• 39歳になっても両親に猛反対されて結婚できなかった女性のお話

    2017-05-25 16:474時間前
     は~い!
     今回は「ピーターラビット展」を見に美術館に行った時のお話です。




    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


     「ピーターラビット」の作者であるビアトリクス・ポターは、39歳の時、担当の編集者であった男性と恋に落ちます。そうして、男性の方から結婚の申し出があり、ビアトリクスはそれを喜んで受けます。
     ところが、家柄にこだわるビアトリクスの両親は猛反対します。両親はお金持ちの家柄だったからです。
     その1ヶ月後、婚約者は突然病気で亡くなってしまいました。


     さらに、その8年後…
     ビアトリクスは再び恋に落ちます。今度の相手は弁護士さん。
    「今度こそ大丈夫だろう」と思ったのもつかの間。またもや両親の猛反発に遭います。
     ところが、今回はビアトリクスの弟の協力がありました。実はこの弟さん、もう10年も前に両親に内緒で結婚しており、しかも相手は貧乏な家の娘でした。
    「それでも、僕らはとても幸せに暮らしているんだ」という弟の説得により、ようやく結婚を許されたビアトリクスでありました。


     時代が時代とはいえ、こんなコトが現実にあるんですね~
     39歳(次の機会は47歳)であれば「相手なんて誰でもいいから、とにかくうちの娘をもらってくれ!」となりそうなものですが、学歴とか家柄とかそういうものにこだわりがある人はいるもので。
     結局、人の幸せってなんなんでしょうね?


     ちなみに、「ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターは、産業革命時代に近所の森や草原などを片っ端から購入していき、自然保護活動に貢献したということです。

  • 広告
  • 人をおとしめるよりも、自分を高めた方がいい

    2017-05-24 17:26
     今回は、生き方のお話。
     どうしたら瞬く間に過ぎていく時間のスピードをゆるめることができるのか?充実した時間の使い方ができるのか?




    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


     みなさんは、1月1日に「今年こそは充実した1年を過ごすぞ!」っと決心したことはありますでしょうか?
     その結果、「アレ?気づいたら、もう12月31日じゃん…」と思ったことは?
     多くの人がこれに近い経験をお持ちなのではないかと思います。
     では、どうすればそれを防ぐことができるのか?


     それは…
     無駄な時間をなくすこと!


     あたりまえのように思えるかもしれませんが、これがなかなか難しい。

     無駄な時間をなくす方法のひとつとして…
     意味なく人を攻撃する行為をやめて、その時間を自分を高めることに使うこと。


     人をおとしめるような行為を行っても、それはその人を下げる効果しかありません。
     それに対して、自分を高めることができれば、世界中の数十億人の人たちより半歩でも1歩でも先に進めるわけです。
     どう考えてもこちらの方が効率がいい!

     なので、みなさんにもこちらの生き方の方をおすすめしたいと思います。

  • 大人は全然勉強しない

    2017-05-23 17:39
     今回は、大人の勉強についてです。



    ↓ニコニコ動画が見れない方は、こちら。


     政府の発表によると、日本人の大人の1日あたりの勉強時間は1時間にも満たないそうです。意外ですね。
     中学生や高校生はもちろんのこと、へたをしたら小学生や保育園児よりも勉強してないかもしれません。

     また、日本人の大人で読書を全くしない人は50%!2人に1人が全く本を読んでいないことになります。
     さらに、月に7冊以上の本を読んでいる人は30人に1人程度しかいないそうです。

     もちろん、読書量だけで人の価値が決まるわけではありませんが、さすがにゼロというのはまずいんじゃないでしょうか?

     とりあえず、1冊の本を読むことから始めてみてはいかがでしょう?
     それに慣れてきたら、月に7冊を目指す。それだけで、30人の1人の天才になれます!
     できれば、似たようなジャンルの本ばかりを読むのではなく、食事と同じようにバランスよく読書をするのがよいと思います。