• 拾った石に高値を付ける

    2018-06-18 17:24

    それは構造的な必然ではある。

    「嬬魔」それは、要するに有る倫理観から来る”標的の姿”ではある。嬬魔=妻でも良い、要するに「大衆の妻」そう言うニュアンス、だ。桃源郷の天女達、イメージは何でも良いが。ともかく標的としての「理想」がこの姿であり?標的が”そこ”から外れると、その部分が「可愛い」魅力的だ、エロい、そう、”評価”が変換される。もちろん?標的には「逆」に成って襲う訳だが。

    つまり?この嬬魔を愛でていると言う事は、その標的に対して「神の視点としての監視をしている」事になる訳だ。この時、それは「仕事」というニュアンスが発生する、健全な状態を保つ為に必要な行為、故に。”それ”には「価値」が発生する、要するに好ましい、面白い、必要、等々。

    「萌えキャラ」の利益性とは、実際は”それ”から発生している訳だ。誰が払うのか?この時、この提案?に「なるほど」そう同意した”全て”から、適当に徴収される。この、強引な掠奪に近い徴収は構造の全てに優先される、という理解があり。故にこの辺を上手く利用する事で、本来なら発生しない筈の独裁創作に、実は「多少の利益性が発生している」訳だ。

    …実際には”これ”は、認識を歪める存在でもある。本来、「独裁的創作には一切の利益性が無い」のだが…”これ”だけは別なのだ。「独裁創作でも売れます!」それは、実感として一部事実であり、「売れない」という意見に対して反発し、そして小さな範囲では多く、勝ってしまう。そして?或いはこの「嬬魔の意向に合致している」場合に限り、一部の創作は利益性を持てたりもする。この時、「独裁創作は利益性が無い」それは末端に行くほど、「それは違う」という歪みは発生させるのだ。

    …故に、「これ」は”魔物”なのだけど。

    結局?”雅”市場それは、「彼女らの理想」を具現化させる為のルールでしか、ない。だから、嬬魔が、萌えキャラが利益性を持ち、多くの絵師により描かれ続ける限りは?逆説的に”雅”市場それも、実は維持される、という相互依存の関係がある。結果で、「独裁創作の利益性は、国家人口の1/100迄」等などのルールが維持される事にも繋がる。プロの領域では、「独裁性は利益に成らない」それは現在、どうしようもない事実なのだが、アマチュアの領域では…微妙に違うのだ。

    いわゆる、高度に柔軟性を持ちつつ臨機応変に適当な数値が付いてしまう、その原理。目指すは?全ての嬬魔が安定し望ましい「評価」を、利益を得られ続ける環境、である。この時?実際のルールからは多少ズレた数値が付いても構わない。あくまでも努力目標に過ぎず…彼女らの現実と主観こそが、対等な関係を維持しつつ優先される。もちろん?それらの衝突を回避する上で、”雅”市場その規約が重要になるのは間違いも無いが。

    …という理解の時、この「嬬魔」を或いは「いらない」で考える時、あの「ロリっ娘大和」そのイメージが出てくる、のかも、しれない。嬬魔が介在しないなら、本来は”こういうイメージ”の筈でありそれこそが正しい、のに。嬬魔、萌えキャラに否定感を持つ人は相応居る訳で…それはそれで固まる時、何かの強権は発動する、のだろうか。

    ただ、”それ”が「大賀さん」の上で何かの衝突の結果、敗者になって。それがそれに対して不同意を持って暴れた時、問題は”何に”それはぶつかったのか?だ。

    大阪での大地震、家屋の被害もあるが、何より痛ましい犠牲者が出てしまって、そしてその中に、まるで狙ったかのように、「明らかに違法建築だった」小学校の壁が倒壊し潰されて少女が亡くなる、と言う事態に。奇妙に「人災」的なニュアンスが湧き上がっていくそれは、果たして何による物か。

    「客観的な評価を持てない」というのは、そこに多数の民意があっても破壊する事に躊躇いを持たない、という結果にも、つながる。「ロリっ娘大和」に投影されてる評価値の歪みは、この結果に対し今、何か問題を抱えたろうか。

    …しかし或いはそれは、如何なる犠牲を持ってしても成しえねばならない理想!を目指しているのかもしれないのだ。

    そして、何かの権力もまだ、有する。


  • 広告
  • 地震があっても動かない

    2018-06-18 09:59

    実際には、かなり深刻な話なのかもしれない。

    いわゆる「艦これ 大和」として、現在で定理化してるイメージが、これ。

    しかし、「ロリ大和」これがなんか、奇妙な自己主張を、してる。

    後者には、ちょっと不快感がある。違和感、というか、嫌悪感に近い。

    …ふと気づく?に、この改変をしてる人にとっては、”これ”が事実なのだ。

    「嬬魔」そこに居る筈がない女性像、良くも悪くもリアリティの有る女性キャラなら、総じて嬬魔なのだが。それは、大概は「標的」を持ってる。何かの作品だったりする場合が多い。その作品の中で意外に重要なキャラ、として登場してる女性像が、或いはその作品その物の「嬬魔」で、その扱い次第で、その作品は行く末が決まる、と言っても良い。基本的には大事にする、方が作品的には「成功」し易い訳だが、キャラの傾向として「大事にする」とは何か?は色々、ともかく。もちろん、正確なデザインをしなければ、その摘要も無い訳だが。

