• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ダボス会議に象徴されるグローバルエリートの影響力の拡大と富の格差問題を生み出す根本原因
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダボス会議に象徴されるグローバルエリートの影響力の拡大と富の格差問題を生み出す根本原因

2018-01-27 16:55



    現在、世界のグローバルエリートと大富豪が集まっているダボス会議がスイスで
    行われ世界の今後について話し合われている。


    ダボス会議は、世界の政官財のパワーエリートが自らの望む社会を提言していく
    ために作られた私的クラブである。


    従来の銀行権力の秘密結社の公開版だと言えるだろう。


    以下のしんぶん赤旗の記事によると、世界の富の格差はますます拡大している。

    HX4HOALc_normal.jpg天野 統康@amanomotoyasu 

    1%に世界の富82%/オックスファム報告書 税逃れで増幅 https://t.co/zTYAdwVMzn

    2018年01月27日 15:36

    (記事から転載)


    報告書は、世界の2043人の超富豪が17年に得たのは、7620億ドル(約84兆5820億円)で「史上最大」だと指摘。


    この7分の1の金額で、1日約210円で生活する「絶対的貧困」人口を解消できるとしています。


     超富豪42人の資産は、下位37億人の資産と同じだとしています。


    わずか1%の超富豪の資産は、残りの99%の資産よりも多くなっています。


    報告書は、超富豪の富は“汗水たらして稼いだもの”ではないと指摘。


    「3分の2の資産は、相続、独占または縁故主義の結果」だとしています。


    (転載終了)


    上記の報告はダボス会議が始まるタイミングで発表された。


    世界の政官財のパワーエリートたちが、富の格差を懸念するふりをしながら
    何も対策を取らないどころか、

    ますます格差を拡大させる政策を推し進めているからである。


    この姿勢は、26日にダボス会議に出席した米国のトランプ大統領も同じだ。


    トランプ大統領はアンチ・エスタッシュブリメントの姿勢を押し出して、民主党の
    サンダース議員と共に既得権益に反対する層から支持をえて大統領になった。


    しかし、サンダースとの最大の違いは、富の格差を解消するつもりは毛頭
    ないという事である。


    トランプ大統領の対立姿勢は、既存のメディアや反ロシア勢力には向けられている。


    しかし、米国および世界が直面している富の格差による社会矛盾については完全に肯定している。


    この傾向は欧米と対立している中国、ロシアでもみられる。

    (中国は相続税が存在せず、ロシアは所得税が一律10%。モスクワは
    世界一金持ちが多い都市だ)


    マスコミも人種問題や男女の平等、性の多様性などの平等は積極的に取り上げるが、
    現在の最大の問題である富の格差は強調しない。


    この問題の根深さは、富の格差の問題を取り上げる共産党の機関紙やオックスファム
    の報告でさえ、格差社会を作り出している根本原因については触れられていないことである。


    それは、日米欧の中央銀行がリーマンショック以後、1000兆円以上も金融経済に
    新たな資金を供給し続けていることだ。


    税金の不平等やタックスヘイブンの問題は指摘されるが、中央銀行による金融経済
    向けの信用創造の激増が富の格差をもたらしていること。


    このシステムを根本から変えるように提言することが反体制派からもほとんど
    行われていないこと。


    そして主流の体制派、反体制派の両方から影響を受けた市民によって選出される
    民主主義政治によって、この体制が営まれていること


    ここに現在の自由民主制のマインドコントロールの問題があるのだ。


    このマインドコントロールを担っているのは、主流経済学であり、その問題を
    指摘しない政治学や哲学などだ。


    次の図は格差社会を作り出している日米欧の中央銀行の金融政策と、各国の
    政治政策の流れを図解したものである。



    cf975e77e843507f888f0db7c473eaf021215321


    このマインドコントロール体制を打破するためには、民主主義の原理を意識化した
    市民を多数創りだし、腐敗した間接民主制から、市民が立法・司法・行政を担う直接
    民主制へと移行しなければならない。

    151958947553529fe72a107a88afcf25e6b4911d

    (記事終了)





    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  

     

     

     

    ■真の民主社会を創る会の勉強会のご案内 

     

    <リンク>2/3(土)一目で景気変動の原因がわかってしまう図解を掲載した会報1号の解説など

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■





    現在の日米欧の自由民主制度は次の図のような状況にある。










    このマインドコントロール体制を次の図のように変化させなければならない。






    日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説


    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学


    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

     


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ■最新刊



    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    http://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu




    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」
    更新頻度: ほぼ2日に一回
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。