• 作家と言う名の独裁者

    2017-06-23 15:0816時間前

    小林麻央さんお亡くなりだそうで、謹んで、お悔やみ申し上げます。


    こういう方が亡くなって、そうじゃない奴が結構元気、状況に混沌は今もある訳だけど。

    「中華思想の皇帝」それは、本来は「王の権威」を持っていた”秦の始皇帝”の、後継者らの事ではあり。
    恐らく秦の始皇帝、その時代は当時の彼らにとって忘れがたい楽園だった、のかもしれない。今の40代、その昭和への望郷にさえ近い、或いは”同じ”だろうか。しかも、秦の始皇帝の頃は「本当に勝者で有り最強の国家」だったのだ。昭和の様に「アメリカの御慈悲で生かされている」妙な失意は無い我らこそが神の民である!その位の、何かのブランドが或いは発生していた、そう言う事は考えられて。

    もちろん?始皇帝も結局、長生きは…しなかったのだが。

    問題は、その後継者になった人々に「王の権威」は”無い”のだ。その結果、「始皇帝の様に!」それを求められた次の皇帝らは、何をどうやろうと「ヘタレ」前任以下、の評価を受ける事になり、続くとやがて、精神が歪んでいく訳だ。民がどれだけ苦しもうと知った事かとか、中国と言う国はやがて、ブランドだけを抱きそうして滅んでいく事になる時。

    …誰が悪いの?

    理由が、ハッキリしない。単に皇帝に対しての「人々の期待が過ぎる」だけだ。結果、皇帝に問題が集中しても何故か、この皇帝には被害が及ばない?と言う奇妙が発生する。DOS/Vにしろ、根幹にあるのは「誰かの主観」であり、それは中華思想の皇帝と大差ないのだ。要するに人々?が、独裁性へ何らかの夢を見る限り、中華思想の皇帝がどれだけクズでも、それを呪い殺そうとしても、それを選んだ”他”へと責任は廻ってしまう。

    テレビにとって必要だった「皇帝」それは、一応解任はされた、にせよ?(そうだろうか?)「王の権威」が形而上の存在である様に、中華思想の皇帝だって”同じような存在”で。概念的にはまだ、”それ”は消えた訳でもなく、憤慨はその矛先を探している。ただ皇帝は?現状は「確信犯」些細な中傷やプライバシーの侵害もどき、その「軽犯罪では罰として殺せない」場所、”そこ”に潜んでいるだから。

    「軽犯罪は、繰り返すと累積して重いマイナス評価になる」

    100円の万引きも100回後には55万円を万引きしたマイナス評価になる、と言う「軽犯罪の重過失」そう呼ぶ罰則が形而上かで提案され、恐らくは受理されてる、訳だが。”それ”が果たしてその許し難き皇帝らに、相応の罰を与えているのか否か…そこはまあ、良く解らない。

    一応「関わると失敗する」評価的にはそう言う感じにはなっている、筈。

    だがちょうどコミケも近いのだ。どうしたって皆、自分の創った作品を評価して下さい!そう言う衝動を抱いて、時には無茶もしに行く訳で。独裁性への願い、それは自由への渇望ではあり、しかし。自由は必ず他の自由と衝突し、そこで結論で「戦争」が起こり、どっちかの願いは叶わない。回避する為には、相応のルールが必要で、その制約を我慢せねばならず、だから。

    「貴方の作品は評価できません」

    ”これ”でか?!


    と言う理不尽は今も恐らく、消えはしない訳で。その時、皇帝もまた、何処かそこかで顔を出す事に。創っていて楽しく楽でそしてお金に成ればそれに越した事は無い訳だが。

    この、投入された労力は何処に。


  • 広告
  • 夢と理想と平等は何かの標語の様に

    2017-06-23 12:2418時間前

    ちょっと前に考えた事はある。


    「巨大な体育館?に、ガンダム”戦場の絆”の筐体が100台位、ある光景」

    ”これ”が、現状想定される「紛争解決機構」での「空母」的な、意味合いになる。短絡的な視点では「維持出来ない」のだが、ともかく電気代等々、この”維持費の膨大さ”は利益性でのプラス?と言う事を考える時、頑張れば可能性はあるのだろうか。平時でこれだけの駆動はほぼ有り得ない、利益性は無い訳で。ただ、戦力としてはかなり、期待し得る存在ではあり、そしてアメリカは”これ”を、現実的に”数機”運用しているのだ。

    …国民の税金はここに、どれだけ投入されているのだろう?


