• 【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その25【トリコサヒーリ】

    2017-06-20 00:191

    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、
    対戦の模様を動画編集してみた
    …のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、
    コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴1年ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)

    今回は第25回目、【トリコサヒーリ】とのマッチ戦の様子を編集した
    動画その25についてです。


    コメント返しの前に、今回の動画ですが…
    5,000再生突破と、多くの広告(17,200pt!?)、
    そしてニコ動デイリーランキング87位を頂きました!

    きりたんジャンク様、otomo様(BGMはこだわりました)、
    緋勇様(2回:おすすめありがとうございます)、マサヤン様、濃霧の層様、
    める様(本格的に始めたのは自分の方が後だったり)、ツグン様、葉っぱ様、
    金剛様、ameretat様、へやきた様(対戦ありがとうございましたー!)、
    けももっ様(自分でも驚きました)、きりしばる様(まさかのボイロ勢対決)、
    cocoa様、ゼロからはじめる開封対戦様、つくもP様、朧月様(1年やって初めてでした)、
    金玉漂流在外様、nene様、キッド様、予想外様、くっぱ様、
    そして立ち絵をお借りし、イラストを頂きました矢車草様、
    宣伝頂き、誠にありがとうございます!

    いつもお名前を次回の説明文に載せていたのですが、
    ついに動画説明文の枠に収まらなくなってしまいました…


    ■『うぽつ、うぽつ~、おまどうま!!』など

    いつもありがとうございます。
    今回は同時投稿ということで、結構投稿期間に余裕持たせました。
    (でも作り始めたの投稿前日)

    ■『コマ(《師範の占い独楽》)消えてウレシイ…ウレシイ…』

    2017/4/24の禁止改定にて《師範の占い独楽》がレガシーで禁止されたことについて。



    【奇跡】が幅を利かせていたレガシー環境。
    いつかは禁止されると思ってはいたのですが、
    ここ一年ほどで【エルドラージ】【デス&タックス】【BUGカスケード】などで強力なカードも追加され、以前ほど突出した強さではなくなったと思っていたので、このタイミングでの禁止は予想外でした。(でもまだ《先触れ》型にシフトしている模様)

    …そして新しく使いたいデッキが見つからず、レガシーを再開できていない中の人。
    『瞬速のずんだ!』レガシー編はまだまだ先のようです。


    ■『アカネチャンカワイイヤッター』

    今回のお相手が『琴葉茜のMOダンあそび』を投稿されているへやきたさんと気づいた場面。

    示し合わせて行う、いわゆるフレンド戦ではなく、全くの偶然でした。
    動画内では割と淡々としていますが、実際は、
    「あぁぁぁーっ!投稿者の方だぁぁぁぁぁっ!」
    「負けたら動画にされるー!」
    「(ハンデスしながら)その手札、強すぎませんか?」
    …等々、かなり焦りながら対戦していました。

    対戦後、同時投稿の話を持ち掛け、
    素材等の相談をした結果、今回の作品となりました。

    なお、へやきたさんは自分がMTG復帰する際、
    【フェアリー】について調べていた時に参考にした記事の翻訳をされており、
    今回の対戦共々、何かと縁があるようです。

    翻訳記事:モダン環境でのフェアリー
    http://mtgkita.hatenablog.com/entry/2015/11/27/212034

    へやきたさん視点はこちらから。



    ■『クリコマ(《謎めいた命令》)ほんと強いよなー』

    第1ゲーム終盤、《謎めいた命令》を使ってお相手のガードをこじ開けた場面。


    確定打ち消し、パーマネントの種類を問わないバウンス、対戦相手のクリーチャー全体タップ、そしてドロー。そのうち2つのモードを選ぶので、合計6種類の組み合わせができる呪文。

    使い方は難しいですが、今回のようにキルターンを早めることもでき、青トリプルという重いマナ拘束に見合ったカードです。

    なお、その前のターンで使えば勝てた、と言っていましたが、
    へやきたさん視点から見たら、こちらが確認していないカードが1枚ありましたね。(しかも除去である《稲妻》…)

