• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

その2 フリーメーソン倫理学の基礎としてのカント倫理学 外形的な行為よりも動機を重視する厳格主義
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

その2 フリーメーソン倫理学の基礎としてのカント倫理学 外形的な行為よりも動機を重視する厳格主義

2018-04-17 15:10
    cf96f590a237ca51c05a18f2943026c07b29fd47



    欧米の民主主義を作り上げてきた中心勢力フリーメーソンの
    倫理学の基礎にある18世紀のドイツ
    の哲学者カントの倫理学の解説本

    「悪について 中島義道著 岩波新書」

    の書評の続き。


    前回はカント倫理学が人間を自己愛と欲望にまみれた存在である
    ことを前提にしていることを解説した。

    →<リンク>「悪について 中島義道著」を読む その1 フリーメーソンの倫理学の基礎としてのカント倫理学


    今回は、カントの倫理学が外形的な行為よりも内面の動機を
    重視することについて。




    8ea8719277ff1746374d6f1c5600fd614c189e2b

    カント倫理学では、外形的な行為ではなく内面的な動機を徹底的
    に重視する。

    外見的には立派な行為を行っても、それが自己愛に基づいていれ
    ば「道徳的に善い行為」となるわけではない。

    動機が善くなければ、ダメなのである。


    常識的な人の多くは違和感を感じるところだろう。




    (悪について 中島義道著 より転載)


    P16

    カントは、いわゆる品行方正な人を一瞬たりとも尊敬してはいない。むしろ外形的に品行方正な行為にしがみついている人こそ、その動機は濁りきっているのではないか、という疑いのまなざしを、彼らに向けつづける。道徳的な善さは行為の外形にではなく、ひとえに動機にある。それは隠れて見えないがゆえに、そしてみな自分の動機を直視しようとしないがゆえに、きわめて厳格な態度でチェックしなければならないのである。


    P55

    カント倫理学の関心は、不自然なほどに限定されており、それは「(ずる)賢い行為は道徳的に善い行為ではない」とひとことで言えるものである。


    P81

    道徳的善さを求める限り、他人に親切にする場合、その動機として自己愛の片鱗も有すべきではない。このほとんど実現不可能なことを、それでもなお要求するところに、道徳的善さを求める彼の厳格な姿勢がある。



    (転載終了)


    一見、カントの倫理学は自己愛の放棄という人間にとって殆ど
    不可能な要求をしているということから、無意味なものに感じ
    るかもしれない。

    しかし、自己愛の放棄を意識の面から実現する手段を考える
    ことが、歴代の偉大な宗教や思想が追求してきたものだ。

    ここに人類の精神的進化の重要な鍵が含まれているのである。


    カントの述べる「道徳的に善い行為」を引き出す「動機の中身」
    とは何なのか?


    その動機を理解することで民主主義の基礎となる「人格の原理」
    が立ち現れてくる。


    次回に続く

    (記事終了)



    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  

     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される
    日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル

    (日米欧の通貨発行権を握る国際銀行家の単純化モデル)
    624e86d4eb793d0ac2aa228e138709e9362e50ef

    (日本円の管理を行う通貨システム)



    (人格と民主の原理の無意識下による民主主義の操作モデル)








    ■上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指
    す理想の社会モデル(下図)






    日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説

     

    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

     

    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月
     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

     


    ■最新刊


    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説


    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    http://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」
    更新頻度: ほぼ2日に一回
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。