フリー&オープンソースゲームエンジン『Godot Engine』で遊んでみる その1【Godot講座】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

フリー&オープンソースゲームエンジン『Godot Engine』で遊んでみる その1【Godot講座】

2015-01-08 21:13
  • 2
  • 9
最近『Godot Engine』というゲームエンジンで遊んでいます。
どんな機能があるかは3D人さんの記事を見るとわかります。


まだ使い始めたばかりでよくわかっていない事も多いのですが、
しばらくこの『Godot』について書いてみます。
今回は使ってみた感想を書きます。具体的な使い方は次回から書きます。

まず驚いたのは対応プラットホームの多さ。
  • iOS
  • Android
  • HTML5
  • Linux
  • Windows
  • OSX
  • Chrome
unity並です。私はマックやAndroidを持っていないので、
ここではWindowsだけの説明になると思います。


管理機能も面白いです。
Godotでは、シーンそのものをインスタンスとして別のシーンで使うことができます。
集団作業がやりやすくなりますし、シーンの再利用も簡単にできます。


2Dも3Dも作ることができます。両方同時に使うこともできます。
2Dの優れたシステムを利用して、
3DのGUIやHUDを作ることができます。


レゴブロックやマインクラフトのように、ブロック単位でオブジェクトを配置できます。
もちろん普通に配置することもできます。


Blenderを使う人には嬉しいポイントが、いくつかあります。
まず操作方法が似ています。カメラの動かし方や、テンキーの動作が同じです。


公式にBlender用のアドオンがあります。
この使い方も後々説明します。



この記事が大幅に増強されて書籍になりました。
ここから購入できます。


ここへ行くと内容が少し見れます。

広告
×
プラットフォーム多いしUI使いやすそうだしUnityからGodotに移行する人も出てきそう
スクリプトわかりやすいのかとレンダリングがどれくらいのクオリティか気になります
28ヶ月前
×
>>1
スクリプトはPythonを元にしたGDScriptとC++ですね。
レンダリングは3月に反射プローブ、7月にSSAOとLPVを追加して
いずれUE4クラスにするらしいです。
まだ発展途上という感じです。
28ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。