    …当時の自分は意外と冷静だったようです。


    ■『サイド表示始めて見た』

    第2ゲーム開始時、サイドボード表示を入れてみた場面。

    これまで反省会でしか明記していなかったので、今回試しに表示してみました。
    好評だったようなので、これからはこのレイアウトでやっていこうと思います。

    そして、これまたへやきたさん視点で分かったのですが、
    サイドボード表記間違ってました…

    Out
    《ヴェールのリリアナ》×3    アドバンテージを取っていく相手に有効ではないと感じ。
    《ヴェンディリオン三人衆》×1 タフネス1はあまり有効ではないと感じたので。
    《霧縛りの徒党》×1       除去や打ち消しなどで止められる可能性が高いため。
    《殴打頭蓋》×1         除去や打ち消しなどで止められる可能性が高いため2。

    In
    《失われた遺産》×2   対コンボ用カード。そして"ロストレガシー茜"伝説の始まり。
    《滅び》×2       並べたクリーチャーを一気に除去するため。
    《対抗突風》×2     追加の軽量打ち消し枠。

    ■『鬼!悪魔!ずんだ!』

    《失われた遺産》により、お相手の《サヒーリ・ライ》4枚を追放した場面。


    完全に《祖先の幻視》頼みのキープだったため、
    明らかに《差し戻し》を構えている状態から、なんとかアドバンテージを奪う必要がありました。

    土地が止まっているようなので《謎めいた命令》による土地バウンスでテンポロス、そして《祖先の幻視》のいずれかは通ると思ったのですが、両方とも打ち消されてしまい…

    こうなった以上、もうコンボの成立を阻止するしかないという状況で唱えた《失われた遺産》はうまくはまったようです。
    (《Saheeli Rai》を探すまで、1分以上もたもたしていた模様)


    特定のカードに依存するデッキには刺さるのですが、
    基本的にコンボへは有利に立ち回れるので、おしゃれ枠と化しつつあります。

    なお現在、リプレイで《失われた遺産》を唱えた瞬間、リプレイが止まるエラーが発生しています。むしろこの回で再生できたのは奇跡なのでは…と思ったり。
    (その結果、"ロストレガシー茜"が爆誕することになるわけで)

    ■『チャンスだ茜ちゃん!まだ勝機はある!』

    《変わり谷》をクリーチャー化させ忘れたり、
    《イゼットの静電術師》が見えている中で《苦花》を唱えてしまっている場面。

    …完全に焦ってますね。

    《イゼットの静電術師》を《苦花》で誘って《致命的な一押し》で除去する、という手もありましたが、《ザルファーの魔道士、テフェリー》が手札にいるため、タイミング次第では封殺されてしまう恐れもありましたし…

    ただ、へやきたさんの盤面が整う前に《変わり谷》《忍び寄るタール坑》がライフを削ってくれたので、今回は何とか勝利できたようです。

    次回は…どうなりますかね?


    では今回はここまでです。
    次回は『瞬速のずんだ!』2年目の始まり。
    合計3回映画館へ行って観た『ずんだホライずん』のイメージと、特にこれといった予定のないGWの時間と、《師範の占い独楽》禁止のショックを糧にして作った新デッキ。
    動画特別編、緑単'ずんだ'信心の対戦記録【Zunda Horizons】から、
    コメントやプレイングについてあれこれ書いていく予定です。


  • 広告
  • 【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会その24【白青フラッシュ】

    2017-06-18 01:301

    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、
    対戦の模様を動画編集してみた
    …のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、
    コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴1年ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)

    今回は第24回目、【青白フラッシュ】とのマッチ戦:第3ゲームの様子を編集した
    動画その24についてです。


    コメント返しの前に、今回の動画ですが…
    6,000再生突破と、多くの広告(19,600pt!?)、
    そしてニコ動デイリーランキング129位を頂きました!

    朧月様、けももっ様、キッド様、金剛様、クルメガ様、予想外様、ツグン様、
    さっきゅん様(11回!!?)、くっぱ様、緋勇様(おすすめありがとうございます)、
    ****様、きりしばる様、まっすぐスパーク様、
    みどり様、11まき様、ネグセん様、nene様、otomo様、かがくろ様(9回!?)、
    そして立ち絵をお借りし、イラストを頂きました矢車草様、
    宣伝頂き、誠にありがとうございます!

