• 【ポケモンUSM S8】全世界が嫉妬するYoutuber型フェローチェ入りカバリザグロス【最高&最終2061】

    2018-03-13 19:12



    この後勝ってシーズン終了
    最高&最終2061(100位)


    【構築ができるまで】
    話すと長くなるのでおじいちゃんの戯言は割愛する。とにかくS7のトップメタであるカバマンダを使えるようになりたいというところから構築スタート。実際に出せるかは定かではないが、カバマンダに隙を見せずミラーを優位に進めるためにフェローチェを採用。水の一貫が尋常ではなかったためスイクンを採用した。ここまででカプ・レヒレへの対抗策が皆無だったため、それらに強いポケモンとしてメガリザードンYとミミッキュを入れた。そしてボーマンダを抜いたところで構築が完成となった(カバマンダとはなんだったのか)











    カバルドン@混乱実
    腕白 H228 B140 D140
    地震 ステルスロック 欠伸 吠える

    S7で猛威を振るったカバルドンをそのまま流用させていただいた
    まともな起点作り型のカバルドンを使ったのが始めてだったので最初は全く使い方が分からなかった。実は嘘の調整教えられてるんじゃねえかクソ弱えぞおぉん!?とか思っていましたが使い方分かってきたら強かったです、申し訳ございませんでした
    起点を作るのはもちろんであるが、それをさせてくれない構築が山ほどあったためサイクルを回すことを意識して使うようになってから思ったような活躍をしてくれたと思う

    吠えるは吹き飛ばしに変えよう
    友達のいないポケモンオタク「カバルドンが吠えるの人とは友達になれない」
    私「は?お前防音ユキノオーやバクオングが環境にいてじごくづきが採用される構築見たことあんの??ぽけっとふぁんくしょん100回見直してきてくれないか???」
    防音ジャラランガ「よう^^」(白目)
    (確かじごくづき持ちのバトン型ペンドラーとか存在した気がします)


    リザードン@リザードナイトY
    臆病 CSぶっぱ
    オーバーヒート 目覚めるパワー(氷) ソーラービーム エアスラッシュ

    雑に強いリザY
    元々裏のメガ枠として採用していたが、普通に強かったのでいつの間にか表のメガ枠になっていた。ちなみに基本選出にメガ枠は入っていない(タイトル詐欺ごめんやで)
    有利対面して「のりこめー^^」これ楽しい
    メタグロスを入れる前はカプ・レヒレを見たら絶対選出をしていた、そのくらいカプ・レヒレのために採用した個体といっても過言ではない
    エアスラッシュはシャンデラのような丁度対策に手が届きにくいポケモンに刺さったり、守ってこない不届き型バシャーモを無償突破してくれる優れもの。リザYが分かった後にドヤ顔して出てくるドヒドイデを何度も返り討ちにしてくれたのも大きかった



    ミミッキュ@ミミッキュZ
    意地っ張り H196 A156 B140 D4 S12
    かげうち じゃれつく 呪い 剣の舞

    HABミミッキュのBを削ってSに回してミラーに強くした。正直同じ条件でミミッキュが残っている場合以外この調整が活きないため、ただBの数値を損しただけだった感
    元々は雑に強いという理由での採用だったが、呪いが後述するフェローチェ、メタグロスとの相性が良く、このポケモンにしかできない強さを発揮してくれた
    オニゴーリにも強い点も素晴らしい。挑発オニゴーリ使っていたアカウントは押さえてある、素直に自首して一生使わないでほしい



    フェローチェ@アクZ
    やんちゃ ASぶっぱ
    飛び膝蹴り とんぼ返り 冷凍ビーム イカサマ

    USM発売当日に起源主張したア〇キさん型イカサマZフェローチェ
    https://www.youtube.com/watch?v=x7dW3VeC4Ig
    (高評価と再生お願いします、その分で奢ってもらいます)無断転載

