カーブのベベルとテーパー【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カーブのベベルとテーパー【Blenderの便利な機能を超簡単に紹介】

2014-03-01 21:51
  • 20
カーブには便利な機能が多いです。今日はその中からベベルとテーパーという機能を紹介します。これはカーブの断面と太さを決める機能です。

まずベベルの説明をします。
【[Shift+A]キー > カーブ > パス】 よりパスを作ります。
次に【[Shift+A]キー > カーブ > 円】より円を作ります。この円がベベルオブジェクトになります。最初に作ったパスのベベルオブジェクトに円を指定します。



この円がパスの断面になります。円の形を変形させると、すぐにカーブの断面として反映されます。



次にテーパーの設定をして太さを変えてみましょう。
【Shift+A > カーブ > パス】よりカーブオブジェクトを作ります。その後、太さを変更したいカーブのテーパーオブジェクトに、このパスを指定すれば設定完了です。
テーパーオブジェクト変形させることで好きなように太さを変えられます。


広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。