• ポケモンサン・ムーン 振り返り

    2017-11-17 00:52
    この頃ブログは雑に更新しまくるくらいでいいのではないかと思いはじめました。

    ORASのS16で初めてシングルレート2000を達成して以後S17(s18?)で同じような構築で2000を達成することができたがサン・ムーンに入ってしばらくは環境が変化したため勝てる構築が作れなくて苦しんだ。

    S1 

    催眠デンジュモク入りの対面~積み構築
    低速ポケモンの前でピロピロしてるだけでわりと勝てなくもなかった。
    最高は1940 シーズン終盤に生活環境が少し変化して終思うように潜れなくなりやや不完全燃焼。構築を煮詰められればもうちょいいけたかなぁ
    第9回石川ポケモンオフ シングルベスト8 Z催眠を外して負けたあたりこの構築らしい最後だった。

    S2 

    どんな構築を使用していたかさえ思い出せない…。上の並びは富山オフで使ったもの
    終盤は知り合いからPSVitaを返してもらったのでついにダンガンロンパをプレイ。そんなこんなもありポケモンしてなかった。今となっては最もレートを伸ばしやすいシーズンであまり潜らなかったことはとても後悔しております…
    序盤に動画を投稿したけど続かなかったなぁ。ノイズ対策は思いついたので気が向いたらやります。
    最高は1908らしい(画像あった)

    東海シングルフェスタ 予選落ち
    きんぽけオフ シングル&ダブル優勝 
    北陸オフ(グロリア)2-4
    第20回富山ポケモンオフ シングルベスト8ダブル準優勝

    S3 

    最終的に使用したのはいわゆるカバゲン展開。草Zでカバルドンがよくしんでた。
    終盤までとても苦しんで闇落ちしたが2000にはいけた。一度2000から落とされても1回は2000に帰ってくるなど粘りを見せるも最終的には死亡。とは言え最高2045を記録。
    この頃第2回富山ポケモン交流会というのを開催。年末にもう1回やるから来れる人は来てください(宣伝)
    最終は1924 んっ
    JCSがあったけど弱すぎて特にいうことなし
    ファクトリーオフエンジョイレンタル予選落ち
    ファクトリーオフの思い出は実況者たちにサインを貰おうと思ってバインダーを持ってたからかスタッフに間違えられたこと(しかも2回)。昨年のシングル厨のときに来ててコンベンションセンターの配置とかはなんとなく知っていたので案内くらいはしました。

    S4 

    毎回のように苦しむのが恒例でありやはり自分はポケモン強くないということである。
    使用したのはミミッキュ展開の積み+対面とでも言うだろうか。
    つえーやつが使う軸は強いということでなんとか2000達成。このシーズンの終盤は格ゲ―世界大会EVO2017があり応援していたときどさんが優勝してそれはもう嬉しかった。でもって配信アーカイブを見ながらレートやってたら回線負荷で切れまくるという間抜けな状態になった思い出があります。このときからレートはテザリングでやろうと決めました。
    富山ポケモンオフに初めてスタッフとして参加しました。今後もがんばります。

    最高レートは2005 最終は1924
    真皇杯北陸予選 55/56位
    東海予選 予選敗退
    第21回富山ポケモンオフ シングル準優勝 ダブル予選落ち

    S5 

    このシーズンは新たに解禁になったメガミミロップを軸に1シーズンがんばろうと意気込んで臨んだがまぁ消えた。一応1900くらいはなんとかいけたけどそれ以上行けそうな構築が組めなかったんでね…。サイマルさんと地味に総合レートで戦ってたりした。総合レートは来季もできたらリベンジしたい。
    構築はZエレキフィールドとかいう強くもなんともないもので2000にいってしまったけど電気Zデンジュモク自体にパワーがあってこそでしょうね。

    最高・最終ともに2015 最終成績では多分最もマシ
    第10回石川オフシングル予選落ち ダブル4位
    第3回富山ポケモン交流会 開催 ついにポケモンをする

    S6 

    まえに書いたけど死んだ。4シーズンぶりに2000達成できず。とても悔しい。
    シングルが死んだことにより他ルールが不完全燃焼になったことまで含めてとても悔しい。
    構築についてはコロコロ変わってたので言うことなし
    上の構築のままだとUB:BURSTとその対策に出てくるやつがやばそうなのでUSMでは結局使わない説はある。
    最高1923 最終1910?

