• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

映画「スティーブ・ジョブズ」を見てジョブズがAppleを追放されてからやっていた仕事について知りたくなった人にオススメのビデオ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「スティーブ・ジョブズ」を見てジョブズがAppleを追放されてからやっていた仕事について知りたくなった人にオススメのビデオ

2016-02-17 08:41
    b7e676e64ab6be010e4d908618afa31a19f171f0

    スティーブ・ジョブズはMacintoshの販売不振の責任をとるかたちでAppleから追放された。
    今から考えると想像もつかないことだ。

    しかし残念ながら当時のAppleはAppleIIという8ビットマシンが主力製品であり、32ビットCPUを搭載した高性能だが高価でモノクロしか使えないMacintoshは、スティーブ・ジョブズの掲げた「90日で100万台、以降月産2万台」の目標に遠くおよばない3万5千台の出荷に留まった。

    3万5千台ってすごいよね。(最初から利益をだすつもりがなかった)enchantMOONの6倍くらいしか売れなかったということだよ。これは追放不可避

    その後作ったのがNeXTという会社。

    7d21328fb036c85379147f16a53ddd9499d77db0


    ロゴに10万ドル(当時の価値で3600万円)かけたり、立方体に拘ったりしたハードを作ったが、なによりスゴいのは中身だった。


    NeXTSTEPと名付けられたOS、これがものすごくよく出来ていて、まあヒトもカネもない(ジョブズのポケットマネーで作った会社だから)なかで、ジョブズはMicrosoftのようにゼロからOSを全て構築するのではなく、オープンソースを活用することを思いついた。

    Macintoshチームの優秀なやつを片っ端から引き抜いたジョブズは、まさに革命的ともいえるOSを完成させる。

    36b325bfe1edf4d8215e9aabd9a410b2989c6c79

    UNIXベースのオブジェクト指向環境で、プログラミング環境も先進的だ。

    特にユーザーインターフェースを簡単に作れるインターフェース・ビルダーはNeXTのために開発され、その後、ありとあらゆる開発環境がその構造を模倣した。そしてなんと、Objective-Cとインターフェース・ビルダーは、30年経過した今でもiOSやOSXのアプリを作るのに使われている。Objective-CはついにSwiftに道を譲ったけど、OSXアプリを作るにはまだ必要だ。これはスゴいことだと思う。

    しかし今はすごい時代だなあ。

    大昔の外国のインタビューが、Youtubeで見れて、しかも音声認識と自動翻訳で字幕までついてる

    必見です→https://www.youtube.com/watch?v=-Owau3YHs5E


    おっと、さらに映画では肝心のプレゼンテーションのシーンが省略されているんだけど、そのプレゼンもyoutubeにほとんどあります。

    485302ea5dbc3fe4409e381913acae1e51c37f2e
    最初のMacのプレゼン
    https://www.youtube.com/watch?v=8bepzUM1x3w

    3087e8c31a60533c13cd95da84119bce9aaf577a
    NeXTのプレゼン(なんか雑な映像なのが残念だけどコレ以外には残ってないらしい)
    https://www.youtube.com/watch?v=92NNyd3m79I

    e1f76aa691ff4e406a2ee074690b2bfd112f032d

    iMacのプレゼン
    https://www.youtube.com/watch?v=oxwmF0OJ0vg


     よくジョブズはプレゼンが上手いと言われますが、実のところプレゼンが上手いのではなくて、単に製品がスゴいのでみんなが興奮してしまうだけです。

     本当にプレゼンにお金と手間をかけているのはむしろビル・ゲイツです。

    6920ee99c72dea5bcfc0f83146be1ef4be75662b
    https://www.youtube.com/watch?v=uGA1Chm_8RE

    ビル・ゲイツのプレゼンでは、ドラマ仕立てのシーンが幾度も挿入されます。
    そのドラマの登場人物がゲイツに語りかけてきたり、ゲイツと掛け合いをしたりします。
    このプレゼンテクニックはインパクトもあるし、そもそもゲイツ自身も大道芸人のような練習が必要です。

    ただ、残念ながらビル・ゲイツは結局のところ最後まで観客を興奮させるような製品を作り出すことができませんでした。だからプレゼン名人はジョブズという評判になってしまったのです。

    でも、ジョブズのプレゼンも、製品がしょーもないと、実際に退屈なものになるいい例がこれです。

    6d96f5db4802f4e6be91cf402f3e0f3a23e34ddf
    https://www.youtube.com/watch?v=6ojYvMdrHXI

    この時、僕はリアルタイムで見ていたのですがあまりの退屈さになんどもめげそうになりました。めげそうになりながらも、最後まで見て「時間を返せ!」と思いましたね。

    スティーブ・ジョブズのプレゼンの中で最高のものをひとつ挙げるとすれば、やはりこれです。

    021544edcbda1bd1c3b42b1abec4e0a9617c2eab

    https://www.youtube.com/watch?v=9hUIxyE2Ns8

    見てないヒトがいたらぜひ見て欲しいです。
    これがもうほぼ10年前。
    時代はすごい勢いで進歩していますね。






    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    電脳ヒッチハイクガイド
    更新頻度: 毎週月曜日
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥1,080 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。