• 多肉植物サボテン等とオロリウキとオークション

    2017-04-14 11:23

    最近オークションを活用することにした。
    というのは以前はヤフーショッピングでいろいろ種子を買っていたのだが、種子はある程度の種類はあるが植物の苗の品種が少ないし。売っているのは一般受けしそうなものが主なので、自分が欲しいユーフォルビアやサボテンが見当たらなかったのが理由だ。

    結果から言えばオークションを活用してよかった。

    「えぇえあの品種がこの値段で!?」「・・・いや待てよ近縁種とか類似品じゃないよな。」


    といった感じで、普通にオークションを見て回るだけでも楽しい。

    まぁいろいろ買ったんだけどね(*_*;




    鹿児島県から東北に届きました。竜神木Euphorbia Ingensです。
    当初このingensは見えている部分で22㎝ですと書かれていたので、22㎝かー。それでもいいかなぁと思って購入しました。そして届いたのが40㎝程度のインゲンスでした。

    うっそだろお前~。・・・でっか!?


    まぁ比較対象がないからわかりづらいですがかなりでかいです。
    隣の竜神木も40㎝程度の株で、直径6㎝くらいあります。
    2つ、送料込みで3600円でした。ありがてぇ(´;ω;`)



    ピンぼけしていますが、こちらがEuphorbia caput-medusae天荒竜と呼ばれる。多肉植物です。こちらは↑2つと同じくらいの値段で落札しました。
    カプトメデューサを育ててみたかっただけに落札できてよかった・・・。とか思っていると、連絡が来て「送料無料でいいですよ~(^^)/」と来た。

    ありがてぇ(´;ω;`)

    そして料金を支払い、商品が到着すると。抜き苗の覆いが2つ分あり。

    「ん?スペーサーにしては変だゾ。」

    なんともう一つ抜き苗のカプトメデューサが入っていました。

    「ファ!?」


    ありがてぇ(´;ω;`)

    1つ買うともう一つついてくる。商売上手かなぁ!?( ;∀;)

    いやほんとありがとうございます。


    植え替えをしたオロリウキ。葉っぱが伸びてきてます。
    よかったよかった・・・。でも今日見たら霜でやられたのかしわしわになってたんだよね…(´;ω;`)。
    無事に治るといいなぁ。。。、


    ハワイアンベイビーウッドローズです。
    こいつは霜にやられてなかった。
    順調です。



    オロリウキの種子もう一回買おうかなぁ・・・。(´・ω・`)



  • 広告
  • 庭の散歩①20170412

    2017-04-14 10:52
    家の庭を散策することにした。
    撮ってきた写真を上げる。

    玄関先に貰ってきたパンジー。
    100円以下12Lの土を使用した。元気。



    すぐ近くにはスイセン。外にあると葉や茎が頑丈。



    こちらは白い品種。綺麗。



    椿、こちらは大きなおしべとかがない品種で、気温が高くなると花も茶色くなる。
    しかし、満開になると綺麗。



    咲いた椿。



    寒い冬を越えたタラの芽。収穫まで1週間ぐらいかな。
  • 多肉植物・サボテンの土の配合①

    2017-04-11 22:14
    私の土の配合と考え方を記載する。
    多肉植物の土を作る際には、その植物の特徴と、育成する環境を考えなければならない。
    ポットなどの容器の情報も重要である。またその土地その土地の気候も考慮する。

    室内で育成する場合はカビや細菌に侵されないようにするため排水をよくすること。
    屋外の場合、風で葉が飛ばされたり、茎が折れたりしないように覆いや補強も必要な場合がある。

    多肥や多水、細菌に強い品種。サボテンでいうとSeleniereus grandiflorusセレニセレウス・グランディフロスなどの、大輪の花を咲かせる紐サボテンや大型ウチワサボテン、ノパルなどの身がなるウチワサボテン、ドラゴンフルーツなどの平たい茎を持つサボテン。などが挙げられると思う。
    短毛丸も入る。

    これらのサボテンは、肥料を毎年要求する。植え替えるか追肥が必要なもので土の構成も、排水性や清潔性よりも、どれだけ保肥力や肥料の緩効性を持つかになってくる。
    なので、バーク堆肥などの有機肥料を多めに入れる。

    バーク堆肥3割。市販の観葉植物の土3割。赤玉土。鹿沼土を3割。

    残りはパーライトや、川砂、バーミキュライトを入れ。マグアンプK、砕いた貝の殻を作った土の量に応じて混ぜる。

    市販のサボテン用土にバーク堆肥やマグアンプKを混ぜても良いしマグアンプは土の上に置くだけでも良い。またマグアンプにこだわらず普通の丸い園芸用の肥料でもよい・

    園芸用の土に、サボテン用の土を3割程度でも大丈夫である。

    なお肥料を多く与えて日光にもよく当てると急激に大きくなるため、裂果・・・ではないな。サボテンがぱっくり割れたりする。特に短毛丸。

    昔の話であるが、当時小学生の私は、友人からもらった短毛丸にトマトの苗木用の土に植えて栽培した。その土は団粒状で籾の燻炭が入っている土で40L800円?程度の土に、間に園芸用の肥料、丸くて白い石見たいなものを入れて栽培した。

    場所がハウス内ということもあって夏が終わるころには直径3cmから12cmぐらいの玉になった。んで割れが入ってしまった。



    ①完