【初2000達成記念】シーズン10シングルレート使用構築解説&雑記【クチート軸?】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【初2000達成記念】シーズン10シングルレート使用構築解説&雑記【クチート軸?】

2015-06-15 22:43
    どうも、身内用に書いたものなので初めましての方は初めまして。霙(みぞれ)と申します。

    初のブロマガ執筆となりますが、今回はタイトルの通り初めてレート2000を達成したことが嬉しくて仕方なかったので私も構築の解説記事なるものを書いてみようと思います。まるでガチ勢みたいだあ……(直喩)




    因みに最高は2091で2100に一歩届かず。




    何かどこかで見覚えある面子ばかりだと思う方もいるかもしれませんので言っておきます。
    http://ch.nicovideo.jp/jarosamaaaa/blomaga/ar637190 ←こちらの方のポケモンや配分をかなり参考にさせていただいています。(勝手にURL載せてすみません。問題があれば削除します)。


    ではPTの紹介に移ります。

    ロズレイド@ヘドロ

    性格:穏やか 特性:自然回復
    実数値:161-×-94-156-158-111
    技:ギガドレイン ヘドロ爆弾 神通力 眠り粉
    臆病C252メガゲンガーのヘド爆をヘドロ込みでほぼ確定で二耐え、特化ガッサの岩封をヘドロ込みでほぼ確定で二耐え、残りCS

    嫁枠。タイトルにクチート軸ってつけておいてこの子の解説から入るスタイル。
    ゲンガーボルトスイクンガッサマリルリ水ロトムバナジャロピクシーニンフィア辺りに役割を持ちます。
    H252メガゲンも神通力で確二。道連れも眠り粉でスカします。 有効打が無いと思い込んで向こうからホイホイと来てくれることも多いです。 前はヘドロ無しでメガゲンのヘド爆を二耐えするようにしていましたがC全振りメガゲンの母数と、何より折角の草なのに特化ガッサの岩封二発で沈むことに頭を悩ませた結果、このような調整になりました。
    耐久のロズレイドはメガバナの劣化になってしまうと思って敬遠していましたが、実際に使ってみると非常に使いやすくて良いですね。すっかりお気に入りです。


    クチート@メガ石


    性格:意地っ張り 特性:威嚇(力持ち)
    実数値(メガ後):157-154-155-×-122-72
    技:じゃれつく 叩き落とす 不意打ち 炎の牙
    陽気ガブの地震耐え。D→特化サザンの文字耐え Sはミラー意識で余りA。

    一応このPTのエースです。Aにあんまり振っていなくても驚異的な火力を叩き出すのは流石ですね。 技はこの4つで確定です。アイヘが欲しいと思う場面も無いことは無いですが、どれも切れません。ナットレイが後出しで出て来たのを炎の牙で○す時が一番このポケモン使ってて楽しい時だと思います。
    Bは威嚇入ってなくてもガブの地震耐えますよ~鉢巻でも威嚇込みで耐えますよ~って感じです。この調整でマンムーにも強気にじゃれついたりできます。


    マンムー@珠


    性格:意地っ張り 特性:厚い脂肪
    実数値:185-200-101-×75-132
    技:地震 氷柱針 氷の礫 地割れ

    竜全般サンダーカバランドその他弱点突ける奴に。といっても生半可な耐久なら等倍地震でもごり押しが利くことがままあるのが凄い。 有名な話ですが、珠地震でギルガルドを確殺できる点も高評価ですね。 受けルのヤドランに対してのせめてもの抵抗として地割れを採用。
    リザX読み地震とかいう893をきめた時は楽しかった(小並感)


    バンギラス@メガ石


    性格:陽気 特性:砂起こし
    実数値(メガ後):175-216-170-×-141-134
    技:ストーンエッジ 地震 身代わり 竜の舞

    二枚目のメガ枠。二枚目のメガ枠はマンダやギャラ辺りでも回したりしていましたが、メガリザやクレセドラン、サンダー辺りが辛いということもあってこいつが一番馴染んだように思えます。相手のPTによってクチートかこいつか選ぶ感じです。クチートとバンギの仮想敵が両方いるパターンはしんどいのでやめてくださいお願いします。
    積めれば無難に強い。冷パンもかみくだくもけたぐりも欲しいんで技スペが足りなさすぎるのが困った所ですね。 思ったより記事書くのしんどくて解説が適当になりつつあるのは内緒。


    ヒートロトム@帯

    性格:控えめ 特性:浮遊
    実数値:143-×-127-169-127-124
    技:オーバーヒート 10万ボルト ボルトチェンジ めざめるパワー(氷)
    HP16n-1、Sは最速ガルド抜き、残りC

    最高に使いやすい電気枠。ボルトランドの並びにかなり刺さります。 そしてこいつもまたオバヒでギルガルドを確殺します。参考にさせていただいた記事にもありますが、めざ氷でガブが一発でとんだ場合相手が眼鏡だと勘違いしてアローなんかで起点にしようとしてくるところを電気技で仕留められるのが良い感じです。単純に小回りが利くのも魅力的ですしね。


    ブルンゲル@オボン


    性格:図太い 特性:呪われボディ
    実数値:207-×-134-106-125-80
    技:熱湯 挑発 自己再生 鬼火

    バシャガル殺すマン。それらが見えたら投げます。 使い始めた頃はそもそも相手がバシャやガルーラを出してこなくて選出誘導力に惚れましたが、後々普通に選出されるようになってきて結局こっちも出さなきゃいけないんだなあって感じでした。
    挑発はまもみがを封じつつタイプでギロチンを通さないのでグライオンをかなり縛ることができます。
    使う前は物理受けとしては数値が絶望的に足りなくてこれまた敬遠気味でしたが、やはりバシャとガルーラに対しては誰よりも強いですね。オボンも良い具合に確定数ずらしてくれますし、もうちょっと積極的に使ってあげたいと思いました。

    余談ですが、身代わり持ちのガルーラがとにかく面倒くさい。負けることはそうそうありませんが、熱湯一発で身代わりが壊れないこともあって非常に面倒です。そういった時に呪われボディの判定が二回入るので雪崩による怯みゲーで突破されにくいのもこいつの強みですね。


    PTの紹介は以上になります。このPTの辛い所は、ゲッコウガが上手くクチートを合わせるor特殊水が無いことを祈って(PGLのデータではドロポン波乗り熱湯がそれぞれ15%無いくらい)ヒートムで殴るくらいでしか対処できないほど重い点、受けループに対する明確なメタが無いため非常に辛い点等があります。どちらも切っていい相手では無いと思うのでまた考えておかないといけませんね。


    記事の方も以上になります。初めてのブロマガや構築記事ということもあって稚拙な文章・解説だったと思いますが、この記事を読んでいただけた方はありがとうございます。何か質問やご指摘等がある方はコメントにどうぞ。

    ではでは今回はこの辺りで。
    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。