自分が管理してる暴走P+コミュやらニコ生(動画紹介系)のお話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

自分が管理してる暴走P+コミュやらニコ生(動画紹介系)のお話

2013-11-29 01:16
    今日の一曲再開の前に一つ

    いかんせん文書力ないので乱文です。
    まあ、管理人になったきっかけとか生の履歴とかその辺の話。

    事の発端は旧暴走Pコミュの消失が確定的になった時。
     コミュニティはプレミアム会員でないと作成できませんが、最初は一般に戻っても消えることはなくそのまま残っていました。ただ、一般に戻ったコミュ主のほとんどがコミュを管理することなく放置し荒れ放題になっていたらしく、ニコ運営はその対処として一般アカがオーナーのコミュを30日の猶予後に削除を決定。
     要はこれに巻き込まれたわけです。
     救済措置として、コミュオーナー移譲の実装がありましたが、旧コミュオーナーはすでに興味を失っていたらしく、掲示板で呼びかけたり連絡用として公開されていたメアドにメールしてみましたが梨の礫。旧オーナーがプレミアムに戻ることもなく、移譲する気配もなくリミットに近づいていきます。
     このままではせっかく集まった暴走Pファンがまたバラバラになってしまうと思い、とっさに退避所を作成、それとともに消失する旨及び退避所を広く周知するための方法を画作。
     で、とった方法がこれ↓

    まぁ、いきなり6時間予約とか、ひたすら主セレ流すとかぶっ飛んだ放送してますが、当時はよくわかってなかったんですな。もちろん、メインとなる待避所とは別に練習用のコミュを立てある程度はツールの使い方とか練習しましたし、予約枠も当時は枠取るのも大変で(割り込みや順番待ちという制度がなかった)、告知した時間に始めることができそうになかったということもありますが。
     この時参考にしたのが初音ミクのライブで、ツールの選定や生放送の行い方を大百科や実際の放送を見て覚えました。
    文字通りこのコミュでの放送は最初で最後となり
     生放送後も旧コミュオーナーからは特に反応はなく、結局コミュが消えBBSでの議論の上コミュ名を”cosMo@暴走P+”と変更します。


    さて、名前も変わって心機一転、暴走Pと言う大物Pの名前を背負ってる以上コミュを大きくしたい、少なくとも旧コミュの1600人は超えたいと思い、色々思案した結果やってみたのが第一回リクスペです。

    この頃はコミュ人数も少なかったせいで、3時間放送140人来場とカワイイものです。
    この記事を書くのにコメントを読み返していたら、インド人の誕生が流れていたのには笑ってしまいました。(この頃はまだ定番にはなってないはず)

    そうこうしているうちに、cosMoさんも合流し数回のテスト放送の後生放送を開始、1000人超えたところで記念放送、その後週刊化します。
    そこでわたしは1000人超毎することにして回数を重ねていきます。
    で最大の視聴者数を記録した枠がこちら↓

    この頃になると再生された動画のPV数の変化からリアルタイムに見てる人の数(長いので以下RTLと訳す)が推定できることを知り、ちょくちょく確認するようになります。この時は確か開始時約400人終了時90人前後。平均して300人弱くらいですか。
    この後は1300人~2000人くらいで推移していきますが大体6時間枠で10分の1くらいがRTL数の平均値と思っていました。

    最近までは。

    というのも、どうにもこの割合が崩れてきているようなのです。このへんの考察もしてみましたが、長くなりそうなのでミクライブデビューとともに次回書きます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。