• 植物の日焼けについて。サボテン栽培者には有益な情報。

    2017-06-25 10:41

    今日ふと思った。
    そういえば紫外線ライトをサボテンに30分~1時間で水ぶくれの症状が出て1~2週間で茶色く枯れた膜を張ってしまった。
    茶色い表皮、膜はサボテンによくみられる症状である。特に根に近い部分は膜に覆われている場合がほとんどで茶色い膜が割れて、根っこが飛び出してくることがよくある。
    それで、わたしが思ったことは、紫外線のみをカットした光では日焼けを起こさないのだろうか?ということだった。
    もしこの予想が当たっていれば、日焼けを起こしやすいサボテン、錦や兜、牡丹などの植物の成長を速めることが出来ると考えたからだ。
    どういう理屈かというと、強光線によって日焼けなどを起こし美観を損ねるサボテンは、遮光をする。しかし遮光をした場合、当然成長が抑えられる。また徒長を抑えるために水を与えない場合もあるので、成長が遅れてしまう。
    しかし光線のうち「被害を与える光線」あるいは「有害な光の波長」を選別して遮断した場合、成長を速めることができるのではないか?と考えた。
    で、調べてみることにしたすると。かなりトップのページにその結果に関する記事があった。明確な根拠ではないが、一見に値する記事である。

    https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=1733
    一般社団法人日本植物生理学会のみんなのひろば、Q&Aである。
    質問の内容は

    植物の生長に紫外線や赤外線は有益か有害か、必要か不必要か。

    登録番号1733 登録日:2008-08-07

    ずいぶん直球な質問であるが、この内容をかいつまんで書くと、紫外線は可視光域に近い方から、UV-A(315〜400nm)・UV-B(290〜315nm)・UV-C(波長280nm未満)と分類されていて。UV-Aは有益と言えるがUV-Cは有害である。UV-Bについては良く分かっていない。とのことだった。
    植物栽培用ライトや、青色LEDについて調べたひとはわかると思うが、青い光からUV-Aは徒長を抑えるのに役に立つ。この光のおかげで、植物の屋内栽培の環境が劇的に変化したのだ。
    赤色の光だけで植物を栽培した場合徒長してしまい、見た目が悪くなるし、葉物野菜しか成功していなかった。しかし、青色LEDの登場によって、実物野菜、果実を食べる野菜が生産可能になり葉物野菜はしっかりと詰まった見た目も良い野菜になったのだ。

    それで、太陽光線から紫外線のみをカットした場合の話になるが、普通の(LEDの)青色の光で、実はUV-Aの代わりになる。とのことだった。

    つまり、UVをカットしても十分植物は育つ。
    UVカットを謳う商品は沢山あって、もしかしたら、青い光も反射、吸収してしまう材質のものもあるかもしれないので、それだけを注意すれば、錦や兜、牡丹等の観賞価値が高く、また、生産難易度が高い個体を、可能な限り早く育てられるのではないかと思う。。。



     追記:植物に無益とされる紫外線の部分でも、過去に私が記述した殺菌効果に関することで、ひょっとしたら間接的に植物に有益と言えるかもしれない。間接的と言うのは、例えば殺菌剤などで殺菌しなければならない菌が空気中にも土壌にも要るわけだが、植物が日焼けを起こさない程度に照射することによって、細菌やウイルス、微細な生物を殺傷し、比較的清潔な環境を作り出すことが可能である。
    むしろ室内での野菜工場で生産の失敗が続く背景には紫外線の不足により雑菌が蔓延したからかもしれない。






  • 広告
  • ダミアナ。Turnera diffusa栽培記録。①実生について

    2017-06-22 22:59

    4月6日の記事の引っ越しとその後の植物。で
    少し書きましたがダミアナは、現在かなり元気です。
    先の記事で書きましたが、乾燥に強く、さらに日光にも強いです。
    これから栽培する方に色々栽培についての情報を記します。

