• このエントリーをはてなブックマークに追加

レビュー

ストーリー

吹奏楽の欧州決勝コンクール出場チームを選ぶ大会に参加したベルギーのフランドル地方の楽団<サン・セシリア>。ライバルチームであるワロン地方の<アンナバン>の演奏に圧倒されながらも「必ず勝ち残る」という決意のもと演奏した結果は、アンナバンと同点1位。見事欧州決勝コンクール進出にこぎつける。しかし、チームの要であるソリストのウィリーが心臓発作でその演奏直後に舞台上で突然死してしまう。悲しみに暮れるサン・セシリアのメンバーたちはエースを失い、戦意喪失気味になる。しかし、コンクールの期日は待ってくれない。葬儀の後、彼の死を無駄にしないためにもメンバーたちはある作戦を思いつく。それは、アンナバンの天才トランペット奏者ユーグをチームにスカウトし、勝ち上がることだった。

(C) 2014 EYEWORKS, SAMSA FILM EN ENTRE CHIEN ET LOUP

スタッフ

監督:ビンセント・バル 脚本:ピエール・デクラーク 制作:ピーター・ブーカールテ 音響:カルロ・トス

キャスト

アマリリス・アイテルリンデン/アーサー・デュポン/ジョス・フェルビスト/トム・アウデナールテ