    第10回ポケモン福井オフ シングル・ダブルともに予選落ち
    第3回きんぽけオフ ベスト8
    第22回富山ポケモンオフ シングルベスト8 ダブル 予選落ち


    ウルトラサン・ムーンにむけて

    やること自体はあまり変わらないかもですが伸び悩みを感じているので一皮剥けられるように頑張りたいです。具体的に何をするかというと…(特になし)。

    あとシングルレートとダブルレートは同等に力を入れて取り組みたいと思います。
    シングルにかける時間が必然的に減少しますがその分一戦を大事にしたいです。
    シングル目標 2100達成or最終100位以内
    ダブル目標 最終1900達成 
    総合レート 1回は最終10位 とします
    動画投稿 きっとするさ。
    ちゃんとやるなら1回は実況者大会にも参加してみたいですね。
    配信 やりたい 配信関係の技術とかがオフの運営にも活かせるかもとか思うので。

    なんだこの文章・・・ 
    ウルトラサンムーンでもよろしくお願いします
  • 広告
  • 【ポケモンSM】シーズン6スペシャル使用構築 Z逆鱗楽しいパ

    2017-11-16 15:01
    ポケモンサンムーンS6スペシャルルールで使ってた構築です。





    S6のスペシャルルールはいわゆる上位禁止シングルでこれまでのシーズン2~5で上位にランクインしたポケモンが使用できないルールとなっている。

    何が使えないのか具体的には覚えていないがリザードンとかゲンガーなどの猛威をふるっているメガ枠やミミッキュ、カプなどは使えない。使用率低下が話題になったガブリアスも当然圏内には入る。

    一方6世代の王ガルーラや上位でも使用者を多く見かけるメタグロスなんかは使用可能である。受けループのメインとなるやつらもおおむね生き残っているのでこれらへの対策は必要だと思われる。ちなみに自分はこの程度の認識で組みました。

    構築経緯としてはORASのときはガブリアスの鉢巻逆鱗え初手ガルを削って裏で勝つみたいな戦いかたをしていたので楽しく逆鱗をぶっぱなしたいというところから考えた。自分のS17の構築をベースとしている。

    ガブリアスは使えないのでオノノクス。このゲームでは鉢巻を持つメリットが薄いとされているためドラゴンZで代用。
    ジャローダは使えるので採用。
    火が打ててエースになり害悪もわりと対策できるウルガモスをタスキで採用。
    逆に相手のウルガモスがめんどくさそうだったので安定して受けやすいスカーフウツロイドを入れる。
    ここまでメガ無しだったのでなんとなくギャラドスのかわりになりそうなメガポケモンとして竜舞メガチルタリスを入れる。
    残りはステルスロック+ハッサムがつらいためハッサムに強そうなやつをいれて完成。ここは変更したりしてたが最終的に瞑想スイクンを入れた。
    というわけで元の形は殆ど残ってない

    個体解説


    オノノクス いじっぱりAS ドラゴンZ かたやぶり
    げきりん じしん どくづき りゅうのまい

    並のポケモンなら一撃で吹き飛ばす脅威のドラゴンZ使い。
    拘らなくなったことで隙を見て竜舞からの制圧も狙える。
    1舞ドラゴンZはクレセリアもビビる威力が出る(倒せはしない)。
    サブウェポンは浮遊に通せるじしんは確定。残りはクチート以外のフェアリーに概ね打点がとれるどくづき。
    性格は威力重視でいじっぱりだがようきドラゴンZでも意地鉢ガブの逆鱗よりもつよいのでそこは好みか。



    ジャローダ おくびょうHS ゴツゴツメット あまのじゃく
    リーフストーム リフレクター こうごうせい へびにらみ

    ガブリアスはガルーラの上から殴れるのがメリットであるがオノノクスはそうは行かないので引き先として用意したゴツメジャローダ。このルールでは苦手なメガゲンガーやゲッコウガがいない上にメガルカリオやメガメタグロスの上から行動できるので耐久に多めに割くよりも最速にする方がいいと思います。



    ウルガモス ひかえめCS きあいのタスキ むしのしらせ
    ほのおのまい むしのさざめき サイコキネシス ちょうのまい

    ふつうのシングルの流用。特に語ることなし。ストッパーとかいろいろ強い(適当。)
    強いて言うならサイコキネシスがドヒドイデくらいにしか刺さってないので通りのいい技にした方がよさそう。



    ウツロイド おくびょうCS こだわりスカーフ ビーストブースト
    パワージェム ヘドロウェーブ めざめるパワー氷 ステルスロック

    相手のウルガモスも結構キツめな構成なので全般的に有利なスカーフウツロイドを採用。その他相手の積みに対するストッパーもつとめる。構築全体が積みポケで構成されているので抜き性能を高めるスカーフステロとなっている。めざ氷は打ちたい相手がグライオンくらいなのでほかの技にしてもよさそう。毒技は終盤殴っていくことの方が多いと思っているため少しでも火力が出るヘドロウェーブ。



    チルタリス ようき チルタリスナイト ノーてんき→フェアリースキン
    173-104-111-81-126-139(メガ前)
    おんがえし じしん だいもんじ りゅうのまい

    竜舞できるメガ…チルやな!みたいな理由で採用
    2枚目の竜舞枠。火力は控えめだが範囲が広くヒートロトム以外には概ね打点が通りヒートロトムにはオノノクスが圧倒的に強いため範囲の補完もよい(気がする)。
    HSではねやすめ無しという微妙に見えそうな配分だがこの配分のおかげで耐えて勝った試合はそれなりにあるので多分意味はあるさ。
    大文字はH236D4メガハッサムに中乱数でありこれだけで対策できてるとは言い難いため裏でどうにかしたいところ。



