• コミックマーケット92(C92)の参加レポート

    2017-08-14 00:20
    8月11日から13日にかけて、帝都・東京は有明の東京ビッグサイトにて、コミックマーケット92が開催され、2日目にサークルとして、3日目に一般としてそれぞれ参加してきました。
    そのレポート。

    前日まで
    ここの記事に書いてある通り、構想は前々から(C92に応募する時点から)あったのですが、なかなか文字にするのが筆が重くて進まず、結局前日になって完成した。
    危なかった。

    いざ有明!
    4月のコミ1と同じく高速バスで。



    東京駅八重洲南口にあるデッキがなかなか良さげだった。

    今回は新木場経由(京葉線・りんかい線)ではなく豊洲経由(有楽町線・ゆりかもめ)で有明に向かうことに。











    その豊洲駅(とそれと一体となっていた広場)がとってもハイセンスで見ていて楽しかった。
    その区域がまるごとデザインされているみたいで、さすが帝都ヤバイと思った。



    <豊洲市場>
    どうなるんですかね・・・

    C92 2日目
    8時半に正門駅に到着し、手伝ってくれる友人と合流。9時ちょっと前ぐらいにサークルスペースに到着。
    まぁ代わり映えのしない設営ですよ。

    開場から1時間20分ほどの段階で搬入した(14冊のうち見本誌と提出誌を除いた)全12冊が頒布済に。
    急いで会場外の7-11で増刷。

    1時間で再度在庫切れに。
    これで良いかと思ったんだけども、直後に1時間待っててもいいから欲しい(他に回るところもあったからだと思うけれども)という方がいらっしゃったのと、まぁまだ時間も3時間あるしということで、再度増刷に。

    ・各種データ
    購入された方24人のうち11人が、試読せずに購入されました。
    試読された方は28人いましたが、そのうち13人が購入されました。
    購入された時間帯を見ると、12-13時が最多で8人、ついで10-11時が7人でした。
    購入された方の男女比は11:1(22人:2人)
    前回は8人でかつ女性の購入者がいらっしゃらなかったのですが、今回は過去最多となる頒布数(これまではサンフェス2での18部)になり、女性への頒布もありました。

    コミケは規模がダンチなので、午前中だけではなく午後からの需要も見込めることが判明。
    ただし、14時以降は概ね他と変わらない模様。
    次回からの参考にしよう。

    15時少し前に最後の1冊を頒布しホテルへ。
    移動疲れ等々でこの夜は爆睡でした。

    C92 3日目




    ラーメンズでおなじみの新橋からゆりかもめにのる。


    <人の波>

    11時頃に会場についたのですが、流石は3日目といった様相でありまして、まだ会場外に長く並んでいました。正門駅から10~15分は歩いたのかな?しんどい。

    最近動画で出してないけど、旅m@sジャンルで投稿している(た)身としては気になったので当該サークルへ行き入手に成功。
    その後、友人と合流し1時頃にコミケから脱出。

    コミケで見かけたユニ・タオマフ
    自分以外にツエーゲンのタオマフをコミケ会場で持ってた人を見かけておお、と思った。
    Twitterの検索によると、アスルクラロ沼津のユニを着た方もいらっしゃったみたいですね。
    2015年のしか持ってないけどもユニ持ってこればよかったなぁ。

    離脱後
    新橋で友人と別れた後、秋葉原に。
    とらのあなで、ピジャさんの単行本、ユーフォの「薄い本」等を入手。
    友人から「(3日目で他の作品は買ってるのに)ユーフォの「薄い本」は買わないのかよ!」と言われましたがこれまでも普通に買ってマス……
    「酷いことする本」とか…(ゲフンゲフン


    <万世橋から>
    雰囲気良いね。

    いつかは行ってみたかった。
    両方行ったのでセーフ。

    帰宅へ

    今回がコミケ初参加だったのですが、らき☆すた等で見たコミケの雰囲気を味わえて良かったです。
    頒布に関しても比較的ユーフォ関連のサークルが多くてユーフォ目当てで来場された方(分母)が多かったこと、位置が東3の入り口前(お誕生日)で立地恵まれたこと、キャッチーな表紙に変えたことなどから、予想以上に出来て、上出来どころか出来過ぎで怖いくらいでした。
    それと頒布していて、「ツイッターで見かけたよ」と言ってくれたことや、既刊を所持していた方が新刊を求めに来られていて、期待してる方がいると言うことが分かって凄く嬉しかった。これは作者冥利に尽きますね。あざっす。

