• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ドストエフスキーの名著「カラマーゾフの兄弟」の大審問官の章におけるフリーメーソンに対する考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ドストエフスキーの名著「カラマーゾフの兄弟」の大審問官の章におけるフリーメーソンに対する考察

2018-10-09 01:50
    ※この記事は無料ブログ「天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論」
    からの転載です。

    https://ameblo.jp/amanomotoyasu/entry-12410586956.html


    (記事開始)

     


    19世紀のロシアの文豪ドストエフスキー(1821~1881)の名著「カラマーゾフの兄弟」。


    日本でも何度も増刷と再翻訳が繰り返されており、世界文学の最高傑作と評価する識者も多い。


    この名著の中でローマ教会のエリート主義を描いたとして名高い「大審問官」の章の中にフリーメーソンについて書かれた箇所がある。


    これが現在の自由民主制の病状を考える上で参考になる考察なので掲載する。


    物語の主役はカラマーゾフ家の三人兄弟である。

    元兵士の長男のドミトリーは肉体・意志を、知識人の二男のイワンは頭脳・知性を、僧侶である三男のアリョーシャは感情・精神を表す。

    感情、知性、意志の統合とバランスが人間の人格の根本問題であり、この作品もそのテーマを取り扱っている。


    大審問官の章では二男のイワンが、三男のアリョーシャに向かって自らの作った話を元に語りかける。


    中世ローマ教会で異端者の火あぶりをおこなう宗教裁判官である大審問官が地上に現れたキリストに、「何故いまごろ現れた?」と詰問する。

    「自己決定の自由を諭すキリストの真の教えでは一般人は救われない。自己決定の自由ではなく、服従を与える我々ローマ教会の教えこそが民衆を救うのだ」

    と大審問官はキリストにまくしたてる。


    イワンは恐怖政治を行う権威主義的な大審問官を「人類を愛しているからこそ権威主義の権化になっているのだ」と指摘する。


    (カラマゾフの兄弟  ドストエーフスキイ / 中山省三郎訳 (角川文庫・上巻)
    第五編 Pro et contra 五 大審問官 《下》より転載)


    http://www013.upp.so-net.ne.jp/hongirai-san/pro/pro4.html



    僕はこう断言する――こうした『唯一人者』は、あらゆる運動の指導者のあいだに、今までけっして絶えたことがない。ことによったら、ローマ僧正のあいだにも、この種の唯一人者がなかったとも限らないからなあ。それどころか、こうして執拗(しつよう)に、非常に自己流に人類を愛しているこの呪うべき老人は、同じような『唯一人者的』老人の大群集の形をとって、今も現に存在しているかもしれないのだ、そかもそれはけっして偶然ではなく、ずっと前から秘密を守るために組織された同盟、もしくは秘密結社として存在しているかもしれない、この秘密を不幸ないくじのない人間どもから隠すのは、つまり彼らを幸福にするためなんだ。これは必ず存在する、また存在しなければならないはずだよ、僕はなんだかメーソンの基礎にも、何かこんな秘密に類したものがあるんじゃないか、というような気がする、カトリック教徒がメーソン組合員を憎むわけは、彼らを自分の競争者、つまり、自分の理想の分割者と見るからだ、羊の群れも一つでなくちゃならないし、牧者も一人でなくちゃならないからな……それはそうと、こんな風に僕が自分の思想を弁護していると、どうやらおまえの批評をたたきつけたれてしまった作者のようだね、さあ、こんなことはもうたくさんだよ」
     「兄さんは、もしかしたら自分がメーソンかもしれませんね!」と、不意にアリョーシャは口をすべらせた、「兄さんは神を信じていないのですよ


    (転載終了)


    イワンは中世ローマ教会の話をしながらフリーメーソンも同じであることを指摘する。

    19世紀から現代まで続く自由民主制を管理してきたフリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力のことを指摘した内容だ。

