【5/16~18 DeNA】○●○ やっと勝ち越したDe戦で巻き返し開始
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【5/16~18 DeNA】○●○ やっと勝ち越したDe戦で巻き返し開始

2017-05-20 12:00
    中々勝ち越せなかったDeNA戦でしたが、
    やっと勝ち越すことが出来ました。
    そんなDe戦を振り返ってみましょう。


    尾道で投げるは地方に強いノムスケ。
    去年から一皮むけたエースはピンチでも落ち着いてバッターに立ち向かう為、
    大量失点につながりません。この日も倉本のタイムリー一本に抑え続けました。
    あとは6回定時退社してた去年とは違って1イニング残業する事になって、
    中継ぎの負担がだいぶ減ってます。さすがリーダーっす。

    そして両リーグ200得点一番乗りとサラッと百の位を変えてきました。
    誠也の得点圏打率が上がり、エルも春ドレッド中で、
    松山がアンパンマンとなって帰ってきた事がここ最近の得点力アップに
    繋がっていると思います。


    水曜日の試合はミスの連鎖が試合を決めました。
    大瀬良がピッチャーのウィーランドに一発を浴びる失投、
    打ちあぐねていたウィーランド降板後に4失点取って逆転する継投ミス、
    安部が悪送球・誠也の思い切ったプレーで3失点して土壇場に同点となる細かなミス、
    一岡自身のエラーから勝ち越し犠飛を打たれる、
    両チーム采配ミス、エラーからの失点ばかりで白星の譲り合い合戦をしていました。
    そういう試合であればミスが多かったチームが負けるのは当然のこと。
    負けに不思議な負け無しです。


    木曜日の試合ではそのミスを犯した選手がいきなり名誉挽回のプレーを魅せます。
    中村が初回から2失点と打たれますが、
    その裏前日9回にエラーをした誠也・安部が同点, 勝ち越しタイムリーを放って
    すぐさま中村を助けます。
    助けてもらった中村は立ち上がり以外DeNA打線を寄せ付けず、
    6回2失点としっかり先発の仕事を果たします。
    打線はその後、丸・エルの一発や追加点を重ねていき、
    9-2で勝利し、今季初のDeNA戦カード勝ち越しを決めました。


    虎が中々負けず、ゲーム差は1.5と縮まりません。
    ですがシーズンはまだ1/4を過ぎたばかりです。
    セリーグ苦手の交流戦も始まりますので、これから順位は荒れるでしょう。
    得意中日戦で勢い付けて虎に追い付きましょう!

    頑張れ、カープ!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。