【追々記】ニコ生を高音質・高画質で安価にやりたい方への提案
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【追々記】ニコ生を高音質・高画質で安価にやりたい方への提案

2013-06-21 16:40
    もうね、ビックリしましたよ。

    ニコニコ・ライブ・エンコーダー
    (以下NLE)が
    こんなにも使える子に
    なっていたとは・・・


    NLEとは・・・
    ニコニコさんが公式で無料で提供するニコ生を高画質・高音質で配信するためのツール
    http://live.nicovideo.jp/encoder/
    (基本的には↑と重複した説明になります)

    私も愛用しているSplitmediaLabs, Ltd.のXSplitをベースに開発しているから
    XSplitのように様々な装飾をした状態での生放送が簡単に行えるんです。

    これまでのNLEはこんな子でした。

    画面が縦に細長く、プレビュー画面も少し見づらい感じ。
    また、字幕(テロップ)も入れられません(非公式ツールでは可能でした)。
    さらに、シーン切り替え(後述します)も無理でした(非公式ツールでは可能でした)。
    プリセット(後述します)も変更できませんでした(非公式方法では可能でした)。

    つまり

    全てにおいてXSplitの方が使い勝手が良く、上記の核となる部分がNLEでは不可能だったため
    私を含めXSplitを使ってた方も多いと思います。(課金した上でね・・・)
    ちなみに、このVerのNLEは現在でもDLして利用できます。
    上記のリンク先のDL画面の左側がこのVerです。(「従来版」と呼ぶみたい・・・)

    しかし


    現在、NLEにはβ版なるものが存在しています。
    この子が本当に使える子なんです。

    まず、見た目。
    左側が新しいUI。右は従来版と似た「コンパクトモード」。
    左側の新しいUIはほぼXSplitに似ています。
    ちなみにXSplitのUIはこんな感じ。


    プレビュー画面を核に、右下にシーン切り替え、
    左側にソースの追加(テロップ含む)やレイヤー機能があります。
    ※XSplitはUSTREAMなどの別のストリーミング配信にも使えます。
     NLEはニコ生専用ツールです。

    改めて見てみると


    右下にはシーン切り替え機能が追加されていてXSplitに似ています。
    切り替え数はXSplitが12シーン、NLEが8シーンなので劣りますが、通常使うにあたって
    8つもあれば十分です。わかりやすい名前をつけることもできます。

    ※シーン切り替え・・・あらかじめ様々な放送スタイルを準備しておき、放送中に
               適宜、その様式を切り替えて放送できる機能
               (例)顔出し用のカメラを追加したシーン1、雑談用の静止画のみの
                  シーン2など

    そして、待望のテロップ機能も「テキスト」という名前で追加されてます。

    私の放送で言うところの、上の方にある「□□■■Da-littleのざれごと/ざれうた■■□□」
    のテロップ部分です。NLE(β版)でもこれが可能になったんです。

    配信設定のプリセット化も可能になりました。

    ※プリセット・・・ユーザ側で自由にカスタマイズできる放送用設定の調整部分。
             PCがハイスペックな方用、低スペックな方用、動きの多いゲーム配信用
             極限まで画質を追い込んだ設定など、自由に調整できます。

    ということで、従来版で不満だった部分を全てカバーしており、
    この時点ではXSplit(課金版)と同等の機能を備えており、これが無料で使えるのが凄い。

    さらに


    私が、追々記をしたきっかけが、この機能を忘れていたからなのでした。
    それがこれ「スピーカーキャプチャ設定」。



    XPを使っている方は読み飛ばしてください。
    (サポート終了にもなりますし、ここは買い換えましょう・・・)
    Vista以降のPCを使ってる方は、「音声設定」の中のこの部分にチェックを入れましょう。
    これはいわゆる「ステミキ」と呼ばれる機能で、通常BGMと声を混ぜて放送に流す場合、
    この機能が必要になり、この部分で私は強くミキサーの購入を促してきましたが、
    NLE(β版)にはそれをソフトウェアで行う機能があり、ステミキ機能のないIFとマイクを
    使っている方、及び、Skypeマイクやヘッドセットマイクしか持ってない方でも
    BGMをつけた放送は簡単にできてしまうんです

    これは本当に便利で、手軽な部分です。


    つまり、高音質な放送を安価にしたいなぁと考えてるそこのあなた。
    もし、あなたのPCがVista以降ならば、こんなマイクを導入してみてはいかがでしょう。

    ①「C-1U / BEHRINGER」(参考価格:3,980円
             
    これ、コンデンサマイクらしいんですが、なんと接続はUSBとのこと。
    つまり、USB接続マイクとして導入すればNLE(β版)のデバイスにてこのマイクを
    選択することができます。

    あとは、このマイクを支えるスタンド、念のため「吹かれ」を軽減するポップガードを
    導入したらもうほぼ完璧ではないでしょうか。

    ②「232B / K&M」(参考価格:2,000円


    ③「POP SHIELD / SE ELECTRONICS」(参考価格:2,980円


    ①+②+③=8,960円

    8,960円?!

    うわ・・・。
    アカンやつや・・・。アカンやつや・・・・・・・・。


    【追記】
    ちなみに、XSplitの音声コーデックは「Speex」というものと「AAC LC」というものが
    利用できます。Speexはザラザラとしたノイジーなもので、無課金の方はこれのみ利用でき、
    課金者は両方利用できます。つまりXSplit音質設定はAAC LC, 44.1kHz/16bit stereo, 96k が
    現時点では最高のようです。



    ちなみに、NLE(β版)を見てみましょう。



    ん?!


    NLE(β版)でも使えるのはAACらしいですが・・・
    128kや152kがあるように見えるのですが・・・。
    き、気のせいかしら・・・。これってXSplitより音質いいってことでは・・・。

    見なかったことにします・・・。

    ちなみに、この部分親切設定となっており、

    ニコ生では合計ビットレートは384kbps(サービスタイム除く)となっており、
    音声を決定した時点で、映像に使える部分を自動計算して設定してくれています。
    (384-96=288)

    これで、皆さんもオサレ放送が簡単にできますよ。
    本当に凄い時代です。
    DLしたい方は上記のリンクの右側を間違えずにDLしてくださいね。

    ところで・・・

    Mac版はまだですか?


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。