    ※19世紀の段階でドストエフスキーはユダヤ・フリーメーソン問題に気づいていた。日本で唯一翻訳されていないユダヤについて書かれた著作がある。


    著書「悲劇と希望」で国際銀行権力の実体を暴露したクリントン元大統領の師匠であるキャロル・キグリー教授もイワンと同じ発想をして

    慈悲深き支配者としての国際銀行家の権力を肯定した。


    このような考えは、支配者にとって非常に都合のよいものだ。


    旧ソ連の独裁者も、中国共産党も、北朝鮮の金王朝も同じような考えで支配体制を肯定するだろう。


    このエリート主義の方便に真っ向から反対を唱えているのが20世紀の文学者ジョージ・オーウェルの名著「1984」である。


    1984で権力者から拷問を受けた主人公は、何故、我々が強大な権力を求めていると思う?と詰問される。

    「一般人は自己決定の自由を恐れるから導く存在が必要なのであなたたちは人民を支配している」

    と主人公は大審問官の立場に立った意見を述べる。


    しかし、拷問者である権力者はその考えを否定する。


    「権力はより巨大な権力を求めるためだ。それが権力の本性であり民衆への慈悲など関係ない」


    大審問官の意見も、1984の権力者の意見も権力の本音を表している。


    ただし、その権力の本音が道徳的に優れているわけではない。


    民主主義とは、主権者である市民が真の権力者になる体制だ。


    支配者側のエリート主義に対抗するためにも、市民の側が民主的な価値観の意識化を確立する方法が必要となる。


    残念ながらその方法は、意図的に隠されてきた。


    放っておいても民衆の側の主権が確立するなどということはありえない。


    民主主義を確立し維持し発展させる方法を意識化することが必要になる。


    カラマーゾフの兄弟の大審問官の章は、時と場所を超えて存在する「支配者の権威主義と服従する民衆」という普遍的な問題をえぐり出している。


    今でも続く支配者側、被支配者側の両方の問題を明らかにしている。


    そして今後も人類が抱えていく人格と支配と救済の問題をとらえた名著なのだ。



    <転載したリンク先>カラマゾフの兄弟 ドストエーフスキイ / 中山省三郎訳 (角川文庫・上巻)第五編 Pro et contra五 大審問官 《上》



    今回の記事の関連書籍です。





    購入はこちらから→https://amzn.to/2OK0Q5q




    (記事終了)

     

     

     

    クリックして拡散のための応援をお願いします


    br_c_4523_1.gif
    社会・政治問題ランキング  

     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ■フリーメーソン最上層部ユダヤ系国際銀行権力に操作される日米欧の自由民主制(資本主義経済と民主政治)のモデル





    ■操作される資本主義経済のモデル

     

     

     


    ・上記の資本主義経済システムの説明動画はこちら 第1部~5部まで作成

     


     

    2部 https://youtu.be/aPjq9tvq7w8
    3部 https://youtu.be/i7V3EjzpRv4

    4部 https://youtu.be/CVkkRfgu6fQ
    5部 https://youtu.be/U42n1HRSwho


     




    ■操作される議会制民主政治のモデル

     

     

     

    ・上記の自由民主制の欠陥を克服し、民主主義の完成を目指す理想の社会モデル(下の図)



    ・上記の操作される議会制民主政治の詳しい図解の説明はこちら

    <リンク>フリーメーソン最上層部・ユダヤ系国際銀行権力に操作される民主主義・政治の図解のまとめ

     

     

     

    ■日米欧の自由民主制の隠されてきた仕組みについての詳しい解説は

    こちらの本をお読みください。

    o0220032213601420005.jpg?caw=800 o0220032213602313086.jpg?caw=800




    <リンク>頂いた書評の一覧 『世界を騙し続けた[詐欺]経済学原論』 『洗脳政治学原論』

    <リンク>天野統康の本 amazon


    ■動画での解説

     

    <リンク>世界を騙し続けた「詐欺」経済学と「洗脳」政治学

     

    <リンク>天野統康氏「世界を騙し続けた【詐欺 経済学】【洗脳 政治学】を越えて」出版記念講演ワールドフォーラム2016年5月

     

     

     

     

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


    ■真の民主社会を創る会

    毎月、会報を作成しています。隠されてきた経済の仕組みと景気変動の原因を誰にでもわかりやすくビジュアル化しています。


    <リンク>会報第1号が完成 世界一わかりやすく景気変動の原因を図解  真の民主社会を創る会


    <リンク>【会報2号と動画】「国際銀行家に管理される通貨システムの全体像」を解説した会報と動画


    <リンク>【会報3号と動画解説】「民間銀行がお金を無から作り、消滅させる信用創造の仕組み」をビジュアル解説



    真の民主社会を創る会では、現代の自由民主主義体制の

    社会的矛盾の根本である政府と通貨発行権の分離と

    軍事支配を無くす社会を目指しています。


    <リンク>真の民主社会を創る会HP



    ■ブログトップページ

     

    <リンク>ブログページのトップ(本、twitter、無料メールサービス、HPなどの紹介)


     


    ■寄付・支援のお願い

    当ブログでは真の民主社会を創るために必要な

    情報発信や研究などの活動を行っています。

    独立して活動をするには、時間や労力、お金がかかります。

    是非、皆様のご支援をお願いいたします。


    ・みずほ銀行

    ・立川支店

    ・預金種目:普通

    ・口座番号:2478209

    ・口座名:アマノ モトヤス

    ※入金されたお金のご返金は原則としてできません


      

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




    ■最新刊


    98a6cb7263d7e2c5e1c243d60ddaa71f54231fee

     

    マルクスもケインズも触れなかった

    嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー

    お金はどう作られ、どう失くなっていくのか

    著者:安部 芳裕、天野 統康    価格:1500円+税

    ☆2016年12月6日全国発売☆

    amazon 経済学ランキング1位

    購入はこちらから→<リンク>ヒカルランド

    動画による本の解説はこちら→<動画リンク>著書「嘘まみれ世界金融の超最大タブー」を解説



    ■無料ブログ
    <リンク>
    天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


    HP

    <リンク>天野統康事務所 


    ■無料セブンステップ


    <リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


    ■Youtube
    http://www.youtube.com/user/07amano/videos



    ■Teitter
    https://twitter.com/amanomotoyasu

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」
    更新頻度: ほぼ2日に一回
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥540 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。