ニコニコ動画・投稿動画新仕様の雑感
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ニコニコ動画・投稿動画新仕様の雑感

2016-10-23 23:50
  • 2
いつの間にか1.5GB投稿対応になっていたので新仕様に合わせて動画を投稿してみた。
詳細はエンコード設定 - ニコニコ動画まとめwikiを参照のこと。
投稿の目的は、今冬に予定している『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(PS)のプレイ動画アップロードの前に動画投稿設定を確認しておきたい、というものである。

この前ニコ生でプレイした東方妖々夢のリプレイをチョイス。


元のエンコード設定は1.5GBフル活用で約20,000kbpsというギャグみたいな重さになっていたが、実際に見てみると約2,000kbpsになるように再エンコードされるようだ。Wikiの情報通りである。

感想を述べると、そこまで悪くはない
一番大事なフレームレートはちゃんと維持してくれている。画質の方も、実際にニコニコで720p環境で見ること自体少なく、縮小された状態で観ることがほとんどなので気にはならない。
同じビットレート条件ならきっちり設定を組んでエンコードしたほうが高画質なのは言うまでもないのだが、汎用設定であろうサーバーサイドエンコードもそこまで見られない画質になっているわけではないのは大きな収穫である。

最高画質設定でエンコードされるには、以下の条件を満たす必要がある模様。
  • 動画時間:15分以内
  • ビットレート:1000kbps以上(2000kbps以上が望ましい)
  • 動画解像度:720p以上
ビットレートは1.5GBという制限を考えれば自然と満たされるのだが、残り2つがクセモノ。
まずは動画時間である。私が作る動画は長時間動画であることが多い。先日までアップロードしていた『宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル』のゆっくり実況プレイ動画は、15分以内で投稿された動画はたったの3本しかない

レトロゲームだとあまり画質を気にしなくても良いので、オリジナル画質を維持できるならば長時間にしてしまっても結構見られるのである。
だがサーバーサイドエンコードを挟むとなるとこうもいかない。例え2000kbpsの高ビットレートであったとしても、エンコードした動画を再エンコードするというのはそれなりに画質の低下を招くのである
今回の東方妖々夢の動画はゲーム部分オンリーなので劣化はそこまで気にならないのだが、文字要素が多くなるゆっくり実況となると、細かい劣化が結構気になってしまいがちである。
だからこそ、低ビットレートでも設定次第で劣化を大きく抑えられるAviutl+x264guiexを使用していたのだが…。

動画解像度。これは拡大して制作するだけなので、画質の面ではそこまで気にならないが前作の制作環境から作り直さねばならない。めんどい。
それに同じビットレートなら当然解像度が高いほうが画質は下がる。流石に480pで350kbps前後もザラだった前作の環境から、720pになるとは言え2,000kbpsでエンコードしてくれる新仕様ならそこまで極端に画質が変わるとも思えないが…。

とりあえず冬投稿といった以上もう準備を始めなければならないのだが、その前に検証すべき事項を1つこなすことができた。思った以上に面倒そうだが、やるしかない。
広告
×
色々手間かかりそうですがさらば待ってますで!

そして来年公開のヤマト2202 愛の戦士たち
監督はファフナーの羽原信義氏で脚本と構成がUCやローレライの福井晴敏氏
……最初本編だけの筈が2まで作らされたスタッフはヤマトが金輪際再起しないように
粉微塵に爆散させるつもりなのでしょうか(滝汗
4ヶ月前
×
正直監督とか脚本さんの前歴は知らないので…w
まあ『2199』を継ぐ以上、そんなに突拍子のない終わらせ方はしないでしょう。
ただ原作同様『さらば』『2』ルートに分離するなら…さらばルートが偉いことになるかもしれませんねw
4ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。