• 理想を目指し潰えていく

    2017-12-16 07:556時間前

    八百長に価値は無い訳で。

    しかし、「愚者」が理想を目指すと、”それ”を始めてしまう訳で。
    ”それ”が横行する時、世界から利益性それは消える。まずはそれを防ぐ事から、経済的な回復は見出されるのだけど。

    それが意外な程、難しい(ノД`)・゜・。。

    理由は単純だ、誰だって「自分が大事だと思う方が勝たないとおかしい」から、だ。期待される勝負その結末は、誰の理想通りにも成らない、サイコロの出目の様な物で。結局はその行方は神のみぞ知る、しかし。

    独裁者は特に、次第に”それ”が我慢出来なくなるのだ。

    この現象?は、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」でも今だ(多分)、有る。「なんで鉄華団は負けたの?」って言うか負けとして書いたの?面白いと思ってんの?ガリガリ君の何処が主人公なの?主役ってどういう存在か解ってんの?ともかく”これ”は、許し難い駄作だ。

    期待される様として、「ガンダム」では、どのMSもキャラも、”特別”として描く事は許されない、理由が必要。プラスがあればマイナスもあり、道理に基づいてその是非は問われる。その時、”普通の”物語の様に、鉄華団だけを、そっち側だけのMSを売れる様に、妙に優遇する事は…好ましくなく。とは言え?量産されたRX-78-2を相手に旧ザクが無双する?と言うのも道理には反する。その「ガンダムに期待される正義」に基づいて、鉄華団の結末はどうなるか?と言う時、展開上それほど理不尽は無く、しかしクーデリアには有ったかもしれないが、鉄華団には根本的に正義は無かった、単に身内優遇しか考えて無かった訳で。

    「正義は勝つ」のだ、例えガンダムを使おうと、正義が無ければ勝てない。

    その視点で見る時、MSやキャラの扱いにしろ、結末にしろ、この作品には”さほど”問題は無い。勿論基本的には「良い結果」普通考えてそれは主人公側が勝つ、事だ…その方がストレスが無いが。状況も悪かった、それは今もだ。

    「サイコロの出目は覆せる」主人公でさえ有れば!

    それは違います。

    と言うのを、明確に示したと言う点では…むしろ名作にさえ相当は、する。最もこの展開は「閃光のハサウェイ」で既に使われてるので。妥当だとは思うがエポックでは無かった、それは確か。しかし、批判?には道理を感じても、駄作と言うのは適当では無い気はする。

    これを我慢せねばならない、訳だが。特に創作者としてまず、「これはおかしい」が始まる時、そこに衝突の火種は発生する。だから、それもある。独裁創作は結局、作者の正義”だけ”でその「運命」を構築してしまう、要するに自分の気に入った存在だけを救い優遇するので。それを見せられる時、普通の人は単純に思う訳だ。

    つまんない。

    どれだけ道理に精通し、どれだけ高い技術とコストを投入していようが、だ。「独裁者が居る」その時点で、その領域は価値を、根本的に失ってしまう。

    経済的回復の為には、”これ”を否定しなければならない、のだけど。
    テレビは、ともかくマスコミは今も、選挙結果に不服を唱えるし?その選択が「自分らの期待通りでは無い」事を理由に、批判を続ける。サイコロの出目など覆してこそ真なる王である。中国は歴史的にも”それ”を選択してきた経緯があり、そう言う事に同意が多々あり。それは安直に強奪連鎖を発生させ、世界は未曽有の不景気に陥った、訳だが。

    ともかく「ガンダム」的には、道理を優先する方向には…有る。ともかく利益性を主眼とする時、「そうしないと売れないから」だ。もちろん平等に公平に、その結果としてその妙な意向を呑まねばならない場合も、多々発生はする筈。結果はやってみないと解らない、のだ。ガンプラを創らせる権力が暴走してないと、誰が言えるだろう。

    危機は何となくまだ、去っていない。


  • 広告
  • 優美なる邪悪の居城

    2017-12-15 08:04

    最初はこうでした。

    A:]]]]]]]]]]
    B:]]]]]]]]]]
    C:]]]]]]]]]]
    D:]]]]]]]]]]
    E:]]]]]]]]]]

