• ステンノ様について : プロト兄貴はつよい、アンデルセンは沈まない

    2017-09-30 04:33



    ――いずれにせよ、己が至上のものと信ずるサーヴァントを用いて、
       ストーリーの難敵を攻略することが、
       地域・宗教観を問わず人々の快楽であることは疑いようもない。



                             イブン・バットゥータ著
                         『諸サーヴァントの新奇さと
                           蟻や仔リスを兼ずる
                           おかあさん達への贈り物』より抜粋――





    ※注意 このブロマガは亜種特異点新宿における、いくつかのネタバレを含みます。
         「こういうの、得意ではないのですけれど」という方は
          事前にブラウザバックで護身してください。




















    ……亜種特異点Ⅰ 【悪性隔絶魔境 新宿】
    2017年2月24日から実装された、FGO1.5部の先駆け的シナリオですね。
    恥ずかしながら……わたくしステンノ様万歳のカルデアにおいて、
    いまの今まで、そのクリアはだいぶ塩漬けされておりました。
    実装もう半年以上前だぞこの野郎……。



    そう。全ての元凶は、ラストバトルに立ちふさがるあの男。



    今年の夏イベでフランちゃんの父親面院としてのキャラを確立してきた、
    言動がもうどこまでも徹底してあざといアラフィフ。

    ジェイムズ・モリアーティ教授その人です


        ※ 年齢・外見・原典といい、どこからどう見てもジジ萌えの欲張りセット



    男性鯖の中ではヘクおじ金時に匹敵する高い性癖力の持ち主。

    当然ながら(?)、戦闘においても一筋縄ではいきません。
    新宿のラストバトル、なにかと凝った仕組みで作られてますし、
    まずはギミックから解説しときましょうか……。






    モリアーティ:クラス/アーチャー
      HP 218960 → 177905 → 128550
      使用スキル__邪智のカリスマ、蜘蛛糸の果て、魔弾の射手、千の糸
      ゲージブレイクごとに弱体解除(重要
      一回目のブレイク後、特殊スキル「千の糸」でスター収奪
      二回目のブレイク時、チャージ1増加


    エニグマ:クラス/アサシン
      HP 126537 → 173988
      使用スキル__レッドヘリング、ミスディレクション
      チャージ技「クローズド・サークル」による全体スキル&宝具封印(重要
      ブレイク後、特殊スキル「ミスディレクション」によるNP収奪
     ※悪属性のエネミーであり、「邪智のカリスマ」で二重バフがかかることにも注意



    えげつない、ろくでもない、いやらしいの三拍子揃ったボスコンビです。
    アーチャー特有の短いゲージから「蜘蛛糸の果て」でガンガン加速、
    「邪智のカリスマ」の乗ったクリティカルも自陣をガリガリ削ってきます。
    さすがにネロ祭高難易度ほどではありませんが、
    総じて難しめのストーリーボスと言えるでしょう。
    ガウェインよりは与しやすい……はず。


    ステンノ様で攻略するにあたっては、ブレイク時の弱体解除が厄介ですねぇ。
    これは弱体解除が『敵の行動前』に処理されるため。
    要はそのターンにかけた魅了やスタンが無駄になってしまうのですよな……。
    妨害札を切るタイミングはしっかりと見極めねばなりません。


    ……なーんかなー。
    ゲージ制といい、ブレイク時の効果といい、
    アラフィフは「完封されないこと」をコンセプトとして、
    いわば実験的に配置されたボスのような感じがします。データ的な意味で。
    ひとくちに「終局特異点クリア者」と言っても、
    その戦力には大きくバラつきがありますし……
    『どんな過剰戦力で叩き潰されても、最悪一回は宝具を撃つことができる』
    ということを意識して組んだギミックなのではないかなーと。勝手に憶測。
    もしこの憶測が事実ならば、調整した方の発想とセンスはもう脱帽ものです。
    すげぇよ調整した方は。


    この戦闘にのみ使われる特殊ボイスも多数収録。
    実際ハンパなく手が込んでいる。

    ――皆様もぜひ、この気合いの入った新宿ラストバトルを
    推し鯖を組み込んだPTでクリアしてみてはいかがでしょうか!
    愛さえあればギリギリそれが可能な良難易度だと思いますよ!! よ!!!



