• ステンノ様について : 選出と差別化②

    2017-09-14 02:53



    もうエウリュアレでいいんじゃないかな……



           ※ ゴルゴン三姉妹のかわいい担当


    さて。前回では「ステンノ様が弱い」とされる理由について、
    まー……不本意ながら……いくつか触れましたがー……、
    実は、あえて省いた部分が一つありました。
    ステンノ様の『弱さ』の論拠となり、また『強さ』の論拠にもなりうる存在、
    双子の妹、エウリュアレについてです。


       ※ スキルマじゃないのがバレたら一部のフォロワさんに殺されそう

    ゴルゴン三姉妹クラスタからは通称エウ姉様とも呼ばれる彼女、
    実はステンノ様とひっじょーに近しいスキル・宝具構成をしているのですね。
    違うところを挙げていった方が早いくらいだ。


    相違点1____クラスがアーチャー
           ステンノ様より星を吸うというのはメリットにもデメリットにもなります

    相違点2____カード構成がAAQQB
           アーツチェインを狙いやすいためキャスターと組む恩恵が大きい

    相違点3____第三スキルがNP効率、宝具強化の自己バフ
           味方全体の攻撃力を上げるステンノ様とは相互互換


    相違点4____宝具でダメージが出せる






    …………もう一度言います。
    宝具でダメージが出せる
    魅了の成功率は据え置きで! エッ! さらに男性特効ダメージも着いちゃう!
    しかもお値段は上姉様よりもダンゼンお得な☆3!
    放送終了から30分に限り、☆3サーヴァントとしてご提供させていただきます!







            ※ 姉より優れた妹などいねぇ!


    ……いや、実際。
    ステンノ様、「妹たちが強い」ということに関しては
    多分メチャクチャ喜ぶと思うんですけど……

    それはそれとして、クソ情弱アンチに「低レアリティに上位互換!」とか言われた時……
    「ハイ、事実でございます」としか言いようがない。
    それくらいエウ姉様はつよいのです。

    というワケで。ステンノ様をパーティーに組み込む場合、
    「エウリュアレとどう差別化するか」というのは、
    多くのステンノ様ラーを悩ませる、避けては通れない命題となるのですねー。

    では、わたくし足ふきマットが長きにわたり研究したその成果、
    「ステンノ様とエウ姉様の差別化問題」
    そのもっとも現実的な解答を、皆様だけにお教えしましょう……!



          ※ 弊カルデアによるガウェイン突破PT

    ……並べて使えばいいじゃん???

    超絶頭脳マスターによる最適化PTを期待していた方ごめんなさい。
    身もふたもない結論ですが、
    「差別化しない」ということが、差別化への回答となるワケですね。
    能力が似通い、ターゲットとなる敵が同じである以上、
    同時に起用することによってそのポテンシャルは乗算で跳ね上がります。
    グランド三姉妹マスターうつくるる氏考案のハイソな遊び、
    『魅了拘束』はその最たる例ですねー。

    さて。この編成、女神さまツインドライブ魅了システムにおいて大事なのは、
    ステンノ様の二重バフ対象であるエウ姉様を
    「ステンノ様PTのアタッカー」として起用する感覚。
    よーはエウ様の宝具によってガリガリ敵を削るワケですからね!

    男性特効、宝具レベル5、女神のきまぐれによるA&攻撃力バフ。
    さまざまな要因が味方するエウリュアレの宝具は地獄のごときダメージを叩き出します。
    まさに小悪魔イヤーは地獄耳、
      エウリュアレアイはパンチ力
    彼女の宝具をいかに回転させるかが勝利へのカギ。
    三人目のスタンディングメンバー(通称:三女枠)は
    エウリュアレに星を供給できるサーヴァントが好ましいでしょう。

    そりゃトキよりラオウの方が強いかもしれませんが、
    トキとラオウが肩を並べて戦えば無敵じゃないですか!


    「「メドゥーサ! 暴力はいいわよ!」」



    ※ まずはアラフィフをファックすればいいということか!


