• 彼女

    2016-07-14 17:00
    ごきげんよう。
    初音ミクのオリジナル楽曲「彼女」を投稿しました。



    歌 詞

    言葉を選ぶ あなたの前では嘘つくの
    啓蒙書を日々めくる あなたは輝いていた

    でも 恐いから 恐いから
    「そういう考え方はよくないよ」と
    繰り返すから 諭されるから
    彼女はもう疲れてしまった

    ねぇ 給水塔の上で彼女は待っている
    あぁ その背中にかける言葉(もじ)をあなたは捨ててしまったのね

    「気にすることないよと言ってるくせに
     気にしているのはあなたじゃない?
     なんでもありだと言ってるくせに
     シナリオ(縛り)を設けたのはあなたじゃない?
     その啓蒙書に囚われているのはあなたじゃない?」

    ねぇ 給水塔の上で彼女は待っている
    あぁ その背中にかける言葉(もじ)をあなたは捨ててしまったのね
    さぁ 足元の空に身を投げて 彼女は旅立つの

    「そう これがわたしの選択よ
     自由でしょ? ねぇ ダーリン」


    解 説
    この楽曲は1年前に音やイラストの製作を開始して、
    今回ようやく公開できた思い入れのある楽曲です。
    あまり重いことを書き連ねるのはどうかと思いますが、
    歌詞は"彼女"の独白であり、積み重なった不満の爆発です。

    怒り…ではなく、どちらかというと悲しみ?
    "彼"の話す言葉・思想・哲学はとても素晴らしいことだとわかっていても
    そこにはもう人間的な部分はなくなってしまって、
    それを気づかせてあげるために最後彼女は足元の空に身を投げるのかもしれない。

    そのあたりは聴いた人それぞれの解釈に委ねます。

    ベースとドラムのアレンジをハマケンくんにお願いして、
    Spoony Automataというユニット名も考えました!次回作はあるのか!
    イラストは田中寛崇さん。
    どうにも僕とコラボする絵師さんはみんなやばい…凄い人ばかり。
    恐縮してしまう…いやでもコラボできてとても嬉しい!
    ありがとうございます!

  • 広告
  • view

    2016-06-13 19:001
    ごきげんよう。
    初音ミクのオリジナル楽曲「view」を投稿しました。



    歌 詞
    ぼくは潜る 欲深き世界にまた
    きみがうたう輝いた景色はどこさ

    覚えたてのギターを爪弾いた朝
    液晶の中 夜更かししていた電脳の歌姫と

    きみと出会ったあの朝から
    ぼくはもう何度夢を見たのでしょう
    きみと出会ったあの夜から
    ぼくたちは数字の海に潜ったろう

    きみを嫌ったあの朝から
    お気に入りのギターに埃被したろう
    きみはずっと ここにいるの
    消えない光 僕には眩しいや

    メロディーが泳いでるよ ここには
    好きなことを見失う世界で ぼくらは
    ぼくはもう陸に上がるよ ありがとう
    きみのうたで輝いた景色を見ていたい


    解 説
    「バスタブから世界へ」を投稿して2年、
    「臨海副都心」を投稿してから1年が経ちました。
    楽曲聴いていただき本当にありがとうございます!
    これからもマイペースにがんばります…!

    今回の楽曲は初音ミクをテーマにしたいと考えて
    自分とミクとの関係を歌詞にしてみました。伝わるのかどうか。
    クロワッサンシカゴとして曲を投稿したのは2年前からですが、
    ボーカロイドを使用していたのはもっと前からです。
    自分で感じているよりボーカロイドへの思い入れは強いのです。

    2周年を記念して「Cozy Views e.p.」を頒布しました。
    無料頒布なのでぜひ聴いてやってください。
    https://croissantchicago.bandcamp.com/album/cozy-views
  • アワーグラス

    2016-05-10 19:00
    ごきげんよう。
    ONEのオリジナル楽曲「アワーグラス」を投稿しました。



    歌 詞
    朝に降り立ち 欠伸をした 光の中
    壁に凭れて あなたは 語る言葉宙に泳がせて

    知らないうたを口ずさんで 驚いてる
    君が知らない記憶が まだ呼吸の中に溢れてる
    それは 長い夢 あなたの翳の街

    待ちわびた 未来は見えないよ 霞んで
    過去とらわれていた 恐れていたから

    街はビター でもお砂糖足りない?
    翳泣いているから 歌うね

    もういいよ 君は十分歌った
    この手の砂が落ちたら 夢から醒めるよ


    解 説
    久しぶりの新曲「アワーグラス」です。
    アワーグラスとは砂時計のことです。
    写真の砂時計はマグネットアワーグラスでちょっと変わったもの。
    ※時計としての機能はなし。

    はじめてONE(オネ)に歌ってもらいました。
    曲調と相まってなかなか良い感じの雰囲気になってくれたと思います。

    楽曲についてはいつも通りのクロシカです。
    終始5拍子のポストロック調。
    民族楽器や効果音等も足して楽しい感じを目指しました。

    夏までにアルバム作りたいなって考えてます。