    ……と。なんだか〆みたいなことを書いてしまいましたが。
    攻略はここからです。あしからず。



    はてさて。ステンノ様は本来、長期戦に向いたサーヴァントなのですが……
    相手は老獪なアラフィフ。時間を与えては、こちらがどんどん不利になります。
    ゲージも短いし……すごい加速してくるし……。

    構築ゲー・バフゲーであるFGOにおいて、
    相手の土俵で勝負するのは愚の骨頂。
    こちらがぶつけるべきはズバリ、若い力による短期決戦です。

    そう……


    定期代を浮かすために片道二時間のチャリ通……
    放課後そのままダチ公とカラオケ三昧……
    スマホのバックライトも苦にしない……


    我らがとうに失ってしまった……そういうなんか……




    木曜夜にポテチ喰いながら徹夜でオンセもできる
    ヤング・ケルト・パワーの化身、

    クー・フーリン(Prototypeにご出馬いただきましょう。



               ※ 犬なのにご出馬とはこれいかに


    俺によし、お前によし。
    GOD EATERではソマシオ萌えの私によし。
    使ってて「バランス調整間違えてんじゃねーの??」とすら感じる
    最強クラスの☆3サーヴァントですね。神性もあるよ!
    姉様たちがカルナを魅了してる横でアルジュナ殴ってたのもこいつです。


    彼さえいれば、もはやアラフィフ恐るるに足らず。
    宝具演出のたびにジャンプで腰をやりそうになってる中年なぞ
    ヤングケルトパワーで殴りぬいて差し上げましょう!




     ※ こいついつも迷い消えてんな





           ※ 三人の名探偵が打倒アラフィフに集う


    編成はプロトニキ、ステンノ様、サポートアンデルセン(90)で決まり!
    プニキが強すぎ、後続でサポートしてしまうと余裕すぎるため
    今回はあえてこの三人だけでトライします。
    そのぶん礼装は自重してませんので、再現性低めの攻略なのはご容赦を。





     当主様、ご出陣!







    さて。今回のステンノ様PTは、
    アラフィフを速攻で落とし、
    エニグマは泥仕合に持ち込んで倒すシングルアタッカー構築。
    短期決戦と決めた以上、序盤は1ターンも無駄にできません。
    初手からプニキ込みのAチェインを組み、2ターン目にゲージを割ります。


    2ターン目開始時のNPは50(相撲)+20(推理)-20(敵スキル)+20(推理)で70
    Aチェインを組んでおけば
    +20(Aチェイン)+15(プA攻撃)のぶん35追加されてギリギリ足ります。やったぜ。


    とはいえ。A五枚構成のPTで「初手プニキ込みAチェイン」を狙うのは
    実際無謀きわまりない……。
    わちき初手からそんな低確率の運ゲーしとうないし……。

    ゆえに。ここは魔術協会のマスター礼装で二重のサポートを行います。


    ~~ここがすごいよ魔術協会制服~~
      ①アンデルセンに「霊子譲渡」することでNPを溜めきり、Aを一枚増やす
      ②「コマンドシャッフル」でプロトニキのAカードを呼び込む


    特に①は、プニキへの攻撃バフ20%が加算されるためうま味ですね。
    成功すれば2ターン目の突破条件がすこし楽になります。



         ※ ここでの「計算通り」は実はこういった意味だったのだ


    んー。とはいえ、
    マスター礼装を工夫したところで、運ゲーであることには変わりありません。
    このプランが成功するおおよその確率は……えっと


    15枚から5枚引いてプニキのAがある確率は1/3、
    コマンドシャッフルでもう一度試行した場合、
    二回とも呼び込めない確率が2/3の二乗で、4/9。反転して成功率は5/9

    うん。およそ55%の確率で1ターン目は突破できますね!
    (プニキのAだけが来てチェインを組めないケースはレアなので思考から除外)


    まぁ。これを低いと感じるか、高いと感じるかは
    ぶっちゃけ読んでくださっている方次第なのでしょうが……。
    個人的には、「APと時間さえあれば、何度だって試行できる」以上、
    十分な数値なのではと思います。
    ほら、ありがたいことに新宿は恒常のクエストですし……