    一応、「それでもステンノ様とエウ姉様を差別化したーい!」という御仁向けに、
    単独起用のコツもかるーく紹介しておきます。

    その場合においてまず大事なのは、
    「ステンノ様はダメージを生産できるサーヴァントではない」という認識。
    いくらヘラクレスの勇猛を超える自己バフがあろうと
    Q三枚の構成と、宝具ダメージなしという点は覆せません。
    素直にアタッカーとなりうるサーヴァントを一人起用しましょう。
    敵のクラス構成によって最適解は変わりますが、
    総じて『防御札のあるクリティカルアタッカー』が組み込みやすいです。



     ※ プニキだよ。その活躍ぶりからステンノ様外付け暴力装置の通り名もあるよ。



     ※ コサラの大英雄ラーマ。恒常火力の低さは後ろのやべーマッチョで補います。



     ※ 自我レ○プ! 魔性と化したハイド氏。1、2waveでザコ戦があるクエスト向き。


    「全部欠片じゃねぇか!!!」という苦情は受け付けません。
    いや、ほら……。ステンノ様って、実は礼装の自由度がとても高い鯖なんですよ。
    ダメージ出せない & 基本的に性能が完結してるんで……。
    「自由度が高いがゆえに欠片一択」という
    謎すぎるパラドックスについてはなんかもう許してくれ……。

    「カルデア・ライフセーバーズ」や「狐の夜の夢」も噛み合いますが、
    どっちもイベント限定礼装なんですよね……。
    まぁ2016サマーイベントを踏破したマスターなら前者は持ってるでしょうし、
    よろしければこちらもお試しください。

    「星を吸わない」という点をメリットとして活かす、クリティカルアタッカーの採用。
    そこさえ決まればあとはスムーズ。標的となるクエストから
    「クリアに足りないもの」を逆算し、三人目のメンバーを決定しましょう。
    最後に相性のよいマスター礼装を着こめば、ステンノ様PTの完成です!
    (オーダーチェンジによるダビデ・盾役の呼び出し運用なら戦闘服確定)

    いざ! あなただけのパーティーで、強敵の前へと繰り出しましょう!
    ステンノ様はきっと、そんな日を静かに待っています。


    力無きがゆえにすべてを失った、か弱き偶像女神であればこそ……

    ――『悩殺』せよ、アサシン。



              ※ 守りたい、この笑顔


    次回は、ステンノ様動画を解説する単独記事になる予定です。
    ネロ祭インド兄弟と新宿ラストバトル……どっちが先になるかな……。

    (終わり。20170914)
  • 広告
  • ステンノ様について : 選出と差別化①

    2017-09-08 04:08


    ――ステンノ様は、もはや我々人類の理解の及ぶ存在ではない
       だが。ステンノ様のデータについて、
        理解を深めることはできるはずだ――――



                        エイブラハム・リンカーン
                          ゲティスバーグの地にて




      ※フリー素材か何かかこの方は



    三分にも満たない祈りの如き演説の中で、このような言葉を後世へと残したかの偉人。
    その心境が如何なものであったのか。私たちには推し測ることもできませんが……
    この一言へと込められた、ぐだステへの確かな想いだけは。
    どこまでも正しく、そして真実としてこれからも伝えられていくことでしょう……


    さて。当たり前のことですが、
    ステンノ様はFGOというスマホゲームのキャラクターです。
    ゲームである以上ルールは定義されており、
    キャラクターである以上データが存在し、
    データは決して、根幹のルールに逆らうことはできません。
    つまり! それら全てを余すことなく把握することが、押し鯖を活躍させるための第一歩。
    まずはステンノ様をデータ的に眺めてみましょう!


            ※ワシントンで石をボリボリむさぼった思い出

    クラス/アサシン  性別:女性
    聖晶石ガチャからのみ排出される、レアリティ☆4のサーヴァントです。
    カード構成はQQQABの典型的なアサシンタイプ。ただし星出し性能は低め。
    NP効率が優秀な反面、宝具によってダメージを出すことができないという欠点があり
    敵を倒すにあたっては仲間との共闘が欠かせません。
    一方、対「男性」においてはきわめて高い足止め性能を発揮するため、
    選出するクエストを選ぶ妨害型のサポーターと言えます。


    ……スキル、宝具の詳しい性能については端折っても構いませんかね?
    このブロマガを読んでる = 高確率でFGOのディープなユーザーでしょーし(決めつけ)
    あえて書くべきことだけ圧縮して伝えるなら、
    「吸血」は成功率80%のチャージ減少、NP27獲得
    「魅惑の美声」は基礎成功率100%の魅了(男性のみ)
    「女神のきまぐれ」は味方全体の攻撃力を3T20%アップ
     (クラススキル:【神性】【女神の神核】保有者はさらに+20%)

