十二季節の魔法使い対戦考察記事02   ~イシュターの天秤救済企画~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

十二季節の魔法使い対戦考察記事02   ~イシュターの天秤救済企画~

2014-06-05 23:19
  • 1
まずはこちらを見ていただきたい。
http://boardgamegeek.com/thread/861911/rank-the-cards

半数以上の人がイシュターの天秤に1点の評価をつけています

イシュターの天秤の評価が低すぎる。
これは捨て置けない、とのことでこの記事を書くことにしました。

天秤を使って勝つ方法、をざっと書きます。


★ドラフト時
初手に天秤があっても取る必要はありません。
それよりほかのカードを見ましょう。

運命の手、フェアリー、水晶球etc…

強いカードはありましたか?

それではそれを取りましょう。

そしてそれを主軸にこの試合を行いましょう。
天秤は取る必要はありません。

強いカードはありませんでしたか?
それでは、「物乞いの角笛」はありましたか?

あったなら角笛を取りましょう。

この時点で天秤は取る必要はありません。
絶対に戻ってきます。安心してください。

角笛がなかったですか?
それでは天秤以外の、なんかよさげなカードを取りましょう。

さて、一周してカードがもどってきました。
その間に物乞いの角笛はありましたか?

なければ天秤はあきらめましょう。
まっとうにプレイしたほうが点数は伸びます。

角笛、ありました?
取っておきましょう。

角笛を取ったとして、さて2周目です。
安心を買うなら天秤を取りましょう。

でも、ほかに強めのカードがあるなら取ってしまいましょう。

安心してください。天秤は戻ってきます。

天秤を主軸にする際にはピックするカードのコストを気にしましょう。
天秤をフルに生かしたいなら、コストの重いカード(特にマナの種類が3種以上必要なカード)はピックしないほうがいいです。出せません。
そして、なるべくクリスタルがコストになるカードのほうが相性がいいです。
「季節の鏡」とかお勧めです

さぁ、天秤の準備が完了したら
天秤とコンボパーツを一年目に放り込みましょう。

ほかは出せそうな順に2年目から放り込んでいけばいいです。


★ゲームスタート
季節には出やすい色があります

冬なら、水風
春なら、土水

のように
物乞いで獲得するマナは出やすい色のものを選択しましょう。
そして出たダイスから、物乞いで獲得したマナと同色のマナ×2のものを取りましょう。
そして9点を獲得しましょう。
これをゲーム終了までつづけます。

失敗した場合は他のカードを出せるようダイスを取り、ターンの終了時には物乞いが必ず発動するようにマナを調整しましょう。

しかし、なるべく毎ターン9点は取っていきたいですね?
このゲームをよくプレイされる方はわかっているとは思いますが、「出やすい色」には偏りがあります

冬の場合で説明します。(他の季節は対応する色に読み変えてください)

ダイスは5つあります。
そのうちすべてのダイスにおいて、
2/6は「水×2」です
「風×2」は5つのダイスのうちの2つ、それぞれ1面ずつにのみ存在します。
よって、冬の時期には圧倒的に「水×2」が出やすいです

(春なら「土」、夏なら「火」、秋なら「風」となります)

よって冬の時期には、物乞いの角笛で獲得するマナは「水」1択です
毎ターン9点を狙っていきましょう。






ここまでやって、勝てると思いましたか?
辛いと思います。

広告
×
初版の Balance of Ishtar は同色4つ捨てて12クリスタルだったそうで、評価1はそのころついたものみたいです。
今でも微妙カードではありますが・・・

Balance of Ishtarが活躍するような転換メイン戦略となると、やっぱりPurse of Ioが欲しいかな。
狙って転換するような構成だと出力が全然違いますし。
大抵のカードは1年目枠を取りたがるので、3年目運用が主でかつ軽いTemporal Bootsも相方としていいですね。

Beggar's Hornを軸にするなら、Amulet of Water等のマナ補助も欲しいですね。
ラストピックやダイス目のカード引きで、どうしても重いカードの一枚二枚は手元に来ますからね。
おっしゃる通りMirror of the Seasonsでもokですが。

まぁそんなドリーム編成がいつもいつも出来るわけではないですし、狙っていくと言うよりは安めで取りつつコンボ出来たらいいな、位かなと。
Potion of DreamsとRunic Cube of Eolisの両取りみたいなノリで。
39ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。