    よりにもよって期間限定のイベントクエストで、
    もっとえげつない運ゲーを乗り越えた
    某小次郎の人とかもいますし……



    FGOの攻略と運ゲーは切っても切り離せない間柄なのです。
    是非もなし。


    あ、某雪菜帝督氏の小次郎ブログはメチャクソ面白いので
    未読の方はぜひ読んでくれ。(下記リンク)
    単純に読み物としても面白いうえ、
    読み込むことでマスターとしての知識・実力が身に着くのは
    もうホント卑怯としか言いようがない……なんだこれ…… ↓


    http://blog.livedoor.jp/setsuna_teitoku/archives/25381178.html
    (あ、「佐々木小次郎 ブログ」でGoogle検索してもトップに出ます)






    気を取り直して2ターン目。配牌がよろしくなかったのでコマンドシャッフル使用。
    手札は上記画像の通りになります。
    できればプニキのカードが2枚欲しいところなのですが……
    アンデルセンの攻撃バフが成功している以上、ギリギリ倒せる。はず。

    ここに至るまでに金林檎換算で18個は食べてますからね!
    宝具で低めの乱数を引かなければ、このターンで倒しきれるでしょう(経験則)



         ※ ステンノ様が初手Bを供給。いかにも暴力って感じの絵面です。


    この時点でプニキにかかっているバフは

    女神のきまぐれ+貴方のための物語で 攻撃力+60%
    ルーン魔術+人間観察で クリティカル威力+85%

    フォウくんは1000ずつ振ってある。ゴールデン相撲も100レベルまで育成済み。



    ――――細工は流々! いざ、チェスト関ヶ原!















    こいつすげぇ英雄だぜぇ?(歓喜)


    いーやすごいなプニキ……
    FGOのバフゲーとしての性質を完璧に使いこなしてやがる。
    宝具のダメージは低乱数を引いていたのですが、最後のBで見事に挽回。
    お美事にございまする。





    3ターン目です。
    アラフィフは自身のチャージを進める「蜘蛛糸の果て」を頻繁に使ってくるため、
    この状態で放置してしまうのは大変心臓に悪い。
    当初の予定通り、3,4ターン目はステンノ様の魅了で動きを止めましょう。











    いまにも暴発しそうな中年の短い竿を、女神さまがやさしく管理


    アダルトです……







        ※ 4ターン目。ダメージ生産とNP回収を兼ねた完璧なムーブ


    あ、このアダルト行為と並行して、プニキのNPも溜めておきます。
    「5ターン目に、ゲージの溜まりきったアラフィフを再ブレイクする」
    というのがこのチャートの肝。
    ブレイク時のチャージ進行効果を一手無駄撃ちさせられますからね。
    どうせ次にはクローズド・サークルも飛んできますし、
    プニキが宝具で突くのは必須条件。













    ステンノ様がやさしく管理し、

    プロト兄貴が槍で突いて無駄撃ちさせる




    性別の壁を越えた……
    やっぱりアダルトです……  (*ノ▽ノ)キャッ





    あ、余談ですが矢避けの加護は4ターン目に起動しました。
    エニグマ攻撃、アラフィフ宝具、エニグマチャージ技でぴったり三回受けられるぜ。





    ……勝負の5ターン目です。
    吸血、魅了、防御デバフ。
    ステンノ様がそのスペックの全てを注ぎ込み、整えた盤面。


    ――決して、無駄にはしません!








    ……2ゲージ目、ブレイク成功!
    アンデルセン先生もしっかり宝具をオーバーチャージできました!
    これで回復量は3000から4500へ。最ッ高だぜアンタたち。




    しかし、アラフィフもヤられっぱなしでは済まさない。





              一転攻勢

    そのターゲットは……














    ――直前に槍をみまってくれた、プロトニキ!
    最後の運ゲー突破です!

    ステンノ様にきてもまだ挽回は利きますが、
    兄貴の被弾NPが稼げるのが何より大きい。
    12HITもしますからねアラフィフの宝具。ランサー補正×4で、しめて48NPを回収だ。




         ※ クローズド・サークルも受けきり、盤面はこんな感じ


    6ターン目は本当にあったんだ……! 父さんは嘘つきじゃなかった……!
    今まで散々、「宝具がアンデルセンに飛んで撤退」を繰り返してましたからねぇ……
    感無量だ。

    札を切るタイミングを間違えず、順当に押し切りましょう。




      ※ この時点でアラフィフ飼い殺しチャートは破棄。このまま一気に仕留めます。


    集中攻撃を受け、7ターン目に撃墜されるステンノ様……
    ちゃっかり退場ぎわにバフを撒いていくあたり、つくづく抜け目ないお方だと思う。

    「アラフィフの攻撃がアンデルセンに集中する」という、唯一の負け筋も潰れました。
    エヴァ一話のゲンドウ&冬月さん状態。





    バフを乗せたプ・ボルクで無事アラフィフ撃破!




