昔インフルエンザに罹ったときの話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昔インフルエンザに罹ったときの話

2017-01-06 22:02
    どうもこんばんは。最近インフルエンザが流行っていて恐いですね。
    地元でもインフルエンザに罹る人が現れ始め、
    先日から私も頭痛や身体のだるさを感じているのでそろそろ危ないかもしれません。
    万が一高熱が出た時の準備はある程度済ませてはいますが……。
    皆さんも風邪やインフルエンザにはご注意ください。



    今までの人生でインフルエンザに感染した事は何度かあるのですが、
    その中でも特に死ぬかと思ったのが一人暮らしをしていた学生時代。
    ニコニコ動画でバイオUCの動画を投稿してた頃ですね。
    見返してみるとこの辺り。今から7年ちょっと前か。



    あの時も今と同じく最初は軽い頭痛から始まり、次第に体が重くなっていく……
    という流れで体調がどんどん悪化していったのを憶えています。
    学生仲間は試験前やら何やらで超忙しい時期でしたし、
    家族は遠く離れた他県に住んでいるので頼れる人が誰もいない状態でした。

    取り敢えず少しでも体が動くうちにできるだけの準備を使用と思い、
    近場のコンビニでスポーツドリンクやレトルトのお粥などを買い込みましたが
    それ以上はもう動く気力も無くなり病院に行くのも断念。
    2日ほど高熱にうなされ続けつつも食事は取るようにし、
    これで少しはマシになったかな……と思ったら更に熱が上昇したりと、状況は最悪です。

    藁にもすがる思いで実家の父親に相談したところ、
    近くの診てもらえそうな病院とタクシーの電話番号を調べた上にメールで送ってくれたので、
    フラフラしながらもタクシーを呼んでから財布と携帯だけ持って病院に向かいました。
    今思えば自力で救急車を呼んだ方が早かったかもしれませんけれども。
    ともあれ、そこで初めてインフルエンザ患者の中でも特に重体である事が判明し、
    すぐさま近くの大きな病院に搬送されて入院する事となりました。
    体温が40度を超えてたの、あの時が人生で初めてだったと思います。
    自分でもまさかインフルエンザで入院にまで至るとは思わなかった……。



    その次に再びインフルエンザに罹ったのはその3~4年後でしたが、
    今度は実家暮らしで家族の助けもあったので精神的にはかなり楽でした。
    家族(親)にはだいぶ手間をかけさせてしまいましたが……。
    それを最後に今日までインフルエンザには感染していません。
    今私を苦しめてる頭痛やだるさがインフルエンザの初期症状でなければ、の話ですけれども。

    一人暮らしの時にインフルエンザを罹患した身からすると、
    誰かに看病してもらえるのは申し訳ないとは思いつつも物凄く安心します。
    なので身近な人が病気で動けない時はできるだけ助けてあげて下さい……。
    病気を治すにはまず気持ちを落ち着かせる事が一番です。ホントに。


    いま一つ文章を纏められてない気もしますが今回はここまで。
    それではまた。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。