3月のライオン(第12話の感想)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3月のライオン(第12話の感想)

2017-01-12 16:30

    3月のライオン(第12話の感想)
    第12話も良かったです。

    川本家は暖かくてこたつみたいだと桐山が言っていたのが印象的でした。

    桐山は賑やかな川本家から帰ってきて1人で過ごしている時に寂しいと感じていたけど、悪い事ではないような気がしました。自分の感情に気付く事は大事な事だと思います。

    そういう気持ちは分からなくもないので共感出来る所もありますね。


    獅子王戦のトーナメント初戦の相手は辻井でしたが、ダジャレばかり言っていて桐山が結構苦手なんじゃないかなと思いました。

    確かにあんなに面白くないダジャレを言われても困りますね(笑)


    後藤は嫌な奴だなと思いました。あれは桐山じゃなくても殴りたくなりますね。

    次は後藤との対局があるのでどうなるのかが見どころです。

    ph04.jpg


    C1kxXCYVIAALyX8.jpg

    12話のエンドカードイラストは、VOFAN先生です。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。