       ※ 地味に矢避けのリチャージ&リジェネで粘り腰を見せる。すげぇよプニは


    そのプニキも12ターン目に撃破されますが……




           ※ 意味が分かると怖い画像(アラフィフ視点)


    13ターン目。


    アンデルセン先生のレベルは90であり、

    HPは7600残っていて、

    毎ターンNPが20ずつ補給される。






    ……………………詰みです。エニグマに勝ち目はありません。



    一応補足説明をしておくと。

    「エニグマの基礎攻撃力は、かなり低めに設定されている」んですよね。
    具体的な数値は流石に分かりませんが、体感としてそう確信できます。
    これには、
     1.素で全体攻撃であるため、あまり強すぎるとプレイヤー側が秒速で溶ける
     2.アサシンクラスであるためクリティカルが出やすく、倍額ダメージで補える
     3.モリアーティによる「邪智のカリスマ」の支援を鑑みて

    といった理由が考えられるでしょう。たぶん1と3の複合?
    しかし。モリアーティ亡きいま、敵陣は相性半減の童話作家のみ。

    しかもこの世界的作家、自身の宝具で軽率にHPを回復&防御バフを盛ります。
    盛りまくります。


    単騎になることによって上がった宝具回転率は、


    アンデルセンの受けるダメージ ≦ アンデルセンの回復するHP


    という絶望的構図を生み出すのです。
    ……エニグマは回復できません。アンデルセンは回復しながらEXで殴ります。



    これぞ、かつてレジェンドマスター:ケイソ氏が監獄塔から持ち帰った由緒ある戦術
    「巨大ゴーストへのアンデルセン単騎戦闘」なのです!
    相手は死ぬ。


    無論、ここからアンデルセン先生が防御バフを全てしくじり、
    エニグマがクリティカルを出しまくれば。
    負ける可能性もワンチャンはあるでしょうが……























    ――絶対的な相性差を前に、そのような番狂わせなど起こりはしません。







              ※ 「仕事納めだな、休ませてもらおう」


    17ターン目。そこに立っていたのは
    アルティメット執筆クリーチャーと化し
    HPをほぼ全快させたアンデルセンだけでした……。

    お疲れ様です、先生。





    ……今回の攻略、如何でしたか?


    プロト兄貴の突破力、
    ステンノ様の盤面操作、
    アンデルセンの不死身運用、

    後続のサーヴァントを排したことで、そのぶん三者の強みを
    分かりやすく伝えられたかなーと思います(自画自賛)

    「自陣の戦力をギリギリまで削り、その穴を戦術と運ゲーで埋める」
    こういったこだわりプレイもFGOの楽しみ方の一つですね! いやー楽しかった!

    「すごーい!」と感じていただけたのであれば、それに勝る悦びはございません。
    今こそ楽土の土壌とならん。アミダアミデュラ・ヘブンズホール! ってくらい嬉しい。



    ――ま、なんにせよ。

    【新宿ラストバトルは星4以下のサーヴァント、3騎で攻略できる】
    これにて証明終了!












    「レベル90のアンデルセンとか星5キャスターみたいなもんだろ!!!」など、
    野暮なツッコミはなにとぞご容赦くださいませ……(震え声)
    性能が一人だけ別のゲームしてるからね。是非もないね。



    今回の動画ゾ……




    あ、次回の予定はまったくの白紙でございます。
    動画のストックももう、新宿のアヴェンジャーを三姉妹でハメ倒すやつしかないし……
    あの程度の攻略完成度で動画化すべきかは悩ましいところ。

    いっそのことステンノ様の性能について、もう少しクドいものを一本書くかな……。
    今年中に投稿するかも不明なので、あまり期待せずお待ちください。

     (終わり。20170930)
  • 広告
  • ステンノ様について : 狂王の凱旋、そして祭りの終わり

    2017-09-23 10:061




    ――美樹さん。あなたはステンノ様と一緒に戦いたいの?
    それとも、ステンノ様で戦う人としてSNSで有名になりたいの?