    今回の準地雷枠兼準MVP枠
    初手に出してゲンガーやメタグロスを吹っ飛ばしたり、わざとギルガルドやミミッキュと対面してしまったフリをして突破を狙う
    H252ギルガルドを乱数75%、無振りミミッキュを確定1発、無振りメガメタグロスを確定1発
    ちなみにこのポケモンは剣舞ミミッキュのかげうち耐え調整が施されている、すごい!
    珠ゲッコウガの水手裏剣は4発当てないと落ちません、ゲッコウガ側不利です。おとなしく引いてください死んでしまいます
    とにかく先発で出してアド取りをする。冷凍ビームととんぼ返りのおかげでカバルドンの欠伸ループから抜け出すのが早くてそこそこ助かる場面も多い



    メタグロス@メタグロスナイト
    無邪気 A172 C84 S252
    アイアンヘッド 思念の頭突き 目覚めるパワー(炎) 身代わり

    ウルトラ地雷枠
    改めて見返しても意味が分からない

    『こいつが生まれるまでの軌跡』
     ボーマンダがメタられすぎてて腐り気味かつ妖への一貫がひどい
    →そうなるとグロスかドラン?でもドランってタイプ被るしレヒレに更に弱くなるし・・・
    →グロス入れたいけどマンダ抜いたらMVPのスイクンに強いナットレイやカミツルギがボンボン来るようになってしまう・・・
    →・・・ならグロスでナット潰すべw
    →どうせならグロスをヒトデで見てくる受けルも全部屠るために思念採用するべw

    完成。ヒトデ入りにはメタグロス、ヤドラン入りにはリザY+フェローチェを投げると比較的安定して崩すことが可能だった。
    エアームドはステロ1回で乱数2発、2回で確定2発であるが、受けル側からすればこいつよりもリザ・フェロ・スイクンが対策必至なため、グロスへの対策がお留守になっていることが多々あるため容易に2回ステロを刺して交代読みめざ炎したり、呪いや欠伸ループの餌になってもらってグロスでイージーウィンを狙っていた
    身代わりめざ炎グロスはS7にて大量発生した(スカーフ)カミツルギへの有効な対策手段となったのも頼もしかった
    ミミッキュの呪いやカバルドンの欠伸と相性がよく、相手からしてみれば
    「折角起点作りしたのにグロス?引いたらそれで終わりじゃん」
    って思わせたかった。その思考にさせたら勝てる(この時グロスは怯ませるものとする)



    スイクン@ゴツゴツメット
    図太い H252 B116 S140
    熱湯 吠える 眠る 寝言

    フェローチェ最大の相棒かつ対カバルドン用兵器のMVP枠
    準速キノガッサまで抜いているのはボーマンダを採用していたときに初手キノガッサがケア出来ていなかった名残り、襷まで持って行った後にこいつでガッサを処理する
    現環境でも使い方間違えなければスイクンは強いと思っていたが雑に使っても強かった
    欠伸対策としてこちらから寝てしまえば眠った次のターンに出てきた大抵の積みアタッカーに対して寝言で吠えるを出せれば起点にならずに済む(当然ながら他に逃げ道があればそれ相応の動きをする)


    【選出】
    基本選出

    フェローチェ刺せそうなら基本はこれ。先発でフェロ出して不利対面になったら蜻蛉で逃げてスイクンとカバでちまちま削ってフェロで全抜き狙う

    受けループ
    oror@メガ
    ドヒドイデ入りには1つ目、ヤドラン入りには2つ目、両方いてなんとなく無理そうなら3つ目
    3つ目の場合は技選択の速さに気を付けて頑張る。基本は1か2

    割とパーティの刺さり見て決める

    ←こいつを見つけて取り巻きのリザへのケアが厚そうだったら速攻グロス選出を決める
    陰キャに優しい人間なんてどこかに闇を抱えているものだ。絶対に信用しちゃいけない

    【反省】
    エンジンがかかるのが遅すぎる。毎シーズン5時くらいから調子が上がってレートを伸ばすが物足りないレートで終わってしまう。対策はないので集中して頑張るしかない