    スイクン ずぶといHS オボンのみ プレッシャー
    ねっとう こごえるかぜ みがわり めいそう

    シングルレートでも今期よく使ってたスイクン。オボンなのはバシャの膝を2耐えしたいからでこのルールでは無難に食べ残しの方が強い気がする。オタクを殺す性能が高いみがわりめいそうでみがわりを壊せない相手には無類の強さを発揮する。
    この枠に求められるのはハッサムに強いことでありスイクンである必要はないかもしれない。最初は電気Zデンジュモクを採用していたのでわりとなんでもよさそう。


    選出は引けるポケモンがジャローダ、スイクンくらいなため最悪そいつらに引けそうな奴を初手に出す。
    多いのは大体オノノクス。ウルガモスとウツロイドはラス1で置いておくことが多い。

    スペシャルレート最終が1715くらいだろうか・・・(1716 175位でした) シングルで躓かなければもう少しやってみたかったです。
  • 【ポケモンSM】シーズン6 感想(完走)

    2017-11-10 12:58
    完走とは最後まで力いっぱい取り組んだということです。なお

    福井オフの二次会のときにごんべえさんから「今期は総合レートやるんですか?」みたいなことを言われたときに「やりますかぁ~」みたいに言ってしまったので今期も一応総合レートやってました。

    総合レートをやっての感想としてはちょっとレート上げただけでホイホイ順位が上がっていくのを見て楽しめます。
    期間の後半になってくると「このルールやらなきゃ…」ってなって凄く締め切りに追われる感覚になりますがここがけっこう辛いポイントかなと思います。今はQRもあるので気楽なんじゃないですかね。

    あと他にやってる知り合いがいるとその人の動向とか見て楽しめる(前期はサイマルさん、今期はごんべえさん)ので誰かと一緒にやったほうが総合レートは楽しめるんじゃないでしょうかね。ちなみに今期は忙しくてあまり潜れないときにごんべえさんがどんどんレートを伸ばしてるのを見て真顔になってました。まぁ自分は時間を取れてる方だと思うので言い訳ですが。

    ここからは各ルールごとの構築や感想です。

    シングル
    中盤まで 
    最終日  

    1900までは結構あっさり行って10月23日くらいに1921まで行った。このときはまさかこれが今期最高レートになるとは思いもしなかった(厳密に言えば1923が最高だけど溶けたので関係なし)終盤は過去最高レベルで時間をかけて取り組んだのに結果がでなくてとても悲しい。虚無の一言。正直シングルで2000は当然行くものとして計画していたためシングルで躓いた時点で総合レートとしては終わってた。反省点としては自分がレートを上げるパターンは色々ためして偶然刺さったやつで2000まで押し上げるみたいなのばっかであり言うなれば漫画の新連載のような感じである。当たったらラッキー。今回はレート終了の数時間前にやっとある程度纏められたが明らかに時間が不足してようやく1900が精一杯だった。USMレートからはもっと普段から考えて構築するようにします。最後に使っていたテテフーディンは自分でもそこそこ手応えを感じられたので環境が激変しなければ次のシーズンでも使っていきたいと思いました。最終は1910か1911。

    ダブル
    前半 
    後半 

    序盤はびちょさんの構築のQRを使用していた。構築の完成度は間違いないがプレイヤーが弱すぎて負けを積み上げて申し訳なくなったので中盤以降は自分の構築を使ってた。ちなみにテテフグロスでならべられた場合アームハンマーを躱すのを祈りつつグロスを倒しにかかるか集中読みで守らないと負けるという大問題があり構築としては問題しかない。
    レートは最終が1700そこそこ。ダブルレートはここからが面白いところだと思うしさすがにまだ上げられるはずなので1シーズンしっかり取り組んでみたいですね。ごんべえさん1900は普通にやばい。

    WCS
    前半 

    後半 

    前半はバイバニラが好きなのでリグナさんの「ライバニラ」のQRを使用。タスキバイバニラが扱いやすくて強かったです。後半?はWCS2017マスター2位の方の構築のQRを使用。自分はシングルでは選出段階で「最終的にこいつを通して勝ちだな」みたいな展開が予測できることが多いのだがダブルではそれができないことが多いのが難しいと思っている。しかしこの構築はサポートとエースの役割が明確で「最終的にデンジュモクで殴って勝つ」みたいな展開が読みやすくて使いやすかった。例によってシングルが爆死したため終盤は全然やらなかった。最終は1665とか

    スペシャル



    今回のスペレルールは上位禁止シングルであり猛威をふるっている守り神やミミッキュなどの強力なフェアリーがいないことからドラゴン技の通りがよくなると考えORASのころを思い出しつつ逆鱗をぶっ放す構築にしようと思い自分のS17の構築をベースに組んだ。いろいろあって全員で積んで殴るような攻撃的な構築になった。比較的サクサク1700まではいってそこからは例によってやってません。悲しいね。最終は1715くらいだったはず。

    終わりに
    力尽きました。しばらくやらなくていいと言う感じです。
    もう新作が出るのか~という感じですね。とりあえず出てすぐに竜王戦があるのでまずはそこで頑張りたいです。ありがとうございました。