                          巴マミ、路上にて後輩へと忠する――







            ※ 女子中学生にあるまじき正論と髪型とおっぱい





    ……なんつーか、耳に痛い話ですね。正論すぎて信仰心こわれちゃーう。
    実際、とても線引きの難しい問題です。
    「○○が好き! カッコイイ!」という純粋な想いが、いずれ
    「○○好きを公言して憚らない自分が好き! カッコイイ!」へと成り下がる。
    こういったケースは、自他ともに掃いて捨てるほど見てきました。
    見てきましたとも、ええ。

    そうなってしまった人間はもう止まらない。
    「○○好きな自分」という心地よい政治的肉体を守るため、
    マジに冗談でなく、なんでもするようになってきます。
    人を傷つけ、迷惑をかけるような行いもその範疇。
    かつての同好の士たちからは、少しずつ敬遠されていき。
    不足してゆく承認欲求を満たすべく、
    推しを片手にマウンティングの生贄求めて徘徊するようになります。


    ……自らの行いが、そのキャラクターや作品の印象を貶めるとも知らずに。


    モンペ、ヤクザ、信者、過激派。
    呼ばれ方を問わず、こうなってしまってはもう人間としておしまいです。
    コミュニケートが成立しないんですもん、あいつら。
    推しへの愛が、自己愛と完全に置き換わっちゃってるんです。
    他人も推しも、もはや承認欲求を満たすためのツールでしかないんです。



    なんともやりきれない話ですが……
    「初心忘れるべからず」というのは、
    時の流れを生きる人類にとって、きっとあまりにも難しいこと。

    一体、どこから違えてしまったのか。






















        ※ ムチャな課金もその一例です。やめようね!



    ……ま、人間である以上、
    己の欲を完全に絶つことはできません。
    そりゃ私だって「ステンノ様のやべー奴」とか呼ばれた時は気持ちいいもん。
    性感帯みたいなもんですねー。
    開発しすぎると日常生活に支障を来すようなあたりも含めて。
    くやしい……でもかんじちゃう……



    話が長くなりましたね。一旦冒頭に立ち戻りましょう。
    耳に痛いマミさんの陳言。
    初心を忘れないのは確かに大事なことですが……
    動画投稿少女を志すさやかちゃんの一人としては、
    「基本は前者をつらぬき、天狗にならない程度に後者もたのしむ」
    くらいの塩梅が丁度いいのではと思います。
    なんにせよ、カタチを持った創作を世に送り出すって相当な労力ですからねぇ。
    賞賛の声くらいは素直に受け取ってもいいだろ。
    どうせ実数は少ないんだし……(震え声)

    素晴らしいものを見たあと、「素晴らしい!」と口にしてくれる人は実際ごく僅か。
    インターネットの中なら特に貴重。絶滅危惧種。天然記念物。
    そーゆーフォロワーさんは大切にしようね。(結論)


    盛大な脱線を経て、ようやく話はネロ祭へと進む……





    いやー! 楽しかったなー今年のネロ祭!

    体力満タンのスパさんをエウ姉ビームで射殺したり
    カルナさんが魅了されてる横でアルジュナをボコボコにしたり
    山の翁をステンノ様で倒そうとして返り討ちにあったり

    充実の高難易度クエストにかまけ、あまり箱は掘れませんでしたが……
    それを差し引いても素晴らしいイベントでした! ゆめごこち。

    そんなこんなで、楽しい祭りも残り60時間となった九月十八日。午前零時。
    母につられて「ボールルームへようこそ」の録画を見ていた私は少々出遅れましたが、
    ふとツイッターに目を向ければ、TLはあらカオスの坩堝。


    去年のネロ祭にて。
    クリア者の少なさから、わずか数時間で闇へと葬られたうたかたの伝説
    修正前フィナーレが復刻したというのです!


    「無理!」「投了!」「天草マーリン必須!」「ランサーが死んだ!」
    そんな声が小半時は飛び交いつつも、徐々にクリア者を増していく精鋭たち。すごい。
    彼らによる総評は、
    「ガチ勢でもノー令呪クリアはかなり苦戦する」というものに落ち着きます。
     (※あくまで私のTL調べ。体感にはとーぜん個人差があります)


    ―――――よし。






    ここはステンノ様を組み込んだパーティーで華麗にクリア!
    動画化! ブロマガ! Twitter!
    寄せられる大量のコメント!
    フォロワー数三倍!いや五倍!



