渡辺竜王、千田棋王、久保王将、佐藤名人、羽生3冠
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

渡辺竜王、千田棋王、久保王将、佐藤名人、羽生3冠

2017-03-16 13:49
    近い将来、将棋界はこのようになっているかもしれません。

    現在進行形では、久保棋士が郷田王将を下し、王将となり、渡辺ー千田の棋王戦は、2勝1敗で千田棋士が棋王に王手となっています。また、名人戦は、佐藤名人と稲葉八段の対戦に決まりました。

    仮に千田棋士が棋王となり、佐藤名人が防衛するとなると、タイトルのような将棋界のタイトルホルダーになります。

    序列は、

    渡辺竜王
    佐藤名人
    羽生三冠
    千田棋王
    久保王将

    かと思います。

    で、本題ですが、何か引っかかりませんか?

    そろそろ水に流されそうな三浦九段の冤罪事件について、関与の深い棋士が多く含まれているということです。

    久保新王将は、王将戦第6局終局後に、記者から三浦九段の一件について一言求められて「後日」改めて「説明」したいと述べています。

    なんで、誰もこの件に関して即答できないのでしょうか。

    将棋連盟からお達しがでているのでしょうか。

    弁護士から余計なことは言わないように指導されているのでしょうか。

    それとも、本人が本当に説明する必要がないと思っているのでしょうか。

    新しくタイトル保持者になれば、それは嬉しいことだと思いますが、笑っていられる場合ではないと自分なら思うのですがどうでしょうか。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。