3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ その5 交差した部分に線が出ないんですけど…
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ その5 交差した部分に線が出ないんですけど…

2014-02-12 13:08
  • 5


Q.FreeStyleを使って、交差した部分に線を描く方法はありますか?

A.いくつか方法はあるのですが、ブーリアンを使用して交差オブジェクトを作るのが一番簡単だと思います。



下の画像はCubeとCylinderを配置し、FreeStyleで描画したものです。
ちょうど中心辺り、赤い丸で囲まれている所に線が欲しいのですが出てません。


そこで、線を出すために交差オブジェクトを作ります。
オブジェクトのどちらかを[Shift+D]キーでコピーした後、
ブーリアンモディファイア > 交差 を選択、もう一つのオブジェクトを交差相手として指定します。


この状態でレンダリングすると交差ラインが出てきます。
画像の赤くなっている部分です。(ここでは交差オブジェクトを別のオブジェクトグループにし、別のラインセットに変更することで色を変えています。)



動的に交差オブジェクトを作るので、アニメーションさせても交差ラインが出てきます。



上の方法でもいいのですが、Zbrushが使える環境ならもう少し面白いことができます。
まずBlenderで作ったオブジェクトをZbrushに送ります。
ここではGoB for Blender 2.6xを使用してオブジェクトを送っています。


その状態のまま、[Dynamesh]と[ZRemeshar]を押します。

   

そうするとこんな感じのオブジェクトができます。
コレをBlenderに戻します。



それをレンダリングしたものが下の画像です。
筆でシャカシャカっと描いたようなラフな線が出てきます。
Zbrushが使えるとこういった面白いこともできるようになります。




広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。