• 破綻は依存の先に有る

    2018-09-24 08:368時間前

    インターネットに危機が迫る!

    のか?

    ともかく問題に成っているのは、「投稿動画が増えると維持出来なくなる!」そう言う感覚、だが。”現実”に眼を向けると、この事態は基本的に起きない。何故なら?「昔のデータはどんどん保管庫に仕舞ってしまう」から、だ。それは若干の取り出しにくさが発生するが、ともかくデータが消失する、”それ”は起きない。レンタルビデオ屋には常に、人気作しか前に無いのだ。

    この構造?を、インターネットも採用すれば良いだけでは。


    …要するに再生率の高いデータは”前”に、低いデータは”後ろ”に廻せば良い訳だ。

    例、アップロードしてから一か月は最前列、「最もレスポンスが良い」所に置くが、それを過ぎたデータは常時、再生率に応じて、どんどん”後ろ”に、レスポンスは悪い所へ廻していく。
    最前列はアクティブ(同時視聴数)十万とかの帯域を持つが、中列はアクティブ一万、後列は1000、とか、その程度にしてしまう。

    「前」は、レスポンスは良いし最新の記録媒体で構成されてるが、「後ろ」になるほど、帯域幅を限定し、「単にデカいデータ保管庫でしかなくなる」と。

    …これは、特に問題ないのでは、あるまいか。


    もし?この考えが「出てなかった」としたら。
    つまり、起点となる倫理観を、やっぱりVOD、ブロードバンドも「インターネットに依存していた」訳だ。
    その時、「全てを平等に扱わねば!」の理念から、どのデータも、同一環境に置く必要が出てくる。
    この結果、維持出来なくなり、破綻する訳だ。
    感覚が理解し難いが、何かの地位?が上がるほど、「思想」その重要性は増してくる。その選択の結果を自身で背負いきれない時、「思想」に依存する訳だが、それがインターネットにしか、或いは「黄昏の狩人」それにしか無かった、訳だ。

    インターネットと、ブロードバンドは、実際には似て非なる別のモノな訳だ。

    価値観を同一にする時、VOD(ビデオオンデマンド)では破綻が発生してしまう。「違うモノだ」の理解が、必要になる、が。それが、VODには、ブロードバンドには出来てなかった。

    何かの喪失の結果、だろうか。
    インターネットの構造故に、ニコニコ動画とかでの独自対応は難しい、訳だが。

    この構造は必要だったのだろうか?
    ふと。


  • 広告
  • 「金返せ」から逃げ続ける

    2018-09-23 08:59

    「パクリや万引きは犯罪です」

    この評価は、覆せない。

    しかし?対人としてこの否定を超えられない訳では、無い。
    この時、某映画じゃないが、「利益が出てる」様な瞬間は有る訳だ。
    万引きや或いはパクリで生計を立てる、そんな状況。

    いわゆる「弾幕シューティング」それは、思うに「雷電」そのゲームを土台にしてる。

    「被せ」いや、むしろもっと直接的な「トレース」そう言っても良い。土台は、同じ。
    ただ?「被せる」結果、だろうか。それはそれで、個々のテーマと言うのは出てくる。
    大概は定番だ。

    テーマ
    表「プレイヤーを助ける」肯定否定
     一人での戦いにも、限度はあります。
    裏「これは悪夢」否定肯定

    何故か、「目立った」このタイプのゲームはエンディングが「は?」な感じが多い。
    地球が割れたり無意味だったり。理由を考えると道理だ。土台は或いは可能性の部分を握っているのだ。非常に限定された状況、或いは邪な独裁者が侵略を画策。虚を突く感じで、対抗し得るのは一人しか居ない、”それ”は成功するか?「頑張れば何とか」努力も蓄積も必要だ、それは不可能を可能にし得る。明確に侵略したら怒られるので、「その他」を狙って行く事になる。その時、土台から得られるモノ、それはその他、”そう言うモノ”になる。

    それはそれで、多くの人々には意味がある。その通り、一人で頑張っても限度。数百円の投入でそれを知る事が出来れば、現実でも、”それ以上”には踏み込まない。そこに踏み込んで数万、いや数百万円を損する前の授業料として、それは価値がある。

    と言う認証を向けると?向こうから”反発”がある。
    だから、作者はともかく?プレイヤーらの多く…は、「皇帝創作」そのつもり、なのかもしれない。
    そして、プレイヤーの多くは今も、その目的?に到達し得てない、訳だ。土台を乗っ取る!的な。勿論、ゲームその物が「それは出来ない」と言う方向でデザインされているが、古いゲームの暗黒面か、”限度”が無い。”その先が有る”のだ、まだたどり着けない。

    ある種、異様に高まってしまった「個人技の先」は、投入コストに対しての行き場を失っていて。
    「有ると言ったじゃないか!?」的な、製作者は、そんなマニアの声に、或いは突き上げられているのだろうか。

