おっぱいをガラスに貼りつける方法 その3【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おっぱいをガラスに貼りつける方法 その3【3DCG(Blender)で日本のアニメ的な表現をする方法まとめ】

2014-07-22 19:57
  • 1
  • 5
その1その2と続けてきましたが、最後にソフトボディを使ってみます。
こんな感じに仕上がります。



大きい画像はこっちです↓



ソフトボディはそのまま使うと非常に重い上、おっぱいの形も崩れてしまいます。
ですのでメッシュ変形モディファイアと組み合わせて使います。
メッシュ変形モディファイアは、メッシュの形を利用して、オブジェクトを変形させる機能です。


まずメッシュ変形に利用する球オブジェクトを作ります。
最高描画タイプをワイヤーフレームにしておきます。


UV球を2つコピーして、ブーリアンで結合します。
【重複頂点を削除】を忘れないで下さい。


胸にだけ頂点グループを設定します。
ウェイトペイントで塗ります。


体にメッシュ変形モディファイアを追加して。さっき作成した球オブジェクトと頂点グループを設定します。


球オブジェクトにソフトボディを設定します。ただ、このままだとすごく垂れます。


ソフトボディのゴールを設定すると垂れなくなります。


障害物オブジェクトにはコリジョンを設定します。
そのまま再生するとリアルタイムで動作を確認できます。


ソフトボディエッジの【曲げ】の値を上げると胸に張りが出るようになります。
障害物オブジェクトを動かして確かめながら設定します。


広告
×
真面目なのか真面目じゃないのかよく分からないです。(錯乱)
32ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。