初心者必見?ヨナのCOJポケットマガジンvol.3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初心者必見?ヨナのCOJポケットマガジンvol.3

2017-01-11 21:55
    皆さん初めましてこんにちはヨナです。
    vol.3では実際のカード画面を見ながら各属性の特徴と、スターターデッキを参考にしながら簡単なデッキの作り方を紹介します。
    属性は基本4種類あります。赤属性と黄属性、青属性と緑属性です。赤属性の特徴は、



    このカードの能力のように、対戦相手のユニットに直接ダメージを与えたり(直接ダメージでBPが0になったユニットは破壊される)対戦相手のトリガーゾーンにあるカードを破壊したりします。黄属性は、



    このカードの能力のように、対戦相手のユニットの行動権を消費させたり(行動権とはアタックやブロックするための行動)、行動済みの対戦相手のユニットに直接ダメージを与えるなど、相手の行動を封じる能力が多いです。青属性は、



    このカードの能力のように、カードを手札に加えたり、対戦相手の手札破壊や対戦相手のユニットを破壊するなど、対戦相手の戦略を封じる能力が多いです。緑属性は、



    このカードの能力のように、山札からカードを引いたり、CPを補充したり(CPはユニット召喚やインターセプトなどを使うときに消費します)、貫通(相手ユニットがブロックしても対戦に勝利すれば貫通して相手ライフにダメージを与える)や不屈(行動権を消費してもターン終了時に回復する)など、自分が有利になるような能力が多いです。
    それでは各属性の特徴も知ったことですし、スターターデッキを参考に新しくデッキを作ってみましょう。
    基本的なデッキバランスは
    ・ユニット15~25枚(その内1~2コストが12枚程度)
    ・進化ユニット3~7枚
    ユニット+進化ユニット=25枚程度
    ・トリガー2~9枚
    ・インターセプト3~12枚
    トリガー+インターセプト=15枚程度
    です。では、スターターデッキを見てみましょう。

    コスト0ユニット2枚
    コスト1ユニット6枚
    コスト2ユニット4枚
    コスト3ユニット4枚
    コスト4ユニット4枚
    進化ユニット(コスト4)4枚
    トリガー7枚
    インターセプト9枚(赤2枚・緑2枚・無5枚)
    〈基本的な戦い方〉
    赤の火力と緑のBPの高さを組み合わせたビートダウンになっている。トリガーによってカードを補給しながらデッキを圧縮し、ユニットを前線に送り続ける。フィニッシャー《ベヒーモスドラゴン》のスキルを活かすためにも、積極的なアタックを心がける。
    そして、このデッキがスターターデッキをより初心者に使いやすく改造したデッキです。

    ※スターターデッキをベースに無課金でも作れる(全てBasicPackから手に入るカード)デッキです。持ってないカードは作成で作ってください。一部フォイルカード(キラキラしているカード)が入っていますが、ノーマルでも構いません。このデッキレシピは自由に使って構いません。(スターターデッキより使いやすいです)
    コスト1ユニット6枚
    コスト2ユニット6枚
    コスト3ユニット5枚
    コスト4ユニット4枚
    進化ユニット(コスト3)1枚、(コスト4)2枚
    トリガー7枚
    インターセプト9枚(赤1枚・緑6枚・無2枚)
    〈基本的な戦い方〉
    アタッカーの赤とブロッカーの緑と役割を分かりやすくした使いやすいバランスデッキです。《ハッパロイド》とトリガーによってカードを補給しながらデッキを圧縮し、《ソードファイター》や《キャトムル》、《クマティーナ》など各アタッカーやブロッカーをインターセプト《ナチュラルフルーツ》で強化する。トリガー《明鏡止水》は赤のインターセプトや無のインターセプト用に使うため自分のターンはCPを使い切っても大丈夫。《ゴライアス》は手札でオーバークロックさせ、ラストライフダメージに使う。(青のインターセプト《解呪》の下位互換)
    《ヘルハウンド》や《ハッパロイド》、《グラインドビートル》はフィールドに出した後は、各進化元に使うのがベスト。そして、先攻と後攻で初期手札(引き直し)が変わる。
    ・先攻
    《ソードファイター》や《ハッパロイド》や《キャムロル》、各ドロートリガーや《ナチュラルフルーツ》があれば完璧
    ・後攻
    《ハッパロイド》や《キャトムル》や《クマティーナ》や《リーフィア》、各ドロートリガーや《ナチュラルフルーツ》があれば完璧
    ※この改造したデッキは難しい能力を使わず、初心者でも分かりやすい能力をメインに作った使いやすいデッキです。なので、強さに関しては微妙(BasicPac限定デッキでならそれなりに強いとは思うけど、それ以外だと運次第です)

    ✝最後に✝
    vol.3は各属性の特徴を一部のカードを紹介して解説し、デッキ作成では基本的なデッキバランスを参考にスターターデッキを初心者でも使いやすいデッキに改造しました。もちろんカードの能力もまだ沢山ありますし、改造デッキもBasicPac以外のパックから出るカードを使えば、より強いデッキ(使いやすいかは不明)になるかもしれないです。

    次回
    vol.4は初心者と無課金者、課金者について解説します。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。