• 欧米型食事で死亡率低下について管理栄養士がひとこと

    2017-05-25 10:24

    欧米型食事でも死亡リスク低下 乳製品や塩分量が関連か(朝日新聞デジタル)

    つまり、満遍なく色々な食べ物を「適度な量」で食べれば良いということです。

    偏り、例えばご飯を食べないとかトマトだけ食べるとか、一時的には良くても長期的には身体には負担があるということだと考えます。

    満遍なく食べているよ、という人が多いと思いますし、そうなれば我々管理栄養士の出番はないのですが、満遍なく食べているよ(お菓子を)、満遍なく食べているよ(酒のつまみを)という方も実際いますので、何が正しい、正しくないというより、きちんとした食生活を伝えることが重要かなと思います。

    近道はないということです。
  • 広告
  • 運動会の組体操の必要性

    2017-05-24 09:40
    幼稚園の運動会でも組体操はある。

    まして小学生になると、1つのクラス全員で巨大ピラミッドなどをする場合もある。

    要は「度」が過ぎているということです。

    幼稚園も組体操というが、何人かでやるにしても扇とかだし、ブリッジなど1人でやるものも多い。

    小学校もせいぜい3段くらいのピラミッドにすれば、何も言われしないし、仮に事故が起きてもよっぽどのことでない限り重傷にはならないと思う。

    もちろん、やるからには、安全管理と指導は必要です。

    すべて無くす必要はない。

    100mでこけて骨折して100mは危ないと言っているようなものです。

    ハードルで反対から飛んでこけて骨折して親が憤慨したという謎の事件は自分の学校でもありましたが。

    あの時組体操してよかったね。という生徒がたくさんいればいいのですが。
  • 旦那は家事が出来ないのか

    2017-05-24 08:32
    家事といえども、細かいことを言えばかなり細分化される。

    掃除、洗濯は大きい言い方だが、例えば洗剤を補充する、トイレットペーパーを買いに行くなども家事になる。

    夫婦の不満で、夫が家事をしないというのが挙げられる。

    では、夫は本当に家事が出来ないのか。それともやらないのか。

    思うに、やらないというパターンがほとんどだと思う。

    本当に出来ないのであれば、「人」としてまずいのではないかと思う。

    でも、1週間くらい家に放置していたらやるだろう。

    だから、出来ないのではなくやらないだけ。

    やらない旦那で良いならそれでいいし、やらない旦那に不満があるならやらない旦那を選んだことを悔やむべきだ。

    交換は簡単な世の中だが。