• ゲーム音楽を演奏するためのコミュニティを開設します!

    2017-02-20 01:07

    まだ構想中の段階ですが、これからいろいろと企画していけたらなあと考えています。
    詳しくは下記URLで!

    http://com.nicovideo.jp/community/co3573200

  • 広告
  • お気に入りのゲーム音楽2『Raffon Meadow』(PHANTASY STAR UNIVERSE)

    2017-01-07 15:34





    おはこんばんにちは。
    ハンバーガーを食べるときは必ずピクルスを抜く派のしょごです。
    前回の『バトルテーマⅣ』紹介記事が以外にも100アクセス超えたので(10いかないと思ってました)、調子に乗って第二回を書くことにしました

    今回書く曲についてですが、うp主はこのゲームについて何も知りません。
    どんなシーンでどのように使われているのかも一切分かりません。

    ゲーム音楽サーフィンをしている時に偶然この曲に出会い、一目(耳)惚れしてしまったんです。もちろん思い出補正はゼロです。
    今回の記事を書くにあたり、あえてゲーム内容について下調べを殆どせず、ゲームBGMとしてではなく純粋な音楽として自分が聴いて感じたことなどを交えて紹介していければなぁと思います。







    んなワケで、今回はこの曲!








    ◆概要◆

    曲名:Raffon Meadow
    ゲーム名:PHANTASY STAR UNIVERSE(ファンタシースターユニバース

    発売元:セガ
    ハード:PS2/Windows PC/Xbox360
    作曲者:小林秀聡



    小林秀聡さん作曲、『Raffon Meadow』です。




    この曲が収録されているゲームは2006年、『PSO』の続編ということで共通の世界観を持ちながらも、中身は完全新作として発売されました。
    …ってWikipedia先生が言ってました。すいません。
    ちなみにPSOも未プレイです。
    この時期はパワポケ7とポケダンばっかりやってました。特にポケダンはBGMも素晴らしいので気になる方は是非調べてみてください。けっせん!レックウザがおススメです。






    脱線しました。。
    さて、ぱっと聴いた感想・・・




    むちゃくちゃカッコいい!!




    冒頭から打ち込み+オーケストラ風の大迫力なサウンド。
    序奏、、、ベース音はずっとレの音を基調として動いているのですが、その上ではけたたましく吠えるホルンとうねりのあるストリングスが和声形態を変えながら静かに曲のテンションを盛り上げていきます。
    前奏の終わりには、この曲のキーとなる「増和音(augment)」が使用され、次の展開へと繋がっていきます。


    増和音を簡単に説明すると、「ド・ミ・ソ」の三和音のドから数えて5番目の音「ソ」が
    半音上がった状態」の和音のことです。
    つまり「ド・ミ・ソ」。
    まるでおとぎ話の世界に誘われるかのような不思議な響きがします。


    また、響きとしてはものすごく不安定なのですが、その分次の音に変わりその不安定な響きから解放されたときの快感たるや。

    つまり、この音は次の展開に進むための強いエネルギー(この先どんな展開が待ち受けているか?と聴き手をワクワクさせる力)を持っているんです。

    とりあえず、ここで出てきた「増和音」さんのことを覚えておいてください。
    この後とんでもない形で再登場します。







    さて、次に行きましょう。




    前奏が終わり、ここからサビまでは、「俺がメロディだ!」というような強い主張を持ったメロディが一切出てきません。


    「へーんだ、オイラは質の良いカラオケ音源を聴きにきてるんじゃないでやんす!
    良さげな曲とは思ったけど、ただのk


    コード進行が変態でした。




    マイナーセブンスのコードが全音間隔で下行していって…などの説明は省きます。
    この部分は何も考えず、音と音との繋がりをよく感じて聴いてみてください。
    なんてクールオサレなこと!

    そして楽器たちは決して無駄な動きをしているわけではなかったようです。
    別々の動きから徐々に一体感のある動きになっていくホルンとストリングスとか、合いの手に入るトランペットなどがテンションの最高潮に向けてどんどん曲を盛り上がらせていきます。





    そしていよいよサビに突入…!



    なに、何が起こったの・・?!
    サビに入った瞬間、衝撃的かつ刺激的な響きが耳に直撃します。



    そうです。
    サビの頭から、先ほど出てきた増和音がいきなり鳴り響くんです。
    あまりにも唐突で、初めて聴いた時には僕もビックリしました。
    (ベース音がドなので、おそらくここの響きは「ファ#・ラ#・ド#」の5番目の「ド#」が下方変位したかたちの増和音だと思います。。自信ないけど)
     



    ここは何度も聴いているうちにどんどん病みつきになるポイントです!