    いつもお名前を次回の説明文に載せていたのですが、
    ついに動画説明文の枠に収まらなくなってしまいました…


    ■サイドボーディング

    コメント返しの前に、特に指摘がなかったのですが、
    当時のサイドボーディングは確かこんな感じです。

    Out
    《マナ漏出》×4     《霊気の薬瓶》により、打ち消しが有効ではなかったため。
    《霧縛りの徒党》×1   除去・妨害の多いお相手なので高マナ域をやや削減
    《謎めいた命令》×1   除去・妨害の多いお相手なので高マナ域をやや削減2
    《殴打頭蓋》×1     除去・妨害の多いお相手なので高マナ域をやや削減3

    In
    《集団的蛮行》×3    軽いクリーチャー除去兼お相手の手札確認に。
    《滅び》×2       対クリーチャー戦用全体除去
    《仕組まれた爆薬》×2  対クリーチャー戦用全体除去2


    ■『うぽつ、うぽつ~、まってました』など

    いつもありがとうございます。
    最近はMO動画がたくさん上がって若干置いてかれ気味です…


    ■『空前のきりたんMTGブーム』

    MTG動画もたくさん上がりましたが、
    最近ボイスロイド動画投稿者の方も増えてきましたね。

    特に東北きりたんは同時期に3名も増えたので、
    一気に賑やかになった気がします。
    (ところで、東北ずん子は増えないのでしょうか…?)


    ■『サリアがいるときにX=1で2色払えば2個カウンターが乗るはず・・・』

    《スレイベンの守護者、サリア》で非クリーチャー呪文のコストが1マナ増えている時に、
    《仕組まれた爆薬:X=2(烈日2)》を3マナを支払って唱えた場面。


    …初めて知りました(震え)
    ただ、知っていても2ターン目には唱えていませんでした。

    理由としては、
    ・《爆薬》が《霊気の薬瓶》を唯一破壊できる呪文のため、できればそれを壊したい。
    ・《サリア》1体だけなら《苦花》《ヴェールのリリアナ》で対応できる。
    ・《爆薬》を先置きすると2マナの動きを温存されてしまい、1対1交換になってしまう。
    ・コスト3以上の動きが多い手札のため、早い段階で《忍び寄るタール坑》のタップインを処理したい。


    …辺りでしょうか。
    お相手の手札に2マナのカードがもう1枚なければ色々と損した可能性もありましたが、今回は結果オーライということで…


    ■『マッチ3戦目とはいえ手札見えてるかのような指定』

    お相手が《翻弄する魔道士》で《苦花》《ヴェールのリリアナ》と、
    こちらが次のターン唱えようとしたカードを宣言した場面。



    第2ゲームをこの2枚だけで完封したため、相当警戒されていたみたいですね。

    クリーチャーで固まった手札のようだったので、《致命的な一押し》や《滅び》など、除去への警戒も考えられたのですが…クリーチャー主体の白青だと、この2枚は対応しづらいのでしょうか?






    ■『白青相手なら飛行ブロッカーいれば1点でも守りきれるか』

    《苦花》《ヴェールのリリアナ》が着地した後、
    《呪文づまりのスプライト》と《苦花》のトークンでお相手の攻撃を捌いた場面。

    追加の《反射魔道士》でトークンを除去しつつ、《滅び》などの除去に《呪文捕らえ》を合わされたらだいぶ辛かったですね。

    そのため、《霊気の薬瓶》のカウンターが3になる前に一旦《謎めいた命令》のバウンスでリセットし、行動を遅らせたのですが、土地がしばらく3枚で止まっていたので、功を奏したようです。


    ■『生物出したとところで,リリアナやからもう積みやろ』

    今回のラスト、こちらが《霧縛りの徒党》を出した時点で投了された場面。

    これまでの試合展開で、お相手のクリーチャーの最大サイズは《修復の天使》の3/4。
    4/4の《霧縛りの徒党》をブロックに回しつつ、《ヴェールのリリアナ》で手札やクリーチャーを捌きつつ、《忍び寄るタール坑》でライフを詰める…という流れで勝てそうな盤面でした。

    これに対応するには、こちらの終了ステップに《霊気の薬瓶》で《反射魔道士》を出して《霧縛りの徒党》をバウンス。その返しのターンに戦場に戻った《呪文づまりのスプライト》を除去…くらいでしょうか。