    これを機にたっぷりと承認欲求を満たしてやるぜェェェェェェイ!










    ………………。







    悲しい生き物ですね、マイナージャンルのオタクって……
    逃れられぬカルマ。

    あ、パーティー編成は……こちらになります……(賢者タイム)



     ※ 今回はシングルアタッカー構築に挑戦。スタメンを除けば割とおてごろな面子です


    今まで採用を自粛していたおそるべきバンデラス、オルタ兄貴を解禁。
    神性持ち星5バーサーカー。ちょっとおとなげないくらいの切り札ですが……
    忘れるな。
    修正後フィナーレに、ガチパで挑んでギリギリだった去年の記憶。
    決して出し惜しんではいけない相手です。


    慈悲は無い、ネロちゃま殺すべし!





    ※ 最初にジャックちゃんをファックすればいいということか!



    当主様、ご出陣!




                ※ 威圧感あふれる絵面だ

    さて。まずはこのクエスト第一の洗礼、ジャックちゃんの強化無効ですが……
    「鑑識眼」「軍師の忠言」「戦闘続行」を犠牲にサクッと剥がします。
    今はとにかくオルタニキにバフを盛ることを考えるんだ。



         ※ 攻撃力バフ70%。すさまじい火力を叩き出します。

    シングルアタッカー構築であるため、オルタニキのカードは毎ターン絶対選出。
    殴る。殴る。とにかくオジマンが出てくるまで殴る。




           ※ あっという間に二人を撃破。バフが効いております

    4ターンでジャックちゃん、天草を仕留めました。
    最善パターンより1手早いがこれもよかろう。



         ※ ノーパン踊り子ピカピカ床ドスケベ愛妻家建築王……!

    5ターンめ。オジマン様の行動は太陽神の加護で確定。
    行動順が乳上 → 太陽王 → サイコナイファー なのでルルブレが飛んできますね。
    温存していた魅了のつかいどころ。



           ※ 我ながら完璧な戦術だったと思います。ここまでは……

    そして勝負の6ターン目! 「鑑識眼」「女神のきまぐれ」復活!
    溜まりきったオニキの宝具で乳上をチェストしましょう。
    ランサークラスのゲージは4。ステンノ様の吸血も込みでギリッギリ足ります。
    これぞ我が秘剣、6T目コインヘンチャートだ。



     ※ なんとステンノ様の宝具でオジマンを足止めする余裕がある。きまぐれ万歳。

    悲しいけどこれネロ祭なのよね……是非もなし。
    乳上の宝具発動だけは絶対に防がねばなりません。なんだ呪い付与全体攻撃て。
    とはいえ、倒した際の効果もそれはそれで厄介なので、
    「ジャンヌを含めた耐久型のパーティー」であれば
    最後尾に飼い殺し、オジマン様を先に倒す戦術もアリでしょう。
    毒&呪いのスリップダメージをガンガン癒せるからね。



            ※ 石兵八陣抱え落ちはだいぶ悔しい

    すかさず若奥様の反撃ナイフ。ウェイバー君が落とされてしまいます。
    前にギリギリまで上手くいったパターン、
    ここでステンノ様が落ちてたんですよね。
    正真正銘、ここから先は未知の領域……!



          ※ これやんないと確定数が変わって厳しいナリよ

    8ターン目。4番手の看板娘メディアさんが光って唸る。
    難敵も味方にするとこれほどまでに頼もしいものか。
    極論ここは、例えどんな攻略パーティーであろうとも、
    ネロちゃまのリジェネは絶対に剥がしておいた方が安定します(断言)。


    残る敵は、三人……!

    もうリジェネは封じた。
    あとはネロちゃまのガッツをモグラ叩きマシーンめいて剥がしきり、
    オジマン様 → 若奥様 → ネロちゃま の順で倒すだけ!
    勝った! フィナーレ完!
























    …………。
    それが簡単にできれば、そう苦労はしませんよね。ハイ。
    【超絶難易度】の看板は伊達ではなかった。



        ※ 敵陣の強みは圧倒的なゲージ回転力。乳上が悪いよ乳上が~。

    ネロちゃま残りガッツは1回。オジマン様とメディアさんは無傷。
    オルタニキに残された猶予はあと4ターン。

    ……正直なところ、「これ勝てないんじゃないかなー」と思い頭を抱えていました。
    横で観戦していた兄いわく、
    「今にも録画止めそうな様子でうなだれてた」とのこと。マジか。


    ――しかし。そんなマスターのクソザコ湯豆腐メンタルに反し……

    オルタニキはただ、強かった……!