    さらに転調を繰り返し、突き抜けるようなストリングスのメロディで一気にサビ終わりまで駆け抜けます。








    いかがでしたか?
    この先もしばらく曲が続くんですが、うp主の貧弱な文章力のせいでこれ以上書く気力と体力がなく、キリのいいサビ終わりまで書いて終わらせていただきます。
    むろん、全体を通してトリッキーかつ壮大な雰囲気は保たれたままなので、少しでも気になった!という方は是非聴いてみてくださいね。
    というか、読みながら聴くと楽しいかも。最初に言うべきでした。ぶぇ。




    というわけで、今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました。
    感想や意見等ありましたら、遠慮なくコメントやリプライしてくださいね!
    それでは~



    ◆しょご
    マイリストつ mylist/38820271
    Twitterつ https://twitter.com/shogooontter











  • お気に入りのゲーム音楽1『バトルテーマⅣ』(アンリミテッド:サガ)

    2017-01-06 03:15


    おはこんばんにちは。今日も撫で肩、明日は脱臼ことしょごです。
    前回書いた通り、今回からはお気に入りのゲーム音楽やアニメBGMをゆる~く紹介していこうと思います。


    んなワケで、初回はこの曲!




    ◆概要◆
    曲名:バトルテーマⅣ
    ゲーム名:アンリミテッド:サガ
    発売元:スクウェア
    ハード:PS2
    作曲者:浜渦正志



    浜渦正志さん作曲、バトルテーマⅣです。





    浜渦さんといえば、独特かつ極めてハイレベルな和音構成・和声展開によるクラシカルで流麗なサウンドが特徴的な作曲家です。
    無論、大好きで尊敬する作曲家の一人です。




    さてこの曲についてですが、2002年発売のゲーム『アンリミテッド:サガ』において曲名の通り戦闘シーンで使われる曲です。






    え、戦闘曲なの!?

    初めてこの曲を聴いたら誰もがそう思うはずです。
    それもそのはず、この曲はバンドネオン・ヴァイオリン・チェロ・ピアノを主軸として展開していく、実に民族音楽チックオサレな曲なんです。
    どこか遠い国の古びた音楽バーで演奏され、それを聴いている人たちが思わず踊りだしたくなるような・・・





    とんでもありません。
    つーか、踊れたもんじゃないです。



    実はこの曲変拍子だらけの鬼畜仕様となっております
    冒頭からまさかの七拍子が飛び出し、主旋律の頭を掴むのが困難です
    さらにパーカッションを含め、各楽器が全く異なる独立した動き
    している箇所が非常に多い(いわゆる「伴奏パート」というものがほぼ存在しない)。




    いろんな所からいろんな音が聞こえてきて、それらがバラバラに動いたり、時には一緒になったり、また時には掛け合ったり。まさに予測不能の展開聴き手を飽きさせません
    この点から、まずゲーム戦闘曲にはピッタリと言えるのではないでしょうか…!





    さらにこの曲、転調がものすごい。
    はじめのイ短調(シャープやフラットが付かない調号)から、なんとも面白い転調経路でト短調(フラット2つ)に移行したと思えば、実は転調したと思っていた調の主音をベースに置いただけの全く異なる調に転調していたという二重構造。そして気が付けば変ニ長調(フラット5つ)に。
    また調と調の繋ぎ目に明確なドミナント(ギターのコードでいうG→Cの『G』ような、その調の印象を決定付ける推進力を持った音)が存在せず、今現在どの調にいるのかが分かりづらくなっています。
    これらも先ほど書いた、この曲が先の読めない展開をしている原因の一つだと考えられます。





    そして極め付きは曲調がガラリと変わる前にここぞとばかり出てくる変拍子
    リズムを急に崩させることにより、その変拍子前後の曲調の変化がより感じられるようになっています。
    激しい曲調の移り変わりの合間に挟まれる変拍子、是非注意して聴いてみてください。病みつきになること間違いなしですw





    ループの最後は、全てを巻き込むようなピアノの高速sus4スケール(ファ・シ♭・ド・ファ)で勢いよく終わります。少々荒っぽい気もしますが、ソコが良い。











    さて、ここまで長いこと書いてきましたが、これからゲーム音楽を聴く!という方には一聴の価値ありです。
    記事のほう、いかがでしたでしょうか。需要があるようでしたら続きを書こうかと思います。
    また、感想やオススメの曲等ありましたら、気軽にコメントやリプライをください!
    あと野比のび太もビックリな文章力の低さはどうしようもないので、勘弁してください。でへべろ。


    最後におまけとして、一年前僕が投稿した『バトルテーマⅠ、Ⅳ、EX』を一人バンドで演奏した動画をこき逃げしつつお別れさせていただきます。
    最後までお付き合いいただきありがとうございました。
    また、どこかで。ぼんぼやーじゅ


    ◆しょご
    マイリストつ mylist/38820271
    Twitterつ https://twitter.com/shogooontter