• 作詞家としての可能性

    2017-08-24 02:557時間前
    前回の続き。


    うーん指原の歌詞見返してるんだけど、最初に感じたほど悪い歌詞ではないように思えてきた。

    だって歌詞見ると、自分がよく作詞の際に言っている「グラデーション」とか、「1番から2番に向かう心地良い流れ」とかを意識しながら作っている感じがあるもんね。具体的には赤字の部分が「グラデーション」で水色の部分が「1番から2番に向かう心地良い流れ」に当たるわけだけど、赤字の部分は歌詞が進むごとに表現が深くなっていく感じが出ているし、水色の1番の歌詞の内容をよく踏まえた上で、自然に流れに沿って2番の出だしが書けている。まあ多分かなり自分の記事を参考にしてたんだろうな。さすがにノーヒントでここまで書けるとは思えないし。




    勿論だから何だってことはないんだけど、でもここまで出来るんだったら、かなり将来は有望かもしれないね。確かに緑の部分は残念な感じだったけど、それでも自分の言ってるようなことを出来てるんだったら、かなりの才能に違いない。この「グラデーション」とか「1番から2番への心地良い流れ」って話は、教えられて出来るようなものでもないからね。プロのアーティストや作詞家でも出来てないのは沢山いるし、少なくともメイリアはまだ出来ていないわけだから。

    だから秋元康の後継者として何とかなるんじゃないかな。それこそ将来は全部AKBや坂道の歌詞を任せられるようになるかもしれないな。

  • 広告
  • 作詞家の第六感

    2017-08-22 19:55
    前回の続き。



    【MV full】ハイテンション / AKB48[公式]

    https://www.youtube.com/watch?v=fj6iDHciEmA

    つべのコメント欄に歌詞書いてくれてた子がいたんでコピペしてみたんだけど、こんな感じでいいのかな。

    「ハイテンション」なんかがそうだったんだけど、曲のテーマを外している歌詞を見聞きする時っていうのは、何となく違和感を感じることが多いね。やっぱり作詞した本人がよくわかってないんだからね。だからどうでもいいやなるようになれ適当にやっちゃえみたいなのが、歌詞に出る。

    そして指原の書いた歌詞にも、ちょっとそんな感じがしてしまったんだよね。例えば赤字の部分。ちょっとしたことかもしれないけれど、メロディーと語感が合ってないような気がした。つまりメロディーは綺麗に流れているのに、歌詞だけが止まっている感じがしたね。

    更には水色の部分。「君だ! 君だ! 君だ!」って連呼しているところが不自然に感じたし、「いくつか恋をしたけれど 全て君に出会うためだった」って部分の日本語も少しおかしく感じた。

    そして緑の部分が1番おかしく感じたんだよね。ここはPV見てわかるように夜っぽさを音で表しているように聞こえるんだけど、何故か指原の書いた歌詞には夜っぽい表現は出てこないでしょ。


    やっぱ舞だ! 舞だ! 舞だ! 過去最大級の黒舞~♪

    だから直感的に曲のテーマがおかしいのかなって思ったんだよね。具体的にいうと、緑の歌詞がおかしくなるのは、そこに至るまでの歌詞の展開がおかしいからだろうね。つまり自分の書いた歌詞は1番2番で男の子が女の子のことを支えるよ、大好きですと書いてあるから、黄緑の部分で一緒に流れ星を見ましたとスムーズにつなげることができた。

    でも指原の書いた歌詞は、2番で君と話せないとか戸惑ってるとか切ないとか書いてしまったから、黄緑の夜のシーンの部分で「僕」のやることがなくなってしまったんだな。その結果歌詞がおかしくなった

    だから彼女にアドバイスするなら、作詞する際にはあらかじめ曲の全体の構造を考えておけということかな。一回全部聞いて緑でこういう夜っぽいシーンがあるなと思ったら、そこから逆算するようにして歌詞を書くといい。そうすることでミスは防げるんじゃないかな。

    そしてもう一つアドバイスするとすれば、「作曲家は信用するな」ということだね。多分この曲は指原が「自分が好きな アイドル、推しメンを見つけた時を描いた曲」と書いているように、そういうイメージを伝えた上で作曲家にオーダーしているはずなんだけど、でも作曲家がそのイメージ通りに書けるとは限らないからね。だから曲をオーダーするのはいいけど、その完成度に関しては疑ってかからないといけないと思うよ!

    ということで批評終わり。ちなみに自分の書いた歌詞だけれども、特に赤字の部分が曲とピッタリマッチしている感じがするんだけど、どうかな。「曲のテーマに歌詞が合ってる」という感覚が、伝わるといいんだけど。

    なおちょっと前書いたやつと歌詞を変えました。「地面を蹴って」を「大地を蹴って」に変更です。きっとこっちの方がいいよね。
  • 指原莉乃作詞の曲『=LOVE』書き直しました。

    2017-08-20 22:342
    お待たせしました。





    =LOVE(イコールラブ) /『=LOVE』【MV full】

    https://www.youtube.com/watch?v=xOAaBsPaPpY

    ということでお約束した通り、=LOVEのデビュー曲の歌詞書き直しが完了しました。
    昨日の夕方あたりから書き始めて途中休憩も挟みながらやったんですけど、どんな感じですかね。多分指原作詞のものと照らし合わせて、違いがはっきりわかるような書き方をしてみたつもりですが、皆さんにはどう映りますかね。

    やっぱりこの曲は指原には難しすぎたかな。やっぱり強いメッセージを込めた歌詞が書きたいということで曲をオーダーしたと思うのだけれども、ちょっと指原は曲が要求するところを上手く歌詞に出来ていない感じがするよね。

    まあ作詞なんてやったことないから出来ないのは当たり前なんだけれども、でもプロジェクトが進んでデビューまでこぎつけてしまった以上、歌詞書く経験がないので仕方がないですでは最早済まされなくなっているからね。指原自身で全部彼女達の面倒を見るつもりなら、一秒でも早くスキルを身に着けるしかないでしょう。

    勿論ご依頼いただければ、自分が力を貸すことも可能なわけですがね。ということで次回は=LOVEの歌詞の、具体的な解説に入ろうと思います。