    現在の「艦これ 大和」にも、もちろん標的はあり…或いはそれをイメージ化したのが、このデザインではあり。しかし、「ロリっ娘大和」を創った人にとっては、そのロリイメージこそそが、”その”大和、な訳だ。

    PS4に対して、車で言うと「カローラ」という評価が一般論に対して、「ミニクーパー」的な、そんな我意を適用している、「自分はそれが正しいと思う」そう言う。

    個人的な主観なら、それはそれで良いのだけど、”これ”に適用されてる物?には、”そう言う反応”が無い。「これが正解です」一般論のそれは間違ってます。その人にとっては、PS4はミニクーパーこそが正解で、決してカローラではない、世界全てが「これはカローラですよ」そう言っていても、だ。

    ”この”感覚がつまり、例の「カウンタ制御」を今の数値に固定してる、訳だ。

    その人の見てる世界(の評価)と、現実のそれには、大いなる乖離が有る。しかし?その人のその主観は、そのカウンタ制御として不動な場所に何故かあり、作品の評価その物を歪めてしまってる、訳だ。

    時々ある、何故か大きな組織の経理をたった一人が握ってたが故に数十億円の損害が発生した、そう言う。これは、何だか”それ”に通じる、実は結構危険な状態なのではあるまいか。

    不思議な位に、「如何なる犠牲を伴おうとも果たさねばならない事が有ります」的な非道が、通ってしまう場合が、結構有る。…実はこれは、それに通じていないか?

    ゲームなどでもそう、だ。
    最後?で「妨害する管理者」というニュアンスが出てくる。
    独裁性の許容される範囲を超える時に、出てくる”声”だ。
    好き勝手やってて、良い感じの所で妨害が入る、その声。
    ”これ”を超える手段は、「仕事」その形式をとる方法しかないんだけど、結局は”このまま”突っ切ろうとしてしまう。
    ある種、定番の反応しかない、嘲笑、侮蔑、説教、罵声。

    そりゃそうだよ、制限速度60キロを100キロで走れば捕まる。
    「なんで?」違法だから。
    「なんで?」危ないだろ。
    「なんで?」法律で決まってんだよ。
    「なんで?」馬鹿か死ね。
    これじゃ笑い話だ、周囲から聞こえる嘲笑。
    ただ当人には、許し難き暴君のそれでしかない。
    ズォーダー大帝の馬鹿笑い。許し難い。

    しかし、現実の行動その物は、バスケで審判を殴って重症、みたいな反応になる訳だ。


    果たして。



  • 正義の侵略者は存在するか

    2018-06-17 14:01

    ベクトルは、逆を向いている。

    「視角(みかど)」という企画を考えた事がある。視える角には福来る。

    以前に言った「インターネットを無料に」その派生、みたいな物だ。
    その前に、「ねっちゅー」というアイディアがあり、それにも寄るのだが。

    各地に、「公衆電話」みたいなノリで、送受信機を設置する。
    ”それ”は、”Bフレッツ回線から”データを得る方向で「映像」を取得し、電波で放送する。
    その受信チューナーを持って居れば?それは、テレビとして視聴できる。

    その送受信機は、もちろん「受信」も可能であって。
    だから、その受信チューナーも、データの送受信が可能な訳だ。
    チューナーから、送受信機にログインし、Bフレッツ回線を用いてのインターネットが出来る状態で。
    ”それ”は低速ながら、一応は秒間で6KB程度の「無料帯域」として利用出来る。


    大体想定で、1000人規模の地区なら、Bフレッツ回線なら5本も有れば、十分で。
    つまり、4万人規模の都市なら?月額100万円程度の維持費で、これは維持できる事に。
    「その位、広告料で何とかならんか?」
    的に考えると、低速環境ではあるが、実現性はある、のでは。

    …しかし、想定ではこの構想での「解像度」は、VGA、640*480?程度だ。
    しかも、無料とは言え、帯域は6KB、今ではほぼ何も出来ない!程度の広さしかない。

    「十分だろ?」

    ぶっちゃけ、当時の、そう言う感覚を満たす方向性で構築された、これは。
    要するに、今の地デジ、その方向性とは…”真逆を向いている”訳だ。
    もちろん?もっと早いネットワークを利用したい!なら、自前で光回線引いてもらえば良い訳だけど。
    ともかく、地デジよりも格段に安上がりで、機動性も高い事はまあ、或いは間違いも無い。

    どっち?

    …どうだろう。

    今までの、もちろん「地デジ」も、それは「中華思想の皇帝」その主導により方向性を示されたモノ、で。
    しかし?それは要するに本来の「王の権威」では無かった訳で、そこに資格は無かった、或いは籠池氏並みの、そんな状況で。
    という事は?
    今までの地デジとかの方向性、それは間違いでは、「ダメ」なんじゃないか?
    現に、テレビ産業は殆ど壊滅的な状況に陥っている。
    4K、8K、それは打開になるのだろうか?疑念しかない。

    つまり?

    ”戦争”が、始まってしまう、可能性は、ある。
    今までの地デジ、その異様な設備投資、NHKは今後、2兆円を超える様なそういう事をしよう!とか、言い出してる。
    このまま、この方向を向いていて…良いのだろうか?
    諦めて、別の方向を向くべきでは。

    現実は今、何処を向いているのだろう?

    NHKは何故、ああまで集金に固執する様に成ったのか。