    それはそれで、その場の人々の執着なのだから、構わない…のだろうか?
    数万機が敵を倒せ!そう飛び立って。そこには何も居なかった、そんな話もあって。

    「売れるゲームを!」考える時、マニア、その存在の是非だ。
    「限度があります」その時、彼らは切り捨てる事になる。
    そして企画を上げて、上役が「こんなの売れない」で蹴る時、だが彼らは、培ったSTGの腕?感覚、経験を駆使して、”ごり押し”出来てしまう。

    その先に、何も無くても。

    しかしその時、会社は重い損害を受ける、訳だ。

    或いはそして、その責任の追及、その弾幕からも、逃げ続ける。


  • それは、失った夢

    2018-09-22 09:33

    ※9/22追記
    ここから先は何かのネタバレを含むので、そう言うのを気にする方はお戻りくだしあ。
    やはりちょっと、自己の独裁性?その過剰を抑止する事を考えるべきっぽく。一応。

    現状での補正案…的には、「サラ」は単に病弱な少女でしかなく?ガンプラのプラフスキー粒子を中心にした根幹のシステムが「そう言う存在」に対して比重を向ける為に、その願いを叶える方向に奇跡的なパワーを呼びやすかった、と言う設定を追加し。GBNの「創造主」を名乗る人物は、しかし結論で根幹、「プラフスキー粒子のコントロール」までは到達出来なかった事から、何かの妄執に囚われて行って。最初は「ガンプラバトルで勝てない」世界一このシステムに精通してるのに?!と言うプライド的なモノから始まった研究?が、歪んで発露していく、と言う感じで。
    ともかくその人物は、ブレイクデカールをばら撒いての反乱を画策した時点で、「サラ」の存在を認めて。危機感と共に、”それ”を何とか取り込もうと考えた。一旦締め出し?偽物の”サラ”を起き、デマを流し、サラを消すしかない、的な方向へ向けようとする、が。しかし?「ダミーサラ」自身の反乱(GBNの精度の問題から、逆にダミーサラに自我的な反応が出てしまう)によりそのデマが発覚、創造主は凶悪なガンプラを暴れさせて、逃げてしまう。その後は、シバみたいな「自分の手下ら」を駆使して、例の計画を画策した、と言う風に繋げる事は出来る、が。

    当然、ラストではGBNの「創造主」は捕まって罰せられてしまう。それまでに自身の秘密を探ろうとした奴をリアルに殺したりしてた、的な、ハードな話はどうしよう?と言うのは有った訳だが。

    まー…・・ねぇ。個人的には今回の作品を描いた存在には相応の責任は問いたい気分が…。

    9/23追記

    ぶっちゃけ「00スカイで最終決戦まで熟せない?」的な、事はちょっと思う。或いはダイバーナミさんが、その魔法のニッパーで修復強化してしまう的に。しかし実際問題、劇中でジーエンアルトレンにも負けてるので。やはり相応のリアリティ、14歳の限界、そう言うのは有るのではあるまいか?と言う。しかしこの部分に50代の反発があり、どうも彼らはその上と、仲が悪いらしい…(-_-;)。

    更に、問題として「MMDはASPの被せ」だとしたら?劇中の「創造主」が、MMDの作者?みたいなイメージが無い事もなく、更に「カトキハジメ氏はリファインが上手い」時、要するに彼は根幹までの理解が無い?みたいな話も出ては、来る。現場レベルで色々と、特に50代批判、そう言う問題?が無い訳では無い…訳だ。

    面倒だ。

    ちなみに、「黄昏の狩人」が盗まれてた、としたら。その犯人にとってこのシナリオはダイレクトに「お前が犯人だろうが!」的な話には、確かに成ってしまう部分は有りそう。そう言うパワーは、良くも悪くも今も健在であり、推察ではこの作品が「壊された」のは”だから”だ、的な。そう言う重い現実を今も、超えられてない訳だが。




    今だから言うが、ちょっと妙なプロット?は、考えていた。



    「ガンダムビルドファイターズ」で、数多のトラブルを起こした「ガンプラバトルシステム」は、その後、改良/研究が続けられやがて、「GPD」として安定する、が。それでも、ユーザーによるガンプラの追及はとめどなく、その強力な安全装置の掛かったシステム上でも、アシムレイト等々の、危険な事態を引き起こす事が多々あり…問題に成っていた。
    そこで、大規模な改良計画が始まる。全てを「仮想現実」の中で行い、「適用」を全てアバターに集中させる事で、安全性と「拡張性」アシムレイトやらサイコミュやらの再現までも”安全に”可能にした、「GBN」が誕生、運用が開始された。この改革は上手く行き、ガンプラバトルは飛躍的にユーザーを拡張、世界を覆う様な、そんなゲームへと進化していく事に成った、が。安全性を優先し、運営側の独断で緊急に強引に行われてしまった”これ”に対して批判は根強く。その為か、GBNへの運営側の介入はその後、極めて慎重に成ってはいった。