    ダミアナの種子は、発芽するためには時間が必要です。2週間ぐらいかかります。
    清潔な芽だし用の培養土を使用します。自分は確か、100円ショップで購入したピートモスを1割ぐらい混ぜ込んだ土を使用しました。
    理由は酸性に傾けるためです。中性よりも少し酸性に傾けた方が育つ土壌であると、種子を購入したストアで書いてあったからです。
    容器はジップロックの一番小さいタッパーを使用しましたが、100円ショップのおかず入れで十分だと思います。
    ラップでくるんでわずかに穴を空けて、栽培用ライトをつけたまま2週間自宅を離れて帰ってきたところ発芽がそろっていました。
    植物用ライトですが16Wの蛍光灯ライトに使用できるタイプのもので光量は少ないものです。色は、普通のLEDライトの真ん中に赤いLEDが1つだけついているもので、そこまで光量はありません。
    なので、外で実生(発芽)する場合、遮光シートなどを使用して光量を絞った方がよさそうです。また、冬の時期に私は実生を行ったので、菌が少なかったのが幸いしたのかもしれません。
    実生の環境は常に湿っている程度の湿度で、温度は20度あればできると思います。
    高温の環境ではわかりません。

    ダミアナは小灌木という説明がありましたが小灌木と言うのは、背の低い木でいわゆる茂み、とか雑木林に生えている高さ1m程度のわしゃわしゃした木をイメージしていただければわかると思います。
    そういった茂みは、有機物に富んでいるので必然酸性に傾いています。
    また暗くじめじめしているので日光が少なくても大丈夫だと思います。ちなみにこのイメージで日光の下で栽培させるのは乗り気ではありませんでした。実験的に1鉢ハウスの中に出したところ結果が良好だったので日光にさらしています。
     ■追記、自分のこの認識は間違っていて。どうやら乾燥地帯の方が良いらしいで す。砂漠みたいなところに生えてました。現地の映像では。
     今まで多水に耐えれたのは運が良かっただけか、一緒にサボテンを育てているの でそのおかげかもしれません。少し萎れてきたら水を遣るのが正解かもしれま  せんね。おかげでなぜ直射日光に耐えれるのかわかりました。

    成長は、遅いです。トマトと比べればわかりやすいです。まぁ苗がトマトに少し似ているので例に出します。
    トマトが芽が出て1月程度育てると、高さが15cmから20cmくらいになり植え替えできるくらいの大きさになりますが、ダミアナはひと月で2cm程度です。3月中旬に植え、6月現在は5cm程度で成長が極めて遅いです。栄養を与えればもっと早く育つ可能性は十分にありますが、確実性を優先しているのでゆっくり育てている次第です。
    最後に写真を載せます。



  • バラの栽培記録②5月~6月。

    2017-06-20 16:03

    葉っぱが取れて、高温・・・。
    ハウス内の栽培であるし風通しが悪い・・・。

    まぁ悪条件なのはわかっていますが、なんとなく外に置いておきたくない。

    そして、海外。ケニアなんかでは高地でビニールハウス栽培しているらしいので、ひょっとしたら、数鉢程度ならハウス内でも行けるんじゃないかと思った次第です。もちろんバラ専門のハウスで炭酸ガス発生装置とか、送風機とか天窓とかついているんだろうなぁと思います。


    5月28日
    うーむ葉っぱが少ない・・・。。。ん?なんかにょきっと伸びてないか?
    トマトの脇芽みたいな。枯れなきゃいいなぁと思ってました。





    6月20日現在・・・。
    中間が飛びましたが、無事に脇芽が伸び元気になりました(´;ω;`)
    ん・・・?

    おお!?


    おおー
    新しくつぼみが出来ていました。数えたら3つ程度ありました。

    今後の展開としては蕾を2つ摘む予定です。
    ハウス内にバラを置いています。表面の土の温度は現在は45℃くらいまで上がっております。
    サボテンは絶賛元気よく伸びています。その環境と一緒に育つバラってすごいですよね。

    他の方のバラのブログをみると、我が家のバラよりも、大きな葉っぱを伸ばしている方が多く見受けられます。我が家のバラは、どうも日光に当てすぎているのか、葉っぱが短くて照っているような葉っぱです。また若干くるんとお椀型に丸まっております。・・・普通は逆なんですよね。皿を逆さに置いたような葉っぱの形が、普通のようです。
    肥料は結構入れたと思うので、肥料が多いせいなのかな?と思っています。

    で心配ごとが1つ。最近蕾が枯れてきていて。虫に食われたか、病気になったのか。観察中です。