    C93(冬コミ)も応募はして当選したら、ユーフォの新刊の内容(何来るかわかんないけども)でまた考察本出せればと思います。

    ありがとうございました。



    ■追伸

    役立ったもの
    ・ヒヤロン
    最終日に使いましたが、30分だけでも冷やせるのは非常にありがたかった。
    ・ボディシート
    大活躍。なければかなり臭っていたかも…(3日目周ってた時も、割りと周囲からしてたし)
    ・塩タブレット
    1時間に1つ程度食べるようにしたところ熱中症のような症状(頭痛など)は出ず。
    ・OS1(経口補水液)
    脱水の可否を調べるリトマス試験紙として飲用。3日目探索後に飲んだ際に初めてこれが甘く感じたので、少し脱水が起きてたかもしれない。
    ・ファイルケース
    戦利品は会場内ではリュックにしまいにくいので、一時的にしまう際に使用。
    ・交通系IC(IR ICOCA)
    ICOCAがあると本当に便利。地方民を行く前に入手すべき。切符購入する手間が無いので駅でのストレスフリーだし、コンビニでの購入も小銭を出さなくていいので行く前に3000円分ぐらいチャージしておくと良いのかも。



    反省

    ・締切に余裕がなかった
    →本当は時間と予算があればレザックを表紙に使いたい。
    ・検印が用紙に滲んで少し見づらい箇所が出来てしまった
    →次からは印紙を貼ってその上に判を押そう。
    ・ヒロネ先輩に吹いて欲しい楽曲リストを書き忘れた
    →次回書こう。具体的には朝鮮民謡の主題による変奏曲など。
    ・あとがきが微妙
    →時間がなかったので、コミック1で出した時のやつをほぼトレス。時間に余裕を持ちたい。



    戦利品(ここで掲載可能な)


    むぎさんのものや、仁井さんのユーフォ本を入手できなかったことは悔やまれますが、無事に夏師さんの「岡ときたむら4」を入手出来たので言うことないっすわ。

    帝都から帰りがてら、車内で旅m@s本2を読んでいたがこれが面白い。
    うち三才駅さんが書かれた『ひなたの故郷』は(自分は存外だった)木下さんという人物の既知未知に関わらず、ほっこりした話で心暖まる内容だったし、何より名前どおり彼女のひなたのような性格が文章から感じられた。

    ・戦利品リスト
    岡ときたむら4(鉄棒少年)
    MY STAPLE FOOD IS LOVE(nikomi omuraisu)
    Sound! Graffiti(グレゴ)
    東京レズビアンバーガイド2杯目(鬼レズはマッハで走る)
    旅m@s本2(こちら三才駅)
    小犬丸さんはご機嫌ナナメR<新刊セット>(LilyLilyRose)
    デリバリーな少女の絵本<総集編>(暗中模索)
    それでも美海(こけこっこ☆こま)
    dominant motion(Bloody Okojo)
    あすかトなつきヲ犯す本(スタジオ・ワラビー)

    おつかれ様でした。
  • 広告
  • 進捗どうですか?忙しいですか?準備は進んでいますか?

    2017-08-07 22:54
    落とす気はさらさらないんだけども、原稿が進んでいない今日このごろ。C92の開催まであと数日に迫った読者の皆様方に於かれましてはいかがお過ごしでしょうか。台風直撃でバイト休みにならんものかと密かに思っているふおんです。

    新刊の情報はコミケに当選した時にも記事にしましたし、また脱稿した時にで書けるので今回は置いていおいて、コミケに持っていくもののメモを兼ねての記事。

    前回有明で参加したコミ1☆11は、4月30日という春の出来事だったので、上着を着ていても十分過ごしやすい(実際には脱いでいたけれども)環境でありました。しかし、今回参加するコミケは猛暑真っ只中の8月12日。今現在の予報だと東京は曇り時々晴れ、最高気温は31度となっていますが、信頼度はBで多少振れ幅があり、最悪の34度になる(逆に28度もある)可能性を秘めています。コミ1を凌ぐ人数があの展示場に満ち満ちているのを想像するだけで、もう暑いと感じてしまうのですが、気温も春よりぐっと上がる。熱中症対策は必須。
    そこでの持ち物リスト。

    ・ヒヤロン(冷えっ子)
    ・ボディシート(Twitterで話題になってたやつ)
    ・塩タブレット
    ・OS1(経口補水液)

    夏のコミケの室温と不快度が未知数なのでヒヤロンを複数個持ち込みます。もって30~40分程度らしいのですが、持っていく飲み物を冷やしがてら冷気を感じられればなと。
    ボディシートは汗対策と冷感を得るため、塩タブレット・OS1は適度な塩分補給(もしかしたら塩タブあればOS1は要らないかもしれない)。

