元バイク屋の俺が全力で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の魔改造バイクを特定しようと試みた結果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元バイク屋の俺が全力で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の魔改造バイクを特定しようと試みた結果

2015-08-05 02:55
  • 22
  • 14
*8/5 一部追記と誤植を訂正しました。

どうも、おこめです。

嫁がとても気に入っている映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ですが、僕も一緒に劇場で2回観ました。サイコーです。

(10月追記:4DXでも観たので3回観ました。DVDも買いました(笑))

というわけで。
僕は以前某大手オートバイ小売チェーンで働いていたこともあり少々バイクにはうるさい(つもり)なのですが、劇中で出てくるバイクたちがとてもカッコよくて気になっていました。
そんな今日、嫁が見つけてきた映画系の他の記事にマッドマックスの劇中の魔改造バイクをずらりと紹介しているものがあったので、いてもたってもいられず

特定することにしました。

見当違いなハズレもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

(引用記事はこちらです。)
→【映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のマックスにマッド改造された凄いバイクいろいろ】



それではどうぞ。





1.



ロングスイングアームにブロックタイヤ、肋骨っぽい装飾でかなりハードに改造されているこちら。特徴的なフレームとクラッチ形状、センターアップマフラー、スイングアームの基部からしてこれは・・・

YAMAHA YZF-R1 2004~(4代目)


ヤマハのスーパースポーツの代名詞であるR1です。延長スイングアームの形状が違うので悩んだのですがどうも別の車種のものを切り貼りして使っているのかも…フロントフォークもかなり延長されているのですが、どうやって改造してるのか想像もつきません(笑)まさかR1も魔改造されて世紀末の砂漠を走らされるとは思ってもなかっただろうよ…


=====================================

2.(ここから先6台分)


布でカバーされていますがこれは割と原型が残っていますね。特徴的なマフラーとブレーキディスクがノーマルなのですぐに判明しました

8.



サンダースティックのせいで画像が小さい!!(憤慨)
モコモコしたカバーと純正じゃないマフラー遮熱板のせいで見返すまでこれも同じバイクだと気づきませんでしたがこれもその他の形状からみて同じバイク。こちらはサンダースティックを装備していることから、ウォーボーイズ仕様のようです。

10.


なぜこんなマフラー(っぽい鉄のカタマリ)をつけようと思った…?シリンダー横の遮熱板が外されているので一瞬わかりませんでしたが、よく見ればリヤブレーキペダルの前のサイドカバーにうっすら書いてありますね。YAMAHAって。(笑)


12.


どこからもぎとってきたのかわからないラッパ状のマフラー、どうみても上に乗せただけの燃料タンクが特徴的な一台。よくみると倒立フロントフォークにもなにかぐるぐる巻いてありますね。

14.


おいシートレールどこいった(笑)
とおもったら自転車みたいなサドルがついてるので一応椅子としては機能するんですね。椅子の下の筒はエアクリーナーなのかな…それとこの車種なぜかホイールがキャストでタイヤもこれだけロード用。あと倒立フォークの前に何故かもう一本正立フォークが。機能してるのか???よくみたらタンクの場所にガスボンベが…

15.


一番意味が分からない装飾が施されているというか、関係ないガラクタがいっぱいくっついていると思われる一台。

この6台はすべて同じベース車両です。

YAMAHA YZ450F



パンフレットによれば2009年型だそうです。
海外でもおおいに流行ったヤマハの傑作4ストロークモトクロッサー。軽くてパワフルでモトクロスからフリースタイル、モタードなどでも活躍する逸品です。

=======================================

3.



イワオニ族の愛車の一台に交じっていたコイツ。
形を見ただけでバイク業界人には一発でわかります。トライアルバイクでも特にシンプルで特徴的な形状をしているコイツはズバリ

GASGAS トライアル300


すいません正式名称がよくわからなくて映画パンフレットからそのまま書きました(ネタばらし)
リヤホイールの形状が違うので正式には画像のものではなくもうちょっと古いモデルだと思われますが画像がみつかりませんのでご容赦を。
スペイン製トライアルバイクで初期のものはかなりシンプルかつ強靭に出来ていたモデルですが近年の車種は一般的なBetaとかHondaと大差ないのかな…?


========================================

4.


ロードバイクにオフロード用のアップライトのハンドルをグリップガード付でつけるのはこの世界で流行っているんだろうか??やはりロングスイングアームで荷物満載仕様。これらは鉄馬の女達のバイクなので「女性らしい装飾、布、羽根(日よけともいう)」がコンセプトらしいですよ。

追記:終盤マックスとフュリオサ達が一度別れようとするシーンで、皆がマックスのために一台融通したものがどうやらこちらのようです。ということはポスター等でマックスがまたがっているのもこれではないかと推測されます。

7.