    《ヴェールのリリアナ》の+1能力で手札を1枚まで削ったので、あとはトップデッキ次第…という感じでした。

    なお、この間《忍び寄るタール坑》で攻撃していないのは、《ヴェールのリリアナ》でお相手の手札・クリーチャーを継続的に削りつつ、《滅び》《ヴェールのリリアナ(2枚目)》《集団的蛮行》を構えたいから、という理由です。

    この状態でライフを詰めてもあまり効果はありませんし、
    お相手が痺れを切らして展開してくれれば、その返しで除去が狙えるので。
    (終了ステップに展開されたら捌き切れない状況ではあったのですが)


    では今回はここまでです。
    次回は『瞬速のずんだ!』1年目最後の対戦。
    そして動画投稿者の方との初対戦。
    動画その25、『琴葉茜のMOダンあそび』を投稿されている、
    へやきたさんの【トリコサヒーリ】とのマッチ戦から、
    コメントやプレイングについてあれこれ書いていく予定です。


  • 【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!反省会 特別編 "ヴォーソス・ジョニー"への挑戦【Zunda Horizons】

    2017-05-07 20:401

    お久しぶりです、ぐらと申します。

    マジックオンラインを始めたので、
    対戦の模様を動画編集してみた
    …のは良いのですが、
    動画内で触れられなかった部分や、
    コメントで初めて気づいた部分が多々あったので、
    こちらの方で言い訳…振り返って補足していこうかと。
    (MTG歴1年ちょいなので、うまく説明できないかもしれないですが…)


    今回は本編についてではなく、
    モダンでは1年ぶり2つ目。緑のデッキとしてはおそらく初めて作った、
    緑単"ずんだ"信心【Zunda Horizons】の紹介です。


    --------------------------------------------------------------

    ・メインデッキ
    4《森の女人像/Sylvan Caryatid》
    2《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》
    3《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》

    3《ニッサの誓い/Oath of Nissa》
    4《楽園の拡散/Utopia Sprawl》
    4《不屈の自然/Rampant Growth》
    4《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
    4《明日への探索/Search for Tomorrow》
    1《ナイレアの弓/Bow of Nylea》
    3《調和/Harmonize》
    3《風景の変容/Scapeshift》
    1《見事な再生/Splendid Reclamation》
    3《倍増の季節/Doubling Season》
    1《踏み荒らし/Overrun》

    4《カルニの庭/Khalni Garden》
    4《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》
    12《冠雪の森/Snow-Covered Forest》
    --------------------------------------------------------------

    今回のデッキを作った経緯として、
    【あにめたまご2017:ずんだホライずん】を観て、ずん子のイメージが色々と膨らんだ中、
    「東北ずん子をイメージしたデッキってどんなのだろう?」
    …という疑問がよぎったことがきっかけとなります。

    というわけで、"ヴォーソス・ジョニー"への挑戦。
    以下の手順でデッキを組んでみました。

    1.対象のイメージを細分化する。
    2.イメージにあったカードを探す。
    3.カードから戦術を考える。
    4.戦術をサポートするカードを追加・調整を行う。


    1.対象のイメージを細分化する。

    まずは《東北ずん子》のイメージを列挙して、路線を考えることに。
    ・ずんだ(枝豆)・太もも(もちもち)・ずんだアロー(弓)・弓で射るとずんだに変わる
    ・女子高生(17歳)・東北・緑・ボカロ(歌)・『ずんだホライずん』(アニメ)
    ・東北イタコ(姉)・東北きりたん(妹)・CV佐藤聡美さん
    …ざっとこの辺り。
    (ガチ勢の方はもっと出てくるのでしょうか?)

    2.イメージにあったカードを探す。

    こうして挙げたイメージからカードを探してみます。

    まずは軸となる、ずん子そのものを象徴するカードから。
    《狩猟の神、ナイレア/Nylea, God of the Hunt》
    《ナイレアの弓/Bow of Nylea》
    該当イメージ:緑、ずんだアロー(弓)


    これは割とすぐに出ました。
    緑色、かつ弓が強調されたクリーチャー。"神"という唯一性も良かったので、即採用でした。


    次に考えたのが"ずんだ"をイメージするカード…これが難航しました。

    当たり前なのですが、MTG世界にはずんだも枝豆も無く…
    (《ひずんだレンズ》…もし何かあったら教えてください)
    "植物"まで考察する範囲を広げてみたところ、《植物トークン》に行きつきます。
    0/1という、単体では勝利に貢献できないサイズも、植物トークン(枝豆)を強化(砂糖)して、戦闘要員(ずんだ)となる…というネタとして使えるため、うってつけの素材だと思って調べたのですが…(実は1/1の植物トークンもあるのですが、見落としてました)