    気づくと、こうでした。

    A:]]]]]]]]]]]]]]]]]]
    B:]]]]]]]]]]]]]]]
    C:]]]]]]]]]]
    D:]]]]]
    E:]]

    更に暫くすると、こうなってました。

    A:]]]]]]]]]]]]]
    B:]]]]]]]]]]
    C:]]]]]
    D:]
    E:*

    そして、戦争は始まったのでした。


    「強奪連鎖」と言う状況が”これ”で。良くも悪くもA→Eの方向へ強制力は発生、Aは”税金”を集める事が出来る、訳だが。AがBから徴収すると、BはCから、CはDから、しかし?Eは徴収先が無いので、減ったままに成る。本来?「無い所からは取らない」のなら…まだ良いが。その時、Aが徴収できる金額には上限が発生してしまい、微妙に不足感は残る、あとちょっと!足りない。また人間は食事をする為?毎日”何か”は目減りしていく現実があって…つまり、その「あとちょっと足りない!」は、どんどんと加速していく訳だ。

    やがて上が「無理」をした瞬間、最下層のEは潰れてしまう。「次は?」世界は恐慌状態に陥り、それは戦争を発生させる…リセットしよう!

    それはでも、状況をますます悪化はさせる訳だ。
    何故人々は解り合おうとしないんですか?!Aの城で姫が叫ぶ訳だが。

    これを自制させる方法は無いのか?と言うと、基本的には「世界」現実は、「平等」それを”定理”にしている。「正義」その起点がそこに有って。だから、そうなる前に「不満」が発生する訳だが。Aとしては、不満を無視してると自己の、いや世界の破滅を招くので。本来は階下の、特に不満には耳を傾けねばならない、のだけど。A~Eまでなら、まだ見えるから良い。これが100倍くらいに成ってくると?末端はAにとって無関係だ、そう言う存在になる…人間扱いさえ出来ない。”世界”が、人口が膨らむうちに、その「最上位には人間に見えない」層が広がってしまい、本人としては問題なくやっている筈なのに、何故か不満が戦争を呼んだりする、訳だ。

    この現象は?しかし、「創作」の中では、実は安直に起こる訳だ。

    創作とは「同意の束」である。要するに、そこは「無形の国」でさえ、ある。それが膨らむと言う事は、”そこ”に住む人々が増えていく、と言う事だが。そこに発生する不満それは?次第に上の「強奪連鎖」それを示し始める。作者に、「原理的な最上位」には?次第に末節の不満が見えなくなっていって。これは割とすぐに起こる、内部で歪みの果てに戦争が始まり、世界は、その創作は…破綻してしまう。

    そうならない様に、しかし。ハッキリ言える事は、「人間には限度がある」と言う事だ。だからもう、「神様に縋ろう」実はそこにしか、答えは無かったりもする(´▽`)。

    宇宙の定理として、「平等」それは正義、そこは覆せない感覚だ。それを覆そうとする部分にこそ、悪は発生する。良くも悪くも、「邪悪よ死ね!」その宇宙的定理としての価値観にとって真実である時、”そこ”に「価値」が発生してしまう現実があり、良くも悪くも潰れそうなEは、”それ”によって救済される。世界はそれによって救われる、訳だが。この結果、Aは常に、何かの自制を要求されてしまう。税金の”全て”は、逆に適正に使い切らねばならない、のだ。決してAの個人的でゴージャスな城を創る為に集まったお金では、無い。

    …と言う事は。昔の、或いはシンデレラの城、”あれ”はもう、創れない訳だ(-_-;)。

    城の中で不意に、姫?が叫んでいる様な…、そんな気分もする今日、この頃。
    世界を救うその為には、優美で絢爛豪華な、貴族の城はもう、創れないのだ。
    豪華なのでは無い、「お金を出して?」それで民がお金を払ってくれる…その結果。

    共産主義は何故、残り続けるのか。
  • メンテナンス中

    2017-12-14 09:29
    公示のとおり、現在ニコニコ動画はメンテナンス中です。
    動画のアップロードが出来ません。

    復旧までしばしお待ちください…。

    ※11:30現在。復旧した様です。