でっかい羽根(日よけ)付き仕様。こっちは後輪のみオフロードタイヤではなくやはり砂漠仕様のパドルタイヤ。細かい仕様は同じみたい


9.



3台目はサンダースティックがついているのでおそらくウォーボーイズ仕様。謎のフェンダーや鉄の装飾が男らしさを際立てます…あとこいつだけフロントディスクの左側が外されていてありません。ウォーボーイズ仕様らしく2人乗り可能なステップと背もたれがついてますね。おそらくこれにつかまってサンダースティックを投げるのでしょう。


特徴的なラムエアダクト?入りのフレーム形状からしておそらくこの3台は同じ車種。
4気筒マルチの大型ロードバイクなのは解るのですがこいつは特定に苦労しました。というか諦めてだれかわかったら教えてくださいと書いてから写真を漁りなおしてようやくそれっぽいものを見つけました。この3台カバーされすぎててわかりにくいよ…しかも3台とも微妙に違う改造されていて共通点がフレームとタンクの形状とフロントブレーキしかありません。
こいつらは恐らく…

YAMAHA YZF-R1 2009~


最初に紹介したほうのR1は2004年型でかなり細かいところが違っていたのでこれらがもう少し新しいモデルだと思い至るに時間がかかってしまいましたが、こちらで間違いないと思います。


=====================================

5.



鉄馬の女たちのバイクで唯一ソリを引いていたのが特徴的な一台。
長い正立チューブフロントフォークにシングルエンジン?ステアリング三又の高さから言えば大型トレールときて左下から出ているマフラー(出先は改造されている)がヒント。
このバイクは恐らく…

YAMAHA XT660テネレ


こちらです。
というかここまでほぼヤマハだな!?
魔改造バイクのほうは荷物満載のさらに後ろまで延ばされた超絶ロングスイングアームにヒルクライムやサンドで使うパドルタイヤときたらもう興奮せずにはいられない(言い過ぎ)
「引いてるソリのメーカーは?」と嫁に聞かれましたが
知るか!!!

====================-===================


6.




特徴的なエンジンすぎて一発で特定できます。
ですがこのバイク、撮影に持ち込まれる前から魔改造されていたのか、なぜかアメリカンチョッパースタイルのティアドロップタンクになっていたりフロントのブレーキ周りがちがっていたりとかなり変更が加えられています。

追記:このバイクは劇中でフュリオサも乗っていた鉄馬の女たちのバイクだそうです。


13.


こちらはかなりノーマルに近いですね。布がかけられたタンクやオプション設定のビキニカウルも純正のままに見えますし、マフラーも純正のようです。リヤシートの後部だけかなり延長されていて荷物が満載になっていますが、実はこれが撮影の時一番乗りやすかったんじゃないかな…

そしてこれらは一目瞭然

BMW R100 70年代モデル





ドイツが産んだツーリングバイクの名機。今のバイクとは似ても似つかない独特なスタイルですが日本でも人気がありました。マンガ「キリン」でも主人公の通称"キリン"がGSX1100Sカタナに乗り換える前はこれのフルカウル版「R100RS」に乗ってましたね…

=======================-================

11.


鉄馬の女達のバイクでも一番大きいのがこちら。
羽根飾りと巨大な後部座席が特徴的。これはバイク好きならすぐわかりますが…

HONDA GL1200


これです。
ホンダのゴールドウィングシリーズのなかでもかなり古めで、日本でも大ヒットした大型クルーザー「GL1500」系の前身となる車種です。日本にはほとんどありません。


========================================

と、いうわけで可能な限り近づけようと特定してみました。
この他にもいろいろなバイクが登場していたようなのですが、今回みつけた写真のバイクたちはこのような車種だったようです。てかオートバイ市場における日本車の人気の高さは相変わらずだなぁ、と感じます。

今後もこのような面白そうな記事をみつけたら、

おじさんがんばって特定厨しちゃうぞ。



広告
他12件のコメントを表示
×
>>12
評価する
11ヶ月前
×
MADMAX1はカワサキばっかりだったけど、今回はヤマハばっかりか。
11ヶ月前
×
どうせKAWASAKIだろうと思ったらそうでもなかった
世の中は厳しい
11ヶ月前
×
バイク詳しくない自分からすると、「よう調べたな~・・・」って尊敬とも呆れともつかない感覚がw
11ヶ月前
×
なんかこう世紀末のモヒカン共も好きそうなデザインですな
11ヶ月前
×
なんでわかるのお前らきもい(畏敬)
11ヶ月前
×
エンドロールにヤマハがあったからまさかとは思ってたけど、やっぱりそうなのか
11ヶ月前
×
これさえあればいつでもヒャッハー!できるな
11ヶ月前
×
バイクへの興味が深まりました!
11ヶ月前
×
ヤマハが正式に協力してるとなると、企画段階で「御社のバイク、こんな感じにしたいんスけどいいすか?」っていう打診もしたんだろうか。。
11ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。