    《カルニの庭/Khalni Garden》
    《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》
    《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar》
    該当イメージ:ずんだ(枝豆)、緑














    これを出せるカードが上記の3種類のみ。
    逆に3種類だけなので、構築の道筋は立てやすかったです。

    3.カードから戦術を考える。

    改めて、これらのカードに注目すると、
    ・すべて緑絡みのカードである。
    ・戦場に出た時の効果である。
    ・トークン、+1カウンター、忠誠度が関係している。

    これをもう少し掘り下げると、こんな感じに。
    A.緑絡みなので《狩猟の神、ナイレア》とも相性が良く、緑単色が確定。
    B.戦場に出た時の効果、特に土地が戦場に出た時の効果であるため、ランパン戦術を主軸に。
    C.トークン生成、+1カウンター付与、忠誠度の効果を活かすためのカードが欲しい。

    A.緑絡みなので《狩猟の神、ナイレア》とも相性が良く、緑単色が確定。
    緑、かつ植物のクリーチャーを探したところ、《森の女人像》 を追加しました。
    マナ加速ができ、呪禁により除去されにくい緑の植物。
    壁としての役割もあり、攻撃を弾くずん子のもちもち肌(太もも)のイメージにも合います。

    B.戦場に出た時の効果、特に土地が戦場に出た時の効果であるため、ランパン戦術を主軸に。
    《ゼンディカーの報復者》の能力を最大限活用するため、一度に複数枚の土地を戦場に出せる《風景の変容》《見事な再生》を採用し、このデッキのメイン戦術が決定しました。
    植物トークン(枝豆)生産の環境変化というイメージにも合いますし。

    C.トークン生成、+1カウンター付与、忠誠度の効果を活かすためのカードが欲しい。
    …《倍増の季節》しか思いつきませんでした。
    やや微妙なトークン製造能力を補助するのはもちろんのこと、《ゼンディカーの報復者》+《風景の変容》のコンボが決まると、とんでもないことになりましたw
    植物トークン(枝豆)生産の強化というイメージにも合います。

    4.戦術をサポートするカードを追加・調整を行う。

    主軸となる戦術が決まったところで…
    色々と足りないカードを追加してみました。

    《ニッサの誓い》…ニッサを入れたので採用。空振り多し。
    《楽園の拡散》 …名前優先で採用。《極楽鳥》の方が良いかも。
    《不屈の自然》…名前優先で採用。《桜族の長老》の方が良いです。
    《明日への探索》 …名前優先で採用。アンタップインなのを時々忘れます。
    《調和》 …名前優先で採用。息切れ防止できるのは大きいですね。
    《踏み荒らし》 …女子高生の嗜み。これがやりたかっただけ枠。
    《ニクスの祭殿、ニクソス》…ずんだへの信心が試される1枚。時々計算を間違える。
    《冠雪の森》…なけなしの東北要素。地味に探すのに苦労した1枚。


    これでメイン60枚。
    1マナ:11枚 (《明日への探索》含む)
    2マナ:8枚
    3マナ:5枚
    4マナ:9枚
    5マナ:4枚
    7マナ:3枚
    …というマナカーブ。
    ランパン戦術はわからないのですが、これは重いのか軽いのか…?

    最後にデッキ名。たまたま【New Horizons】というデッキも見つけ、
    そこから【Zunda Horizons】と名前を付けて、晴れてデッキが完成しました。


    ちなみに妨害手段・サイドボードはありません。
    そもそも仮想敵等を想定していないデッキなので、
    Just for Funの1本先取部屋でやりたいことだけやってました。
    (そのため、《崇拝》1枚で詰む対戦がしばしば…)

    Q.「彼方の神、クルフィックス/Kruphix, God of Horizonsは入ってないのかw」
    A.「あっ…!?(気付いてませんでした)」

    では今回はここまでです。このデッキの動きについては、
    【東北ずん子×MTGO】瞬速のずんだ!特別編【Zunda Horizons】で確認していただければと思います。あと【あにめたまご2017:ずんだホライずん】をよろしくお願いします!