    良くも悪くもアメリカの話は「こういう話」ではあり、何をやるにせよ、何と言うか「不可能」はまず、ある。そして良くも悪くも「それらをコントロールするのは今はコンピュータ」なのだ。DOS/V機かどうか?はともかく、その中で最大に近い「勢力」を誇るDOS/Vは、やっぱりその辺に影響は色濃く出ている筈でまた、その辺の影響も、色濃く受けている訳で。その、”中央”に押し寄せる問題の数々は、一般人が想像する様な話は殆ど無く、確かに「凶悪なモンスターが潜む洞穴へと銃片手に挑む」そんな話でしかなく、そしてそこに正義があるとも限らない、「それでも挑まねばならない」のが、前線の兵士であって。そこで必要な事とは何だろう?ともかく神に祈る暇があったら敵に向けてトリガーを引くべきだが。

    それは正しい事なのか?


    要するにそう言う面倒な話が、DOS/Vの「コア」には集中する訳で、”それ”を人間が対処しなきゃならない時、帰結的に「あかん」に陥ってもしょうが無いと言えばそうではあって。良くも悪くも「中華思想の皇帝」はそこに、「諦めるな、俺に任せれば」そう、力強く言い切った、かどうかはともかく「そう言う存在として」有った訳だが。その結果、平成は一時景気が良くなった!気がした後での大崩落を繰り返し、世界中が割と滅茶苦茶になって今に至る、或いはそう言う状況は、推測?が正しいなら、ある。「全然ダメじゃねーか!」は、皇帝から何故か「王の権威」へと流される訳で、それを考えると何が起こっていたか、ちょっと考えたくない。

    とは言え、それらの「歪み」を正した?後で、DOS/Vのコアは何を言われるか?と言うと。


    大衆は神様である。(0±0)だ。面倒は”これ”に聞いてくれ。それで問題は解決する。

    いやいや。


    現状がこんな感じだとしても、その一つ上の話で「なるほど素晴らしい」と言うのは、自分もちょっと、問題は感じる。理屈には、自信はある。その「兵士の苦悩」それは、「紛争解決機構で決着にする」事を考えた時、兵士側を絶対の正義に置けるのだ。”その決定に逆らう”限り、相手は紛れも無く悪の枢軸である。それは正義の名の元に、滅びなければならない。

    …「紛争解決機構」それが、本当に正義であれば、だ。一応、「戦争は良くない」「二択は決めきれない」時、”それ”での決着にしか、帰結は無いのだが。一応今の所?「大賀さん」それは、十分な性能を見せている、様だ、が。

    「働けば楽園に行ける」これは確か、ナチスのアウシュビッツ収容所にあった標語ではあり。現状の”雅”市場が言うのも実際は、”これ”ではある。世界は一つの価値観で統制される。全ては神の妻であり、平等かつ公平な権利と、同じく義務を有する。義務を果たしてこそ自由は買えるのだ。均等労苦、富める者も貧しき者も、その状況に応じた”等しい”労苦を果たさねばならない。貴方がその職務を果たしてこそ、他者に同じ事を要求出来るのだ。

    客観的に聞くと、何かのカルトでしかない。

    ともかくDOS/Vのコアに、誰か個人が居るにせよ?今、「中華思想の皇帝」が当てに成らなくなった時、頼り?責任を転嫁し得るのは(0±0)神様、しかない筈だから。その結果がどうなるか?それはまだ、暫く様子を見なければならない、気はする。

    ともかく今、奇妙な?風邪が流行っている。それは何かの呪いか憤りか、どっちだろう?