    上記は全てスキル10時の効果です。ごましお程度に覚えておいてくれ…

    宝具についても同じくざっくりで。
    あえて書くようなこととしては、
    対サーヴァント戦において即死は期待できない(影鯖には有効)
    魅了の基礎成功率はオーバーチャージ1で100%
    防御力ダウンの性能はどんな時も一律20%(3ターン、命中確定)

    そして即死と魅了を外してしまった場合(あるいはそもそも効かない相手の場合)
    「無粋なヒトね……」
    と、ひとこと漏らすくらいですかね! これがまた大層なエッチボイスでもう大変。
    ゴルゴン三姉妹の五人を全て一人で演じ分ける
    ベテラン声優:浅川悠女史の艶気が光ります。


    ステンノ様ご本人の性能についてはこんなところでいいでしょう。
    NP効率、カード選択などについての実数値なんかは後日別の記事で補填します。

    お次はステンノ様をクエストに選出する際の基準と、
    それに伴うパーティー編成について解体するよ♪(ジャックちゃん並みの感想)


    さて、大前提として。
    我らがカルデアにはさまざまなデータ的特色を持ったサーヴァント達がおり、
    マスターはクエストのたび、彼らから5名(+サポ1名)のメンバーを選ばねばなりません。
    敵情報とにらめっこしながらパーティー編成に頭を捻る……まさにFGOの醍醐味ですね。

    では、その中で「ステンノ様を選出すべきクエスト」とはどんなモノかと言いますと。
    『強力な男性エネミー』が出現するクエストでしょう。
    第三スキルを得たとて、ステンノ様の本質はあくまで対男性妨害ユニット。
    魅了によって強敵の攻撃を防ぎ、時にゲージMAXの相手を寸止め遅延。
    その間に稼いだ時間でアタッカーに殴らせる……
    黄金パターンとも呼ぶべきシンプルな戦術ですね。シンプルイズベスト。
    特に相手が単騎である場合、魅了の成功はそのまま「敵ターンのスキップ」という
    爆アドを自陣にもたらします。

        
      ※ゲームシステムの性質上、ここまで無法なものではない


    ……で。ここまで書くとステンノ様、強そうに見えるのですが。
    2017九月八日現在、ステンノ様に対する一般ユーザー的な風評は……
    「弱い」だの「産廃」だの「リセマラ必須」だの、
    あげくの果てには「第三スキル以外何もかも使えない」といったものばかり散見されます。
    悲しいねバナージ。

    まぁいいや! 所詮はステンノ様の魅力が分からないサンシタマスターの言うことだ!
    頭アインツベルンどもの的外れかつ逆恨みな意見さ! 聞き流そっ!

    ……と、ストロングな姿勢を取れるマスターであればよかったのですけどね。
    わたくしこういった暴言はどうしても聞き流せない。見れば見るだけ傷つくぞ。

                    ・・
       何故かって。それらは概ね、事実なんです。


    ステンノ様は戦闘向きのサーヴァントではありません。
    なにせ元が元。戦う力など無い、か弱き偶像女神ですから。
    ダメージなんて出せないのが当たり前です。設定に忠実!

    そしてそれは、『戦って敵を倒し、クエストをクリアする』という
    FGOのゲームシステムと根本的にミスマッチな存在であるということを意味します。

    違うんです。
    ステンノ様が弱いのは、ステンノ様のせいじゃないんですよ。
    Fate/Grand_Orderが戦い、ガチャり、
    よりユーザーにとって都合のよいカタチへ、己のデータを強化していくゲームだから。
    悪いのはきっと世界なんです。
    そして、強くてカッコよくて頼れて、つつけばいつでも構ってくれて、
    自分だけにはデレてくれる、
    画面の中の都合のいい隣人を求める、ユーザーの心なんですよ……。
    「宝具はダメージを出すもの」という固定観念とか!
    金のアサシンカードに勝手に期待して勝手に落胆したぶんとか!
    あるいは、ギャグイベントばかりがクローズアップされた結果の、
    「妹を虐めてばかりの性格の悪い女」というレッテルとか!