    殺意に次ぐ殺意!
    クリティカルに次ぐクリティカル!
    ミキサーにかけたバナナか何かのように溶ける敵のHP!
    これが五章で猛威を振るったケルト大怪獣の力だというのか。



    彼の男、まさに狂王。
    狂える戦士、戦場の王者クー・フーリン。
    その勲は血濡れにかがやく。
    破滅してなお、栄光の勇者。


    太陽王を落とし、

    コルキスの魔女を屠り、


    三度、洛陽を越えた薔薇の皇帝へ、
    手向けの言葉を投げかけます。
    その槍とともに。






    「――もはや目覚めは必要あるまい」





              ※ 赤王ちゃまもお疲れ様でした……!






    ……あの盤面から、3ターンで盛り返しましたね。
    すごいぞオニキ。つよすぎるぜオニキ。
    これには観客席のメイヴちゃんもニッコリ。


    ――――斯くして。
    一人の乙女によって願われ、生まれ落ちたうたかたの獣は。
    女神の手を借り、カルデア1の勇者としてオリンピアに栄光を刻んだのでした。


    ハレは終わり、ケが来たる。世はなべてこともなし。
    世界は再び、変わり映えしない日々を刻み始める…………

    それでも残る思い出があるから、お祭りというのは楽しいのです!!!



    でも強すぎるからしばらく動画シリーズ出禁で(震え声)



    今回の動画♡






    さて。フィナーレ動画が無事終わった以上、
    次回のネタは既に決定しています。

    うん。次は君なんだ、プニキ。


             ※ じっと眺めると表情の差がジワる一枚


    「クー・フーリンばっかじゃねーかよお前ん家!」
    というご意見は甘んじて受け入れる所存です。
    取回しやすい単体宝具神性アタッカーって意外と少なくて……。
    なにはともあれ。次回も乞う、ご期待!


    (終わり。20170923)





  • ステンノ様について : 選出と差別化②

    2017-09-14 02:53



    もうエウリュアレでいいんじゃないかな……



           ※ ゴルゴン三姉妹のかわいい担当


    さて。前回では「ステンノ様が弱い」とされる理由について、
    まー……不本意ながら……いくつか触れましたがー……、
    実は、あえて省いた部分が一つありました。
    ステンノ様の『弱さ』の論拠となり、また『強さ』の論拠にもなりうる存在、
    双子の妹、エウリュアレについてです。


       ※ スキルマじゃないのがバレたら一部のフォロワさんに殺されそう

    ゴルゴン三姉妹クラスタからは通称エウ姉様とも呼ばれる彼女、
    実はステンノ様とひっじょーに近しいスキル・宝具構成をしているのですね。
    違うところを挙げていった方が早いくらいだ。


    相違点1____クラスがアーチャー
           ステンノ様より星を吸うというのはメリットにもデメリットにもなります

    相違点2____カード構成がAAQQB
           アーツチェインを狙いやすいためキャスターと組む恩恵が大きい

    相違点3____第三スキルがNP効率、宝具強化の自己バフ
           味方全体の攻撃力を上げるステンノ様とは相互互換


    相違点4____宝具でダメージが出せる






    …………もう一度言います。
    宝具でダメージが出せる
    魅了の成功率は据え置きで! エッ! さらに男性特効ダメージも着いちゃう!
    しかもお値段は上姉様よりもダンゼンお得な☆3!
    放送終了から30分に限り、☆3サーヴァントとしてご提供させていただきます!







            ※ 姉より優れた妹などいねぇ!


    ……いや、実際。
    ステンノ様、「妹たちが強い」ということに関しては
    多分メチャクチャ喜ぶと思うんですけど……

    それはそれとして、クソ情弱アンチに「低レアリティに上位互換!」とか言われた時……
    「ハイ、事実でございます」としか言いようがない。
    それくらいエウ姉様はつよいのです。

    というワケで。ステンノ様をパーティーに組み込む場合、
    「エウリュアレとどう差別化するか」というのは、
    多くのステンノ様ラーを悩ませる、避けては通れない命題となるのですねー。

    では、わたくし足ふきマットが長きにわたり研究したその成果、
    「ステンノ様とエウ姉様の差別化問題」
    そのもっとも現実的な解答を、皆様だけにお教えしましょう……!