  • 夢に対して払ったお金とその後

    2017-06-20 15:37

    状況としては、特殊はあるのだ。


    森宮は、以前に雑誌のゲームコンテストで「虹色宝珠」と言うゲームを創り、「グランプリ」を得ている(もちろん賞金付き)。
    しかし、当時「王の権威」が宙に浮いていた結果、”この結果”で選抜が定着したかで、森宮が昭和天皇の持っていた「王の権威」を受け継ぐ事になった、らしい。
    その同時期、意せずして自分は「黄昏の狩人」これを書いた、のだが。
    その後、直ぐに上手く行かなくなり、サークルも消滅した。
    …しかし、「黄昏の狩人」それは盗まれ、その後、それは印籠と化しそれを持つ人が「王の権威」と言う事になった。


    もちろん「王の権威」その物は移動してないのだ。だから、”ここ”が、その「王の権威」であって。だからこそ、「中華思想の皇帝」それは、”ここ”を徹底的に否定する事には成ったのだが。ともかくつまり?王の権威が「それは好ましい」と評価するモノが売れる、利益性がある物な訳だ(継続し受け継がれていく物の様だから、それまでに認証された物はされたモノとして残っている訳だ。自分がさほど面白いと思わなくても、過去の認証が認めてたらそこには利益性がある)。自分が”その主観を”総動員して創った「美鶴さんの長い妄想」それはいったい、何だろう?

    …それを評価したら、戦前の天皇の権力、”それ”を容認する事に成らないか?

    だから、「美鶴さんの長い妄想」その他は、作者に対する換金性が出ない訳で。と考えれば、多少は納得出来る部分は、有る。ゲーム自体の出来は良い。ただ、”戦前に戻る訳には行かない”時、「すまんな」それは、やむを得ない部分は有って。そもそも「王の権威」が民間に降りたのもそれが理由だ、天皇家が引き継いだら権威は、安直に権力に成ってしまう。

    その後、「王の印籠」が時代を創ったが同時に混沌も負債も、膨大に創った訳だが。その辺の現実からあの「SCP財団ネタ」そう言うのは、あるのかもしれない。

    ともかく現状、DOS/V(の独裁性)は、破壊?された。
    優位性を失ったので、以前の様な暴論?それは根拠を失い難しくは成った。
    それが想定してた利益性は無理が出た訳で。じゃあ、どうするのか?
    そこは、ストリードの連携、外部からオーダーを貰い創る、と言う事だが。

    ともかく「美鶴さんの長い妄想」が売れなかったのは、それが独裁創作だからだ、それで結論で良い。その他の作品も売れなかったのは、同じく独裁創作だが「それを信じなかったから」だ。その辺の強力な影響として、「DOS/Vの独裁性」それはあって、ともかく”それ”は負けて、優位性を失った。

    感情論として、「そんな筈が無い!」を続けてしまった人々に対して、何の罰則も無いのか?それらが諦めなかったが故にここまで事態は引っ張られ、今も改善してない。でも客観的な視点、その罰則は感情論的に言うと、ちょっと剣呑だよ?妙齢の女性をシュレッダーに掛けて溜飲が下がった、と言うのも、どうなのか。

    …そもそも、強力な独裁性こそが諸悪の根源じゃないのか?始まりは何処か。

    しかしなぁ。


    キーになる人が居る。「黄昏の狩人」を持った人を「王の権威」として信じて、それが示す未来を目指したスポンサー?が。それはもちろんDOS/Vを守る為に?そっちを支持した訳だ。その人はスポンサーとして夢を追い、DOS/V用のゲームに良くある、残酷で有り得ないイメージのストレスが高いゲームを次々投入し、もちろん損害が出ようと”それ”を繰り返した。敵対する人々への供給は片っ端から切って、今のDOS/Vの天下?を創った訳だが。しかし、その支持してた「王の印籠」を持ってた奴は、嘘がバレたかで失脚した。DOS/Vも結論で”負け”て、その強制力を失った。この状況ではこのキーになる人物は、今の方向性を守らねばならない根拠がない、同じ方向性へ進む事は出来ない、筈だが。

    状況は、あまり動いてない、と言う事は。

    問題になるのは、この人物が?微妙に、その主義主張を変えてない、事だ。となると、”それ”は自分の意思で選択として行った事になる。それは、相応の罰は当然、発生するのではあるまいか。或いは命に関わるが、それでも?

    一応、そこに期待される結末はある。独裁的に創る創作に利益性は、無い。