    そーゆーの全部事実として飲み込んだうえで、それでもステンノ様を好きになってください。
    選出できるときは使ってあげてください。
    マスターとして、肩を並べて戦ってあげてください。
    力無きがゆえに妹たちを守れず、そして破滅したステンノ様にとって、
    世界を救う旅路はきっと、とても愉しいものでしょうから……。

    ステンノ様のことなんて未だよくわかりませんが、これだけはきっと断言できます。


    とまあ。書いてるうちに感情が爆発してなんかシリアスになりましたが。
    一旦落ち着いて話を纏めると……三行でこんな感じか。

    ステンノ様は地力に乏しく、汎用性の低いサーヴァントです。
    「実力を100%発揮できるクエストの絶対数が少ない」とも言い替えることができるでしょうか。
    逆説、「クエストを選べば並みの星4鯖としての働きは保証できます」

    強力な男性エネミーが登場するクエストには是非連れて行ってくだち♪


    長くなったので、差別化の話はその②へ続きます。
    次回。身内にして最大の敵、現る……ッ!
    古代ギリシャキャバ嬢すまいる☆すてんの第三話
    「もうエウリュアレでいいんじゃないかな」に乞うご期待!

    (終わり。20170910追記)
  • ステンノ様について

    2017-09-07 04:38
    夜寝る前に、ふと思うことがあります。
    我々人類は、
    ステンノ様と接するうえで、

    ――未だあまりにも未熟なのではないか? と





      ※ダーウィンに他意はありません



    さて皆さま。『創作物』は好きですか? 『物語』は好きですか?
    もっと噛み砕いて言えば、二次元。形而上の存在。そーゆーのです。

    私は……しゅき……♡

    小説も漫画もアニメもゲームもしゅき……♡
    ひゃんっ♡ くぅ♡ 形而上の存在のクセにっ♡ このぉ♡
    脳の、のぉみその深いところまでぇ……ふっ♡ ガンガン突いてくるぅ……♡
    へへっ、どうした? こんなグチュグチュにしちまってよォ?
    ドライアイかと思ったらとんだ淫乱目玉じゃねぇか……!(パンッ パンッ

    ってな感じになりますよね!(鼻息) なりますなります。
    素晴らしい作品というのは容赦なく人の頭をブン殴りつけて
    そのまま眼窩から脳をファックしていきますからね……。調教済みかよ……
    とまあ。私にとってFGOというのはそういった作品の一つであり。
    そして、そのFGOを始めるきっかけこそが、ステンノ様との出会いでした。
    最高だよねFate/Grand_Order。マスを覚えた男子中学生かのようにやり込みました。
    そしてふと気付く。


    ステンノ様という存在は、人類には過ぎたるものだ……


    駄目。マジむり。ステンノ様が何もかもむりすぎてはげあがる(語彙力に乏しい)
    なんだこれは……なんだこのステンノ様というキャラクターは……。
    つよすぎる。

    通常、物語の登場人物というのは
    『理解力』によってそのパーソナリティを把握され、
    『想像力』によって創作者に行動を出力されるものです。
    私の脳内のすみっこで行われている妄想においても、その原則は健在なのですが……
    すてんのさまだけはむり。ヤバイ。
    そもそも理解できない。把握しきれない。ヤバイ。
    想像すれば想像するほどどっか行く。マジ自由。ヤバイ。
    かといって無理矢理テンプレな型に当てはめようとしても、それはそれでステンノ様という、
    『確たる色』を失ってしまう……。

    空想の中においても八方ふさがり感ハンパなく、
    我々人類は「ぐだステむりー!」と叫び夜泣きすることしかできない……
    そんなゴッデスなのです。(個人の感想です)
    あるいは。『偶像女神』という概念と、『スマホゲームの女性キャラクター』という存在。
    この2要素が極めて親和性の高いモノであるからか……。


    とまあ。長話になりましたが、よーはステンノ様が大好きなんです
    この果てなき魅力をもっとたくさんのぐだ男、ぐだ子に知ってもらいたい……
    そしてあわよくばもっとステンノ様メイン全年齢向け同人誌が読みたい……
    何より。「性能的にイマイチ」という理由だけでレベル1死蔵され、
    その素晴らしさに触れる機会がない……というのはあまりにも勿体ないですからね。


    ストーリー・キャラクター系の民とはいえ、データ的に活躍する推しもそれはそれで見たい。
    様々な思惑(欲望?)を込めて、【ステンノ様運用ブログ】、始まります。




    途中から女子小学生ステンノ様に犬小屋で飼われ寒い思いをしながらその一方目の前の飼い主が暖かなダッフルコートを着ていることによろこびを覚えつつ毎朝恒例いってらっしゃいのお腹見せ服従のポーズああ首輪の鎖がチャリンと揺れる音っみたいな話になっても許してくれ。

    (終わり。20170908追記)