    おわり


    【経緯】
    おじいちゃんの戯言なので気づいてもここからは見なくていい
    自分が足り大好きマンだけど恥ずかしいのでホワイトでポエム書いてみたったwwwwwww


    今回のように(見かけ上は)トップメタガンガン突っ込んで対戦しようと思ったのには理由がある。そのきっかけが『へべれけオフ』というものである。
    『へべれけオフ』ってなんぞやって方に説明すると酒飲みながらポケモンオフ。ざっくり
    もちろん他にもオフなり大会に出たことはあるため、このオフで勝った負けたで闘志に火がついたとかいう話ではない

    このオフは主催・運営に昔から親交のある(元)実況者の方々が数多くいるため、運営+実況者みたいなメンバーで二次会が行われた。ここでの出来事が私の考え方を180度変えるものとなった

    大抵こういう飲み会をすると不穏な話をする陰キャとポケモンの話をする陰キャオタクに分かれる。どう足掻いても最悪。ちなみに私は社会不適合者の陰キャオタクなのでポケモンオタク側の端っこでバトルオブシンオウの対戦回数をこなしていた。割と調子が良かったのでポケモンは片手間程度で話を聞いていたのであるが、ここでの話が盛り上がる

    ここでの話の中心にいたのが、運営のたかきおすさんである。たかきおすさんといえば2200達成や最終1桁順位を達成している実力者である。とにかくポケモンの話が尽きることが無かった。今までいろいろな実況者の方々と仲良くさせてもらっていたが「正直、ポケモン対戦が世界一好きなのは自分だ」という自負があった。しかし、初めて自分よりもポケモン対戦が好きな人に出会ったかもしれないという思いになった。そのくらいポケモンに熱い人だった。その話を聞いている今ですらDS片手に対戦をしているのにである

    ここにはもう1人2200勢がいた。地球防衛軍のカビパラさんである
    ここでの話題で「おもちゃを捨てる」という話が出た
    “おもちゃ”とはずばり嫁ポケ(相棒)のことを指す。彼らは共にラティハッサム、エフィブラのように相棒と共に2200を達成した超人なわけではあるが、今となっては使用していない。確かに2人の話はとても参考になったし、聞けて良かったと心から思える話だった。ただ、実況オタクの私としたら(いやいや、個性込みで勝てるならそれが一番でしょ)という思いがこの段階でも勝っていた

    しかし、この話を聞いた私以外の2人は違った
    あわさきさんとテイトさんである。この2人もドラフト甲子園を共に戦った仲間であるが、最近ではあまりレートにのめり込んでいる様子はなかった。ただし、この日の2人は目を輝かせながらやる気に満ち溢れていた。結果として2人共S8にてレート2000を達成し、テイトさんに関しては最高レートを更新した。非常に嬉しい出来事である。しかし、それと同じくらい悔しかった

    あみゅさんがよく口にすることなのだが、「一度辞めたプレイヤーを引き戻すような動画を作りたい」こんな言葉に私も共感している。だからこそ実力が落ちてきた中でも必死にくらいついて2000まで上げて動画を撮ってきた。しかし、圧倒的な実力を前に自分の1つの目標をあっさり達成した光景を目撃してしまったのである。衝撃でしかなかった。悔しかった

    だからもう一度、1からポケモン対戦に真摯に取り組んで強くなりたい、そう思った。
    もちろん動画のクオリティを上げて魅了するのアリだが、私にはそんな話術もなければ編集技術もそれに費やすほどの動画欲もない。対戦によってどうにかするしかないしそれが自分のやりたいことだと気づいた。もちろんトップメタでなくても強いと思ったポケモンはなんだって採用します。ただカメガブナットやらバシャバンギブルドヒやら自分に固執しすぎるのは一回置いておきます。本当に強くなれたそのときには今では見えてこなかったものが見えてくるかもしれない、そんなこと考えたらまだまだポケモン辞められないよなあ?