          ※ 弊カルデアによるガウェイン突破PT

    ……並べて使えばいいじゃん???

    超絶頭脳マスターによる最適化PTを期待していた方ごめんなさい。
    身もふたもない結論ですが、
    「差別化しない」ということが、差別化への回答となるワケですね。
    能力が似通い、ターゲットとなる敵が同じである以上、
    同時に起用することによってそのポテンシャルは乗算で跳ね上がります。
    グランド三姉妹マスターうつくるる氏考案のハイソな遊び、
    『魅了拘束』はその最たる例ですねー。

    さて。この編成、女神さまツインドライブ魅了システムにおいて大事なのは、
    ステンノ様の二重バフ対象であるエウ姉様を
    「ステンノ様PTのアタッカー」として起用する感覚。
    よーはエウ様の宝具によってガリガリ敵を削るワケですからね!

    男性特効、宝具レベル5、女神のきまぐれによるA&攻撃力バフ。
    さまざまな要因が味方するエウリュアレの宝具は地獄のごときダメージを叩き出します。
    まさに小悪魔イヤーは地獄耳、
      エウリュアレアイはパンチ力
    彼女の宝具をいかに回転させるかが勝利へのカギ。
    三人目のスタンディングメンバー(通称:三女枠)は
    エウリュアレに星を供給できるサーヴァントが好ましいでしょう。

    そりゃトキよりラオウの方が強いかもしれませんが、
    トキとラオウが肩を並べて戦えば無敵じゃないですか!


    「「メドゥーサ! 暴力はいいわよ!」」



    ※ まずはアラフィフをファックすればいいということか!


    一応、「それでもステンノ様とエウ姉様を差別化したーい!」という御仁向けに、
    単独起用のコツもかるーく紹介しておきます。

    その場合においてまず大事なのは、
    「ステンノ様はダメージを生産できるサーヴァントではない」という認識。
    いくらヘラクレスの勇猛を超える自己バフがあろうと
    Q三枚の構成と、宝具ダメージなしという点は覆せません。
    素直にアタッカーとなりうるサーヴァントを一人起用しましょう。
    敵のクラス構成によって最適解は変わりますが、
    総じて『防御札のあるクリティカルアタッカー』が組み込みやすいです。



     ※ プニキだよ。その活躍ぶりからステンノ様外付け暴力装置の通り名もあるよ。



     ※ コサラの大英雄ラーマ。恒常火力の低さは後ろのやべーマッチョで補います。



     ※ 自我レ○プ! 魔性と化したハイド氏。1、2waveでザコ戦があるクエスト向き。


    「全部欠片じゃねぇか!!!」という苦情は受け付けません。
    いや、ほら……。ステンノ様って、実は礼装の自由度がとても高い鯖なんですよ。
    ダメージ出せない & 基本的に性能が完結してるんで……。
    「自由度が高いがゆえに欠片一択」という
    謎すぎるパラドックスについてはなんかもう許してくれ……。

    「カルデア・ライフセーバーズ」や「狐の夜の夢」も噛み合いますが、
    どっちもイベント限定礼装なんですよね……。
    まぁ2016サマーイベントを踏破したマスターなら前者は持ってるでしょうし、
    よろしければこちらもお試しください。

    「星を吸わない」という点をメリットとして活かす、クリティカルアタッカーの採用。
    そこさえ決まればあとはスムーズ。標的となるクエストから
    「クリアに足りないもの」を逆算し、三人目のメンバーを決定しましょう。
    最後に相性のよいマスター礼装を着こめば、ステンノ様PTの完成です!
    (オーダーチェンジによるダビデ・盾役の呼び出し運用なら戦闘服確定)

    いざ! あなただけのパーティーで、強敵の前へと繰り出しましょう!
    ステンノ様はきっと、そんな日を静かに待っています。


    力無きがゆえにすべてを失った、か弱き偶像女神であればこそ……

    ――『悩殺』せよ、アサシン。



              ※ 守りたい、この笑顔


    次回は、ステンノ様動画を解説する単独記事になる予定です。
    ネロ祭インド兄弟と新宿ラストバトル……どっちが先になるかな……。

    (終わり。20170914)