shuさん のコメント

userPhoto
shu
助かった!
No.1
6ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
みなさん、こんにちは 赤石大好き!赤石愛です。 今朝、動画を投稿致しました。 コマンドブロック式 ということで、通常のコマンドなしサバイバルでは使えませんので、Minecraft技術部動画としてはあまり需要のあるものではありませんが、 個人的に とても楽しかったの と、 1tick単位でパルス長を計れる ので、検証にとても便利だと思い、投稿しました。 クロックの性能としては従来の 4倍 の速さです。 これを使った検証動画もきっと投稿したいです。 以前投稿した 動画のこと の投稿予定でも触れてますね。 でも、いい加減に投稿予定の3つめ4つめを投稿しないと、とも思っているので、それぞれがいつ頃になるかはまだ分かりません。 MinecraftMelodyシリーズ にも使えると思います。 例えば2tick(リピータ遅延1つ分)のパルスを使うことで、ド→レ→ミをドド→レレ→ミミにできます。 氷の音が邪魔ですが、リピータで入力してレッドストーンで15ブロックほど離す事である程度緩和できます。 エンティティが増えるのに妥協してコマンドでの設置をレッドストーンにすれば、ほぼ無音にできそうです。 動画で使った新コマンドですが、もっと詳しい事が分かれば纏めて書くかもしれませんが、一部をここにも記しておきますね。 /setblockコマンドは /setblock <x> <y> <z> <設置するブロック名> [付加データ] [前のブロックの扱い] [データタグ] で使います。 <> で囲んだものは必須、 [] で囲んだものはオプションですが、後のものを書くには前のオプションも指定する必要があります。 例えば、付加データを書かずに前のブロックの扱いだけ指定することは出来ません。 ・座標 は、数字そのものを書けばF3で見られるような絶対的な座標に、数字の前に ~ をつけて書けば、自分やコマンドブロックからの相対的な座標になります。 ・設置するブロック名 は、座標まで入れてから Tabキー を押す事で、一覧がずらっと出てきます。 ・付加データ は、チェストやトーチなど向きのあるもの、木材や羊毛など種類のあるもの、炎や作物など段階のあるものなど様々ですが、基本的なブロックは 0 を指定すればOKです。 前のブロックの扱い ・前のブロックの扱い は、 replace、destory、keep から選びます。これも Tabキー で一覧がでます。 replace はブロックをそのまま置き換えます。ブロックを壊しませんので、ボタンなどをつけていても取れることはありません。ただし、(データも一致した)全く同じブロックの場合は置き換えられません。意味ありませんしね。 destory はどんなブロックがあろうと破壊して置き換えます。ブロックを壊しますので、そのブロックについていたアイテムは一緒に取れてしまいます。その時に、前のブロックをドロップします。ただし、ガラスなどシルクタッチでしか取れないアイテムはドロップしません。(ちなみに岩盤はドロップします) keep はブロックが設置されていない場合のみブロックを設置します。 ・データタグ は、チェストの中身、コマンドブロックのコマンド、花火の種類、など細かなデータを設定する時に使います。沢山あって難しいので、興味のある方はNBTなどで検索して下さい。私もまだ良く分かっていません。 例えば、 コマンドブロックの下で溶けない氷(packed_ice)でクロックを作る場合は /setblock ~-1 ~ ~ packed_ice 0 destroy コマンドブロックの上でレッドストーン(redstone_wire)でクロックを作る場合は /setblock ~ ~1 ~ redstone_wire 0 destroy とコマンドブロックに設定することになります。 花火や着火したTNTなどは/summonコマンドで出します。 /summon <エンティティ名> [x] [y] [z] [データタグ] これもエンティティ名は Tabキー で一覧が出ます。 データタグを設定しないとあまり使いこなせないコマンドなので、詳しい事は調べて下さい。 動画内で使ったコマンドは ・花火 /summon FireworksRocketEntity ~1 ~1 ~ {LifeTime:7,FireworksItem:{id:401,Count:1,tag:{Fireworks:{Explosions:[{Flicker:1,Trail:1,Type:2,Colors:[16711680],FadeColors:[16776960]}]}}},Motion:[0.0,0.0,3.0]} 7tickで起動、赤色から黄色に変化する星型でキラキラ効果と落ちてくる効果ありの花火の星1つ入り、南に向かって3m/tickの速度で飛ばす設定です。 ・TNT /summon PrimedTnt ~1 ~-2 ~1 {Fuse:15,Motion:[0.0,-10.0,0.0]} 15tickで起動、真下に向かって10m/tickの速度で飛ばす設定です。動画では8つを同一座標になるように指定しています。 使いこなせたら本当に面白そうなコマンドです。 スナップショットって新しい事いっぱいで楽しいので、生放送でもしてみたいのですが、軽量化Modがないのでとても厳しいですね。 あまり真新しい事は出来ませんが、生放送の方もよろしくお願いします。
Minecraftレッドストーン回路関係の動画を投稿している赤石愛です。

ブロマガでは投稿者コメントや動画説明文では補足しきれないような細かな疑問・質問などにお答え出来ればと思っています。

動画に関するコメントは基本的に動画の方にお願いします。

動画内で補足しきれないと感じた場合にはブロマガに記事を投稿しますので、それに対するコメントはブロマガにお願いします。

ブロマガ自体など動画以外に関するコメントもブロマガにお願いします。