    もちろん高レート目指すために動画投稿やめます!とかいうお門違いなことはしないので安心してください。今まで通りのスローペースかつ気まぐれに上がっていくと思います

    おわおわり

  • 広告
  • 【バトルオブシンオウ】テンプレの方が少ないまである【最高&最終173〇】

    2018-02-26 13:05



    ↑この後勝利

    【コンセプト】
    インターネット大会は一度の地雷に負けると命取りになるため、相手の地雷に引っかからないような耐久を持っているポケモンかつ、地雷となりうるポケモンを多数用意することで勝利を求めることとした



    サンダース@いのちのたま
    臆病H148C108S252
    10まんボルト/ボルトチェンジ/めざめるパワー氷/どくどく

    ルール上最速のポケモン。スカーフを匂わせるポケモン以外にはボルトチェンジを打ち込んで対面操作を行うことができる。耐久ポケモンが多数現れることを予想しどくどくを採用した



    ギャラドス@ゴツゴツメット
    腕白HBぶっぱ
    たきのぼり/ゆきなだれ/どくどく/ねむる

    貫録の素眠りギャラ。折角なので怒りの湖から色ギャラ捕獲して4世代限定のゆきなだれを覚えさせてきた。ねむるで耐久型の攻撃をいなしたり、どくどくを解除するために採用。今回のルールでは相手の耐久型を潰すルートをいくつも用意するのが勝ち筋と考えていたためこのような構成となった。ねむるの枠にはだいもんじ、VC産限定のリフレクターを考えていた
    (リフレクターを入れるためには特性を自信過剰にしなければならないため採用から外れた)



    ポリゴン2@しんかのきせき
    図太いH244B198C68
    れいとうビーム/めざめるパワーほのお/ねむる/ねごと

    トップメタメタポリ2。ねむるを採用した理由はギャラドスと同じ。とにかく範囲は狭いが突破できるポケモンも限られている。絶対にどくどくには負けないという意思のもと採用した。ハッサムのテクニシャンを奪ってめざ炎で返り討ちにするのが目的だったが結構な確率で引かれたため偶発対面以外でのドヤテクニめざ炎は少なかった



    ハッサム@こだわりスカーフ
    陽気ASぶっぱ
    アイアンヘッド/とんぼがえり/ばかぢから/はたきおとす
    今回のパーティの肝といえる存在。フーディンまで抜くことが可能。マニューラには相性上有利なためサンダースとクロバット以外には強気にとんぼがえりをしていくことができる。
    パーティ上アグノムやゴウカザルが重いため、こいつでとんぼがえりで削ったり、ばかぢからで飛ばしに行くことでトップメタ4倍弱点持ちの弱い部分をカバーすることとした



    ロズレイド@マゴのみ
    穏やかH252B220D36
    ヘドロばくだん/ギガドレイン/めざめるパワーこおり→ほのお/みがわり

    水ロトム・マリルリメタの採用。とにかく水ロトムへの受けとして優秀。
    ボルトチェンジで20台~30台くらいしか入らないためマゴのみを含めて何度でも受け出しが可能。ミトムとの対面が作ることができれば、相手は引くかボルトチェンジなので身代わりを残して広範囲な攻撃で大抵有利な状況へ持っていてくれた。1ロム目はめざ氷だったがどう考えても炎の方が汎用性も範囲も勝っていることに気付き変更を行った。HDが特化ユキノオーのふぶき耐えでマゴのみが発動→礫を耐えることを見越しての調整。残りB



    ムウマージ@たべのこし
    臆病H204C52S252
    たたりめ/おにび→どくどく/みがわり/スキルスワップ

    害悪絶対起点にするマン。某A氏が使っているものとほぼ同等の個体。グライオンやオニゴーリの前でみがわりをはってからスキルスワップをすることで状況を一変させる。この型のことを聞いて同じことができるポケモンを探したが唯一無二だったためそのまま使用させていただいた。地味にハッサムからの受け先としても優秀でパーティの補完枠として悪くなかった