    そんな中、旧GPDへの望郷を願う人々による、大規模な”反乱”が発生、責任問題が起こり、運営側に大きな「変動」が発生する。”今まで”の運営側は失脚し、新たなる人々がGBNを仕切る事に成った、のだ。それにより、GBNは更に競技性を高めていく事になる。ガンプラの、各種の”本来の運用性を重視する”結果、大規模戦闘や地形効果を重視していく事に成り、それは良くも悪くも戦闘のリアリティを高め、世界を、GBNの熱狂へと、埋没させていった。

    やがて、「バーニングトーナメント」が提唱され、イベントが始まる。数多のフォースによる野良バトルの果てに最上位を決めよう!そのルールは、「負けた側は、勝った側の何処かへ編入させてもらえる」と言う要素があり、結果、勝ちあがる程に、参加するガンプラが増えていく、と言う事に成っていた。上位16フォースまでを期間内に決定、その後、トーナメントによって最上位を決めよう!その時、自然とその対立はシステムへ重い負荷を掛けていく事になる。それまでの運営側は懸念を示すが、新たなる統制側は意にも介さない、まるで何かを狙っているかのように。

    そして、最終決戦が始まる。総勢数百vs数百に膨れ上がったフォース同士の衝突は、まるで第三次世界大戦かの如く、そんな熱狂と投入が行われた、が。決着が付く、その直前にシステムが負荷に耐えられずクローズ、システムは冷却モードに入ってしまい、ゲーム内に居た人々はログアウト出来なくなって、しまう。緊急事態に、運営側でも対応を急ぐが、リーダーとしてこのイベントを企画していた存在は、閉じられた部屋の中に入ってしまい、出てこない。冷却モードは継続したままで、外部からの遮断も出来ない中、世界は突如、危機的状況に陥ってしまう。

    そのリーダーは、実はこのシステムを意図的に暴走させ、その「本来の能力」かつて、数多の問題を引き起こした「現実への介入」それを起動させようとしていた、のだ。しかしその為には、内部を緊急モードにした上で、最後の封印、そこを護るMA「ハッシュマル」を倒す必要があった。しかし、十分な持ち込みをしていたにも関わらず難航、彼らはそして、やがて数多の奇跡を起こしていた主人公らに目を付ける。浚われるヒロイン、主人公は自身のガンプラで、ヒロインを助ける為、その凶悪なMAを倒さねばならなくなってしまう。

    激闘の末、主人公は何とかMAを倒す事には成功する、が。しかし、同時に自身のガンプラも大破してしまう。仲間のサポートも有り、その場からヒロインを救出して逃げ出す事には成功するモノの、ハッシュマルが倒された事で最後の封印が解除。各地にある「ダイバーシステム」からフラフスキー粒子が大量に放出され、それにコントロールされたガンプラが、凶悪な攻撃力と共に、大量に暴れ出し始めてしまう。結果、世界の都市と言う都市は次々と機能を停止、世界は窮地に陥っていく。

    リーダーの狙いは、ガンプラを用いて物理的に世界を支配し、そして存在する人々を”全て”この、GBN内にダイブさせる事で、このGBN内こそを「本当の現実」にしようとする事だった、その時、彼は神に、「如何なる存在にも負けない神に成れる」のだ。その野心が具現化しようとする時、主人公らは既に邪魔な存在でしか無かった。殺されようとする時、しかし、見知らぬ?ガンプラが、或いは00ダイバーに似たそれが、彼らの窮地を救う為に現れる。

    それを操っていたのは、かつてこのシステムで戦った「レイジ」だった。GBNの緊急事態に、アリアンの技術者などがその介入を試みたのだ。結果、その、「イオリ・セイ」が創った、その「究極の一機」だけを送り込む事に成功、レイジはそれを主人公に手渡し、強制的にログアウトされてしまう。主人公の前にある、その「ガンダム00ビルドダイバー」を前に、主人公は決断を迫られる。

    最終決戦が始まる。ネオジオングを駆るリーダーを前に、ビルドダイバーで挑む主人公。様々な紆余曲折の末に、主人公はネオジオングの撃破に成功、システムは解放される。GBNの、いや世界の危機は辛くも、一つのガンプラと、一人の少年の手によって、救われる事に成った。


    ふへへへhふへふぇ。

    多少、現在のネタも入ってしまっている、が。どういう経緯でこれを自分が発案した?に関してはちょっと混沌ではある。オーダーが有ったような、気がしたのだ。「3クール?中途半端な…」それは、(ファミチキください)と同レベルの胡散臭さで、これが適用されない?色々状況の改善に繋がらない?そう言う話は、割と、「希望はするが期待しない」そんなノリではあったのだが。それにしても、現在の展開は逆走も良い所ではあり…まあ、何かの失望は重かった…、そう言うのは、ある。

    「タイトル回収機キター!!」

    とか、言いたかった…(ノД`)・゜・。