下町ボブスレー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

下町ボブスレー

2013-02-21 03:19

    ハロー工場です。

    この間、朝テレビをつけていて胸が熱くなった事のお話

    みなさま、ボブスレーって知ってます?
    氷のコースをロケットみたいなソリで超スピードで滑走するあれです。
    僕世代の男の子はマリオパーティのミニゲームで幾度と無くやったであろうあれです。
    「氷上のF1」なんてカッコいい呼ばれもあるらしいあれです。

    そうです、あれです。




    そんなボブスレー、オリンピックの競技種目でもあるのです。
    速く滑るためには当然いいソリが必要な訳で、摩擦を減らしたり、軽量化したり、強度をだしたりと。
    だから各国誰でも知ってる企業がソリの製作に携わっているらしいんです。
    イタリアならフェラーリ
    ドイツはBMW
    アメリカさんにいたってはNASA!

    じゃあ我が国日本はというと?本田?TOYOTA?YAMAHA?

    残念な事に日本は大手自動車やバイクメーカーでもなく、はたまたJAXAなんかでもなく、外国チームのお古のソリを改良して使っていたらしいんです。

    確かにマイナースポーツだし、そこで結果が出たとしても大したアピールにはならないかもしれない。
    でも、他の先進国が先述の通りの中、お古だなんて。。

    そう思った(であろうと思う)日本人が立ち上がった!

    下町ボブスレーネットワークプロジェクトって言う、東京は大田区にある数々の中小企業が立ち上がり、その想いに賛同した レース向けのボディパーツを作る会社、なんかよくわからんけど解析ツールをつくる会社、東京大学なんかも参加しているらしいプロジェクトが立ち上がったらしいのです。

    「下町ボブスレー」、、ダセぇ響き

    しかし、そんなダサいネーミングさえクールに聞こえてしまうほどカッコいいんだ。

    このプロジェクト、目指せ次のオリンピック優勝を掲げて結成されたんだけど、立ち上がった町工場のオッサン達には日本のチームを応援したい想いとは別に、日本の中小企業は出来るって事を証明したい!次世代の若者達にモノづくりはおもしろい!って事を伝えたいって想いがあって動いたらしいんだ。

    でもこのプロジェクト、立ち上がったはいいが予算はない
    設計してくれたり、解析してくれたり、ボディを作ってくれる人達がいても、予算はない!

    結果ね、おっさん達は無償でソリ作っちゃったわけ。
    しかも、時期オリンピックを目指すには2週間程で試作機をつくらねばって事で10日そこそこで

    もうね、この記事ね、ここまでの文を書いて保留してたんだけど、今続きやろうと思ったらめんどくさくなったからまとめると
    その後、なんやかんやあって、テスト走行で昨年の日本レコード?のタイムを下町ボブスレーの作ったソリで走って上回ったりしちゃったりしたらしいんです。

    やるじゃん!

    この記事は、ボブスレーのこともまだまだあったし、カッコイイって思ったり、こういう男になっていきたいとか、仕事への意識とか、太郎ちゃん(友人)と僕の思うロックとは!みたいな事も書こうと思ってたんだけど、それを書くとなるとまた放置しちゃいそうだからまたにしますです。

    とにかくね、情熱をもつ人はかっこいいと思うってお話でした。

    ただの話をピックアップしただけになっちった。

    じゃ、読んでくれた方ありがとう!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。