想)を、少しずつ書いてます。
今からガルパンを見るって人はAmazonプライムがおすすめです。

3DCG方面から見る『ガールズ&パンツァー』
第一話その1その2
第二話その1

前回ちょっとだけ書いた話の続きです。というか時間切れで、書けなかったことを書きます。
え…と…どんなこと書きたかったかというと。
水島努監督作品って『SHIROBAKO』なんかもそうなんですが、
5人のチームモノになることが多いわけですね。
画像

『ガールズ&パンツァー』も5人のチームモノですね。
ようするに戦隊モノとか、藤子先生のキャラクターメソッドをそのまま持ってきて作っているわけですね。
シンエイ動画出身だからかな…。と思うわけですが、
このアニメもう一つ5人で始まるものがあるんですよ。
画像

それが戦車なんですよ。
戦車も5両で始まってます。しかもカラーもなんとなく戦隊モノっぽくなっているw
画像

ようするに水島監督的にはキャラクターなのかなぁ…と思うわけです。

戦車モノにおける戦車って「家」のメタファーで、その中で隊員同士が家族になっていくものだっていうのが、よく批評的にには言われてますし、コメンタリーでもそう言ってるんですが、ガルパンにおける戦車はちょっと違うのかなぁ…と。
ようするに戦車をキャラクターとして描いているので、戦車も家族の一員に入っているんじゃないかと。

3話くらいの段階だと、まだ描写的にこんな感じで戦車を家のメタファーとして使おうとしてるんですよね。
画像

ここなんかも大掃除に見えるように撮ってますね
画像

ただ、劇場版まで行くとだいぶ戦車とメンバーの関係性が変わっていて、
戦車に話しかけているんですよね。この辺もう、完全に戦車をキャラクターとして捉えてます。
戦車に話しかけるって、よく考えてみたら変でしょ?
画像

あと観覧車センパイね。これ…好きなシーンなんだよぁ…
これも観覧車を人として扱ってるね
あと戦車が彼氏でいいじゃないですか~という台詞もあった気がするw
画像

ようするに日本人のアニミズム的価値観が出ていて、これが西洋の戦車映画との違いを生んでいるし、なにより、こう、日本人としてのこういう価値観の同調が気持ちいいんだと思う。
もっと言うとなんかこうカワイイんだよね、アニミズムって。
子供の頃に戻されるって言ってもいいかも。

で、このアニミズム的価値観を使った名シーンがこれだよねぇ
「ごっぢぃみてるぞぉぉぉ」
画像

これ普通に考えたら「こっち向いてるぞ」になるはずなんだけど、
戦車を人して捉えてるから「こっち見てるぞ」になるんだよねぇ…いいねぇ…。
「こっち見てるぞ」と言われることで、巨人に睨まれているような独特の恐怖感が出てきていいんだよねぇ…。
「こっち向いてるぞ」ではちょっとここまで有名な台詞にはならなかっただろうなぁ…。
画像

ちょっと話それるけど、水島努監督の作品って、物が魂持っちゃったみたいなアニミズム的な物語が多いんだよねぇ…。
『ジャングルはいつもハレのちグゥ』『xxxHOLiC』『侵略!?イカ娘』とかそうだよなぁ…
『SHIROBAKO』はほとんど私小説だと思うけど、アレも物に魂持たせるまでの話ですよね…。『xxxHOLiC』の映画も確かそんな話だったような…。
やっぱりそういうのに興味あって仕事選んでるんだろうなと、1ファンとして思ってたりします。

まぁアニミズムって、アニメーションの根源的な考え方だからアニメ作っている人はプロであれアマチュアであれ、興味はあるんだと思いますが。

ていうか全然2話の話できてないし、3DCGの話もできていないw
キャラ以外は大体CGだからもっと語れるような気がしてたんだが…。
次こそ話そうw
このままでは水島努論になってしまうw

【追記】
アイドル評論なんかを読むと5人はセンターがができるので、一人の天才とその仲間たちという形が作りやすいそうです。
逆に4人だとセンターが出来ないので、仲良しグループが作りやすいそうです。
まぁ日常系アニメが4人ていうのもそういうことなんでしょうね…。
書き忘れてたので追記しときます。

広告
×
成程。
言われてみれば、緑、桃、赤、黄、青で、ゴレンジャーのカラーになってるんですね、初期の大洗戦車。
劇場版で、「戦車だけでも助けられてよかった」ってセリフがあったと思いますが、大洗のメンバーにとって、戦車は仲間で家は学園艦、窮地を脱する糸口だった観覧車も、一緒に戦った仲間、ゲスト参戦の先輩ヒーローポジなわけですね。「ミフネ作戦」だし。
3ヶ月前
×
学園艦は国家じゃないかなぁ…と思ってます。
それを守るために何度も何度も戦うわけですから…。
まぁそう言う話もそのうち…。
3ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。