    【反省】
    ロズレイドの強さに気づくのが遅かった。ミトムが高確率で選出されるためロズレイドを選出すれば勝てる試合も多かったが35戦過ぎたところまでいまいちロズレイドを信用して使うことが出来なかったため選出の幅が狭かった。23戦で1700乗ったところまでは良かったがその後の16後半~17台の強いミトム使いに後手を取って落としてしまった試合がいくつかあった。
    残りの10試合程度はロズレイドの選出と共にサンダースとギャラドスの選出も増えてバランスの良い選出が可能となった。自分で開いた仲間大会に参加していればもっと早く動かし方に気づけたのかもしれなかった。
    パーティバランスとしてはとにかくヒトムが重かった。収録した動画でも再三言っているがヒトムを全くマークしていなかった。仲間大会ではヒトムは6位とかなり多かったが本戦ではもっと減ると考えていた。理由として、鋼枠が多くないため炎枠を無理して入れる必要がなく、ハッサムであればめざ炎で対応が可能なこと、ハッサム以外のトップメタに弱くはないが強くもない程度なこと、ミトム環境になった際に不利を取る展開が予想されること、ミトムが使うことができないこと等・・・ 2ロム目が4戦中3ヒトム(3負け)になったときは発狂して即3ロム目へと移行した。3ロム目ではムウマージのおにびをどくどくに変えてたたりめでヒトムへの有効打となるように変更した。そのせいで1戦目からマンムーが止まらなくなったのは言うまでもない。少しずつ立ち回りでカバーできるようになっていったが3ロム目の対ヒトムへの勝率もおそらく6割程度。インターネット大会の対戦においては致命的だった。

    思い切ったところまで踏みこんだ環境考察力と地雷を踏ませる即興パーティを動かせるだけの実力が足りなかった

    【最後に】
    バトルオブシンオウに時間費やし過ぎてレートが疎かになっているのでバトルオブシンオウ編はほぼ無編集で上げていく方針で


  • 【ポケモンUSM S7】何度でも蘇るカメガブナット【最高2019】

    2018-01-23 12:331



    最高2019
    最終194〇


    【構築経緯】



    (何言ってだこいつ?どれだけカメックスに向かい風の環境か分かってんのか?)


    ・・・


    ってことでここからカメ軸考えた。わずか4日間(実質3日間)の出来事である









    ※最終日終盤のみラティアス→サンダー

    【初心者のためのカメガブナットの説明】
    カメガブナットとは・・・カメックスで相手の先発に出てくる起点作り(ステロ)要員を確実に潰しつつガブリアスの襷を守って崩す。この2体で受けられない範囲をナットレイで流す

    というものである(なおXY以降3体同時選出はかなり減っている)



    カメックス@カメックスナイト
    控えめHCぶっぱ
    水の波動/波動弾/冷凍ビーム/アクアジェット

    知ってる人は知ってるカメックス
    最初は冷凍ビームをリザXにも打てる竜の波動にしていたが妖への一貫やHD地面枠を叩くのに必要となったため変更
    相変わらずステロ撒き相手とガルーラスタンみたいな相手には強気に出られたため選出率はかなり高い。おそらく1位を争うレベル
    アクアジェットがあるとステロ撒きにカメックスを削るかステロを撒くだけで退場するのかを迫ることができる。基本的にカメックスは1:1交換する性能は持っているのでステロを撒こうとすると実質1:2に近い形で戦うことができるため優位に試合を運ぶことができる

    PN:カプ・レヒレ垢消せ



    ガブリアス@気合の襷
    陽気ASぶっぱ
    地震/逆鱗/岩石封じ/剣の舞

    テンプレ1
    カメックスが範囲を取るポケモンなので崩し役が必要、というわけでガブリアス
    なぜガブ?と聞かれると困るがそこそこのS種族値と地面枠のアタッカーだから(伝われ)
    環境から減っているらしいが襷持ってる分にはそれなりに仕事するのでそこまで衰えは感じなかった
    ただし最初の構築段階ではニトチャリザードンを警戒してスカーフからスタート。とにかく弱い面が目立ったため襷に戻った