    高校時分に学校行事で熱中症まがいの状態になったので、ちょっと不安を抱えて参加するので、そのお守りも多分に兼ねているとは思うのですが、備えあれば憂い無しというやつですよ多分。

    以上。
  • 第45回富山県吹奏楽コンクール高校A部門に行ってきた。

    2017-07-30 01:11

    29日、魚津市の新川文化ホール(ミラージュホール)にて、今年で45回目となる富山県吹奏楽コンクールが開幕した。初日となる今日は午前から高校Bが、午後3時過ぎからは高校Aの、それぞれの部門の演奏が行われ、審査された。
    高校B部門は高岡工芸、福岡、片山学園中・高、富山工業が、高校A部門は富山商業、高岡商業、富山南、大門、富山の各高校が金賞代表に選ばれ、北陸大会へと駒を進む運びとなった。
    北陸大会の高校小編成は8月11日に、高校大編成は8月13日にそれぞれ金沢市の金沢歌劇座で開催される。

    小編成と大編成の各校の結果


    ・小編成

    ・大編成



    以下旅行記みたいなもの。




    あいの風と富山地鉄
    同日、ビーンズでサイン会が行われていた。被ってなければ行きたかった・・・orz
    2巻が最近発売された。買わなきゃなぁ。
    普段乗ってる旧北陸本線(あいの風、IRいしかわ)って、意識していないだけで在来線の中でも非常に高規格(60kgレールがそもそも新幹線と一部の在来線しか使われてない)で、この上となるとほぼ全線がスラブ軌道なほくほく線か湖西線ぐらいしかないというぐらい。
    日本海縦貫線を形成してる幹線の1つだし、比べるのはあまりにも可哀想かもしれない。

    西魚津駅


    <レトロな駅舎>




    <伝言板>
    まだ存在するところがあるなんて……
    撮ってはいないが、富山方面のホームに設置してある平井病院の広告が旧字体の「魚」を使っているなど、この駅だけ時間が止まっているかのようだった。

    昼食
    西魚津駅の近くに良さげなめし処があったので。オムライスが人気らしい。

    アピタ


    アピタ・ピアゴは東海地区以外の整理・撤退(七尾パトリアのピアゴは閉店しました)を明言していましたけど、魚津のアピタは何時まで営業するのだろうか・・・

    コンクール
    昨年末の富大定演以来。フランスの戦闘機みたいな名前のホールだなぁ。
    [※注・やたらミラージュの名前があるなと思えば、フランス語で蜃気楼の意味らしい]

    結果は冒頭にある通り。
    個人的な感想としては、明確に金代だろうなと分かるようなところが何校かあったは確かだと思うのですが、それ以外はどこも金賞を、そして何処が代表に選ばれるかは全く予想出来なかった。1校だけ銀だった富山中部にしても取り立てて他と比べて悪いとは感じなかったし、総じて高校Aはレベルの高い戦いだったんじゃないかと思う。
    富山って、小編成の課題曲ってないんですね……

    「携帯の電源は切ろう、スマホでの撮影は禁止」とどこの会場でもアナウンスされていますけど、実際に行っている香具師は初めて見かけた。
    A編成7番魚津高校の課題曲の最中に、なんかカメラのシャッター音らしき音が聞こえ撮影の人らなんかなと思っていた所、自由曲中に明らかにスマホのカメラアプリだろうとわかる音が聞こえる。案の定その方は係員に呼びかけられていた。

    明日からは厳しくなるやろうなぁ。演奏の合間毎に呼びかけした方が良さげかも。
    電源を切ろう!

    CD買ったはいいんですが、トラックが分割されてない……
    まぁAudacityで分割したんで問題ないですけど。





    結果発表まで時間があったので少し散策。
    緑の季節に来たら綺麗やろうなと富大定演の際に思ったのですが、その予想は正解だった気がする。

    滑川市民交流会館

    <会館建物>
    この建物5階に「あいらぶ湯」なる銭湯があることを知り、流石に帰りに宇奈月行けんしそれならということで入湯。
    割りと良かった。

    4Fに軽食コーナーがある。

    風呂の上の階は屋上となっており、そこから滑川の町並みを一望できる。
    魚津方面でやってる花火大会の様子を観ることができた。中にはカメラを持って撮影しに来られた方も。



    以上。(゚∀゚)ノシ



    ■追伸

    お疲れ様でした。