Godotのテキストエディタで日本語を使う方法【Godot Engineで遊んでみる その5】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Godotのテキストエディタで日本語を使う方法【Godot Engineで遊んでみる その5】

2015-02-03 22:58
    Godotで日本語を使うには、ちょっとコツが要ります。
    一回設定してしまえば、次からは簡単に使えるようになるので
    ちゃっちゃとやってしまいましょう。

    初期状態のGodotでは、日本語入力ができません。
    フォントを設定する必要があります。


    他のソフトのフォント設定と少しやり方が違います。
    フォントをフォントファイルに、変換しなければなりません。
    まず【Import > Font】にてフォントを読み込みます。
    保存先も設定します。
    ファイル名の最後を「.fnt」にしないと、保存できないので注意して下さい。


    【CHaracter Set > Mode】をUnicodeにします。
    こうすると日本語が読み込まれます。


    このままImportを押すと、フォントファイルが作成されます。
    このフォントファイルはゲーム内でも使用できます。


    【Setting > Global > Font】に作成したフォントファイルを指定します。
    これでテキストエディタにて、日本語が使えるようになります。


    この記事が大幅に増強されて書籍になりました。
    ここから購入できます。


    ここへ行くと内容が少し見れます。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。