    ナットレイ@フィラのみ
    呑気H252A44B212(最遅)
    ジャイロボール/タネマシンガン/宿り木の種/守る

    確かガブリアスをジャイロ高乱2に持っていくためのA44
    昔はゴツメを持たせていたがガルーラが減った、弱体化した環境でゴツメによる強引なスリップを稼ぐ必要がなかったためフィラのみによる回復を選択
    正直調整を変えた方が良く、ミミッキュの剣舞シャドクロZでフィラが発動しない機会が何度かあった(おそらく陽気)
    そのためBをキノガッサのマッハパンチ2耐えまでに抑えて残りをAに回して剣舞キノガッサに強く出れるようにすることを強くおすすめする(ダメ計は回してない)
    変えなかったのはめんどうだったから


    ミミッキュ@ミミッキュZ(最終日前日までゴーストZ)
    陽気ASぶっぱ
    じゃれつく/シャドークロー/影うち/剣の舞

    テンプレ2
    ナットレイで受けられないところを強引に受けたり、ガブリアスが仕留めきれないところに手が届くトップメタ
    陽気ASな理由はこれしか持ってなかったのと速い方が強そうだったから!!!(まっちゃと並感)
    それとこいつをボックスから引っ張ってきたときの技構成が

    ウッドハンマー/剣の舞/影うち/トリックルーム

    だったのですがその頃の私は病んでいたのでしょうか。剣舞ウドハンZでガルーラ倒して満足してボックスにぶっこんだ思い出しかありません

    最終日前日までゴーストZだった理由はサブロムのミミッキュZが回収されていなかったため夜まで待たなければいけなかったから

    (筆者はS7においてメインロム含めて1500戦以上対戦していたはずなのだがやる気があったのか疑問が残る点が数多く存在する)


    ウルガモス@拘りスカーフ
    控えめCSぶっぱ
    オーバーヒート/虫のさざめき 残り2枠はめざめるパワー氷・ギガドレイン・とんぼ返り・サイコキネシスから選択

    MVP兼戦犯
    パーティバランス上、カプ・コケコやライボルトを先発で呼ぶため全体にある程度刺さっていたら先発に投げて乗り込む
    基本的にはオーバーヒートと虫のさざめきがあれば仕事はできるが、残り2枠は最後まで纏まらなかった(最終的にはコケコランド軸のランドロスと偶発対面してしまった際のめざめるパワー氷、水妖相手に削りを入れて後続に繋ぐためのギガドレインとなった)
    おそらくレートを伸ばすことが出来たのはこいつのおかげだったが、最終日に限っては全く刺さっておらず、蝶舞めざ地だったら全抜きして勝ってた試合がいくつもあった


    ラティアス@電気Z
    流星群/波乗り/10まんボルト/身代わり
    臆病CSぶっぱ

    対策になっていないカプ・レヒレ・テッカグヤ対策枠
    陰キャポケモンの前で身代わり張って殴った強くね?ってことで採用
    実際は範囲も広くない、火力もないで限定した場面でしか出せなかった
    それこそ身代わりを置いてる余裕がなかったのでラティオスに変えてフルアタかつ火力アップさせた方が選出率は上がったと思う
    ラティアスの方が耐久があるためリザードンXのニトロチャージ等の乱数が変わってくるためラティアスで使用していた
    このラティアスの次に飛行Zカイリュー、その後穏やか残飯サンダーへとチェンジ
    おそらく飛行Zカイリューで遊ばなければもう少し最終レートを巻き返せた


    【総括】
    カメガブナットミミッキュのメンテナンスと@2を探せばまだ生きていけるカモネ

    おわり






















    動画ないんですけどどうしたらいいんですかね・・・?